名言DB

9429 人 / 110879 名言

上田真(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田真(経営者)のプロフィール

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

上田真(経営者)の名言 一覧

現場は色々なことに気付いている。現場からの意見を最大限尊重することを意識してきた。


まずは株主ではなく、お客様を見て商売をしていきます。そのことが、結果として株主への貢献にもつながる。


地域スーパーの中で、5~6店舗でもしっかり経営している会社はたくさんあります。こういう企業は、究極の個店経営を進めれば、超大手と十分戦える運営力をお持ちです。


マルエツを見ても、まず店の大きさが違います。今さら標準化もできない。であれば、ばらつきを極めようと思っています。チェーンストアとして持ち株会社の大きな方針を逸脱しないレベルで、どこまで店ごとの裁量権と自由度を容認するか。地域に不可欠な店舗を、1店1店作り上げる手間をかけるしかないと思います。そのためには人材のレベルを高めないといけません。


スーパーマーケットというのは地域や顧客にどれだけ親しまれているかが大切な業態です。商流(仕入れ)を単純に合わせることが必ずしもプラスにならない場合も多い。


上田真(経営者)の経歴・略歴

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

僕は組織と個人の関係が、昔とはまったく違ってきたんだと思う。昔は組織が大きくて、個人は小さかった。だから個人は組織に頼って生きていくしかなかった。でもいまは、組織の規模は関係なくなった。僕はツイッターをやっているけど、フォロワーが40万人いる。40万というのは、週刊誌の発行部数並みです。個人が組織に頼らなくても、それだけの発信力をもてるようになったということ。


春香クリスティーン

私は基本的にネガティブで自分に自信があるわけではありません。だから、自信がない分、自分がいろいろな現場に行って、なるべく多くのことを自分の目で見て、感じ取るように心掛けています。


酒井誠(経営者)

お客様から様々な要望を受けて実現させています。例えば、自動車メーカーが世界で生産拠点を展開する際、まず品質面で安心な日系の部品メーカーから調達したいというニーズがあります。これには日系企業だけを検索する機能を加えて、さらに検索結果をグーグルマップ上に表すことができますので物流ルートの検討といったニーズにも対応できます。


安藤忠雄

安全なところにいて、そこから外を見ているだけでは、世界は理解できません。


星野仙一

軽口もコミュニケーションなんです。選手に「常に見られているゾ」という意識を持たせないと駄目なんです。


北川邦弘

お金持ちは周囲からの祝福や感謝を素直に受け入れられる人が多い。自己を肯定している人というのは、やはり前向きで行動力があります。


濱田秀彦

転職活動中の人が面接で前職の退職理由を尋ねられ「職場がブラック」「上司が無能」「やりがいがない」「将来の展望が開けない」と答えたらどうでしょう。事実はどうあれ、面接官の心証がよくなることはありません。むしろ当人の勤務態度やコミュニケーション能力の低さが疑われかねません。ここは多少事実に色を付けてもお世話になった前職へ感謝の念を述べ「しかしながら自分の力を違うところで生かしたい」などのポジティブな話をするほうが相手への印象はよくなります。


日野晃博

ゲーム会社はクリエイターの才能に支えられています。優秀なクリエイターを呼び込むためには、カッコいい印象を持ってもらわないと。


北畑稔

レナウンが求めている人材は、ひとことで言って、準備のできている人です。やりたいことを明確に持っていれば、当然、それを実現するための準備をしますね。そして、明確な目標があれば、そのための準備を苦労とは思わないはずです。いまのレナウンが求めているのは、まさにそんな人材です。


新井直之(執事)

幾度となく戦火に追われたユダヤ人が金(ゴールド)を重視し、金歯や指輪、ネックレス、時計などに形を変え、身につけていたように、お金持ちは燃えても残る資産を大切にします。実際、私がお仕えしているお金持ちの邸宅には、必ずと言っていいほど地下に金庫があります。それもホテルや旅館にあるようなボックス型ではなく、壁に埋め込んだ金庫です。そのなかには、金やプラチナの延べ棒が収められ、非常時の備えとなっています。