名言DB

9419 人 / 110788 名言

上條淳士の名言

twitter Facebook はてブ

上條淳士のプロフィール

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

上條淳士の名言 一覧

一番気をつけたことは、雰囲気で描かないということです。キャラが持つギターやスタジオの様子など、とにかくディテールを細かく描いていって、実際に存在しているくらいまで持っていくことで、ようやく読者は「○○っぽいバンドの音」というふうに自分の頭の中で置き換えてくれる。むしろ読者のイメージに委ねるような感じで描いていきましたね。


当時のマンガのセオリーからすると、背景は場面転換の際に必要なコマであって、「死にゴマ」などという業界用語までありました。だけど、映画では普通に使われている手法ですよね。僕はマンガよりも、むしろ映画や音楽、小説から受けた影響が大きいのかもしれません。マンガのセオリーどおりではない表現をやりたかったんです。


雑誌掲載時の絵がまったく気にくわなくて、1巻は半分くらい、2巻は8割くらい描き直していて、台詞もけっこう変えています。ほぼ描き下ろしに近いので、とにかく時間がかかる。描き直しは、原稿料も出ないわけですから、我ながら何をやってるんだろう……と2巻を出したところで嫌気が差してしまった(笑)。(2巻から10年経って3巻以降の)通常単行本を出したときは、時間経過の中でこれまで納得できなかった部分が許せるようになったんです。たしかに稚拙だけど、それも自分の一部なんだと、認めることができるようになった。それよりも読者が最後まで読めないことのほうが良くないと思いました。


上條淳士の経歴・略歴

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

他の記事も読んでみる

中野信子

日本人は人目を気にすることで生き延びてきた民族です。日本は地震をはじめとにかく災害が多い国。日本の国士面積は全世界の0.25%しかないのに、自然災害の被害総額ではなんと全世界の15~20%にものぼるのです。そんな国なので昔から生き延びるには人々が互いに協力し合うことが不可欠でした。だから脳の構造的に、みんなのために何かしなくちゃという気持ちが高まりやすい反面、1人だけ得しているような人には厳しい目が向きます。それは自分に対しても同様。要は「自責感情」も強いのです。災害で助かったのに「なんで自分だけ生き延びてしまったんだろう……」と悩み苦しむ方が多いのは、その一端でしょう。協力し合うことで生き延びてきただけに、日本人にとって仲間から排除されることが大きなリスクとなってきました。だから人が自分をどう思っているかにも、とても敏感なのです。


石川康晴

派遣にしていたらノウハウが溜まらないどころか、怖いのは競争相手に行ってしまうことです。ノウハウ、リソースを確保しておくには正社員制度は必要なことです。


小宮輝之

「好きなこと」をするには、「コネ」も必要です。コネは不公平な印象があるので嫌悪感を持つ人もいると思いますが、「自分でコネを作る」のはとても大事です。


榎本博明

部下に裁量ある仕事を任せることもモチベーションの向上につながります。なぜなら、人間には「自律の欲求」があるからです。これは、「自分で決めて、行動したい」という欲求のこと。よって、部下が自分で考え、工夫しながらできる仕事を与えれば、意欲的に取り組むことができます。


荒井直樹

私が言ったことをしっかりと聞いていない選手は起用しないという姿勢を明確にしているので、選手たちも真剣に私の指導の感想や自分の悩みをノートに書き込みます。そこにはヒントが詰まっている。どんな格言や指導書よりも、このノートを読んだ方が勉強になりますよ。


熊谷正寿

今は、いいものを真摯につくり続ければ、インターネットによってその評価が広まり、お客さまが気づいてくれる時代になった。逆に言えば、いくら営業が強くても、プロダクトが弱ければ、お客さまはそれに気づく。そうなればお客さまは離れていってしまいます。ですから、技術力やデザイン力を高め、いいものをつくり続ける。これなくしては勝ち続けることはできません。


竹田陽一

一万人に一人くらいは特別に優れた人がいるものです。こういう人をマンイチの人と呼びます。マンイチの人は、まったく体験しなくても物事の本質がパッと浮かんでくる人種ですから、自分独自の考えによる経営理念が簡単にできてしまいます。しかも考えた内容と行動が一致するので業績は黙っていてもよくなってしまいます。普通の人ではこうはいきません。


鶴見尚也

スマホのゲームでどうお客さまに自分たちのゲームを見つけてもらうか。まずは、自社のゲームの間で送客システムを作りました。これを自分たちの中だけでやっていたのでは限界がある。そこで同じ悩みを持っているソフト会社さんにお声掛けし、このシステムを無料開放した。いわばギブ&テイクです。


いっこく堂

何かを始める前、必ず最後に笑っている自分をイメージする。たった、それだけです。失敗しても「この失敗は成功のためのもの」と考える。いつか絶対に成功できる、細かな失敗や紆余曲折は当たり前なのだから、何でも受け入れるっていうポジティブな気持ちで。成功した時の笑顔を具体的に映像化し、毎晩、寝る前にイメージして、潜在意識に沈み込ませる、刻み込む意識でやってほしいです。そして、それを否定する自分がいたら、すぐに打ち消さないといけない。成功を本気で信じ続けること。努力を積み重ねてきた自分を信じること。それができれば絶対に大丈夫です。


細田守

(『未来のミライ』の)企画を立てたときは、誰に向けて、どう観てもらう映画にすれば成立するのか、不安もありました。でも、5パートある絵コンテのうち、初めの2パートを描いたところで、「この作品は、今、作る必然性がある」と、自信を持つことができました。そもそも、4歳の子供を主人公にした劇場映画があまり作られてこなかった理由は、実写だと演じる俳優がいないことと、アニメーションでも「小さな子供を主人公にした作品は、小さな子供向け」というジャンル分けがされてきたことです。でも今は、大人向けの作品と子供向けの作品が二項対立ではなくなって、同じ延長線上にあるようになったと感じます。子供が主人公でも、子供から大人までが観る劇場映画として成立する時代に変わったのです。