名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

上田清司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田清司のプロフィール

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

上田清司の名言 一覧

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


埼玉県はまず、お金自体は出しません。大型補助金とか、そういうインセンティブはないのです。補助金を出さないと来ないような企業は大した企業ではない、というのが私の考えです。


役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


我々が何で勝負しているかというと、まず行政のクイックサービス。とにかく速い。次にワンストップ。窓口は1つ、あちこち行かせません。最後にオーダーメイド。いろいろな注文に応じます。この3つです。一言で言うと埼玉県は話が早い、というのが大阪辺りの企業の評価です。大阪には2年に1回は企業誘致に出掛けていましてね。


上田清司の経歴・略歴

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

他の記事も読んでみる

永持孝之進

一人ひとり、みんないいところを持っています。仕事のできる人間も、そうでないという評価を受ける人間もいます。4番バッターだけでなく、2番バッターも、バントの上手な人や走るのが速い人、いろんな人がいて会社が成り立っています。


小笹芳央

「ちょうどよかった」という言葉は、ものごとの受け取り方を変える呪文です。起こってしまったことは変えようのない過去の事実です。でも、悲しみや不安、怒りを覚える対象から、ポジティブな気づきを自分に与える対象へと、受け取り方を変えることはできます。その思考の切り替えのスイッチこそが、「ちょうどよかった」です。


武田双雲

多くの人は欲が中途半端なのだと思います。「自分のため」というエゴを突き詰めていくと、「人のため」になるんです。


岡田正大

日本にはそもそも共有価値に近い概念がすでにある、とよく言われますが、そうした標準化された文化的属性を乗り越えて、自社の独自性を発揮することが求められます。企業があまねく実行できるような戦略では競争優位は実現しません。


坂本春之

やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


小池淳義

当たり前と思っていた作業の変革にチャレンジして部署の様子ががらりと変わることがあります。枠にとらわれずにいいと思ったらどんどんやろうということです。


浅田次郎

僕自身も戦後生まれだから、戦争はまったく知らない。知らなさのレベルはおそらく皆さんと同じです。僕が物心付いた昭和30年代には東京は完全復興していました。焼け跡もなければ闇市もなくて、戦争は遠い昔話だった。でも、年代が物理的に近い分、多少は戦争についての生の声を聴いています。父が軍人だった世代だし、母だって学徒動員で工場に行っていた世代ですからね。だから、今の若い人より多少はリアルに戦争を書けるのかもしれません。


新川義弘

些細なことの積み重ねが信頼感を生むのです。


中村直樹

「取引先と対等に接すること」が大切です。残念なことに、メーカーに対して無理難題をいうような小売りもまだ存在しています。しかし私は、そういうアンフェアなことはしたくない。「バーニーズと取り引きして、損した……」などということは、絶対にあってはならないと思っています。現場の人がどれだけ苦労して、商品をつくっているのか?その思いだけは忘れないようにしています。


中原淳

人材育成に関していえば、人は「儲けの環境」でしか成長しません。自分の組織でそれが望めないのなら、別の部署で新しい仕事に挑戦したり、成長市場への転職を検討する必要があるでしょう。


重久吉弘

提案をするためには、相手の事情をしっかり知らないといけない。そして、こちらから語りかける。


鹿島茂

人は追い詰められてこそ大きな力を発揮する。だが、そのときに2番目の概念、発想、切り口のヒントとなる雑多な知識、教養のプールがなければ、結局はたいした結果を導くことができない。したがって、まずは多様な知識を蓄えることが大切なのである。