名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田真一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田真一のプロフィール

上田真一、うえだ・しんいち。日本の社会起業家。NPO法人「空家・空地管理センター」代表理事。埼玉県出身。オハイオ州立大学卒業。ベトナム大手旅行代理店APEX VIETNAM TRAVEL CORPORATION、リクルートなどを経て家業の不動産会社に入社。その後、NPO法人空家・空地管理センターを設立。

上田真一の名言 一覧

空き家ビジネスは、手間や時間からすれば収益性は低いので、「地域や困っている人の役に立ちたい」という思いがなければ続きません。いたずらな拡大ではなく、質を大切にしたい。


人口減少による住宅需要の落ち込みや、不動産投資の市場縮小など、「このままいくとジリ貧になる」という危機感が、まずあったんですね。「何か新規事業を」と思って、不動産業を細分化し、分析してみると、明らかに衰退する市場、伸びる市場が見えてきたんです。


重要なのは啓蒙活動。空き家問題は、もはや人ごとではない事態なのですが、そういう意識を持つ人がまだまだ少ない。何となく現状放置すれば資産価値は下がるし、地域にも迷惑がかかる。あげく壊すとなれば、大量の産業廃棄物も出る。どこを取ってもいい話ではないでしょう。皆が当事者意識を持たないと、放置空き家をなくすことはできないんです。私たちの事業や情報発信が、社会を動かすきっかけになれば――そんな思いで走っている日々です。


「空き家を相続したが、どう対処すればいいのか」といった相談が急増するなか、それらを受け止める窓口って、ほとんどないのが現状です。手間も時間もすごくかかるビジネスなので、誰もやりたがらない。だからこそ、そこに着手する意義があるし、先々、市場も取れるだろうと考えています。


上田真一の経歴・略歴

上田真一、うえだ・しんいち。日本の社会起業家。NPO法人「空家・空地管理センター」代表理事。埼玉県出身。オハイオ州立大学卒業。ベトナム大手旅行代理店APEX VIETNAM TRAVEL CORPORATION、リクルートなどを経て家業の不動産会社に入社。その後、NPO法人空家・空地管理センターを設立。

他の記事も読んでみる

たむらけんじ

いろんな意味で、数字が大きくなりすぎないように注意して見ています。経費はもちろんのこと、店舗数も増やしすぎない。売上もです。売上がドカンと増えたら、何か原因があるはずです。そのまま上がり続けるということはないのですから、それが普通だと思うのは危険です。


越智仁

エネルギー問題にしても、環境問題にしても、問題があるから解決しなければいけないわけで、それを解決する方法を提案できなければ、事業は伸びていかない。


倉重英樹

人は変えられないかもしれませんが、上司と部下、あなたと同僚のAさんの間は変えることができます。人間関係の片方の当事者が自分だからです。自分が変われば部下との関係も変わります。私はこのことをリーダーのポジションにある人によく説いてきました。


アマーティア・セン

社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。


高岡浩三

僕は最初、一番弱小の「マギー」というブイヨンを担当させられました。だから、社員にも、弱小で売りにくいと思われている商品を売ることができて初めて、一人前だと言い続けています。主力ブランドの担当だからエリートだという考えは違うよと。


藤田晋

組織は「意思統一」が何より重要です。逆に言うと、意思統一ができなければ、単なる烏合の衆でしかない。


小山進

1年のうち9か月は準備期間に充てています。私は後始末ならぬ「前始末」と呼んでいます。ここぞというところでしっかり結果を出すには、「前始末」に8割の手間をかけることが大事。


山口智充

僕は、来年は何をしようなんていままで考えたことないんですよ。今年一年でさえ、自分の興味をすべて消化しきれてないのに、まして来年のことなんて考えられない。だいいち、来年やりたいことって、いますぐやりたいことですから。


ドナルド・トランプ

何かがうまく行かないときは真っ先に我が身を省みよう。


尾山基

鬼塚(喜八郎、アシックス創業者)さんも言っていた「頂上作戦」をやっています。頂上とは、日本ではオリンピック選手だし、世界でいくと世界記録を出している選手ですね。このトップラインは、ナイキもアディダスも勝てるかどうかの難しい世界ですよ。そこで選手のニーズをくみ取って、徹底的に技術と商品を磨く。頂上がとれれば、その後で中間層も追随します。そうやって商品は浸透するんです。


川越達也

仕事上の会話には、最終的には自分の土俵のなかで、こちらが伝えたいことを伝達するという目的があります。だからこそ、まずは相手の土俵に乗る、相手にリズムを合わせることが大事だと思います。


水野敦之(経営者)

会長(水野泰三 創業者)は既存事業が失速する前に、ゴルフ用品販売、スポーツ総合店と業容を広げ、先手を打ってきました。従業員は会長の指示を聞いているだけで成長できました。しかし今は違う。「もう上(会長)から指示は下りてこない。自分たちで何でも考えよう」と従業員に言い聞かせています。