名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田比呂志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田比呂志のプロフィール

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

上田比呂志の名言 一覧

心を込めた接客をして、お客から「ありがとう」と言われる。同僚から感謝される。この喜びが、ものすごいエネルギーになる。


数字を上げたければ気配りが必要。チームのメンバーの気持ちを数値目標でひとつにするのは難しい。


気配りとは、自分の感性を磨くこと。感性を磨けばアンテナが高くなり、感度が良くなる。いままで見えなかったものが見えることで気がつき気配りができる。


上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


朝一番の素敵なコミュニケーションを取る場で、社員を嫌な気持ちにさせたらそれがそのまま接客に繋がり結果的に、数字は下がる。みんなが気配りで絆を深め、お客をハッピーにしようという意識を共有してこそ、数字はついてくるんです。


上田比呂志の経歴・略歴

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

他の記事も読んでみる

菅野宏三

定年後に安定した仕事に就く人のほとんどが、今いる会社からの誘いか、知人の紹介です。「○○さんには定年してもこの職場にいてほしい」と今の部下が上司にかけ合ってくれるか、他部署から「定年になったらうちの部署を手伝ってほしい」とお声がかかる。あるいは「辞めるなら、うちの会社に力を貸してほしい」と営業先や取引先から声がかかることで再就職先が決まっています。だから私はよく「自分の周りが求人票」だと言っているのです。


ジャック・マー(馬雲)

第一が顧客、第二が社員、第三が株主。


山本晴義

いまだに「うつ病になるのは心が弱いからだ」といった考えを持っている人は少なくありません。しかし、それは誤りです。むしろ「心が強い」と思っている人ほど、うつ病になってしまうケースもあります。「心の病」にかかってしまう人の多くは、真面目な頑張り屋です。しかし、それが頑張りすぎたり真面目すぎたりすると、過度なストレスとなり、その結果、心と身体が悲鳴を上げてしまうのです。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

古来戦陣では、進軍の一番槍より、一兵も損じない退却のしんがりを「武人の名誉」として褒め称えている。蛇の目は時局を見越して、このころすでに撤収作戦に入っていた。
【覚書き|日中戦争の初期に蛇の目が朝鮮の市場から撤退を開始したことについて語った言葉。撤退時期を間違えて多くの企業が在外資産を失ったが、蛇の目は撤退時期が早かったため助かった。当時の社長は小瀬与作氏】


早川徳次

もともと私は楽天家の方で、ものごとにあまりいつまでも拘泥してくよくよする性質ではない。忘れっぽいし、いつも明るく笑っていたい人間だ。


安田登

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。


中村梅雀(二代目)

その年は、僕にとって最初の結婚に失敗して離婚した年だっただけに、「やけっぱち」というか(笑)、バツがついた以上、「なにをやっても怖くないや」という状態でもあった。

【覚え書き|NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で徳川家重役を演じた当時を振り返って】


キャンディス・パート

毎秒、膨大な量の情報交換があなたの体の中で行われている。それらのメッセンジャー・システムがそれぞれ固有の音を持っていて、それぞれのテーマ曲を高くまた低く、大きくまた小さく、繋がったり途切れたりというふうに口ずさんでいるところを想像してみるとよい。


盛田昭夫

日本といえば、低賃金というのが国際的にも通り相場だが、もはや現在の国際経済は、低賃金では競争できない段階に達しているのである。いま必要なのは、なによりも生産性の向上である。言いかえれば、仕事の量である。


桜井章一

運が欲しいなら、「運なんかいらないよ」というぐらいの気持ちでいることだ。「運が欲しい! 運が欲しい!」と求めるから、かえって入ってこないんだ。


山田英二(コンサルタント)

現地プロジェクトを成功に導くリーダーの育成には、やはり生活者としての現地体験が必須。


鈴木宗男

大出世を目指すなら、下の面倒を見ることだ。小さな出世で良ければ、上にお世辞を使えばいい。