上田宏(経営者)の名言

上田宏(経営者)のプロフィール

上田宏、うえだ・ひろし。日本の経営者。食料品、衣料品、住居用品などの小売チェーンの「株式会社西友」の社長。

上田宏(経営者)の名言 一覧

時代の流れというものを体感できる経営者というか、それが大切でしょう。先見性判断力の背後にはそれがある。いかに社員を活性化させるかといってもそれをやらせるほうが実際に時代の流れを体で感じていないことにはできない。


上田宏(経営者)の経歴・略歴

上田宏、うえだ・ひろし。日本の経営者。食料品、衣料品、住居用品などの小売チェーンの「株式会社西友」の社長。

他の記事も読んでみる

西野裕

人員削減をしたことによって、当然、一人あたりの仕事量も増え疲弊感も生まれます。会社の先行きに不安を感じ「このまま残っていいのか」という疑問を持つ人も多くなります。そういう社員に向けて投資家向けの事業再生計画の配布資料を渡したところで意味はありません。コア人材の流出を防ぐためにしたように、会社の実情とこれから先の情報をきちんと面談で説明し、そこで期待する役割を社員一人一人丁寧に伝えることです。


柏木斉

世の中には絶対はなく、大きな流れの中で本当に評価される仕事だけが残っていきます。


森川亮

百歳まで生きることも珍しくない「人生百年時代」がやってきています。20代の若者が「自分の老後に年金がもらえるだろうか」と心配しているのを見聞きすると、こちらが心配になります。百歳まで生きるとしたら、守りの姿勢ではやっていけない。「攻め」に転じなければ。「攻撃は最大の防御」と言いますが、若いうちから守っていたら、攻める力がなくなってしまいます。いかに体力、気力がある時に攻めるか。健康寿命の延びにもよりますが、70歳くらいまでは攻め続け、残りの30年で衰えてきたら、初めて守ればいいと私は考えています。


中条あやみ

信じる力が強ければ、きっと誰でも自分の欲しいものに近づけると思う。


瀬戸雄三

大事なことは、ボトムアップができているか、ということです。現場のドロドロした情報が、組織の様々なセクションを経てきちんとトップまで上がる。それによって、トップが現場の変化の兆しをキャッチして、的確な判断ができるわけです。


有森裕子

負のスパイラルに陥った原因が分からない中、前に進むために何かしなければいけない。行動することで原因が見えることがある。


ラリー・フィンク

トヨタ自動車などは長期的な目的を持ってR&D(研究開発)に投資し続け、あれだけの成果を上げているわけです。短期的な目的、収益だけにとらわれた企業の中には、経営がうまくいかず、すでに存在していない会社も多いですね。


安藤美冬

もともと私はさほど整理熱心ではなく、デスク周りのグッズの定位置も厳格には決めていません。それでも必要なものはすぐに取り出せます。それはやはり、持ち物を絞り込んでいるからです。整理の前段階として、まずは厳選に重点を置くことが大切だと思います。


三浦善司

企業というものは、常に成長し続けるしか道はない。規模の拡大だけではなく、何らかの形で成長し続けなければならない。


冨山和彦

必要なのは、「全員給与一律カット」のような痛み分けではない。何かの事業をやめる、あるいはファブレスにして製造部門を切るというように、思い切ってメスを入れる。多くの日本の電機メーカーは、この「縦にメスを入れる」スピードが非常にゆっくりだった。それが世界のエレクトロニクス、特にデジタルの要素が強い領域のスピードど全然合わなかったのが構造的な敗因です。


田中健介(経営者)

経営と囲碁の共通点は未来をシミュレーションし、その見通しから現実を変えていく視点です。囲碁で言えば、最後の終局を目指しながら打っていくということです。


安渕聖司

オフは猫と遊んだり、妻の話を聞いたり。あとは、自然科学や演劇など、自分の仕事と異なる分野の本を読みます。違った刺激を受けることで、リフレッシュしています。


大山康晴

盤上は心の鏡である。


加藤栄(経営者)

成功の秘訣は、とにかくよく働くこと。それと、紹介者に対して、絶対に迷惑をかけないこと。これを信念としてやってきました。


水谷隼(卓球)

とくに卓球選手は試合展開によって、心理状態が一瞬で変わるんです。例えば、あと1~2本で勝つ状況までリードすると、いつも通りのプレーができなくなってくる。確実にポイントを取りたいという欲が出て、動きが硬くなるんです。その隙を相手に突かれたりして、精神的にドンドン追い込まれる。たった1点で流れが変わるスポーツなので、メンタルが強くないと、勝ちきれないんです。そのために、心技体の準備をして、リオに臨めたことが、結果につながったと思います。


ページの先頭へ