上田清司の名言

上田清司のプロフィール

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

上田清司の名言 一覧

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


埼玉県はまず、お金自体は出しません。大型補助金とか、そういうインセンティブはないのです。補助金を出さないと来ないような企業は大した企業ではない、というのが私の考えです。


役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


我々が何で勝負しているかというと、まず行政のクイックサービス。とにかく速い。次にワンストップ。窓口は1つ、あちこち行かせません。最後にオーダーメイド。いろいろな注文に応じます。この3つです。一言で言うと埼玉県は話が早い、というのが大阪辺りの企業の評価です。大阪には2年に1回は企業誘致に出掛けていましてね。


上田清司の経歴・略歴

上田清司、うえだ・きよし。日本の政治家。埼玉県知事。福岡県出身。法政大学法学部法律学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。大学院在学中、新自由クラブの立党に参画。建設大学校(のちの国土交通大学校)非常勤講師、衆議院議員などを経て埼玉県知事選挙に当選。埼玉県知事を4期務めた。

他の記事も読んでみる

田中圭一(漫画家)

偶然に懸けてみたんですが、担当編集者をツイッターで募集したところ、20分もたたないうちに「私もうつ経験者なので、ぜひ!」とお返事が届きました。すぐに信頼関係が築けましたし、文芸とマンガを両方経験された優秀な編集さんで、アドバイスが新鮮で的確。おかげで、取材マンガのノウハウが身につきました。もう一つは、「文芸カドカワ」とWEBの「note」の両方で連載したことです。「note」では1話ずつの販売もしました。活版印刷用にはモノクロ、電子用にはカラーと同時並行で原稿作業ができて、今後WEBで発表する際には、この作画方法をマストにしたいと思っています。


桑原豊(経営者)

私はこれまで何百人もの店長を見てきました。その経験から気づいたのが、業績が好調な店の店長と振るわない店の店長では、話し方に違いがみられます。その違いとは、好調な店ほど「ワンフレーズ」を大事にしているということです。営業中の店舗では、店長とスタッフがじっくり話し合う余裕はありません。でも好調な店の店長は、フロアや厨房でスタッフとすれ違う際に、必ずひと言声をかけます。仕事の話なのに、まるで自分の大好きな趣味についての話をしているかのように、楽しそうに話すんです。もちろん注意することもありますが、多くは褒め言葉です。その店長がいいなと思ったことを自然に口に出しているんです。


上原明

なぜ働くのか、何のために生きるのか、社会のために自分は何ができるのかといった価値観は、教え諭すものではなく、本人が悟るもの。知識を得るだけでなく、実体験を通して自分で悟っていかなくてはならない。


小川賢太郎

新入社員の教育から始まって、継続的にやり続ける。教育し続ける。確認し続ける。それが大事です。


西田宗千佳

これまでの人脈とは人を介して広がるものでした。知り合いのツテ、取引先からの紹介など、人から人へ連続的に広がっていくものが人脈だと考えられていたと思います。しかし、ソーシャルメディアの登場で、そのつながりは非連続的なものに変わってきています。いまは直接連絡を取らなくても、まったく知らなかった人とつながりを持てるようになっている時代なのです。


戸田博道

どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。


渡部卓

積極的に休憩を取り、気分を一度リセットする。これが集中力と効率を低下させず、1日のパフォーマンス保つ秘訣。


高島宏平(髙島宏平)

交渉して仕事を進めていくときに大事なことは、頭が良くて話し上手な人ではなく、あくまでも「やること」が得意な人と組まなくてはいけないということです。相手の方は理路整然と納得感のあることをしゃべるんだけれど、面談が終わったあと、特に何も起きない。そういうことはたまにあります。そういう人はアドバイスを求めるとしたら適任かもしれないけれど、交渉相手としては困る人です。それを見抜かないといけません。


前川孝雄

上司が部下に感謝すれば、部下も上司に感謝するようになる。部下に感謝されれば、上司もやる気になる。感謝は感謝の連鎖を生んで、プラスの循環が起こるのです。


瀬戸雄三

組織のリーダーは、そこに属している一人ひとりが持っている無限の能力を発揮できるようなマネジメントを心掛け、一人ひとりが無限の力をフルに発揮できるインフラや活躍の場を与えていかなくてはいけない。


弘兼憲史

時間管理術にせよ、整理術にせよ、自分の身の回りや頭の中をクリアにすることで、気持ちよく効率よく作業ができ、ムダが減る。


田中マルクス闘莉王

決定機にかける思いっていうのは、人一倍強い。チャンスは何回もあるものじゃない。そこで仕留められるかどうかが、天国と地獄の分かれ道ですから。


山﨑養世(山崎養世)

非常に風通しの良い職場で、若い私にたくさんのチャンスを与えてくれました。今でも大和証券には非常に感謝しています。


川村益之

部下が仕事に対して生きがいを感じるためには、自分たちの会社が何を目指しているのか、何のために存在しているのか、これら理念やビジョンを部下が共有していることが大切です。これは管理職が自分の部や課を運営するときも同じです。会社の理念やビジョンに基づいて、どんな部や課にしていきたいのか、部下に方向性を示すことが大事です。


藤田晋

絶体絶命の状況をイメージし、自分をとことん追い込んで考え抜くことが大切。たとえば、事業戦略を決める重要な会議などでは、参加者全員が「成すべき目的や目標」を強く意識して、それこそ脳がヘトヘトになるまで考え抜かなければならない。


ページの先頭へ