上田早夕里の名言

上田早夕里のプロフィール

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

上田早夕里の名言 一覧

歴史系の小説でもついエンタメの要素を入れてしまいます。お金を払った読者には、やっぱり楽しんでもらいたいので。

この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。

上田早夕里の経歴・略歴

上田早夕里、うえだ・さゆり。日本の小説家。兵庫県出身。神戸海星女子学院大学卒業。『火星ダーク・バラード』でデビュー。小松左京賞、日本SF大賞、センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。

ページの先頭へ