名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田清司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田清司のプロフィール

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

上田清司の名言 一覧

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


埼玉県はまず、お金自体は出しません。大型補助金とか、そういうインセンティブはないのです。補助金を出さないと来ないような企業は大した企業ではない、というのが私の考えです。


役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


我々が何で勝負しているかというと、まず行政のクイックサービス。とにかく速い。次にワンストップ。窓口は1つ、あちこち行かせません。最後にオーダーメイド。いろいろな注文に応じます。この3つです。一言で言うと埼玉県は話が早い、というのが大阪辺りの企業の評価です。大阪には2年に1回は企業誘致に出掛けていましてね。


上田清司の経歴・略歴

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

他の記事も読んでみる

ケラリーノ・サンドロヴィッチ

きっと、多分野で仕事しているからこそ飽きないし、新鮮な気持ちを保つことができている。


鈴木貴子(経営者)

行動規範を本気で浸透させるには、それを「評価」と述動させることが重要。評価も行動規範を基準にするという姿勢を見せなければ、人の意識はなかなか変わりません。たとえば社長賞では、行動規範をいかに実践したかを最大の評価基準にしています。


ケタン・パテル(経営者)

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


小堀宗実

人と人が向き合い、一碗のお茶を介しながら心を通い合わせるのが茶道の素晴らしさ。昔ながらの稽古を重ねて作法を習得することも大事なことですが、それ以上に人と人との関係をより理解するのに役に立つ。


小林弘幸

「心」へのアプローチ、たとえば「ポジティブに考える」などの対処はあまりお勧めしません。人間の思考や感情は、実はコントロールが難しい領域です。性格上なかなかポジティブになれない人もいますし、そもそも自律神経が乱れてしまえば、思考も乱れてしまうものです。あれこれ考えを巡らせるより、身体を動かして自律神経を整えるほうが近道です。


森本容子

半年か1年もすれはブームは去るんだって思っていました。だから、モテはやされていることを自分の実力だなんて勘違いしないよう注意していましたね。「身の丈を知る」って言葉が好きなんですが、それで早く辞めようと思ったんです。
【覚え書き|渋谷109のカリスマ店員時代を振り返って】


山口悟郎

新入社員のころ、私のベルトのループがひとつ取れているのを見つけた稲盛(和夫)に「これ取れているぞ。俺が縫ってやるから、針と糸を持ってこい」と声をかけてもらったことがある。稲盛が46歳くらいのときだ。稲盛は東京のオフィスに来ては我々新入社員に「どうだ、がんばってるか」と声をかけてくれた。そんな稲盛の背中を必死で追いかけながら、20世紀の間は無理でも21世紀には自分が会社で中心的な役割を担わなくてはいけないと、なんとなく思っていた。


髙松修身(高松修身)

人の適性を見誤ってはどんなに優れた人材でも活かすことができない。それを見極める管理職の責任は重大である。


小泉進次郎

仲間」をつくるときには、思想信条は関係ありません。それより、理屈抜きに「この人は何かすごい」という実感や、「まわりがすべて敵になっても、こいつは俺を支えてくれる」という信頼感が大事です。


小松易

職場という公共のスペースでは、「自分は無駄が好きなんだ」というわがままは許されない。片づけは良くも悪くも伝染するからだ。職場の「基準」は部門長のデスク周りである。「部長の机がグチャグチャなのだから自分も大丈夫」という暗黙の了解が蔓延する事態は避けねばならない。


唐鎌謙二

苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。


古賀稔彦

できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。