上田早夕里の名言

上田早夕里のプロフィール

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

上田早夕里の名言 一覧

歴史系の小説でもついエンタメの要素を入れてしまいます。お金を払った読者には、やっぱり楽しんでもらいたいので。


この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。


上田早夕里の経歴・略歴

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

槍田松瑩

ミドルの人たちは、しっかりとした価値観と考える力を持った良い人材を育てようという意識を強く持ってほしい。若い人たちは直属の上司の態度、判断基準、身の御し方といったすべてを学んでいくのだということをよく意識して行動してほしい。


デービッド・アトキンソン

日本のアナリストやエコノミストは目先の動きを詳しく分析するのは得意ですが、構造的分析はほとんどしません。本質を探究しようとしない。


真田茂人

依存型社員では、厳しい環境を乗り切っていくことはできない。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●老人が死ぬのは、熱が原因でないのなら静脈が原因だ。静脈壁がぶ厚くなり、しまいに詰まって、血液が流れなくなるからだ。
●医者を避けよ。なぜなら、その薬は錬金術の一種。それを飲む者は間違った忠告を受け入れている。


中條高徳

リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


ポール・ブシャール

小さな会社は完璧な製品の開発を目指すあまり、研究開発の罠に陥りやすい。研究開発を重んじる会社はえてして、いつまでたっても新製品が完成しないということになりがちだ。立派なアイデアを持っている会社が研究開発にのめり込んだ末に、気がつけば社会にすっかり後れを取っていたという例はたくさん見てきた。必要なのは、実際にプロジェクトを動かしてみて、そこから学びながら手直ししていくという発想だ。


野村克也

衣食住なにひとつとってもプロ意識とつながるよ。今の選手たちは栄養の知識もあるし、食事のバランスもいいが、果たして意識はどうなのかね?


貞末良雄

私を嫌って遠ざけようとしている相手を自分が嫌えば、お互いの距離はますます遠くなります。しかし、それでは戦いになりません。向こうが離れていこうとするなら、こちらはそれに食らいついていく。どんなに疎まれてもやるべきことをやり、しっかり報告して、密着するように戦わなければ勝てません。


林修

私は麻雀から、自分の手牌を考える「縦の視線」と、相手の動きを読む「横の視線」の大切さを学びました。ビジネスも同じことだと思います。自分のことに精一杯で「縦の視線」だけ使っていたら勝てませんよ。ビジネスは人間関係が基本でしょう。それなら、周囲の様子を見る「横の視線」が絶対に必要です。


高橋秀明

富士ゼロックスでは企業改革の一環として「バーチャル・ハリウッド」と称するプログラムを展開しています。新しい製品やサービスの開発、業務改革に自ら取り組もうという社員が、社内ネットワークで同志を募る仕組みです。発案した社員を映画監督に見立て、ディレクターと呼んでいます。


安田善次郎

26歳で両替店「安田屋(のちの安田銀行、現みずほフィナンシャル銀行の一部)」を開業した際の誓い(1)独力独行、決して他人を頼らぬこと、一所懸命働くこと。(2)嘘を言わぬこと。曲ったことをせぬこと。正直に世を渡ること。(3)生活費、小遣銭などはすべて収入の八割以内とし、二割は非常の時のために貯蓄すること、また住宅には身代の1割以上の金を決して使わぬこと。


倉本聰

僕は最近、父や祖父の着物をリフォームして使うようにしているんです。今、僕が身に付けているものも祖父が使っていたものです。今はアパレルから出るゴミがあまりにも大量にあり過ぎます。しかも、それを断捨離といって捨ててしまっている。そうではなくて、もう一度、再利用したらいいのではないでしょうか。そういった再利用の1つのモデルとして僕も祖父の着物を着ているんです。


松本恭攝

他人から難しい、難しいと言われても意外とできることもある。


大前研一

私はジャック・ウェルチと20年来の付き合いだが、彼は私に会うといつも「Ken, What’s new?」と聞いてくる。つまり、「前に会ってから、その後お前に起こった新しいことは何か?その差分だけ教えろ」ということである。前と同じことを言おうものなら、きっと「お前は進歩してないな」とたしなめることだろうし、新しいトピックを話すと、それについて矢継ぎ早に質問してくるのだ。


熊谷眞一

私も先日、71歳になりましたが、新会社を設立し「もう一度、ベンチャー」です。まだまだ負けないぞというのが、若い人たちに対する私からのメッセージです。


ページの先頭へ