名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上田比呂志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田比呂志のプロフィール

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

上田比呂志の名言 一覧

心を込めた接客をして、お客から「ありがとう」と言われる。同僚から感謝される。この喜びが、ものすごいエネルギーになる。


数字を上げたければ気配りが必要。チームのメンバーの気持ちを数値目標でひとつにするのは難しい。


気配りとは、自分の感性を磨くこと。感性を磨けばアンテナが高くなり、感度が良くなる。いままで見えなかったものが見えることで気がつき気配りができる。


上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


朝一番の素敵なコミュニケーションを取る場で、社員を嫌な気持ちにさせたらそれがそのまま接客に繋がり結果的に、数字は下がる。みんなが気配りで絆を深め、お客をハッピーにしようという意識を共有してこそ、数字はついてくるんです。


上田比呂志の経歴・略歴

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

他の記事も読んでみる

シェイクスピア

人生とは、ただの歩いている影、下手な役者。つまり、舞台の上を持ち時間だけばたばた慌てて歩き回り、それっきり名を聞かなくなる、そんな奴なのだ。


シェイクスピア

悲しみが来るときは、単騎ではやってこない。かならず軍団で押し寄せる。


瀧本哲史

明治維新は若い世代が成し遂げたと思われがちですが、よく調べれば藩主が例外的に彼らを抜擢して、問題を起こしても守っています。上の世代の人たちには、会社なり組織なりを変えようとしている若手、中堅を守ってほしい。


植山周一郎

知らないことを謙虚に学ぼうとすることが、教養を身につける節一歩。


伊藤長次郎(二代目)

よい家というのは、慎みある暮らしぶりの家のことをいう。調子に乗った奢った暮らしをすると、よい家とは言われない。衣食住を倹約しなさい。


岸田一郎

雑誌づくりには、たんに誌面をどうつくるかのアイデアだけでなく、販売収入と広告収入をいかに伸ばして利益を出すかの全体的な戦略が不可欠です。『LEON』では、「年収1500万円~2000万円のミドルエイジ」とターゲットを絞って、読者の行動を喚起する記事を載せることで、広告主と読者と出版社、すべてにメリットがある雑誌づくりを目指しています。


佐藤オオキ

書き上げるのに2時間ぐらいかかる原稿を、「1時間で仕上げる!」と目標を定めて取り組めば、仕事のスピードを上げるトレーニングになります。このトレーニングは定期的に実践して鍛えた方がいい。


戸松遥

「やれること」や「やりたいこと」が年々増えてきている感覚はあります。時間の使い方がやっとわかってきたのか、忙しくても「これだけの時間があれば、これができる」と考えられるようになって。たとえば、短いオフでも時間を調整して、旅行を計画したりすることができるようになったんです。


和田千弘

企業変革という観点から言えば、重要なのは目先の利益や認知度を上げるのではなく、その企業が高付加価値を武器にできるよう、組織全体のブランディング能力を高めること。


土橋章宏

書くことは自分の気持ちを整理することにも繋がるし、物事の真相を理解することもできる。この小説(『天国の一歩前』)も書きながら「やっぱり諦めちゃだめだ」と自分を励ましながら書いていた。なんか自給自足的な感じなんですけど(笑)、それ、書いていて楽しいところなんですよね。


千本倖生

ちょうど4人目の子供が生まれた時。企業年金もあと1年で受給資格になるので、上司や同僚はもちろん、母校の教授からも、気違い沙汰だと慰留されました。20年近くいた会社で愛着もあったのですが、日本の消費者のためになり、かつ自分の人生を内面から豊かにするには、壁を飛び越えるしかないと思い、決断しました。

【覚え書き|42歳で電電公社(NTT)を辞めたときを振り返って】


鈴木剛(経営者)

たとえてみれば木綿着のようなホテルにしてほしい。木綿でも、織とか染め柄によって、高価な絹織物よりも、遥かにいい効果が出せるのだから。