名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田宏(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田宏(経営者)のプロフィール

上田宏、うえだ・ひろし。日本の経営者。食料品、衣料品、住居用品などの小売チェーンの「株式会社西友」の社長。

上田宏(経営者)の名言 一覧

時代の流れというものを体感できる経営者というか、それが大切でしょう。先見性判断力の背後にはそれがある。いかに社員を活性化させるかといってもそれをやらせるほうが実際に時代の流れを体で感じていないことにはできない。


上田宏(経営者)の経歴・略歴

上田宏、うえだ・ひろし。日本の経営者。食料品、衣料品、住居用品などの小売チェーンの「株式会社西友」の社長。

他の記事も読んでみる

松下正幸

一般に、人の話をよく聞くことは非常に大切なことと言われていますし、幸之助は聞き上手と言われることも多くありました。確かに聞き上手といえば聞き上手でしたが、私はちょっと別のとらえ方をしています。幸之助は聞き上手だったのではなくて、聞くことに人一倍の好奇心を持っていた、また、学びたいという意欲が人よりもはるかに大きくあったと思っているのです。幸之助みずからが言っていますように、自身は体系的な学問を学校で習うことはありませんでした。したがって会う人会う人、どんな人でも自分より知識が豊富に違いない、その人の知識をできる限り吸収したい、そういう好奇心にあふれていました。


高橋俊介

業績が悪い企業ほど社風が生産性を低下させている傾向が読み取れる。会社や上司の命令に忠実に従っていることが評価される企業風土では、意味のない仕事に時間が費やされ、つきあい残業もせざるをえない雰囲気が醸成されやすい。そのような社風から脱却して、限られた時間に主体的にアウトプットを出していくという風土を作り上げることが必要なのである。


シルベスター・スタローン

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。


幸田シャーミン光代

30歳になり、アメリカ留学をすぐに決断できたわけではありません。「いまから勉強を始めても遅いのでは」という不安があったからです。「もう30代」という思いと、「まだ30代」という思いの間で揺れる日がしばらく続きました。そうとう迷いましたが、結局、私は留学する道を選びました。このまま諦めてしまったら、あのとき挑戦していたらと一生思って生きていくことになる。それは耐えられないという思いでした。


小飼雅道

あらゆる面でマツダの価値を提供する。これを続けていくことが我々のブランドの最も重要なところだと思うんです。海外からもディーラーのトップをお呼びして、我々の車の販売からサービスに至るまでの考え方を共有しています。ここを外しちゃいけない。


梶谷真司

悩んでストレスを感じているときは、たいてい、同じ問いが頭の中をぐるぐる回っているだけで、そこから抜け出せなくなっているのだと思います。ストレスを感じたら、いま自分は同じことばかり考えていないか振り返ってみましょう。


アントニオ猪木

私は色紙にいつの日か闘魂という文字を書くようになりました。それを称してある人が燃える闘魂と名付けてくれました。闘魂とは己に打ち克つ、そして戦いを通じて己の魂を磨いていくことだと思います。


石黒和義

一人の人間として「善く生きる」ことについて、この際、見つめ直すのはどうだろう。自分が産業人として現場でもって経験したこと、さらに読書でその体験を補うことによって、その周りを固めることぐらいはできる。読書には先人の肩に乗って遠くを見渡せる強みがあり、この永遠のテーマの輪郭だけでもおぼろげに掴めれば、それはそれで良しとすべきである。


南壮一郎

話をするときに緊張してしまうのは、大きく分けて2つ原因があると思っています。ひとつは準備不足。もうひとつの原因は、場数が足りないことです。


福川伸次

重要なのが「温故創新」です。これはわたしの造語ですが「古きを温(た)ずねて新しきを創る」。つまり、過去の知を組み合わせて、新しいものを創っていく。


横山光昭

私は20代後半まで稼いだだけお金を使ってしまう生活をしていました。結婚して子供もいるのに、理不尽な扱いを受けたと感じ、無計画に会社を辞めてしまったりもしました。いま思えば人生の軸を定められず、叶わない夢ばかり見ていたのです。しかし、落ちるところまで落ち、改めて自分にとって何が大切なのかを考える機会を得た結果、少しずつですが、お金を貯められるようになりました。結果、人生そのものもゆっくりとプラスの方向に回っていったのです。


茂木健一郎

創造のためには、側頭連合野の素材が、前頭葉に引き出され、活用されなければならない。そのためには、前頭葉を中心とする、意欲の回路が十分に働かなくてはならない。