名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上田晶平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田晶平のプロフィール

上田晶平、うえだ・しょうへい。日本の経営者。「上田八木短資」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、日本生命に入社。同社で執行役員を務めたのち、上田八木短資に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

上田晶平の名言 一覧

時代の先を読み、付加価値のついたサービスをどう提供できるかを追求し、変わっていかないといけない。


革新的に変わることが必要。いままでと同じことをやっていてはダメ。


これまで49回、フルマラソンを完走しました。好きな場所と聞いてすぐ思いつくのは、私の場合、マラソンのスタートラインです。「スタートライン? ゴールではないのか?」という方もおられるでしょう。確かに快心の走りをしたときはゴールのときに達成感があります。しかしそういうケースは実はまれで、ほとんどの場合、疲れ切ってゴールして、走り終わったという安堵感があるだけです。ところがスタート地点では、まさしくこれから走るレースのことを考えながら、胸が高鳴り、それに不安と期待が入りまじった、何とも言えない緊張感があるのがいいのです。


上田晶平の経歴・略歴

上田晶平、うえだ・しょうへい。日本の経営者。「上田八木短資」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、日本生命に入社。同社で執行役員を務めたのち、上田八木短資に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

動物は毛づくろい(グルーミング)しあうことで仲間を認識しますが、人間にとってのグルーミングは、声や言葉のコミュニケーションであるという心理学の仮説が「ボーカル・グルーミング仮説」です。ですから、挨拶は目礼や会釈だけではなく、声に出して伝えるのがベター。その際、雑談や気の利いたやりとりをしなきゃ、と頑張る必要はありません。声をかけることに意義があるので、「おはようございます」「お疲れ様です」「お先に失礼します」だけでも十分です。


上村愛子

(里谷)多英さんを勝手にライバル祝するようになり、負けたら1人で悔しがって、勝ったら喜びました(笑)。目の前に金メダリストという目標があったことはラッキーでした。以前なら選択しなかった辛い練習を積極的に選ぶようになり、コーチからの指示はすべて取り組み、自分を限界まで追い込めました。


北島素幸

修業時代に料理の基本は知っておくべきだけど、基本がいつも通用するわけではないから、自分の店の環境に合わせて変えなければいけない。「北島亭」の肉の焼き方も、いまの方法に至るまでに、どれだけ時間がかかったか。でも、そういう時間を過ごしてきたからこそ「改善の余地はいくらでもあるんだな」ともわかる。「いまの方法に至るまでに苦しんだプロセスは他の作業にも応用できる」とわかる。店の財産とはそういうもので、単に「ノウハウを盗んだ」「レシピを手に入れた」だけでは足りないんです。


小林喜光

まずは大人が目の前の課題に挑戦する。その姿が子供にとって最大の教育の題材になるでしょう。ここでいう競争とは、相手を蹴落とすスキルが求められる限られたパイの奪い合いではありません。イノベーションを起こし、新しい価値を生み出す前向きな戦いのことです。本気で戦えば負けた悔しさ、悲しさが心底分かり、他人に優しくなれるはずです。


ジェリー・ヤン

何が最善かを決めるのはユーザーです。ヤフーはユーザーに選択肢を提供しているのです。


飯田亮

今は亡き父が私の独立への選別として贈ってくれた「初心忘るべからず」には「男がいったん決めたことは最後までやり通せ」という父の励ましと戒めの気持ちがこもっています。当初は親の意に背いて独り立ちする息子に対して戒めの意味で送ってくれたものと考えていましたが、いまでは父なりに励ましてくれたのだなとありがたく思っています。


草刈貴弘

「将来、自分はどんな社会に暮らしたいのか」――まずはそれを具体的にイメージしてみてください。次に、その社会の実現に必要な企業はどこかを考えてみる。そうして、「心から応援したい」という企業を一つ決めたら、翌日から毎日その企業の株価をチェックするのです。いきなり買う必要はありません。ただ、年に2~4回は株式市場の暴落があるので、そこで思い切って買いを入れます。あとは、株価の上げ下げに一喜一憂することなく、その企業が成長するのをじっくり見守る。それだけです。


畑中好彦

(後継社長選びのときは)効率的に目標を達成するにはどんな「変化」が必要かを考えただけ。私情など挟む余地はない。アステラスの安定は、変わることでしか得られないのだから。


塙宣之

負けた瞬間、人間ってすごいなと思いました。悔しいって気持ちを忘れたいからか、ド級のプラス思考になったんですよ。「これは絶対にこの後、いじられる。(M-1グランプリで)優勝しないでいじられるポジションもおいしいな」って。瞬で切り替えよう、切り替えようとする変わり身の早さに、自分で驚きましたよ。


ルイ・オーギュスト・ブランキ

川のこちら側にいれば、向こう側のことはわからない。ひとつ川を渡ってみようじゃないか。
【覚え書き|革命した後のことについて聞かれたときの返答】


和田完二

これから先、日本が発展し繁栄していくためには、どうしても技術に頼らなねばならない。そう考えることには誰も異存はないはずだ。ところがどういうものか現実には、日本人は技術についてあまり関心がなさすぎる。無関心ということは、つまり知らないということだ。


朝倉祐介

書籍から得られる情報には深みがあります。ネットなどに比べれば鮮度は落ちますが、そこは自分で調べて補えばいい。専門家が時間をかけてまとめたものは、情報を得るうえでの効率もいいと思います。