上田真一の名言

上田真一のプロフィール

上田真一、うえだ・しんいち。日本の社会起業家。NPO法人「空家・空地管理センター」代表理事。埼玉県出身。オハイオ州立大学卒業。ベトナム大手旅行代理店APEX VIETNAM TRAVEL CORPORATION、リクルートなどを経て家業の不動産会社に入社。その後、NPO法人空家・空地管理センターを設立。

上田真一の名言 一覧

1 / 11

空き家ビジネスは、手間や時間からすれば収益性は低いので、「地域や困っている人の役に立ちたい」という思いがなければ続きません。いたずらな拡大ではなく、質を大切にしたい。

上田真一の名言|「地域や困っている人の役に立ちたい」という思いがなければ続かない


人口減少による住宅需要の落ち込みや、不動産投資の市場縮小など、「このままいくとジリ貧になる」という危機感が、まずあったんですね。「何か新規事業を」と思って、不動産業を細分化し、分析してみると、明らかに衰退する市場、伸びる市場が見えてきたんです。

上田真一の名言|衰退する市場、伸びる市場を知る


「空き家を相続したが、どう対処すればいいのか」といった相談が急増するなか、それらを受け止める窓口って、ほとんどないのが現状です。手間も時間もすごくかかるビジネスなので、誰もやりたがらない。だからこそ、そこに着手する意義があるし、先々、市場も取れるだろうと考えています。

上田真一の名言|誰もやりたがらないからこそ、着手する意義がある


重要なのは啓蒙活動。空き家問題は、もはや人ごとではない事態なのですが、そういう意識を持つ人がまだまだ少ない。何となく現状放置すれば資産価値は下がるし、地域にも迷惑がかかる。あげく壊すとなれば、大量の産業廃棄物も出る。どこを取ってもいい話ではないでしょう。皆が当事者意識を持たないと、放置空き家をなくすことはできないんです。私たちの事業や情報発信が、社会を動かすきっかけになれば――そんな思いで走っている日々です。

上田真一の名言|重要なのは啓蒙活動


上田真一の経歴・略歴

上田真一、うえだ・しんいち。日本の社会起業家。NPO法人「空家・空地管理センター」代表理事。埼玉県出身。オハイオ州立大学卒業。ベトナム大手旅行代理店APEX VIETNAM TRAVEL CORPORATION、リクルートなどを経て家業の不動産会社に入社。その後、NPO法人空家・空地管理センターを設立。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ