名言DB

9419 人 / 110788 名言

上田清司の名言

twitter Facebook はてブ

上田清司のプロフィール

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

上田清司の名言 一覧

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


埼玉県はまず、お金自体は出しません。大型補助金とか、そういうインセンティブはないのです。補助金を出さないと来ないような企業は大した企業ではない、というのが私の考えです。


役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


我々が何で勝負しているかというと、まず行政のクイックサービス。とにかく速い。次にワンストップ。窓口は1つ、あちこち行かせません。最後にオーダーメイド。いろいろな注文に応じます。この3つです。一言で言うと埼玉県は話が早い、というのが大阪辺りの企業の評価です。大阪には2年に1回は企業誘致に出掛けていましてね。


上田清司の経歴・略歴

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

他の記事も読んでみる

哀川翔

詳しい理由はわからないけど、眠れない奴っていうのは、あんまり働いていないんじゃないのかな。俺は働きすぎというのは、何時間働いたから、というんじゃなくて、本人がよく働いたと思えば、それは働いたことになると思う。それで、成果が挙がらないとしたら、それはその仕事のやり方が悪いだけだよ。仕事を一生懸命やるのも大事だけど、仕事のやり方を考えるのも同じように大事だからね。


リード・ホフマン

ベンチャーの立ち上げというのは、崖の上から飛び降りて、真っ逆さまに落ちている状況の中で、落ちながらも未来を信じて、飛行機を組み立てて、陸地直前で何とか飛行機を作り上げ、一気に浮上するようなものである。


金子哲雄

ムダ遣いを改める第一歩は、少額の買い物を、電子マネーで支払わずに、現金払いすること。財布から直接、お金を出すことで、支払ったという意識が強く残るので、浪費を防ぐことができるのです。


秋元久雄

仕事を作業にしてしまっている人たちは、結局与えられた問題に対してしか答えようとしません。会社から与えられた課題をそつなくこなす。ただし、その問題は結局、分業化やマニュアル化の中で、非常に単純化されたものでしかない。一方、職人型の人材は自分で問題を作れる人。職人は自らのスキルを向上させるために、常に新たな課題やハードルを自分で見つけ出す。仕事の高次化が自ずとできてくる。


中田浩二(サッカー選手)

鹿島はフロント、現場、選手が密にコミュニケーションを取っているクラブなんです。それは海外に出た選手に対しても同じで。本当にいろんな人がメールをくれた。「元気でやってる?」と。


糸井重里

収増益を続けるためには、自分たちがやりたいと思えるような、さらに新しいことを生み出す必要がある。


山内隆司

これは当社では昔からよく言われていることで、私も先輩からよく言われたのですが、現場がうまくいっているかどうかはトイレを見ればよくわかるのです。現場事務所のトイレが綺麗に掃除されていれば、そこまで目配りする余裕があるのだからうまくいっている現場だと判断していい。反対に使うのが嫌になるようなトイレだったら、仕事もバタバタで雑になっているはずだと。


中村栄輔

勉強し続けることしか自分を高める方法はない。勉強しようとする姿勢があるからこそ、助言をいただけますし、励ましの言葉も頂戴できる。


福井威夫

想像を超える困難な状況の中で、自分で何とかしないとダイレクトに結果に表れてきます。誰も教えてくれない。失敗はしたくないが、失敗を恐れていたら何もできない。必要な情報や知識をどんどん吸収し、あらゆる力を一点に集中して突破する。そして、見事成功したときは達成感に浸る。こうした修羅場体験を経ると、ひと皮も、ふた皮も向けて力をつけることができます。


松井忠三

情報を書き込む手帳やノートというものは、同じものを使い続けることが重要。なぜなら、経営者は、常に長いスパンで物事を見渡す必要があるからです。年次ごとの状況を比較したり、そこから見える翌年以降のビジョンを考えたりするとき、一年できっかり切り替わる、同じ仕様の手帳が大いに役立つのです。