名言DB

9419 人 / 110788 名言

上田惇生の名言

twitter Facebook はてブ

上田惇生のプロフィール

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

上田惇生の名言 一覧

トップに立つ者はストイックでなければならない。公正でえこひいきなしの人間にならなければ、社長は務めてはならないんです。松下幸之助さんは社内に、特に親しい入っていました?いなかったのではないでしょうか。勝手に自分が一番弟子だという方はたくさんおられましたが(笑)。


こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


何が何へ影響をもたらすか分からない、あらゆるものがあらゆるものに関係している。それがポストモダンのパラダイムです。すべてのことが論理的に解明できると考えていたら、状況把握は間違ってしまう。だから、世界観はもういまとなってはポストモダンの世界観でなければならないんです。


「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


自らの強みを知ることは大切です。ひとつは実績から分かる強み。もうひとつはフィードバックされる情報から分かる強みです。「我が社の強みは何か?」、あるいは「俺のいいところは何だろう?」と、他人から聞いて強みを知ればたいへん有効です。


ドラッカーは、行動には3つの要素が整っていなければならないと言いました。まず、いまどういう状況にあるのかを知らなければなりません。状況に合わない行動をしたって、実りは豊かにならない。次に大切な要素は、使命感を持っていること。一人一人の血のかよった感覚として、使命感を持てばワクワクする仕事ができます。そして最後はみずからの強みを知ること。


翻訳者の業界で、すべての翻訳者がまず頭に浮かべるのは、同業者が何と言うかです。「誤訳じゃないか」と言われるのが恐ろしい。その次は、出版関係の人たちが何と言うか。分かりやすい解決法は、この単語はこう訳すということを決めておくことです。ただしこの問題点は、何を言っているのか分からない翻訳になるんです。そこで私は最初から自分の訳に対して、「文句があったら何でもいいから言ってください」と割り切ることにした。


上田惇生の経歴・略歴

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

菊池誠一(投資)

投資を始める前に、しっかりと貯蓄しておくことが肝心。


安井元康

学歴以外で勝つための戦略

  1. 「会計+英語」など、組み合わせれば希少価値が高まる。
  2. まだ無名のベンチャー企業に行く。
  3. エリートが嫌う小さな仕事を積極的にやる。
  4. 仕事の量や時間を多くして目立つ。
  5. 新規事業や前例のないプロジェクトに積極的に志願する。

川西修

ブレないことが大切。弊社の生業は米ですから、米とは無縁のものには一切、手を出さない姿勢を貫いてきたことが会社を成長させた原動力となっています。


佐藤康博

ニューヨーク支店に5年ほど勤務していたのですが、日本との時差は13時間。ニューヨークで夜に入ると東京の本社が始業となり、深夜まで仕事をするという毎日でした。当時は体力もあり、夜中2時に仕事が終わると一杯飲みに行くという生活を平気でこなしていましたが、かなり無茶な時間管理だったかもしれません。自分を磨くという意味ではよい経験だったのかなと思います。


工藤公康

変える勇気を持つためには、「人間は変わるのが当たり前」という意識を持つことも大切。「変わるのが当たり前」と考えていれば、必要以上にショックを感じることもない。「それならどうすべきか」とすぐに対応できる。


春香クリスティーン

美しくまとめたノートの価値ももちろんわかっていますが、私の場合は、「役に立てばいいじゃない」と思う部分はあります。最終的にきれいであろうとなかろうと使えなければ意味がない。


林文子

ビジネスの現場では、個を出すことはあってはならないことだという暗黙のルールが出来上がっていると思うんです。でも、そうやって個を封じ込めることによって、本来、人間が兼ね備えているはずの潜在的なビジネスの能力まで押さえ込んでいるのではないかと考えます。どこまでがビジネスマンの自分で、どこからが個の自分か明確に線引きができればいいのですけれど、そんなことできるはずがないでしょう。私たちは皆、感情を持ったひとりの生きた人間ですから。


小宮一慶

反省とは、事実を客観的に見て原因を追究することを指します。一方、クヨクヨするのは主観で悩んでいるだけ。客観視によって具体的な改善策を導き出してこそ、本当の意味で反省したといえるのです。


奥井俊史

従業員が私に不信感を抱いていると気づいてからは、徹底してコミュニケーションの場を設けるようにしました。自分で頻繁に会議を開き、白板などの設備を整え、議事録がいきわたるか気を配る。会議はできる限り話を振って意見を求め、とにかくフラットな議論ができる環境づくりを進めました。すると社内では半年、販売店では3年ほどして、言葉が伝わるようになったと実感する場面が出てきました。


石井久(立花証券社長)

一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。