名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上村計明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上村計明のプロフィール

上村計明、かみむら・かずあき。日本の経営者。「テレックス関西」社長。兵庫県出身。高校卒業後、摂津物産などを経てテレックス関西、アロージャパンを設立。

上村計明の名言 一覧

小さなニーズを拾っていくことで、お客様はファンになって下さる。


若いうちから志を持っていれば、高い意識を保ったまま生きていくことができる。


従業員満足度を上げるためには、従業員の声を聴けるところまで聴くことが重要。


上村計明の経歴・略歴

上村計明、かみむら・かずあき。日本の経営者。「テレックス関西」社長。兵庫県出身。高校卒業後、摂津物産などを経てテレックス関西、アロージャパンを設立。

他の記事も読んでみる

田中健一(経営者)

ツキはあとから追いかけることができません。きたときに正面から捕まえなければならない。そのためには、落ち込んでいてはいけないのです。


小柴和正

伊勢丹は他の百貨店に比べて決して恵まれているとは言えません。新宿本店は、ターミナル駅から距離がありますし、建物も古く、売り場面積も限界があります。設備機器も最新鋭というわけにはいきません。ハンデを克服して、お客様から支持される店になるためにはどうしたらいいか。8年間の社長在任期間中、私が最も心を砕いたのは、伊勢丹ならではの魅力をお客様にどうわかっていただくか、いかにしてお客様にとってのオンリーワンショップになるかということでした。


大野直竹

当社は権限委譲しながら、しっかり責任を持たせるスタイルを重んじてきました。私自身、新入社員で右も左もわからないときに、1か月ほどの新人研修が済んだら「自由にやってきなさい」とばかりにポンッと営業に放り出された。仕事の基本は上司が熱心に教えてくれましたけど、外回りは一人。自分で考えて、自分のやり方を見つけていくしかなかった。


山口絵理子

頑張り方が間違っているから業績が上がらないスタッフを、感情的に怒ってもダメです。合理的に、丁寧に説明しないと、やり方を変えてもらうことはできません。納得しないと動かないのは日本人も同じです。


本田健

多様な働き方をする時代に必要なのが、誰がどんなスキルや経験を持っているかを知るための客観的な情報です。そこではじまるのが、個人に対するレーティング(格付け)です。「食べログ」の評価を見て、どの店へ食事に行くか決めるように、私たち一人ひとりも「彼は3.5だからイマイチ」「4.2だからぜひ頼みたい。契約料は高いけど」などと格付けされる時代がやってくるというわけです。実際、アメリカでは数年前から税理士や弁護士などの専門職の格付けはスタンダードになっています。厳しい時代かもしれません。しかし、そんなに慌てることはありません。見方を変えれば、これは、「頑張った人は、頑張った分だけ報われる」という非常にフェアな社会が実現することでもあるからです。


大山健太郎

一見して無駄に見えることでも、顧客目線の考え方に立てば無駄ではないことがあります。たとえば、来社されたお客様には必ず挨拶をするよう指導していることもその一つ。その間仕事の手が止まるわけですから、生産性だけを考えると明らかに無駄です。しかし、そうすることで好印象を持っていただき、当社のファンになってもらうメリットのほうがはるかに大きいでしょう。


佐々木正

孔子は73歳で死んでいますから、『論語』には「七十にして矩(のり)をこえず」の次はありません。97歳の私が言うならば、「八十にして恩を知る」でしょうか。人間は自分一人でなく、いろんな人のおかげで生きとるんです。そして、「九十にして今度は恩に報いる」。そうすれば百で人生を終えるとき、幸福でいられるはずです。


山内隆司

仕事が大きくなれば、利害調整は複雑になり、時に暗礁に乗り上げることもある。しかし、あきらめずに動き続ければ必ず突破口は見えてくる。


小林喜光

新興国を見てください。かつて我々がそうだったように、大人は必死に働き、子供にかける余裕は時間的にも金銭的にもありません。それで子供が怠けるのかというと違います。大人の必死な姿を見て、子供も一緒に頑張るのです。昔は「おやじの背中」という言葉があり、「お袋の背中」でもいいかもしれませんが、最近はそうした姿を見せるという観点が教育から抜け落ちているのかもしれません。


村川勉

あまり過去を振り返らない性格上、未来に向かって進みながら、今後もいま置かれた立場で精一杯のことをやっていきたい。


葉田順治

弊社には「成功」という言葉はありません。たとえ成果が挙がっても次の成長を追い求め、常に新しい事業領域を探し、挑戦し続ける。基本的には「ing」の会社なのです。


関根勤

僕の場合、娘を育てて仕事上一番よかったのは、女性の気持ちを理解できたことです。僕はずっとモテなくて、妻と知り合う前は、女性と交際したこともほとんどなかったくらいでした。だから、僕の笑いの対象も完全に男性でした。ラジオ番組でファンの集いをやったら、9割9分男だったり(笑)。とにかく女性の気持ちがわからなかったんです。ところが、32歳で「笑っていいとも!」のレギュラーになったら、観客席はほとんど女性。もうどうしたらいいかわからないですよ。普通は新しい番組には半年もすれば慣れるんですが、いいともに慣れるまでは8年かかりました。その8年目というのは、娘が9歳になったころ。観客席のお客さんを見ていたら、急に「なんだ、麻里がちょっと大きくなったくらいの子たちなんだ」と思えた。すると、途端にスッと心が楽になったんです。もし娘を育てていなかったら、どうなっていたかな?江頭(2:50)君みたいな男向け芸のスペシャリストになっていたかもしれないですね。