名言DB

9412 人 / 110637 名言

上田健一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田健一(経営者)のプロフィール

上田健一、うえだ・けんいち。日本の経営者。「バイタルエリア」社長。東京都出身。高校卒業後、システム開発会社勤務、フリーエンジニアなどを経てバイタルエリアを設立。

上田健一(経営者)の名言 一覧

パニックになるのは全体が見えず、ぼんやりとしているから。やるべきことを視覚化すると、精神的な負担も軽くなる。


何でも頼るのは避けるべきですが、考えてもわからないことは頭数を増やしたほうが効率的。


5分考えてわからなければ上司や同僚に即相談。1人の頭で考えられることはわずかに過ぎません。多くの知恵を集めたほうが、成功確率が高くなる。


誰が担当しても同じクオリティ、同じ性能のものがいつでも提供できるような体制にしなければならない。「チームで動き、チームで勝つ」ことをモットーに、これまで培ってきた大手企業やエンドユーザーに信頼される技術力、問題発見および解決能力、それに創造力といった人間力の大切さを、若い世代に伝えていきたい。


IT業界は技術力が大事。ただもっと大切なのは、顧客と対話するコミュニケーション力、問題解決力と提案能力。求められているニーズをくみとり、そのうえで自分の意見をしっかりと表現する。それが、顧客との信頼関係を深めていく。


現在、当社で活躍しているエンジニアは30歳前後が中心。これから組織として強くしていくためには、若い世代を自分たちで育成することが必須。会社に新しい風を吹き込むとともに、バランスがとれた布陣をつくる。個の力より「チーム力」を強化することで、どこにも負けないドリームチームをつくっていきます。


自分が部下だった時代、リーダーが独断でスケジュールを作成し、結果的に思わぬミスで遅延したことがありました。スケジュールを作成する際は、必ずメンバー全員の意見を聞くのが鉄則。


パニックを避けるためには、将来のリスクを見込み、1.5倍程度の余裕を持ってスケジュールを作成することが大切です。詰めこみすぎると残業や休日出勤が増えて、メンバーの士気も低下します。


スケジュールに追われたときは、仕事内容を箇条書きですべて書き出しています。そうすることで、作業すべきことが整理されます。仕事の全体像と進捗状況が同時に把握でき、次にやる仕事がわかるのです。


22年前、駆け出しのエンジニアとしてこの業界に入りました。当時はまだITという言葉もない時代で、なにもわからないまま配属された大手銀行や大手損害保険会社の基幹システム開発を担当。周囲のサポートを受けながら、プログラミングやソフトウェア開発の基礎を学んでいきました。やがて、日本を代表するメーカーや物流企業で、プロジェクトリーダーとして基幹システムの開発および導入支援を引き受けていったのです。当時から培った人とのつながりが、そのまま現在の受注につながっています。


上田健一(経営者)の経歴・略歴

上田健一、うえだ・けんいち。日本の経営者。「バイタルエリア」社長。東京都出身。高校卒業後、システム開発会社勤務、フリーエンジニアなどを経てバイタルエリアを設立。

他の記事も読んでみる

西岡務

仮説を立て、課題を先取りし、実際にオーダーが出る前に製品を提案する。この繰り返しが日東電工の長期的な成長を支えてきた。


本田謙

マーケターは、適切な人に、適切なタイミングで、適切なメッセージを送りたいと考えていらっしゃいます。これまでのマスマーケティングではできなかったこの問題を、当社はテクノロジーで解決しています。


堀場雅夫

シルバー世代は自分の働きがい、生きがいを見つけるために、ベンチャーを支援する活動をしてほしい。企業に関する経験、見識は十分なはずです。世の中をよく知っている人たちが若いベンチャーに「おまえたち、そこはな」と教えてあげてほしい。それが本当の教育ですよ。


曽山哲人

私たちは、「言うことは壮大、やることは愚直」というのが、活躍する人のキーワードだと考えています。大きいことを言えば、まずそれだけ自分に気合が入りますし、応援者も増えやすくなります。もちろん、現実はそれほど甘くないので、愚直に実行する力も大切ですが、まずは夢や目標が語れるかどうかです。


小笹芳央

新しい製品やサービスを考える時、組み合わせの元になるのは、豊富な知識です。アイデアマンには博識な人が多いですよね。彼らは自分の職域にとらわれず、常に様々な分野の知識を吸収しています。それを組み合わせ、斬新な発想を生み出している。


橘フクシマ咲江

コンサルティング会社時代は、土日がなく、夜中の2時ごろまでオフィスにいて、自宅に戻って仮眠をとって、朝の7時に出社という毎日でした。でも、こうやって「24時間働けますか?」という状況を経験することは、決して無駄ではないと思います。どんな仕事に向き合っても、当時を振り返ると「自分はここまで頑張れる」と自信を持って挑戦できますし、逆境でも踏ん張れますから。


ロベルト・シンヤシキ

文句や不満が本当の現実を見えなくさせてしまうことがある。文句を言う前に、自分の魂を見つめましょう。


竹田恒泰

興味の赴くままに深掘りしていくのは楽しいですよね。私などは締め切りがないといつまでも勉強を続けてしまうので、発刊できない本の企画がたくさんあります(笑)。


山本晴義

現代のビジネスマンの多くが感じる疲れとは、人間関係の悩みや仕事上の問題など、頭や心に関係する疲れが大半です。そんな場合に家でゆっくり休んでしまうと、いろいろと考え込んでしまい、かえって悩みが深刻化してしまうこともあり得ます。「頭の疲れ」やストレスを癒すには、実は身体を動かすことが有効です。体操でもジョギングでもスポーツでもいいですから、運動する習慣を持ちましょう。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

人間のもとに誠実や正直が存在した限りでは、顔による言葉もまた存続した。しかし人間が自分自身を愛して隣人を愛さなくなって、人間の心が、語ることと別なことを考え始めるや、口による言葉が発達して顔は沈黙し偽るようになってしまった。


黒田武志

企業家精神とは経験が無い領域や新規開拓の領域に挑戦していくことだと思います。会社の規模の問題ではありません。成功するか分からない中、未開拓の地を進んでいるかが大切です。これからもチャレンジ精神を失わずにどんどん挑戦していきたい。


天谷雅俊

住友の家訓に「信用を重んじ、確実を旨とする」という言葉があります。私はこれを仕事上の信条にしていました。顧客あっての商売です。得意先大小合わせて500社ほどを、これまでどんなお付き合いをし、恩義を受けてきたのか、一社一社詳細に調べました。そして、関係の太さを考慮しながら、注文全部に応えられなくとも、信頼を失わないようギリギリの調整を行い、納得してもらいました。


笹氣健治

やる気の出ない理由は各人の性格もありますが、周りの状況などと複雑に絡み合って「やる気が出ない」状態に置かれます。今、自分や部下がどのような状態に陥っているのかを把握することが、やる気を起こす第一歩となります。


中村好文

僕の最初の設計は両親の家でしたが、じつを言うとこれは僕の最大の失敗作でもありました。まだ22歳の若造で、建築のことを何も知らないくせに、自意識過剰の格好ばかりの家を建てちゃった。動線計画は悪いし、生活に対するキメ細かな配慮もぜんぜんなかった。両親は正真正銘の犠牲者です。相当住みにくいはずだけど、さいわい呑気な人たちで、さほど気にしてもいなかったようなのが救いでした。でもねえ、九十九里浜に建てたその家が、飛行機で成田空港を離着陸するときに窓からよく見えるんです。そのたびにサッと血の気が引いて、慙愧(ざんき)に身悶えした。「お父さん、お母さん、ごめんなさい!」って。その失敗でもう反省して、基本からやり直そうと、20世紀の住宅建築の傑作をじっくり勉強し直すことにしたんです。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合をしたとき、組織も工夫しました。製鉄所などの部長は全員、統合相手の会社にあった同様のポストへ異動させました。部長を全交換したのです。部長たちは相手側の組織の中にいきなり放り込まれるわけですから、当初は違和感も少なくなかったはずです。