上田哲則の名言

上田哲則のプロフィール

上田哲則、うえだ・てつのり。日本の経営者。「新ケミカル商事」社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、新日本製鐵化学工業を経て、新日化興産(のちの新ケミカル商事)に入社。同社社長を務めた。

上田哲則の名言 一覧

これまでの成果に甘んじていては成長がストップする。今年のスローガンは「突破」です。


個々が強くなれば、全体も強化される。


ビジネス拠点として首都圏は重要。しかし、視野を地方に広げることで、ビジネスはますます盛り上がる。


現場が本社の指示待ち状態でいれば、変化の激しいマーケットで置いてきぼりを食ってしまう。重要なのは、それぞれの地域の責任者が市場の実情を踏まえた一手を講じること。


「今後、企業として、どうあるべきか」と、さらに「小が大に勝つにはどうしたらいいのか」ということを盛んに議論しました。その中で3つの方針を決めました。1つは、世間が認める企業規模、売上高1千億円を目指す。2つ目は特色がある会社、3つ目は特色があるビジネスを作る、です。


当社の経営資源は人材。できるだけ多くの社員に経営者になってほしい。その方策として事業ごとに分社化を進め、その初弾が建材事業。当面は社内カンパニーの形になるでしょうが権限はすべて委譲します。


企業経営の多くは中央集権的な発想で本社が指示する仕組みを取っていますが、このままではさらなる成長は難しい。それぞれの地方・地域の責任者が主体となって新しい事業を手掛けていけばもっと面白いことがきっとできると思います。


会社を大きくすることが目的ではありません。真の目的は社員の幸せ。会社が大きくなり、やりがいを持ってより良い仕事をしてもらえれば収益が増え、その分を社員に還元できます。


本社移転を発表後、各方面から「応援をするよ」「必ず成功するよ」と激励を頂き、さらに数社から、新しいビジネスができないかという依頼が来ております。「販売会社を一緒につくろう」「物流機能をここにつくれないか」「工場を新設したい」など。我々としてはこの北九州に本社を持って来たことが非常に良かったなと思っております。


従来の営業基盤である九州、さらにその先のASEANという地域を見据え、これからの会社成長の柱をそこに打ち立てることを考えた時、異口同音に皆から声が上がったのは「北九州」(に本社を移した方)が良いということでした。なぜかと言うと、いま売上高約600億円強のうちの200億円は環境ビジネスです。そうなると、我々よりも更に進んで環境未来都市として、世界に、とくにアジアにおいて非常に強い基盤を持たれている北九州市は、よく認知をしておりましたので、是非そこに本社を置いて、この地域にある企業の方々、あるいは行政の支援をいただき、我々の事業を伸ばして行こうと今回の決定に至りました。


雇用は企業の共通の悩みですが、少子化だけではなくて経済が活況を呈してくると、なかなか良い人材の雇用が難しい。東京では、優秀な学生や転職希望者もまずは有名で大きな会社に応募していく。なかなかチャンスに恵まれないというのが実情です。それを考えたときに、北九州は、重工業の町で、今までこの地にない商社という企業特性で、優秀な方を採用できるのではないかと考えました。事実、昨年度の募集では、学生さんが50人以上応募してきて、今までにない反響でした。いい人材を採用するために、本社を北九州に置きたい理由でもあります。


上田哲則の経歴・略歴

上田哲則、うえだ・てつのり。日本の経営者。「新ケミカル商事」社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、新日本製鐵化学工業を経て、新日化興産(のちの新ケミカル商事)に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

私がマクドナルド社長を務めていた2007年、フランチャイズの店舗で、賞味期限切れサラダを販売していたことが明らかになりました。これは厳密に言えば社内の自主基準違反であって、食品衛生法に抵触していたわけではありません。それでも私は発覚直後から一週間連日会見を開いて、その時点でわかった情報はすべて開示し、記者の質問にも一つひとつ答えました。トップがそういう姿勢を見せなければ、社内の意識も変わりません。


高田明(ジャパネットたかた)

私は伝えることの大切さを30年かけて学びました。伝わらなかった時には、商品を買ってもらえなかった。いかにコミュニケーションをとっていくことが大事。


上田渉

外出先で仕事をこなすポイントは、普段と同じ机環境を目の前に再現すること。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

定年後の生活を支えるのは金融資産だけではありません。例えば健康。医療費がかからなければその分、蓄えたお金を別なことに使えます。住宅や自動車も適切なメンテナンスを怠らなければ修繕や買い替えまでの時期を延ばせます。定年後も働けば、働いた分だけ老後資金を補填できます。こういった人的資産や現物資産は、豊かなセカンドライフを考える上で欠かせない資産です。


安藤忠雄

私の場合は、海外の施主はすべて外国人です。パートナーを組む設計会社や建築会社も外国企業です。相手が日本人でないから、意思疎通は上手くいかないし、当然リスクも高いです。でも、そういう緊張感の中で仕事をしなければ自分が向上しないでしょう。日本人同士で仕事をすれば安全かもしれませんが、それで鍛えられることはありません。


久代敏男

職場への不満は給料だけではないでしょう。やはり人間って他人に認めてもらえればうれしい。私も若い時に上司や同僚から「久代君、最近頑張っているみたいだね」と言われるとうれしかった。


小林一光

相手目線で考えるということはつまり、「自分がそうされたらどうか?」と考えることでもある。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


橘フクシマ咲江

自分が社長だったらとの意識を持って仕事をするか、ただ漫然とタスクをこなすかでは、数年で、歴然たる差が出ます。自分の仕事がどこに繋がっているかわかっている人は、その受け手にとっていかに便利な形でそれを提供するかを考えられるからです。


上野和典

私は定時に仕事を終えると、好奇心のおもむくままに街をぶらつきます。行列ができている店があればとりあえず並び、隣に座った人に話しかけたりもします。社長になってからは車で移動する機会が増えたので、ときにはわざわざ帰りのラッシュの電車に乗ることもあります。とにかく社内にいてはわからないことを積極的にやっています。


宮永俊一

自分よりもすごい経営者がいて、負けている、引き離されている、そんな恐怖心がある。それを補うために勉強していく。そうすれば間違える確率は下がる。大きなミスがなければ、生き残ることができるはずだ。


秋元康

僕には才能を磨いたり、何かを教えたりすることはできないかもしれない。でも、チャンスをあげることで、若者たちが自分で才能を磨くことができる。


松本幸夫

スケジュール管理が苦手という人にありがちな失敗は、学校の時間割のように隙間なくびっしりと予定を入れてしまうことです。そうするとひとつの予定がずれてしまった場合、その後の予定がすべて乱れてしまいます。予定の合間に予備の時間をとっておくと、緊急事態にも対応でき、ゆとりをもって仕事をすることができます。


塚越友子(水希)

成果を出したいときに一人でやると目立ちますから、上司と組んで出すべきです。


有田秀穂

ストレスの最高の解消法は「週末号泣」です。週末に感動する映画などを見て号泣し、たまった1週間のストレスを流す。泣くことの解消効果は、笑うよりも高い。泣くと、すべてを洗い流してスッキリできます。


ページの先頭へ