名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田晶平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田晶平のプロフィール

上田晶平、うえだ・しょうへい。日本の経営者。「上田八木短資」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、日本生命に入社。同社で執行役員を務めたのち、上田八木短資に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

上田晶平の名言 一覧

時代の先を読み、付加価値のついたサービスをどう提供できるかを追求し、変わっていかないといけない。


革新的に変わることが必要。いままでと同じことをやっていてはダメ。


これまで49回、フルマラソンを完走しました。好きな場所と聞いてすぐ思いつくのは、私の場合、マラソンのスタートラインです。「スタートライン? ゴールではないのか?」という方もおられるでしょう。確かに快心の走りをしたときはゴールのときに達成感があります。しかしそういうケースは実はまれで、ほとんどの場合、疲れ切ってゴールして、走り終わったという安堵感があるだけです。ところがスタート地点では、まさしくこれから走るレースのことを考えながら、胸が高鳴り、それに不安と期待が入りまじった、何とも言えない緊張感があるのがいいのです。


上田晶平の経歴・略歴

上田晶平、うえだ・しょうへい。日本の経営者。「上田八木短資」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、日本生命に入社。同社で執行役員を務めたのち、上田八木短資に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高見のっぽ(ノッポさん)

戦時中に「鬼畜米英」と叫んでいた先生たちの一部が、終戦後1か月もたたないうちに「民主主義とはいいものだな」と恥ずかしげもなく言うようになった。卑怯ですよね大人は。自分にそうした記憶があったから、私はそうなるまいと小さい人(子供)に常に敬意を払ってきました。人間として対等というよりむしろ、大人よりも賢く感性も汚れていない、自分より上の存在だと考えて接してきました。


梅田望夫

人間力は、「未来は楽しい」と思うことからしか生まれないと思います。きっと今日より明日は楽しくなるはずだということをみんなが実感できれば、生身のコミュニケーションが減っている時代であっても、それほど悲観的になる必要はありません。


宮根誠司

街でおもろい人に会ったら、メモるようになりましたね。手帳だったり、飲んでる時ならコースターの裏とかに。いかさないともったいないですし、オフの時間でも「これはどっかでしゃべれるな」という意識が働くんですよ。


北尾吉孝

若い人には、上司の顔色をうかがう必要など全く無いと言いたい。すべては天が決めることなのだから、目の前の仕事に一生懸命取り組むしかないと悟ればいいのです。そうすれば楽になります。人間関係で悩む暇などないはずです。


長谷川閑史

日本企業であっても21世紀はダイバーシフィケーション(多様化)とグローバリゼーションの2つの流れをうまく取り込まない限り、成長も生き残りもあり得ない。


齋藤孝(教育学者)

私は書籍の編集者に企画を提案する際、タイトル案を書き込んだコピー用紙を本のカバーに見立てて、ついでにオビのコピーまで書き込んで見せることがある。相手が編集者だけに、いろいろ理屈を並べるより、この方がイメージを共有しやすいのだ。私の著作が人並み外れて膨大な理由の一端はここにある。


小籔千豊

芸人の道は本来、僕の性格とは真逆というか。子供の頃からずっと幸せな家庭のお父さんになりたかったんですよ。ダイニングテーブルに僕が座ると、子供たち2人と嫁はんが「いただきます」と言う。ご飯を食べながら、「おまえ、最近、勉強のほうはどうなんや?」と。複雑な家庭で育ったわけでもないんですけど、早く家族を作りたいという願望があった。芸人向きなのは「俺はいつ野垂れ死んでもええ。おもろいことを言い続けるんや」というタイプで。僕は家族を大事にという安定思考な時点で、この世界に向いていない。これは、今でもそう思っています。


佐々木大輔(経営者)

ウェブサイトのどこにボタンを置けばクリックされる率が高まるのか、新サービスが使われない理由は何なのか。多くのユーザーが使えば使うほど問題点が浮かび上がり、改善につながっていきます。データを基に不要な機能を削除できれば、利便性が高まるだけでなく、保守コストの削減にもつながります。これから、指数関数的なペースで製品の改善が進むと考えています。その基となるのが十分なサンプル数。ユーザー数を増やし、データ量で競合相手の先を走り続けることが、今後の成長には不可欠です。


マザー・テレサ

傲慢さはすべてを壊してしまいます。イエスのように生きる秘訣は、心が柔軟で謙遜な人になることです。


鈴木喬(経営者)

世の中にないタイプの商品を創り出すには、相当の執念が必要で、好きでないとできません。


小川直也

プロレス界のためになることは何でもやります。ためにならないことは、いくら金を積まれてもやりません。だから、どんなイベントでも、必ず「何の意味があるの?」って聞くんです。それで納得できればギャラは関係ない。地方の試合だって行きます。


田中里沙

我々がどんな人材を輩出したいのかを明らかにし、それを常に発信することで、大学院の存在価値を高めていきたい。