名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

上田惇生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田惇生のプロフィール

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

上田惇生の名言 一覧

トップに立つ者はストイックでなければならない。公正でえこひいきなしの人間にならなければ、社長は務めてはならないんです。松下幸之助さんは社内に、特に親しい入っていました?いなかったのではないでしょうか。勝手に自分が一番弟子だという方はたくさんおられましたが(笑)。


こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


何が何へ影響をもたらすか分からない、あらゆるものがあらゆるものに関係している。それがポストモダンのパラダイムです。すべてのことが論理的に解明できると考えていたら、状況把握は間違ってしまう。だから、世界観はもういまとなってはポストモダンの世界観でなければならないんです。


「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


自らの強みを知ることは大切です。ひとつは実績から分かる強み。もうひとつはフィードバックされる情報から分かる強みです。「我が社の強みは何か?」、あるいは「俺のいいところは何だろう?」と、他人から聞いて強みを知ればたいへん有効です。


ドラッカーは、行動には3つの要素が整っていなければならないと言いました。まず、いまどういう状況にあるのかを知らなければなりません。状況に合わない行動をしたって、実りは豊かにならない。次に大切な要素は、使命感を持っていること。一人一人の血のかよった感覚として、使命感を持てばワクワクする仕事ができます。そして最後はみずからの強みを知ること。


翻訳者の業界で、すべての翻訳者がまず頭に浮かべるのは、同業者が何と言うかです。「誤訳じゃないか」と言われるのが恐ろしい。その次は、出版関係の人たちが何と言うか。分かりやすい解決法は、この単語はこう訳すということを決めておくことです。ただしこの問題点は、何を言っているのか分からない翻訳になるんです。そこで私は最初から自分の訳に対して、「文句があったら何でもいいから言ってください」と割り切ることにした。


上田惇生の経歴・略歴

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

岡本正善

重要な商談の前に成功するイメージトレーニングを繰り返しておくと、潜在意識がポジティブになり、実際の現場で能力が引き出される。さらに、アクシデントに備えての対応策を練れるので、安心感も得られる。


吉田洸二

控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


吉川洋

起業やイノベーションは、ヘトヘトになった状況からは生まれない。ある程度の余裕というか、遊び心も職場には重要。


藤岡頼光

僕の目標は上場ではなく教育。とにかく「受講者が英語を話せるようになって欲しい」、という想いで活動しています。


川上量生

「起業したい」という声をよく耳にします。でも、自分が本当にやりたいことではなくて、「人の下で働きたくない」「お金が欲しい」といった単純なプライドや欲望が先に立っていないでしょうか。「何をやりたいか」という具体的なビジョンがまずは必要。そして、それを実現させる手段が何かを深く考えれば、目的までの最短ルートが若いうちの起業ではないと分かることが多い。目的と行動を一致させる。これが最も合理的で、ビジネスの正しい道筋です。


リード・ホフマン

世の中のスピードは高速化しています。仮に天職に出会えたと感じても、市場の変化に応じて天職の内容が変わる可能性もある。つまり、今後はキャリアを計画する力だけでなく、変化に対応する力が必須になってくる。


見城徹

人ができないと思うことを、圧倒的努力でやり切らない限り道は拓けない。大きな果実は手に入らない。


横田尚哉

新人や初心者に指示する場合は、明示的な指示が適しています。明示的な指示とは、具体的な手法を事細かに提示するやり方です。たとえば、翌日の会議の資料の作成を指示する場合、「ひとつの項目はこのデータを使って、このようなグラフにまとめてください。ふたつ目の項目は……」というように、資料作成にあたって必要な情報をすべて伝えるのです。このように指示すれば、相手は言われたとおりにやるだけでいいので、作業がスムーズに進みます。


水野操

いつの時代も個別の作業はテクノロジーにどんどん置き換わってきた。ただ、いくら作業が人間以外のものに置き換わっても、そのテクノロジーを使いこなす人間は必要です。万能と思われがちなAIでさえ、現時点では一つの作業に特化している。つまり、現在AIと呼ばれるものは、「人に使われることが想定されているAI」だということを理解すべきです。


保元道宣

環境は依然厳しいですが、「反転攻勢」で臨みたいと思っています。いろんな石を投げて、反応を試していきたい。


豊田昌洋

絡まった議論を解決するコツは、まず相手の意見を聞き、それをうまくほどいてこちらの考えを通す。大事なのは形にとらわれるのでなく「何が本質か」ということです。


田原総一朗

僕は男性と女性を比べると、女性のほうが優秀だと思っています。女性は妊娠して出産できるけど、男性は空っぽでしょう。カマキリだって交尾の後はオスがメスに食べられるし、雪山で遭難しても、だいたい男は死んでしまう。女性のほうが強いんですよ。