名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

上田利治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田利治のプロフィール

上田利治、うえだ・としはる。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。徳島県出身。関西大学法学部に進学し野球部に入る。関西六大学リーグで大きな成績を残したのち、広島カープに入団。3年目で肩を壊し引退。25歳、日本球界史上最年少でコーチとなる。その後、阪急ブレーブス、オリックス・ブレーブス、日本ハムファイターズなどで監督を務めた。監督在任20年間中、リーグ優勝5回、日本一3回、Aクラス14回Bクラス6回という成績を残した。

上田利治の名言 一覧

選手と監督のあいだは信頼関係でしか結ばれない。世間では人間関係は相手を知ることからはじまると言うが、むしろ自分自身を裸にして良く知ってもらうことが先決ではないだろうか。


欲望の強い人間ほど個性的で扱いにくいが、そうした選手ほど大きく育つ。監督にとって素直な選手は、むしろいざというとき不安で使いにくい。


上田利治の経歴・略歴

上田利治、うえだ・としはる。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。徳島県出身。関西大学法学部に進学し野球部に入る。関西六大学リーグで大きな成績を残したのち、広島カープに入団。3年目で肩を壊し引退。25歳、日本球界史上最年少でコーチとなる。その後、阪急ブレーブス、オリックス・ブレーブス、日本ハムファイターズなどで監督を務めた。監督在任20年間中、リーグ優勝5回、日本一3回、Aクラス14回Bクラス6回という成績を残した。

他の記事も読んでみる

大島さくら子

私自身、「通訳になる」というのが当初の英語学習の原動力でした。テレビで外国人タレントの話す英語をすらすらと同時通訳する自分を思い描きながら、日々「素振り」を繰り返したものです。


井上慎一(経営者)

他社が西を飛ぶならウチは東へ飛ぶ。よその真似はしません。


本田健

これまで私は多くのトップリーダーや富豪たちと会い、直接話を聞いてきましたが、彼らが口にする成功の条件のなかに必ずあったのが、「大切なのは、人から応援されるような人柄だ」という言葉でした。誰だって感じの悪い人とは同じプロジェクトを組みたくないものです。逆に、いつも朗らかで誠実な人、優しく思いやりのある人など、そんな相手となら楽しく働きながらシナジー効果をあげていけると思います。これからの時代、高く評価されるのは、こうした人間関係のスキルを持った人なのです。


青木孝憲(カーデザイナー)

東京モーターショーにスーパーカーを初出展させようという話が出たとき、僕は単身、東京で市場調査をしていました。しかも、経費削減のために、出店予定地のビルで2か月ほど寝袋生活です。だいぶ時間がたって東京モーターショーへのプロジェクトについて知りました。「デザイナーとして採用されたはずなのに……」と、さすがに頭にきまして。勝手にデザインを書きなぐり上司に送り付けました。


三浦雄一郎

人間も国も企業も、夢を持ってチャレンジし続けることが大切。


鳥居祐一

性格を急に変えるのは難しいことですが、日々の行動や意識付けで十分変えられます。


畑村洋太郎

数字に強い人とは、ものごとを数量的に良く考えることができて、しかも覚えておくことができる人です。こういう人は、ものごとの全体像がきちんと頭の中に入っていて、その全体像の絡みで数を考え、覚えられるのです。


小笹芳央

仕事に対するキャパシティは、若いときの5年で決まる。若いときにぬるま湯の環境で働いてしまうと、せっかくの才能も使いものにならなくなってしまう。最初の5年をどう過ごすかで、その後20年が大きく変わってきます。


栗原幹雄

あらかじめ、「赤字がこの額を超えたら手を引こう」といった撤退ラインを決めておくといいでしょう。僕はフレッシュネスバーガーを立ち上げた時、「最初に用意した資金が底を突いたら、やめる」と決めて始めました。「ここでやめれば、ダメージは最小限で抑えられる」というポイントを決めておけば、怖がらずに始められるはずです。


森澤篤

驚くだけでは不十分だ。「おや」と思ったことをそのままにせず、何かに結び付けて考えてみよう。例えば「インターネットはすごい」と思ったら、これが何に使えるかを考える。近くの店がいつの間にかに閉店していたことに気付いたら「自分がいまこのスペースを手に入れたら何をするか」を考えてみる。実はこの「新しい結び付け方」こそビジネスで最も必要な能力かもしれない。


安藤徳隆

「変えてはいけないもの」「触ってはいけないもの」なんてない。一歩先行く発想があるなら、実行すればいい。


和田裕美

ポイントはわくわくするような「可能性」を文面に入れ込むこと。人は「条件」だけ示されても、重い腰を上げてはくれません。「これだけの可能性があります」というように、わくわくする話にして伝えたほうが、読み手のモチベーションも上がります。