名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田健一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田健一(経営者)のプロフィール

上田健一、うえだ・けんいち。日本の経営者。「バイタルエリア」社長。東京都出身。高校卒業後、システム開発会社勤務、フリーエンジニアなどを経てバイタルエリアを設立。

上田健一(経営者)の名言 一覧

パニックになるのは全体が見えず、ぼんやりとしているから。やるべきことを視覚化すると、精神的な負担も軽くなる。


何でも頼るのは避けるべきですが、考えてもわからないことは頭数を増やしたほうが効率的。


5分考えてわからなければ上司や同僚に即相談。1人の頭で考えられることはわずかに過ぎません。多くの知恵を集めたほうが、成功確率が高くなる。


誰が担当しても同じクオリティ、同じ性能のものがいつでも提供できるような体制にしなければならない。「チームで動き、チームで勝つ」ことをモットーに、これまで培ってきた大手企業やエンドユーザーに信頼される技術力、問題発見および解決能力、それに創造力といった人間力の大切さを、若い世代に伝えていきたい。


IT業界は技術力が大事。ただもっと大切なのは、顧客と対話するコミュニケーション力、問題解決力と提案能力。求められているニーズをくみとり、そのうえで自分の意見をしっかりと表現する。それが、顧客との信頼関係を深めていく。


現在、当社で活躍しているエンジニアは30歳前後が中心。これから組織として強くしていくためには、若い世代を自分たちで育成することが必須。会社に新しい風を吹き込むとともに、バランスがとれた布陣をつくる。個の力より「チーム力」を強化することで、どこにも負けないドリームチームをつくっていきます。


自分が部下だった時代、リーダーが独断でスケジュールを作成し、結果的に思わぬミスで遅延したことがありました。スケジュールを作成する際は、必ずメンバー全員の意見を聞くのが鉄則。


パニックを避けるためには、将来のリスクを見込み、1.5倍程度の余裕を持ってスケジュールを作成することが大切です。詰めこみすぎると残業や休日出勤が増えて、メンバーの士気も低下します。


スケジュールに追われたときは、仕事内容を箇条書きですべて書き出しています。そうすることで、作業すべきことが整理されます。仕事の全体像と進捗状況が同時に把握でき、次にやる仕事がわかるのです。


22年前、駆け出しのエンジニアとしてこの業界に入りました。当時はまだITという言葉もない時代で、なにもわからないまま配属された大手銀行や大手損害保険会社の基幹システム開発を担当。周囲のサポートを受けながら、プログラミングやソフトウェア開発の基礎を学んでいきました。やがて、日本を代表するメーカーや物流企業で、プロジェクトリーダーとして基幹システムの開発および導入支援を引き受けていったのです。当時から培った人とのつながりが、そのまま現在の受注につながっています。


上田健一(経営者)の経歴・略歴

上田健一、うえだ・けんいち。日本の経営者。「バイタルエリア」社長。東京都出身。高校卒業後、システム開発会社勤務、フリーエンジニアなどを経てバイタルエリアを設立。

他の記事も読んでみる

楠木新

左遷から立ち直り、それをチャンスに変えるためには、自らの出世や利益を中心に考える「自己への執着」から、一緒に働く仲間や家族などに対する「他者への関心」に姿勢を移す必要がある。


天坊昭彦

何でもお金に換算する価値観は、これからの時代では難しい。


松本晃(経営者)

人は権限が好きだから、通常、自らそれを捨てようとはしません。そして、やがて目の前の権限を維持・拡大しようとするようになるものなのです。この時も、全社的に見ればおかしいと気づいた社員もいたかもしれません。でも、弊害があることにはっきりと気づかなければ、そのままになってしまうものです。それは、どんな組織でも同じではないでしょうか。


内田幸雄

我々が何を提供していくか、それ以上に一般消費者の方々がどういう形でエネルギーを望んでおられるのか。希望されるエネルギーの形態に我々はなるべく対応していく。そして、どういうエネルギーでも供給できるような形を取っていきたい。


生嶋健太

考え方や方法を変えることで、1を100にも1000にも変えていくことができる。


施崇棠(ジョニー・シー)

私たちはスペックよりも、ブランドを重要視している。スペックに照準を置いて開発を進めていれば、すぐに競合他社に抜かれてしまう。ブランドがしっかりと確立できていればその心配はない。


中山讓治(中山譲治)

いくら社長という肩書があっても、相手の言っていることの素晴らしさが理解できないようでは、リーダーとして失格です。


西山敷

私は、社員に直接教育するつもりはありません。人材は毎日自分が店舗に顔を出し、親父のように背中を見せることで育っていくと思っているからです。


武田信玄

およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。


広岡等(廣岡等)

私は常に未来を考えて、お客様の心をとらえていきたい。毎日、精一杯それに取り組んでいるから、いまパタッと死んでも悔いはありません。志は、半ばでいいんです。


高橋俊介

多くの市場において、顧客は自分の欲しい商品やサービスを具体的に思い描いているわけではない。そのため、顧客の言うとおりに忠実に仕事をすると、あとで顧客の考え方が変わってしまい、顧客に振り回されてしまいがちである。これに加えて日本のマーケットがきめ細やかな商品やサービスを求めているという力も働いている。このような顧客の表面的な要求に翻弄される「奴隷型顧客主義」も、日本の生産性を低下させている一大要因だと考えてよい。


川淵三郎

Jリーグ開幕当時から、私が、繰り返し発信してきたのは「地域に根差したクラブ運営」です。プロ野球は企業色を前面に出していますが、Jリーグは違うと。行政、市民、企業の三位一体の支援を得て、地域社会に愛される存在にならなければいけない。「空疎な理念」だともいわれましたが、指摘も批判もすべて推進力に変えて突っ走ってきた気がします。企業目線ではなく地域目線、サポーター目線での改革を繰り返してきたこと。これがこの20年間の原動力だったと思います。