名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田哲則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田哲則のプロフィール

上田哲則、うえだ・てつのり。日本の経営者。「新ケミカル商事」社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、新日本製鐵化学工業を経て、新日化興産(のちの新ケミカル商事)に入社。同社社長を務めた。

上田哲則の名言 一覧

これまでの成果に甘んじていては成長がストップする。今年のスローガンは「突破」です。


個々が強くなれば、全体も強化される。


ビジネス拠点として首都圏は重要。しかし、視野を地方に広げることで、ビジネスはますます盛り上がる。


現場が本社の指示待ち状態でいれば、変化の激しいマーケットで置いてきぼりを食ってしまう。重要なのは、それぞれの地域の責任者が市場の実情を踏まえた一手を講じること。


「今後、企業として、どうあるべきか」と、さらに「小が大に勝つにはどうしたらいいのか」ということを盛んに議論しました。その中で3つの方針を決めました。1つは、世間が認める企業規模、売上高1千億円を目指す。2つ目は特色がある会社、3つ目は特色があるビジネスを作る、です。


当社の経営資源は人材。できるだけ多くの社員に経営者になってほしい。その方策として事業ごとに分社化を進め、その初弾が建材事業。当面は社内カンパニーの形になるでしょうが権限はすべて委譲します。


企業経営の多くは中央集権的な発想で本社が指示する仕組みを取っていますが、このままではさらなる成長は難しい。それぞれの地方・地域の責任者が主体となって新しい事業を手掛けていけばもっと面白いことがきっとできると思います。


会社を大きくすることが目的ではありません。真の目的は社員の幸せ。会社が大きくなり、やりがいを持ってより良い仕事をしてもらえれば収益が増え、その分を社員に還元できます。


本社移転を発表後、各方面から「応援をするよ」「必ず成功するよ」と激励を頂き、さらに数社から、新しいビジネスができないかという依頼が来ております。「販売会社を一緒につくろう」「物流機能をここにつくれないか」「工場を新設したい」など。我々としてはこの北九州に本社を持って来たことが非常に良かったなと思っております。


雇用は企業の共通の悩みですが、少子化だけではなくて経済が活況を呈してくると、なかなか良い人材の雇用が難しい。東京では、優秀な学生や転職希望者もまずは有名で大きな会社に応募していく。なかなかチャンスに恵まれないというのが実情です。それを考えたときに、北九州は、重工業の町で、今までこの地にない商社という企業特性で、優秀な方を採用できるのではないかと考えました。事実、昨年度の募集では、学生さんが50人以上応募してきて、今までにない反響でした。いい人材を採用するために、本社を北九州に置きたい理由でもあります。


従来の営業基盤である九州、さらにその先のASEANという地域を見据え、これからの会社成長の柱をそこに打ち立てることを考えた時、異口同音に皆から声が上がったのは「北九州」(に本社を移した方)が良いということでした。なぜかと言うと、いま売上高約600億円強のうちの200億円は環境ビジネスです。そうなると、我々よりも更に進んで環境未来都市として、世界に、とくにアジアにおいて非常に強い基盤を持たれている北九州市は、よく認知をしておりましたので、是非そこに本社を置いて、この地域にある企業の方々、あるいは行政の支援をいただき、我々の事業を伸ばして行こうと今回の決定に至りました。


上田哲則の経歴・略歴

上田哲則、うえだ・てつのり。日本の経営者。「新ケミカル商事」社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、新日本製鐵化学工業を経て、新日化興産(のちの新ケミカル商事)に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

アルフレッド・アドラー

命令口調を止めて、お願い口調や私を主語にして伝えるだけで、相手に勇気を与えられるだろう。


石田退三

戦争はどんどん苛烈な様相を深めており、資材さえあれば仕事は何でもやった。機関銃をつくれという注文が来た。機械もないし、やれそうもないと思ったが「なに、弾丸が飛び出しゃいいだろう」という、そこは戦争中の敢闘精神というやつで、とにかくこしらえた。試射をやるとき、弾丸が出ないと困るので熱田神宮の前で10挺ほど並べて祝詞をあげてもらった。いまから考えると、何とも滑稽な話だが。このとき10挺持っていったうち、的に当たったのが7挺、それだけ合格というわけだった。


宮内義彦

オリックスが何とかやってこられたのは、バブル崩壊時に日本の会社でいち早く、91~92年から不良債権を償却し始めていたからです。日本の金融市場が崩壊したのは97年ですが、翌98年にオリックスはニューヨーク証券取引所に上場しているんです。「日本の金融はぐじゃぐじゃになっているのに、おまえのところは何で好業績なんだ?」と驚かれましたよ。


鮎川義介

人間は反発心が大切である。神様はよくしたもので、貧乏人がいつまでも貧乏でないのはこの反発心があるからだ。また金持ちがいつまでも金持ちであり得ないのはなに不自由のない生活が反発心を失わすのである。その点で、世の親というものは、子供の教育を考えなければならない。


次原悦子

当社の仕事で、「吹きこぼれない鍋の蓋」のPRの仕事がありました。鍋の蓋を持ってメディアを回っても、誰も相手にしてくれません。そこで思いついたのが、他社のキッチン便利グッズを買いそろえて回るというやり方です。鍋の蓋だけでは記事になりませんが、たとえば「イチゴのへた取り器」などの便利グッズを揃えれば記事になります。それを買い込んで「これで料理便利グッズ特集はどうですか」と、女性誌の編集部に企画を持ち込み、特集記事にしてもらいました。


井阪隆一

アグレッシブで明るく、挫けず挑戦し続ける人を評価します。一度ダメでも、そこで歩みを止めずにチャレンジする人は、組織にとって非常に大事。リーダーになる人は、そんな人です。


佐藤弘志

うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


湯浅勲

自分の仕事がつらいと感じるとき、自分がいまなぜ仕事がつらいと思っているのか理由を明確にしておくことが重要です。これがわかっていなければ、次にいったいどんな行動を起こせばいいのかわからないからです。


岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

当社が生き残りをかけて注力するのは、特定の顧客に付加価値を提供できる独自素材です。


近藤宣之

「腰掛け」感覚の社長のもとでは、やる気が出なくて当然。そして、社員のやる気が出ない限り赤字体質は変わらない。とすると、選ぶべき道は一つ。(親会社の)日本電子には戻らず、名実ともにこの会社のリーダーになろうと決意しました。その後、年度が終わってみると、累積赤字の1億8000万円を一掃する空前の好業績。背水の陣で臨んだことで、皆のモチベーションが上がったからこその結果だと思います。


落合信彦

金持ちは本当のことなんか話さない。「俺のやる通りにやれ。俺の言う通りにはやるな」という格言があるぐらいだから。


熊谷亮丸

経済格差が拡大していく中でやはり、重要なのは子供の教育です。とくに幼児期の教育は重要で、ある研究によれば幼児期の教育費は、将来7倍になって返ってくると言われています。ただし、一般的なサラリーマン世帯で2人以上の子供に多額の教育費をつぎ込んだら、親の老後資金は足りなくなります。中学・高校・大学と私立に行かせると直接的な学費だけで約1000万円。そもそも、大学に進学するメリットを享受するのは親ではなく子供。そう考えると、教育費を親がすべて負担するのではなく、奨学金を借りて親子で協力して返済していくのは合理的な選択肢のひとつです。