名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田渉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田渉のプロフィール

上田渉、うえだ・わたる。日本の経営者。「オトバンク」会長。神奈川県出身。東京大学経済学部経営学科在学中にNPO立ち上げ、IT企業経営を経験。その後中退しオトバンクを創業。同社をオーディオブック会社として成長させた。著書に『脳がよくなる耳勉強法』『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』『ノマド出張仕事術』。

上田渉の名言 一覧

外出先で仕事をこなすポイントは、普段と同じ机環境を目の前に再現すること。


私の出張のコンセプトは、「どこにいても普段と同じ環境を再現する」に尽きます。新幹線でもカフェでもホテルでも、ネットにさえつながれば、オフィスにいるときと同じ環境が作れる。そうすれば、オフィスと変わらぬ効率や生産性を再現できます。


技術の進化により、ますますどこでも仕事ができるようになっています。おかげでオフィスにいる時間もますます減ってしまっていますが(笑)。


スキマ時間は意外とあるんですよ。私はスキマ時間の長さによって何をするか決めています。短い時間であればタスク整理、メール返信などの時間に充てますし、15分以上あればオーディオブックを聴くなどします。


外で仕事をする場合、場所を選ぶ基準は様々ですが、「集中して仕事ができるか」を考慮しましょう。その点では、カラオケボックスもおすすめです。周りの目や音を気にせず仕事に没頭できますし、携帯電話も気兼ねなく使えます。気分転換に1曲歌うことも。ただし、電源の使用だけは、事前にお店の人に確認しましょう。


オーディオブックを作るには、出版社の協力が必要です。しかし、ウォークマンが流行した80年代、出版社はカセットブック事業で手痛い失敗を経験しています。音声化事業はうまくいくはずがないと言うのです。そこで、コストはこちらで持つと説得。コンテンツを増やし、事業を始めました。


起業のきっかけは、祖父の後ろ姿。読書が好きだった祖父が緑内障で失明し、晩年はテレビの野球中継に聞き入るばかりでした。目が不自由な人に幸せな読書を提供できないだろうか、と考えたのです。


NPOとIT企業立ち上げの失敗から学んだのは、「ロマンとそろばん」の両輪の必要性です。今後もそろばんを弾きながら、「聞き入る文化の創造」というロマンを追っていきたい。


創業前、自分でベストセラー作品を音声データ化し、昼休みの日比谷公園で約200人のビジネスマンに声をかけ、試聴してもらいました。意外に好評で、本と同じ値段なら買うという人が多かったんです。こうしたリサーチを積み重ね、成功への確信を高めて起業しました。


私の仕事スタイルの特徴は、「紙類を持ち歩かない」こと。お客様先で紙の資料をもらった場合も、すぐにスマートフォンのカメラで写真を撮り、エバーノートに保存します。いただいた名刺も同様に保存します。エバーノートは画像内の文字を検索できるので、あとで資料を見返したいときも、すぐに目当てのものを取り出せて非常に便利。帰りに立ち寄ったカフェや新幹線の中で作業してしまえば、もう持ち歩く必要がありません。荷物を軽くするというのも、出張においては重要なことです。


私は書類や資料をすべてデジタル化し、ドロップボックスに入れています。これによりどこでも必要な資料を見ることができ、作りかけの資料を開くことができます。すると、荷物が減るのはもちろん、時間の使い方が変わります。たとえば地方出張の場合、行きの新幹線で資料を完成させ、現地のコンビニのネットプリントサービスで出力、ということも可能になるのです。


出張先では仕事がこなせない、という理由として「紙の資料」の問題があると思います。資料を参照しなくては書類が作れず、その書類をプリントアウトしなくてはいけないので、オフィスに行かざるを得ない、ということですね。そこで必須となるのが、クラウドサービスの活用です。私が使っているのはエバーノートとドロップボックス。ここにデータを入れておけば、どこのパソコンでもスマホでも、ネットさえつながっていればいつでも開けます。


いつでもどこでも仕事ができるようにするために。以前は多くの物を持ち歩いていましたが、今は「ノートパソコン」「スマートフォン」「充電器」の三種の神器だけで十分。以前はタブレットも持ち歩いていましたが、今はスマートフォンで大抵のことは事足りるので、持ち物リストから外しました。


出張だからといって特別なことは何もしません。仕事のスタイルも鞄に入れて持ち歩く物も、普段と同じです。というのも、私は商談や打ち合わせで外を飛び回ることが多いため、日頃からいつでもどこでも仕事ができるようにしているからです。いわゆるノマドワーキングが私の基本スタイル。だから宿泊の際は着替えを持っていくくらいで、あとは本当にいつもと変わりません。私にとって出張は、日常の延長なのです。


時間を30分、1時間という大きな固まりで捉えると中だるみする。15分は仕事の区切りに適している。


上田渉の経歴・略歴

上田渉、うえだ・わたる。日本の経営者。「オトバンク」会長。神奈川県出身。東京大学経済学部経営学科在学中にNPO立ち上げ、IT企業経営を経験。その後中退しオトバンクを創業。同社をオーディオブック会社として成長させた。著書に『脳がよくなる耳勉強法』『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』『ノマド出張仕事術』。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

訴訟社会の米国で高い授業料を支払って学んだのは、しかるべきチェックリストを調べ、確実に判断しながら、プロセスをひとつひとつ積み上げていかないと、後でどんな間違いが出てくるか分からない、ということです。普段から弁護士との間でいろいろとやり取りしていて気を配っていたからこそ、正しい対応が取れ、訴訟に勝つことができました。


藤田晋

一昔前は社員の8割が営業担当者でしたが、今では6割近くが技術者です。約1000人の技術者を新たに採用し、構成を変えていきました。


麻生渡

日本が技術開発で先行することは重要ですが、「ガラパゴス化」しては意味がない。そこで米国や欧州を仲間に引き込んで、ルール作りを主導しようと考えました。日米欧の3極の研究者や政策担当者が一堂に会する場を、福岡で提供することにしたのです。


石川康晴

ミスが生まれる原因は、「無理」を重ねることにもあります。無理は連鎖します。それを防ぐには、早め早めの「ホウレンソウ(報連相)」が大切で、ギリギリまで粘って「ミス」が起きるぐらいならば、「代案を持って謝りに行く」のが賢明です。代案で切り抜ける方法は、計画は果たせなかったものの、ミスではない。場合によっては、「評価」の対象にもなります。


森田俊作

書類は、「これから処理する書類」を1つにまとめ、「処理済み」「再検討」の2つに仕分けします。書類の分類は細かくするほど、置き場所もたくさん必要になり、かえって散らかりやすい。だから、シンプルに「2択」を採用しています。


ローレンス・サマーズ

私が28歳でハーバード大学の史上最年少教授になったのは1983年。当時、若かったこともありますが、「これで勉強は終わり。これからは教える立場」などとは思いませんでした。何と思ったかというと「よし、これからもっと勉強するぞ」でした。昨年からはハーバードの学長です。それでも「勉強するぞ」との気持ちは少しも変わっていません。


飯沼浩

常に加盟店の持つ力との相乗効果を意識しながら、最大限の結果を導き出すための努力を、本部はしなければならない。


行本明説

できれば「今日の大事な仕事」だけではなく、「明日の大事な仕事」や「1週間の大事な仕事」も把握しておきたいものです。今日の大事な仕事だけでは、毎日が自転車操業になってしまいます。せめて1週間のスパンで大事な仕事が何か分かっていれば、余裕をもって布石を打つことも可能です。これらをスケジュール帳に書き出して、目に見える形で把握しておくことが重要です。


湖中謙介

他社もオーダーの店舗を増やすという話は聞こえてきています。それでも既製服とは違って、オーダースーツでは店ごとの個性が出やすいので、差別化はできると思います。当社の差別化ポイントは総合力です。少々面倒なオーダーでも納期が延びず、総じて高いレベルのサービスを提供できます。この総合力を支えているのは生産力です。当社は創業以来、生産直販体制を貫いてきた。これはなかなか他社ではマネができないのです。


畑山浩昭

どんな仕事であっても、人は何かのことで人に貢献しながら生きている。だったら、学生諸君は何をもって社会に貢献していくのか。学生たちにはそれを大学生活で見つけていってほしいと思いますし、我々はそれを見つけるための場を提供したいと思っています。


金丸恭文

当然、チャンスを与えれば、一定の失敗と一定の成功が出てきます。でも失敗したとしても、最初なら小さな失敗で済ませることができます。そして成功すれば、次にもっと大きなチャンスを与える。そうやって、今の実力以上の仕事を任せることで、個人のスキルやノウハウがストレッチされていく。その繰り返しです。


小池利和

一部の根強い反対を押し切って、情報通信機器事業に生き残りを懸けるために、安井さん(安井義博社長)は一計を案じます。90年のことです。社内に「21世紀委員会」を設置して、ブラザーの将来あるべき姿や事業構造について社員に議論してもらったのです。ここで絶妙だったのは、委員会の中に30代、40代、50代の世代別に3つのチームを作って、それぞれのチームが議論した結果を提言してもらう形にした点でした。時代の変化に敏感な人が多い若手で構成される30代社員のチームが、現状を否定する大胆な提言をしてくれると期待してのことだったそうです。実際、3つのチームで最も大胆な提言をまとめたのが、30代のチームでした。