名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上條淳士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上條淳士のプロフィール

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

上條淳士の名言 一覧

一番気をつけたことは、雰囲気で描かないということです。キャラが持つギターやスタジオの様子など、とにかくディテールを細かく描いていって、実際に存在しているくらいまで持っていくことで、ようやく読者は「○○っぽいバンドの音」というふうに自分の頭の中で置き換えてくれる。むしろ読者のイメージに委ねるような感じで描いていきましたね。


当時のマンガのセオリーからすると、背景は場面転換の際に必要なコマであって、「死にゴマ」などという業界用語までありました。だけど、映画では普通に使われている手法ですよね。僕はマンガよりも、むしろ映画や音楽、小説から受けた影響が大きいのかもしれません。マンガのセオリーどおりではない表現をやりたかったんです。


雑誌掲載時の絵がまったく気にくわなくて、1巻は半分くらい、2巻は8割くらい描き直していて、台詞もけっこう変えています。ほぼ描き下ろしに近いので、とにかく時間がかかる。描き直しは、原稿料も出ないわけですから、我ながら何をやってるんだろう……と2巻を出したところで嫌気が差してしまった(笑)。(2巻から10年経って3巻以降の)通常単行本を出したときは、時間経過の中でこれまで納得できなかった部分が許せるようになったんです。たしかに稚拙だけど、それも自分の一部なんだと、認めることができるようになった。それよりも読者が最後まで読めないことのほうが良くないと思いました。


上條淳士の経歴・略歴

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

他の記事も読んでみる

安田善次郎

苦しい仕事のうちにも愉快があることを発見するまでには、幾多の修養を積まねばならない。


三木田國夫

「相手の立場になって物事を考えること」を基本姿勢としています。メーカーと話をする時はメーカーの立場に、小売であれば小売の立場に立ちます。


他力野淳

「農泊」の利点は農家の方がダブルインカムを得られることです。現在、農業はどんどん経営が苦しくなっているので、どうにかして収入を増やし、立ち行くようにせねばなりません。そう考えた時、「観光事業に力を入れることで収益化できる地域もあるのではないか。しかも、それが地域活性化にも繋がるのでないか」との案に行きつきました。もちろん農業体験もできます。既にヨーロッパでは盛んで、オリーブ農家に行くなど、単なる宿泊より人気になっています。そうした体験はセットでなければなりません。


南場智子

なぜ誤解が生じたのかと相手の立場になって考え、さらには相手から自分たちの姿がどう見えているかを想像する。そのうえで解決策をパートナーとともに考えていく。そうやって課題を乗り越えることは、新たな信頼関係を築くことにもなるでしょう。


柳井正

異業種の人のほうが、この業界の常識にとらわれずに、「なぜだろう」「どうしてだろう」と原理原則から取り組むことができる。同業種だと、「こうなっているのが当たり前」と見なして、無理・無駄の存在する現状を肯定しながら進もうとする。改革には現状否定が欠かせない。


塚本こなみ

園長になる前、私は日本中の藤を見て歩きました。ほかの藤がどんなレベルにあるのか、それを知らないで商売はできません。要するに、競合他社をリサーチしたのです。その結果、あしかがフラワーパークの藤が、世界で一番美しいという結論に至りました。


片岡一則(経営者)

第一分野の死亡保険は商品の差が付けにくい。だからこそ、コンサルティングなどのソフト部分での差別化を図るしかありません。いま本当にコンサルティング能力で顧客満足度を得ている会社は数社しかない。そこに食い込んでいくことは可能です。


三木雄信

ビジネス英語を学ぶときは発音も捨てたほうがいい。成人してから外国語の発音を正確に覚えるのは極めて難しいからだ。少々発音が悪くても相手は文脈で聞き取ってくれる。発音を気にしているゆとりは私たちにはないと割り切ろう。


佐々木正悟

どんな行動でも、違う行動に切り替えると気力を要します。仕事だけでなく、食事や休憩をする場合でも切り替えには気力を使う。要するに夜は気力を使い切った状態で、寝ることで回復するんです。だから、夜は新しいことをやる心理にはなかなかなりにくい。何かを始めるなら、気力が一番充実している朝が理想的。


鎌田浩毅

本を読む行為は、考えることそのもの。思考の足跡を残すために、線を引いたり、書き込みながら本を読む方は多いと思います。私にとっても本は、まさに「思考の文房具」なのです。


あらゐけいいち

単純にこういうのを描いてると楽しいんです。それを楽しんでもらえれば、とても嬉しいです。楽しいことを描いて、楽しいと思ってくれたら、最高に最強ですね。


佐藤優

数学的な思考回路を鍛えると、段取り力が磨かれる。いかに最短で解を出すかを必死で考えるからです。この段取り力が、そのまま仕事のスピード化に応用できる。