名言DB

9413 人 / 110706 名言

上田真(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田真(経営者)のプロフィール

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

上田真(経営者)の名言 一覧

現場は色々なことに気付いている。現場からの意見を最大限尊重することを意識してきた。


まずは株主ではなく、お客様を見て商売をしていきます。そのことが、結果として株主への貢献にもつながる。


地域スーパーの中で、5~6店舗でもしっかり経営している会社はたくさんあります。こういう企業は、究極の個店経営を進めれば、超大手と十分戦える運営力をお持ちです。


マルエツを見ても、まず店の大きさが違います。今さら標準化もできない。であれば、ばらつきを極めようと思っています。チェーンストアとして持ち株会社の大きな方針を逸脱しないレベルで、どこまで店ごとの裁量権と自由度を容認するか。地域に不可欠な店舗を、1店1店作り上げる手間をかけるしかないと思います。そのためには人材のレベルを高めないといけません。


スーパーマーケットというのは地域や顧客にどれだけ親しまれているかが大切な業態です。商流(仕入れ)を単純に合わせることが必ずしもプラスにならない場合も多い。


上田真(経営者)の経歴・略歴

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

上田彩子

「自分は口下手で……」という人も表情ひとつで人の心を掴むことは可能です。コミュニケーションで大事なのは「口数」ではなく「口もと」なのです。


柳楽幸雄

顧客のニーズを把握するだけでは不十分。顧客の想像を上回り、「実はこれがほしかった」と言わせるような製品を作らなければ成長はない。


鵜澤静

新規事業を行なっていくにも、事業性を見極めることが非常にむずかしい。我々も「時代の要請に応える」という言い方をよくするが、商品投入のタイミングが早すぎるとマーケットがなく、反対にわずかでも遅れたら、勝負は負けである。


伊佐山元

大企業には豊富なリソースは眠っていますが、残念ながら自分で自分を変えられない。世界で勝負できるものを生み出すには、大企業を外からシェイクする仕掛けが必要です。


古森重隆

イチかバチかなんてことをやったら経営者は終わりですよ。それは「ばくち打ち」と同じ。少なくとも6割ぐらいは勝算がないと。


秋沢淳子

私も、先輩方から「それは違うよ」と教えられながら、何度も何度も繰り返すことで少しずつ技術が身についてきたのだと思います。その先輩方から「わかりやすいニュースを読むようになったね」とおっしゃっていただけるようになったのは、30代後半を過ぎた、つい最近のことです。


朝倉孝景(朝倉敏景)

物事を処理する場合に、よくよく吟味し、落度のないようにして断行すれば、他国の悪党などにも乗ぜられぬものである。一家の場合で見ても、不規律でみだらな家庭と知られたならば、必ず他家の者に悪事をされるものである。


少徳健一

いい仕事をするために習慣としてやっているのは、走ることでしょうか。月に300kmと決めて、出張先でも走っています。仕事で頭だけが疲れている状態はバランスが悪い。それに走っているときはただでさえつらいのに、そんなときに後ろ向きなことは考えませんから。


荒木貞夫

野獣のような爪や牙や毒は持たぬ故に、人間は野獣のようになってはならない。


茂木友三郎

消費者本位に立ち、消費者が欲するものをつくることが大切。


生田正治

何事も現状維持は衰退に通じる。


桂三枝(6代目桂文枝)

小文枝(5代目・桂文枝)師匠に弟子入りしたときから、いかに「桂三枝を目立たせるか」というのを自分で考えていました。我々芸人というのは商品であり、店主であるわけでしょう。みんなと違うところを目指していかないと目立たない。


内田和成

売れるものは消費者に聞く。これがマーケティングの基本的な考え方です。では、消費者の声を聞けば5年後にヒットするものを予測できるのかといえば、残念ながら、そう単純な話ではありません。実のところ、消費者は自分の欲しい商品を良くわかっていない場合が多いのです。


午堂登紀雄

日課の弁当作りの様子を動画でアップして月収10万円稼ぐ人もいます。お金を稼ぐのに特別な才能は必要なく、インターネットがそのチャンスを後押しして短時間で成果が出る。やったもん勝ちの世界なんですよ。


寺尾玄

クリエイティブは「疑う」ことから始まる。「本当にそうなのか?」とすべてを疑う姿勢を貫いている限り、発想の幅が狭まることはこれからもないでしょう。