名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上田惇生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田惇生のプロフィール

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

上田惇生の名言 一覧

トップに立つ者はストイックでなければならない。公正でえこひいきなしの人間にならなければ、社長は務めてはならないんです。松下幸之助さんは社内に、特に親しい入っていました?いなかったのではないでしょうか。勝手に自分が一番弟子だという方はたくさんおられましたが(笑)。


こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


何が何へ影響をもたらすか分からない、あらゆるものがあらゆるものに関係している。それがポストモダンのパラダイムです。すべてのことが論理的に解明できると考えていたら、状況把握は間違ってしまう。だから、世界観はもういまとなってはポストモダンの世界観でなければならないんです。


「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


自らの強みを知ることは大切です。ひとつは実績から分かる強み。もうひとつはフィードバックされる情報から分かる強みです。「我が社の強みは何か?」、あるいは「俺のいいところは何だろう?」と、他人から聞いて強みを知ればたいへん有効です。


ドラッカーは、行動には3つの要素が整っていなければならないと言いました。まず、いまどういう状況にあるのかを知らなければなりません。状況に合わない行動をしたって、実りは豊かにならない。次に大切な要素は、使命感を持っていること。一人一人の血のかよった感覚として、使命感を持てばワクワクする仕事ができます。そして最後はみずからの強みを知ること。


翻訳者の業界で、すべての翻訳者がまず頭に浮かべるのは、同業者が何と言うかです。「誤訳じゃないか」と言われるのが恐ろしい。その次は、出版関係の人たちが何と言うか。分かりやすい解決法は、この単語はこう訳すということを決めておくことです。ただしこの問題点は、何を言っているのか分からない翻訳になるんです。そこで私は最初から自分の訳に対して、「文句があったら何でもいいから言ってください」と割り切ることにした。


上田惇生の経歴・略歴

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

山田賢治(経営者)

大手4社では最後発である当社のビール事業は、今年で創業54年を迎えました。その歴史は、新しい市場の創造を繰り返してきたといえます。熱処理ビールが一般的だった時代には<生>で、ビン全盛の時代には缶で容器戦争を仕かけ、ドライビールブームには麦100%で対抗しました。発泡酒を発売し、ダイエットなど機能系商品で先鞭をつけたのもサントリービールです。


田島弓子

上に引き立てられるのは、常に自分は見られていることを適切に意識できている人間。


岡藤正広

事業展開をイメージできるかどうかは日ごろから現場を経験し、どれだけ人の話を聞いているかに大きく左右されます。自分が経験していないことは体験者である先輩から食事や飲みにって聞き出せばいいのです。そのときは先輩の自慢話になるかもしれませんが、それが若いものから見れば大変参考になります。自慢話とはいえ、実際のビジネスで起きたことだから、案件の処理の仕方や進め方をいろいろ質問し、そのノウハウを自分のものとして蓄積すればいいんです。


益子修

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。


河瀬誠(コンサルタント)

問題解決は3段階のプロセスから成る。より解決する優先度の高い問題を見つけるために必要な「論点の整理」。具体的な解決策を作り出していく「仮説の立案」。そしてこの2つを結び合わせ、実行するという流れだ。


吉田たかよし

私が卒業した灘高校、東京大学というのは、いわゆる世間では学力が高いといわれる学校ですが、卒業生がみな社会に出て活躍しているかといえば、実はそうではありません。組織の中に埋もれ、自分の力を発揮できていない人も少なくないのです。こうした世間でいう「頭の良い人」でも、社会で活躍できない人がいる理由は、学力で表される「頭の良さ」と、社会で活躍するための「頭の使い方」とが根本的に異質だからでしょう。


宮本恒靖

少しでも役に立てるように、いつも目線を上げ、誇りを持って、これからも挑戦を続けていきたい。


石田淳(コンサルタント)

達成感は人を動かします。「アポを月1件増やす」「書類作成時間を毎回10分短く」など、達成しやすい小さなゴールを多く設定すれば、部下の意欲も高まっていきます。


入山章栄

経営トップの在職期間については、基本的には長い方がよいのではないかと考えている。ただし、トップの在任期間が長すぎると、今度は様々な弊害が生まれてくるのも事実だ。各企業においてガバナンスがしっかりと利き、経営への監視が機能しているかといった条件を考慮すべきだ。


西山知義

不安なときほど、じっとしていちゃダメ。


山田満(経営者)

素朴な疑問から新たな発想が生まれる。


ロバート・キヨサキ

実社会での成功は、学校の成績という物差しでは測れない。それを測る物差しは「あなた自身の財務諸表」だ。収入と支出、資産と負債の欄をお金がどのように流れているか、つまりキャッシュフローが、あなたの実社会での成績を判定する。