名言DB

9419 人 / 110788 名言

上田比呂志の名言

twitter Facebook はてブ

上田比呂志のプロフィール

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

上田比呂志の名言 一覧

心を込めた接客をして、お客から「ありがとう」と言われる。同僚から感謝される。この喜びが、ものすごいエネルギーになる。


数字を上げたければ気配りが必要。チームのメンバーの気持ちを数値目標でひとつにするのは難しい。


気配りとは、自分の感性を磨くこと。感性を磨けばアンテナが高くなり、感度が良くなる。いままで見えなかったものが見えることで気がつき気配りができる。


上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


朝一番の素敵なコミュニケーションを取る場で、社員を嫌な気持ちにさせたらそれがそのまま接客に繋がり結果的に、数字は下がる。みんなが気配りで絆を深め、お客をハッピーにしようという意識を共有してこそ、数字はついてくるんです。


上田比呂志の経歴・略歴

上田比呂志、うえだ・ひろし。日本のビジネスコーチ、作家、経営者。東京都出身。大学卒業後、三越に入社。その後、グアム三越社長、ティファニーブティック支配人、フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役などを務めたのち、「おもてなし」について教えた。

他の記事も読んでみる

岡本行夫

真のグローバル人材になるために一番大事なことは、人に優しくするということ。つまり、自分のコミュニティー以外のところへリーチアウトする。要するに開放性ということですね。企業のレベルではオープンに物事を取り入れる開放化が、非常に重要だと思います。


小暮真久

TABLE FOR TWOでは自分の思いに即した仕事ができています。だから少々の困難があっても気になりません。自分の思いに正直でいられる仕事かどうか。モチベーションに関しては、それが最も大きな要因ではないでしょうか。


細野秀雄

私の基本スタンスは、「流行っている材料はやらない」です。


古屋兎丸

「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


水島広子

自分をイヤな目にあわせた相手に仕返しをしたい気持ちはわかります。が、仕返ししているときの自分の気持ちをよく観察してみると、決してよい気分ではないのです。他人に対して意地悪な気持ちになっているときは、自分にも意地悪をしている、と考えるとわかりやすいでしょう。また、その後で報復を受けたり、自分の評判を落としてしまう恐れがあります。そうやって考えると仕返しによって得るものは何もなく、仕返しという方法はまったくオススメできません。


御手洗冨士夫

突然の社長拝命でした。だから、キヤノンを、どのような会社にしようかと年末まで一生懸命、それこそ命懸けで考え続けました。脳裏に浮かんだのが、若い時に米国で見ていた一流企業の姿でした。経理を担当していた私は、勉強のためデュポンやP&G、IBMなどの財務諸表を取り寄せて経営を分析したのですが、米国で本当に一流の企業は分厚い自己資本を持ち、潤沢な手元資金で開発投資をして新しいものを生んでいました。当時、キヤノンはもちろん、日本の企業は、本当に借金経営。全くの別物でした。あの驚きと憧れはいまでも記憶に残って売います。よし、こうした一流企業肯を目標にしよう、と強く思いました。これが社長としての原点です。


斎藤広達

人間一人の情報収集には限界があるので、時間をかければかけるほど、得られる情報の質は低くならざるを得ません。意思決定のスピードを上げたいなら、情報を得るための時間や量をあらかじめ決めてから取り組みましょう。たとえば、未知の分野の企画を考えるなら、初心者向けの入門書を1冊だけ読むとか、グーグル検索するなら15分だけ、といった工夫です。


阿部譲

いくら教育しようとしても勉強する気のない人間はしないわけですからね。企業でも最近は社員教育に力を入れていますが、あれだって本人次第なんです。ああいった研修というのは副次的なもので本当の生きた勉強は仕事中ですよ。


山中伸弥

研究がしんどかった頃、本当にいろいろな本を読み漁りました。「高く飛ぶためには、思い切りかがまないと飛べない」など、そんな当たり前の言葉が心に響くんですよ。「ああ、自分は今かがんでいる状態なんだ」と。


後藤玄利

創業数年後、当時、ファンケルやDHCが急伸していて、売上はうちの2桁も上。彼らのあとを細々と追っても面白くない。そう思い始めた頃、アメリカのダイレクトマーケティング協会の年次大会に参加したのです。会場には「21世紀はEコマース(電子商取引)の時代」という熱気が充満していました。このイベントに参加したことで衝撃を受けた私は、数年以内に日本にもEコマースの時代が訪れることを確信。ビジネスの方向転換を決意しました。