名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田真(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田真(経営者)のプロフィール

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

上田真(経営者)の名言 一覧

現場は色々なことに気付いている。現場からの意見を最大限尊重することを意識してきた。


まずは株主ではなく、お客様を見て商売をしていきます。そのことが、結果として株主への貢献にもつながる。


地域スーパーの中で、5~6店舗でもしっかり経営している会社はたくさんあります。こういう企業は、究極の個店経営を進めれば、超大手と十分戦える運営力をお持ちです。


マルエツを見ても、まず店の大きさが違います。今さら標準化もできない。であれば、ばらつきを極めようと思っています。チェーンストアとして持ち株会社の大きな方針を逸脱しないレベルで、どこまで店ごとの裁量権と自由度を容認するか。地域に不可欠な店舗を、1店1店作り上げる手間をかけるしかないと思います。そのためには人材のレベルを高めないといけません。


スーパーマーケットというのは地域や顧客にどれだけ親しまれているかが大切な業態です。商流(仕入れ)を単純に合わせることが必ずしもプラスにならない場合も多い。


上田真(経営者)の経歴・略歴

上田真、うえだ・まこと。日本の経営者。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などのスーパーマーケットを展開する「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、マルエツに入社。経営計画部長、教育人事本部長、専務執行役員、社長などを経てユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長に就任。そのほか、日本チェーンストア協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

日野江都子

せっかく能力があっても、人に信頼されなければ成功はありません。華美である必要は一切ありません。こぎれいに、丁寧に相手に誠実に生きていることを示す姿勢が重要。


大山のぶ代

やりたいことを我慢しないことが、より密度の濃い人生を送るためには必要だと思うのです。


スティーブン・コヴィー

私は組織で成功し、家族で成功しました。私には子供が9人、孫が36人います。その一人ひとりと向き合い、相談に乗ったり助言を与えたりして、全員を立派な社会人に育て上げました。これは何より私が誇りとすること。私にとって、家族の成功が最も大事で、組織での成功はその次なのです。


川越厚

在宅ホスピスケアの仕事では、患者さんが自分の人生を振り返る場に立ち会うことが多く、死について質問を受けることもあります。その時、私は自分の考えも踏まえて「死を受け入れるとは、諦めることではありませんよ」と話しています。


山岸舞彩

表面的になぞるのではなくて、ニュースの内容をしっかり把握し、何を相手に伝えたいかをはっきりさせておく。そうすれば、言い回しが多少間違っていたとしても、視聴者の方には伝わるのではないかと思います。


宮坂学

社長業は部下からたびたび判断を求められます。サッカーでは、自分たちから動くのではなく、相手の動きに合わせて対応するプレースタイルを「リアクションサッカー」といいますが、そんな状況でした。組織のペースにあわせていると、それだけで一週間が埋まってしまう。これでは社長として生み出せる付加価値が少なすぎると思い、最近ではこちらから動いて予定を組むようにしています。自分がボールを持っている時間をつくるように意識しないと、「考える時間」は確保できません。


亀田啓一郎

メンバーが自発的に動くようなシカケは、現場で働くメンバーが主体的に立案した方が「やらされ感」がなくなり、成果も上がる。中堅社員にこそ、このようなミドル・リーダーシップ力が求められている。


似鳥昭雄

社内では、仕事は自分のためにやりなさいと言っています。会社のため、社長のためではなく、自分の技術を高めていくために仕事をやりなさいと。そうやっていけば、価値のある人間になる。そうしたら給料も上がるし、責任も上がるし、自分のやり甲斐もできます。


中山雅史

最近はやればやるほど、解説の難しさを実感しています。サッカーはボールと選手が常に動き続けるスポーツ。「今のパスはいいプレーだな」と思って説明し始めても、目を離した隙に、試合は違った展開になっていることもたくさんありますから。だから、的確な言葉で、短く、わかりやすい表現を常に考えてます。


清水勝彦

経営資源の中で最も貴重なものはトップの時間。たとえば、多角的にビジネスを展開している企業の経営者が、自分自身のビジネスことはよくわかるが、ほかのビジネスのことはよくわからない、という話はよく聞かれること。緊急度の高いものと重要度の高いものがあった場合、人は緊急度の高いものに引っ張られがちで、重要度の高いものになかなか手がつけられず、その結果、後からそれが大きな問題として浮上してくる。


田中仁(経営者)

大変な道を選んでおいてよかった、という経験は他にも数えきれないほどあります。苦しいことに正面から向かっていくからこそ、壁を乗り越えられるのです。


野坂英吾

老舗の鰻屋のタレは、何年も継ぎ足し継ぎ足しながら熟成され、美味しくなります。企業も同様で、経験を通してフィードバックし、ブラッシュアップを続けることで、企業文化は成熟すると考えます。