上田渉の名言

上田渉のプロフィール

上田渉、うえだ・わたる。日本の経営者。「オトバンク」会長。神奈川県出身。東京大学経済学部経営学科在学中にNPO立ち上げ、IT企業経営を経験。その後中退しオトバンクを創業。同社をオーディオブック会社として成長させた。著書に『脳がよくなる耳勉強法』『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』『ノマド出張仕事術』。

上田渉の名言 一覧

外出先で仕事をこなすポイントは、普段と同じ机環境を目の前に再現すること。


私の出張のコンセプトは、「どこにいても普段と同じ環境を再現する」に尽きます。新幹線でもカフェでもホテルでも、ネットにさえつながれば、オフィスにいるときと同じ環境が作れる。そうすれば、オフィスと変わらぬ効率や生産性を再現できます。


技術の進化により、ますますどこでも仕事ができるようになっています。おかげでオフィスにいる時間もますます減ってしまっていますが(笑)。


スキマ時間は意外とあるんですよ。私はスキマ時間の長さによって何をするか決めています。短い時間であればタスク整理、メール返信などの時間に充てますし、15分以上あればオーディオブックを聴くなどします。


外で仕事をする場合、場所を選ぶ基準は様々ですが、「集中して仕事ができるか」を考慮しましょう。その点では、カラオケボックスもおすすめです。周りの目や音を気にせず仕事に没頭できますし、携帯電話も気兼ねなく使えます。気分転換に1曲歌うことも。ただし、電源の使用だけは、事前にお店の人に確認しましょう。


オーディオブックを作るには、出版社の協力が必要です。しかし、ウォークマンが流行した80年代、出版社はカセットブック事業で手痛い失敗を経験しています。音声化事業はうまくいくはずがないと言うのです。そこで、コストはこちらで持つと説得。コンテンツを増やし、事業を始めました。


起業のきっかけは、祖父の後ろ姿。読書が好きだった祖父が緑内障で失明し、晩年はテレビの野球中継に聞き入るばかりでした。目が不自由な人に幸せな読書を提供できないだろうか、と考えたのです。


NPOとIT企業立ち上げの失敗から学んだのは、「ロマンとそろばん」の両輪の必要性です。今後もそろばんを弾きながら、「聞き入る文化の創造」というロマンを追っていきたい。


創業前、自分でベストセラー作品を音声データ化し、昼休みの日比谷公園で約200人のビジネスマンに声をかけ、試聴してもらいました。意外に好評で、本と同じ値段なら買うという人が多かったんです。こうしたリサーチを積み重ね、成功への確信を高めて起業しました。


私は書類や資料をすべてデジタル化し、ドロップボックスに入れています。これによりどこでも必要な資料を見ることができ、作りかけの資料を開くことができます。すると、荷物が減るのはもちろん、時間の使い方が変わります。たとえば地方出張の場合、行きの新幹線で資料を完成させ、現地のコンビニのネットプリントサービスで出力、ということも可能になるのです。


出張先では仕事がこなせない、という理由として「紙の資料」の問題があると思います。資料を参照しなくては書類が作れず、その書類をプリントアウトしなくてはいけないので、オフィスに行かざるを得ない、ということですね。そこで必須となるのが、クラウドサービスの活用です。私が使っているのはエバーノートとドロップボックス。ここにデータを入れておけば、どこのパソコンでもスマホでも、ネットさえつながっていればいつでも開けます。


いつでもどこでも仕事ができるようにするために。以前は多くの物を持ち歩いていましたが、今は「ノートパソコン」「スマートフォン」「充電器」の三種の神器だけで十分。以前はタブレットも持ち歩いていましたが、今はスマートフォンで大抵のことは事足りるので、持ち物リストから外しました。


私の仕事スタイルの特徴は、「紙類を持ち歩かない」こと。お客様先で紙の資料をもらった場合も、すぐにスマートフォンのカメラで写真を撮り、エバーノートに保存します。いただいた名刺も同様に保存します。エバーノートは画像内の文字を検索できるので、あとで資料を見返したいときも、すぐに目当てのものを取り出せて非常に便利。帰りに立ち寄ったカフェや新幹線の中で作業してしまえば、もう持ち歩く必要がありません。荷物を軽くするというのも、出張においては重要なことです。


出張だからといって特別なことは何もしません。仕事のスタイルも鞄に入れて持ち歩く物も、普段と同じです。というのも、私は商談や打ち合わせで外を飛び回ることが多いため、日頃からいつでもどこでも仕事ができるようにしているからです。いわゆるノマドワーキングが私の基本スタイル。だから宿泊の際は着替えを持っていくくらいで、あとは本当にいつもと変わりません。私にとって出張は、日常の延長なのです。


時間を30分、1時間という大きな固まりで捉えると中だるみする。15分は仕事の区切りに適している。


上田渉の経歴・略歴

上田渉、うえだ・わたる。日本の経営者。「オトバンク」会長。神奈川県出身。東京大学経済学部経営学科在学中にNPO立ち上げ、IT企業経営を経験。その後中退しオトバンクを創業。同社をオーディオブック会社として成長させた。著書に『脳がよくなる耳勉強法』『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』『ノマド出張仕事術』。

他の記事も読んでみる

森稔

正直なところ、「ここで私がやめたいと言えば、すべて終わりにできる」と考えた瞬間もありました。しかし、そのたびに、都市の再生なしに日本の発展もないと信じて踏んばってきました。長期にわたるプロジェクトをなんとか形にできたのも、街づくりに対しての志を捨てなかったからです。


草野顕之

自分とは何かを問い続け、他者としての相手を尊重し理解しようとする姿勢がなければ、本当のコミュニケーションを切り結ぶことはできません。


堀場厚

当社のような研究開発型企業が世界市場で戦っていくには、ユニークな技術を常に開発している状態をキープしておかなければなりません。しかし、残念ながら、日本人スタッフだけでこれを続けていくことは難しい。そこでグローバルな視点から海外企業と業務提携し、そして買収していくというかたちで事業の拡大を図ってきました。


田中芳樹(小説家)

登場人物は「チーム」で考えるんです。プロ野球チームの監督みたいなものです。足が速くて守備範囲が広いからショート、ずんぐりして足は遅いけど肩は強いからキャッチャーというように、関係性と役割で人物を置いていく。子供の頃『ロビンソン・クルーソー』を読みましたけれども、フライデーが登場して俄然面白くなる。やっぱり人間関係があって初めて面白さが生まれるんですね。Aという人物は気が短い。でもAより気の長いBが存在しないと、具体的にその性格が伝わらない。人物同士の関係性と比較がないと、キャラクターというものは生まれてこないと思うんです。また、人物に役割を持たせていると、その役割が果たせなかったときにそれぞれの反応が違ってきます。そういう具合にまずチームで作り、そこから個人を粘土細工のように練り上げていくイメージでしょうか。


ドナルド・トランプ

計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。


上田準二

企画書を提出する前に各部署ときっちり詰めておかないといけません。各部署の状況を把握できれば、美辞麗句に頼らずとも説得力のある言葉をつかえます。期間やコスト、関係者に求める役割を具体的に示すこともできます。企画に協力してもらえるか、各部署でどんな問題が起きそうか、そのときどう対応するか。担当者とコミュ人ケーションする中で、いままで気が付かなかった企画の欠点が見えますし、信頼してもらえれば、企画を補強する手助けをしてくれるはずです。


山元賢治

仕事とは別に楽しみを持つことも大切。格好をつけることなく楽しめる趣味です。私の場合は、以前はテニス、今はゴルフを趣味にしています。悩み事で頭がいっぱいになって眠れないときは、ゴルフコースをまわっているのをイメージすることで、眠りにつくことができます。


蟻田剛毅

当社の社員が他の会社で働かせていただく機会も、できるだけ多く設けています。私自身も他社の研修に参加しています。このように、外部に対してオープンであることが当社の“強み”だと思います。


永崎一則

たった一言が人の心に温かみを与え、たった一言で人の心を傷つける。


石毛郁治

三人で受け持ちの工程を一人抜いて私が入る。ちょっと工夫すれば二人でもできる。なるほどと連中が納得したところで、二人でやらせる。不平の連中は仕事から外して遊ばせておく。人数は減っても仕事が楽になるから、真面目な連中は喜んで協力する。
【覚書き:三井鉱山大牟田コークス製造工場の人員整理に取り掛かった時を振り返っての発言】


武田双雲

いろんな人とコラボレーションしたりしますが、彼らをリスペクトし、みんながハッピーになることを考えていると、嫌な人とは出会わないし失敗もしない。


中尾浩治

私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


柿沢安耶

働いたお店が軌道に乗らないのを目にして、メニューやコンセプトづくりの大切さを痛感しました。また、お菓子作りに加工品が使われ、添加物を入れるのも、私には受け入れられませんでした。健康にもよくないし、材料の選択や下ごしらえから、ちゃんと自分でやりたかったのです。
【覚書き|自分の店を開店する前に洋菓子店やカフェで働いたときを振り返っての発言】


高見順

欠点のない人間はないだろう。友人の欠点をとがめたてていたら、この世に友人というものはないだろう。


坂本孝

銀座にユニクロの新店舗ができた時は、開店前の行列に並びに行きました。商品を買いに行ったのではなく、並んでいるお客さんたちの会話を聞きに行ったのです。実は、あの行列に並んでいる人の中には、地方から偵察に来た衣料品店の経営者が多い。すると同業者同士で、「ユニクロのシャシは、○○というメーカーの繊維を使っているみたいですよ」「そうらしいですね、私も今日はその最新技術を見に来たんです」と専門的な話題で盛り上がっている。そういう話は、飲食業界の人たちと会っている時には絶対に聞けないわけですから、またとない勉強の機会でしょ? こうやって街に出て、自分のアンテナを張って、ビジネスの芽を探す努力をすることは非常に重要です。


ページの先頭へ