名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田惇生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田惇生のプロフィール

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

上田惇生の名言 一覧

トップに立つ者はストイックでなければならない。公正でえこひいきなしの人間にならなければ、社長は務めてはならないんです。松下幸之助さんは社内に、特に親しい入っていました?いなかったのではないでしょうか。勝手に自分が一番弟子だという方はたくさんおられましたが(笑)。


こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


何が何へ影響をもたらすか分からない、あらゆるものがあらゆるものに関係している。それがポストモダンのパラダイムです。すべてのことが論理的に解明できると考えていたら、状況把握は間違ってしまう。だから、世界観はもういまとなってはポストモダンの世界観でなければならないんです。


「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


自らの強みを知ることは大切です。ひとつは実績から分かる強み。もうひとつはフィードバックされる情報から分かる強みです。「我が社の強みは何か?」、あるいは「俺のいいところは何だろう?」と、他人から聞いて強みを知ればたいへん有効です。


ドラッカーは、行動には3つの要素が整っていなければならないと言いました。まず、いまどういう状況にあるのかを知らなければなりません。状況に合わない行動をしたって、実りは豊かにならない。次に大切な要素は、使命感を持っていること。一人一人の血のかよった感覚として、使命感を持てばワクワクする仕事ができます。そして最後はみずからの強みを知ること。


翻訳者の業界で、すべての翻訳者がまず頭に浮かべるのは、同業者が何と言うかです。「誤訳じゃないか」と言われるのが恐ろしい。その次は、出版関係の人たちが何と言うか。分かりやすい解決法は、この単語はこう訳すということを決めておくことです。ただしこの問題点は、何を言っているのか分からない翻訳になるんです。そこで私は最初から自分の訳に対して、「文句があったら何でもいいから言ってください」と割り切ることにした。


上田惇生の経歴・略歴

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

藤本やすし

アート・ディレクターの中には、スタッフに1ミリ単位で細かく指示を出す人もいますが、僕はそういうタイプではないので、あくまで大きなところでの軌道修正を指示するだけです。


吉野彰

旭化成入社数年後、「光触媒を使った活性物質」などの基礎研究をしました。当時は先端研究だった光触媒については、いい実験データも出て、面白い物質もできたのに、用途が見つからないがゆえに、結局、実験はムダになってしまったんです。この時のショックで、研究というのはマーケットのニーズを見てやらなければならないのだな、と反省しました。


出口治明

失敗したらどうしようと思うのは、「仕事が人生のすべて」と錯覚しているからではないでしょうか。1年は365日×24時間なので8760時間。そのうち仕事はだいたい2000時間。人生全体から見れば3割程度と考え方を変えれば、大胆に挑戦できるはず。


染谷和巳

ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


トマス・エジソン

いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ。


藤田紘一郎

実は最近の研究で、人間の健康の大部分は「腸内環境」で決まることがわかってきています。腸内にはおよそ二百種百兆もの腸内細菌がいて、これら無数の腸内細菌が腸内に「腸内フローラ」という「細菌のお花畑」を形成しています。それが活性化すればするほど、健康にいい影響を与えます。そして、そのためにはより多くの種類の菌を取り込むのが一番なのです。


藤田晋

サイバーエージェントを設立したころ、インターネットに関する専門知識がなかったので、その勉強もしなければなりませんでした。営業先で知らない専門用語が出てきたら、さも知っているような顔をしながらすかさずメモ。帰社後、それを必死に勉強していました。ネットの世界は変化が激しいので、「じっくり勉強・検討してから行動」では駄目なんです。勉強・検討が終わったころには、すっかり環境が変わっていますから。


西田幾多郎

愛とは知の極点である。


稲盛和夫

ワンマン経営ではいずれ成長が止まってしまう。


森永卓郎

私は、仕事のオファーはたいてい何でも受けるんですよ。それが自分にとって新しいものであれば。これは専売公社にいたころからまったく変わっていません。私にとって仕事は、好奇心を満たす手段のひとつ。新しい世界を知るには、仕事を通じて自分でやってみるというのが一番いい方法ですから。


川村隆

村落共同体から脱するには、職場の上長に外国人が来るのが一番いい。例えば米スリーエムは興味深い。米国籍企業なのに執行役以上にはスウェーデン人や韓国人なんかがいて、米国人は少数派でしかない。非常に良い形態だと思う。日立も本社は日本に残すだろうが、会社に多様な人材が入ってくるようにすべきだ。


岡本太郎

生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。