名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

上田早夕里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田早夕里のプロフィール

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

上田早夕里の名言 一覧

歴史系の小説でもついエンタメの要素を入れてしまいます。お金を払った読者には、やっぱり楽しんでもらいたいので。


この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。


上田早夕里の経歴・略歴

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

私は最近、全米の著名なエグゼクティブを集めてトレーニングを行いました。そこでは、「成長思考」の観点から、自分のキャリアについて話してもらいました。皆の前で、自分が失職した時のことや、うまくいかなかったプロジェクトについて、話してもらったのです。その経験から、自分のどんな強さを見つけ出すことができたのか。どんなことを学ぶことができたのかを、改めて考えてもらったのです。この方法は1人でやっても効果のあるエクササイズですが、私はこれをグループで話すように仕向けました。各人がそれぞれの「成長思考」に触れることで、さらなる良い効果が生まれるからです。こうして自分で物語を綴ったり、人前で話したりすることは、成長思考を生み出す力になります。


小林一雅(小林製薬)

叱り方にもコツがあります。ここでも「お客様のため」を意識して、何がダメなのかをきちんと伝えないとダメです。ただ理不尽に怒られたと曲解されかねませんから。自分をなくし、お客様の立場に立って叱る。これが鉄則です。


久米信行

私の本業はあくまでTシャツの製造販売です。自分のライフワークに伴う縁を大切にさえすれば、仕事でもプライベートでも、必要な人とは自然と出会えるものです。人脈は決して量を競うものではありません。


齋藤孝(教育学者)

本番で結果を出すためには、日ごろから地道に努力をして力を蓄積しておくことが大事。付け焼き刃は通用しない。


松田憲幸

機能や性能ももちろん大事ですが、極論すれば、今の時代はビジュアルが商品の売り上げを左右すると思っています。ビジュアル次第で売り上げは100倍にも100分の1にもなる。恐ろしく思うかもしれませんが、見方を変えればチャンスです。なぜなら機能や性能だけをいくら高めても売り上げを100倍にするのは難しい、ビジュアルにはその潜在力があるからです。だからこそ、私はパッケージのデザインに徹底的にこだわっています。中身より箱から先に作る製品もあるぐらいですから。


ジャック・ウェルチ

専門家には専門知識がある。だが、私には2つの目がある。

【覚え書き|気になった点を専門家に何度も質問し、納得できるまで説明させた理由について】


ジャック・ドーシー

スクエアの参入でこれまで手つかずだった層をカード決済に取り込めるようになり、決済業界は変わり始めている。この業界の問題を解決するという目的意識を持って突き進んだ結果、スクエアとい会社自体がムーブメントになっている。


古森重隆

業務用商品とコンシューマー商品ではビジネスのやり方が違ってきます。業務用商品だと、お客様に製品の性能のよさを論理的に説明すればいいだけです。しかし、コンシューマービジネスは、たくさんのお客様が相手だから、なかなかみんなに説明しきれないわけです。そうなるとマーケティングやコミュニケーションの巧拙が売り上げに直結する。それはまったく別の難しさがあります。


玉塚元一

ローソンらしさとは、絶えざる革新性だ。


三谷宏治

私はずっと、他人に頼られ、任される人間になりたいと考えていました。でも、30代後半になった頃、相手も同じ気持ちなのかもしれないと気づいたのです。私だけが一方的に頼られることを目指すと、相手は「また頼ってしまった」と不安になり、相手に依存しているような気持ちになります。ようやくそのことに気づいてからは、あえて相手に頼ることを心がけるようになりました。自分から進んで、わからないことを教えてもらったり、困っていることがあれば相談したり。若い頃なら「自分の頭では何も考えられないのか」とバカにされるかもしれませんが、キャリアを積んで仕事上のポジションや能力が上がれば、相手も「この人が頼ってくれているんだ」と喜びを感じてくれるものです。


沢渡あまね

「あの仕事は彼でないとわからない」「彼女がいないと仕事が止まる」など、「仕事の属人化」の弊害は数知れず。他の人からのチェックが働かないため、スペシャリストに見えて実はムダが多いことも多々あります。しかし、属人化を完全になくすことはなかなか困難。「私だけができる仕事」と評価を受けることで「承認欲求」が満たされるため、そのノウハウを手放したがらないからです。その牙城を少しでも崩すには、別のかたちで本人の承認欲求を満たすのが有効。指導者役を任せたり、知識の公開を「ありがたいこと」として評価する、といった方法が得策です。


馬場芳彦

組織の面では経営トップを含めて役員、部長クラスまでほとんどが入れ替わりました。当然、社内でも抵抗はありましたが、目的は人事改革ではありません。改革に賛同できなければ、その地位にいていただくわけにはいきません。かなりの大ナタを振るいましたが、幸いにも直近では、業績が好転し始めました。