上條淳士の名言

上條淳士のプロフィール

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

上條淳士の名言 一覧

一番気をつけたことは、雰囲気で描かないということです。キャラが持つギターやスタジオの様子など、とにかくディテールを細かく描いていって、実際に存在しているくらいまで持っていくことで、ようやく読者は「○○っぽいバンドの音」というふうに自分の頭の中で置き換えてくれる。むしろ読者のイメージに委ねるような感じで描いていきましたね。


当時のマンガのセオリーからすると、背景は場面転換の際に必要なコマであって、「死にゴマ」などという業界用語までありました。だけど、映画では普通に使われている手法ですよね。僕はマンガよりも、むしろ映画や音楽、小説から受けた影響が大きいのかもしれません。マンガのセオリーどおりではない表現をやりたかったんです。


雑誌掲載時の絵がまったく気にくわなくて、1巻は半分くらい、2巻は8割くらい描き直していて、台詞もけっこう変えています。ほぼ描き下ろしに近いので、とにかく時間がかかる。描き直しは、原稿料も出ないわけですから、我ながら何をやってるんだろう……と2巻を出したところで嫌気が差してしまった(笑)。(2巻から10年経って3巻以降の)通常単行本を出したときは、時間経過の中でこれまで納得できなかった部分が許せるようになったんです。たしかに稚拙だけど、それも自分の一部なんだと、認めることができるようになった。それよりも読者が最後まで読めないことのほうが良くないと思いました。


上條淳士の経歴・略歴

上條淳士、かみじょう・あつし。日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。少年漫画雑誌『週刊少年サンデー増刊号』で漫画家デビュー。代表作に『TO-Y』。

他の記事も読んでみる

安川英昭

私が社長になったころから多角化路線とは決別し、当社の強みを生かせる事業に経営資源を集中させました。その結果、小型液晶ディスプレーやインクジェットプリンター、眼鏡用累進焦点レンズなど世界一の製品がいくつも生まれました。


岸隆司

受講生の大部分は社会人です。業務が多忙で出席できないこともあるでしょう。しかし、高い受講料を払って入校した以上、資格取得への意欲は強いはずです。休みがちになるのは、忙しいと言うより講義に問題があるのです。ですから講師の評価のひとつは受講生の出席率を落とさせないことです。出席率が良く合格率が上がれば講師の評価も給料も上がります。逆の場合には翌年にはお願いしないこともあります。


国部毅(國部毅)

これだけ環境が変わっている時代なので、現在の地点にとどまっているということは後退になってしまいます。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

身体はきわめてシンプルにできています。働いたぶんだけ休ませれば回復するのです。どの疲れにも休養は有効。ですから、業務の合い間や週末などには疲れていなくても、予防的に休みを取るべきです。頭では疲労を感じていなくても、身体が疲れているケースがあるからです。


水野美紀

「大手の事務所をやめるなんて、もったいない」「劇団運営なんて無理だろ」そんな声も聞こえてきましたが、結果を出して解決するしかない、と気にしませんでした。私、覚悟を決めると強いんです。男前なので(笑)。


川久保公司

お客さまの表層的なニーズや目の前の売り上げよりも、お客さまの真意の把握やお客さまとの信頼関係を大切にして、不動産の専門知識を持たないお客さまを保護する姿勢を第一に据えることを重んじています。


ナポレオン

勝利はもっとも耐え抜いた者にふさわしいものである。


朝山あつこ

途中、私のマネジメント力の弱さから「続けるのは無理かも」と思った時期もある。でも、いつも共感してくれる人々がいて、一緒にミッションを達成していくんだという仲間が支えてくれた。


本多忠勝

侍は首取らずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず。主君と枕を並べて討死を遂げ、忠節を守るを指して侍という。


大倉喜八郎

紛々たる世の毀誉褒貶を気にしていて何ができる。区々たる世評などに頓着せず、自ら信ずるところに邁進し、自ら好むところに直進し、思う存分の働きをなし、倒れてのちやむのがすなわち男子の本懐ではないか。
【覚書き:紛々、ふんぷん=まとまりがない様。毀誉褒貶、きほようへん=ほめる、けなすなどの世評。区々、くく=まとまりがない様】


齋藤勇(齊藤勇)

表情も重要なポイント。片方の口角だけが不自然に上がるなど、左右非対称の表情は本心を隠しているサイン。交渉中にこんな表情をしていたら、言葉が前向きなものでも、最終的にノーを突きつけられる可能性があります。


ウェイン・キラウェイ

ナンバー2の組織の会社は、結局、市場でもナンバー2に甘んじなければならない。


堤剛

ヤーノシュ・シュタルケル先生は「educate」よりも「help」という単語を好んで使われましたが、優れた指導者とは、生徒の才能や長所をいち早く見いだし、それを伸ばして、彼らが自身最高のパフォーマンスを出せるように導ける人ではないでしょうか。しかし、そのためには教える側にしっかりとした指導プランがなければなりません。


柏木理佳

「忍耐=仕事」から「自分追求=仕事」に時代は移行しました。耐えることは大切です。高度成長時代までは、長男だから親の面倒を見なければならない、家族が大事だから我慢しなければならないといった考え方が美徳とされていました。ところがいまの時代、それは言い訳にしか聞こえません。どんな環境においても自分を追求すること、逃げずに自己に向かい合うことで、職業への意識が変わるのです。


藤原大

どんなに素晴らしい考え方やアイデアがあっても、それが形にならなければ意味がないし、精緻に仕立てられた服でも、アイデアの力が弱いと魅力的になりません。


ページの先頭へ