名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田早夕里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田早夕里のプロフィール

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

上田早夕里の名言 一覧

歴史系の小説でもついエンタメの要素を入れてしまいます。お金を払った読者には、やっぱり楽しんでもらいたいので。


この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。


上田早夕里の経歴・略歴

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

佐分利ユージン

マーケティングはただの販売促進ではなく、経営課題として捉えなければならない。


中野幸治

昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。


守本正宏

今、リーガルテック(情報技術を活用した法律関連サービス)で培ったAIを使い、医療や企業コンプライアンスなど新たな領域で事業に乗り出しています。情報の差で生まれる利益の格差をなくすという、我々のビジョンである正義と公正を実現したい。


小森哲郎

経営トップの思いを理解し、正しい形で全体を一緒に引っ張っていく人材が必要です。そのために、通常は部門横断で改革のリーダーシップチームをつくります。このチームが自分にとっての「能力増幅器」として機能しはじめると、改革は一気呵成に進みます。


内田和成

5年後に実を結ぶかもしれない商品アイデアや仮説を考えるとき、心がけてほしいのは「So What?(だから何?)」です。ある現象や情報に接したとき、そのまま受け止めて終わるのではなく、「だから何?」と、もう一段掘り下げ、もう一歩先の展開を考えるのです。5年後のビジネスのネタは、これを繰り返すことによって浮かび上がってくるのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーはメンバーのプライベートからも目をそむけるな。生活習慣やその人にとって大切なものも十分につかんでいけ。たとえばメンバーがどこから通っているか頭に入っているか。仕事量は同じでも通勤の差で本人への負担は若干違ってくる。また、そのメンバーに恋人や家族はいるのか。チーム内にはいまは仕事だけに没頭したい人から、仕事も頑張るけれど好きな人との時間も大切にしたい人まで様々なタイプがいるはずだ。そこへの配慮ときには早く帰れるように促す気配りをしないと誰もが周囲に引きずられて過剰に働き、一見いいムードのようで実は多くの人が疲労しているといった事態になりかねない


北島義俊

バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


梅原勝彦

当社の場合、社員の定着力の高さが競争力につながっています。だから一度もリストラはしたことがないし、どんな社員でも、これは縁だからと、定年まで働いてもらう。私は新年のあいさつで「今年もみなさんが定年まで働ける会社づくりをめざすのでよろしく」と毎年話していますが、そこに嘘がないから社員がついてきてくれたのだと思います。


ヘンリー・フォード

学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。


藤井義弘

一日一生。最善を尽くして神に祈り、神に祈り手最善を尽くす。悔いを残さないよう努力すればおのずから道は開ける。


野田一夫

程度の差はあれ、新規事業には例外なく事業の障害は避けられないはずです。しかし賢い起業家は例外なくと言ってもいいほど、過去の失敗の経験を経営者としての後の大成功への貴重な土台としています。


久米一正

丁寧な資料に沿って、キチンと説明を受けたとしても、熱意のないもので人は動きません。「この交渉を何としてもまとめたい」という意欲を伝えることが、交渉の重要なカギなんです。