上田惇生の名言

上田惇生のプロフィール

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

上田惇生の名言 一覧

トップに立つ者はストイックでなければならない。公正でえこひいきなしの人間にならなければ、社長は務めてはならないんです。松下幸之助さんは社内に、特に親しい入っていました?いなかったのではないでしょうか。勝手に自分が一番弟子だという方はたくさんおられましたが(笑)。


こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


何が何へ影響をもたらすか分からない、あらゆるものがあらゆるものに関係している。それがポストモダンのパラダイムです。すべてのことが論理的に解明できると考えていたら、状況把握は間違ってしまう。だから、世界観はもういまとなってはポストモダンの世界観でなければならないんです。


「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


自らの強みを知ることは大切です。ひとつは実績から分かる強み。もうひとつはフィードバックされる情報から分かる強みです。「我が社の強みは何か?」、あるいは「俺のいいところは何だろう?」と、他人から聞いて強みを知ればたいへん有効です。


ドラッカーは、行動には3つの要素が整っていなければならないと言いました。まず、いまどういう状況にあるのかを知らなければなりません。状況に合わない行動をしたって、実りは豊かにならない。次に大切な要素は、使命感を持っていること。一人一人の血のかよった感覚として、使命感を持てばワクワクする仕事ができます。そして最後はみずからの強みを知ること。


翻訳者の業界で、すべての翻訳者がまず頭に浮かべるのは、同業者が何と言うかです。「誤訳じゃないか」と言われるのが恐ろしい。その次は、出版関係の人たちが何と言うか。分かりやすい解決法は、この単語はこう訳すということを決めておくことです。ただしこの問題点は、何を言っているのか分からない翻訳になるんです。そこで私は最初から自分の訳に対して、「文句があったら何でもいいから言ってください」と割り切ることにした。


上田惇生の経歴・略歴

上田惇生、うえだ・あつお。日本の経営学者、翻訳家。埼玉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、経団連に入る。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授などを務めた。ピーター・ドラッカーの主要著作をすべて翻訳し、日本での普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

小西利行

昨日、お酒を飲んでいて、とんでもなくデカいレモンサワーが出てきたのですが、メニュー名が「男前サワー」でした。単に「レモンサワー大」だったら興味はないけど、「男前サワー」と書いてあったら、なんだろう? と思って注文してしまう。すごく単純だけれど、相手の興味の一番先端には、何か簡単に伝わるものがあるはず。そこをつかまえにいきますね。


本田健

どの道が良く、どの道が悪いというわけではありません。自分の進みたい道を明確にすることが、今後のお金の稼ぎ方・使い方のベースとなる。判断の基準は「怖さより、情熱や好奇心が勝っているかどうか」。ワクワクする気持ちが強いようなら、思い切ってその道に進んでいいと思います。


高橋俊介

信頼関係構築のために重要なのが「一貫性」である。当たり前のことだが、嘘をつかない、約束を守る。これを意識してやり続けることができるかどうかが、当たり前であるだけに、国や人種を超えて問われてくる。


本田宗一郎

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。


津田大介

メディアを作るのは、世のため人のためだけが動機ではありません。自分のためでもあるんです。政権交代から始まり、地震、第三極の台頭など、いま、ようやく政治の季節が来ています。だから、次は「政治」と「ネット」の組み合わせで勝負しようと思ったんです。この両方に詳しい人は、そうそういないですから、新メディア立ち上げは僕自身の生存戦略でもあるんです。


大橋徹二

開発、生産、営業、経理、人事とそれぞれの現場で勉強することがある。勉強して感性を磨いて、最後はお客様と一緒にプロセスの改善を考えていく。


キケロ

困難が大きければ大きいほど、栄光は大きくなる。


小路明善

私も若いころは、ストレスを溜めないことなどできないと考えていましたが、あるときにその方法を見出しました。それは、「結果ではなく、プロセスを重視する」ということ。結果というのは、どれだけ準備をするかというプロセスでほとんど決まってしまいます。


ジェフ・ベゾス

アマゾンには原動力となる3つの考え方があります。ひとつは「常に顧客中心に考える」こと。ふたつ目は「発明を続ける」こと。3つ目は「長期的な視野で考える」ことです。この経営哲学は10年後も変わりません。将来どのようなビジネスをやっていくかを話すのは難しいですが、アマゾンはこの3つに基づいた企業であると自信を持って言えます。


吉田穂波

人に頼ったり巻き込んだりすると、それは自分だけの目標ではなくなる。すると「約束を守らなければ」というやる気も生まれます。私もハーバード受験の際、多くの人に「ハーバードを受験します」と宣言して助言を仰いだのですが、そうすることで自分を鼓舞したのです。


楠木建

誰かがつくった戦略の分析ならばスキルで何とかなる。分析フレームワークもたくさんある。しかし、すでに存在している戦略を分析するということと、自らオリジナルな戦略ストーリーをつくるというのは、まるで違う仕事である。


関下昌代

サラリーマンにとって一番大事な資質は、「この人には仕事を頼みやすい」と思われることです。これに学歴は関係ありません。むしろ、学歴に頼る人ほど、自分と他人の仕事をわけたり、単純作業を敬遠するなど、非協力的な態度で組織では孤立する危険性があります。


夏野剛

生徒が1つのコミュニティーだけにしか参加できないと、そこでトラブルが起きた時に逃げ場がなくなって追い詰められてしまいます。複数のコミュニティーへの参加を可能にすることが、子どもを守る最良の手段ではないかと思うのです。


太田英晴

結局は酒質を高めるしかない。大七の特質は、ほとんどの蔵から、面倒ということでそっぽを向かれた「生(き)もとづくり」でした。おまけに何年も熟成させてから出荷する。効率の悪い酒づくりですが、この弱点は、必ず強みになる。そう信じてやってきました。


滝野一征

産業用ロボットは凄まじい重厚長大の世界ですから、我慢もパワーもいりますし、リスクを取らねばなりません。しかし、こうした製造業の泥臭い仕事こそ、現代日本の屋台骨を支えているのです。日本はGDP世界第3位などと豪語していますが、実際にはトヨタを始めとした製造企業が世界中で外貨を稼いでいるから成り立っている。しかし、残念ながらそうした業界には若い人材が行かないのが現状です。だからこそ、まずは私たちが成功して、製造業もカッコいいというところを見せたいと思います。


ページの先頭へ