名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

上村愛子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上村愛子のプロフィール

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

上村愛子の名言 一覧

五輪の壁は厚かった。でも同時に、ぶつかるたびに心が強くなり、成長できることを五輪に教えてもらいました。


目標を見つけてがむしゃらに頑張りましたが、金メダルにはほど遠い順位だった。そこで初めて、「何が足りないのか」という思考が生まれた。


オリンピックでメダルは獲れなかったけど、すがすがしい気分。全力で滑れたことで点数見ずに泣いてました。


細かいところをあげていけばキリはありませんが、いままでのオリンピックで全力を出すことが難しかったので、全力で滑るというのは果たせて満足です。


メダル獲得の夢は果たせなかったけど、出場した5回の五輪は、すべて異なるアプローチで挑み、新たに取り組んだ技を完成させることができました。自分に課した目標を、すべて達成できたんです。この成功体験は、今後の人生を生きるうえで、大切な私の誇りであり宝です。


五輪に挑戦するたびに順位は上がるのに、またメダルには届かない。最初は全く分かりませんでした。「失敗って何だろう」と思ってしまうほど、努力と成果がイコールにならず、頑張れば夢がかなうわけではない現実に落ち込みました。結局私は、「プレッシャー」に負けたんだと思います。


技を完成させるために毎日ひたすら同じ練習をすると、少しずつ客観的な視点が失われ、自分がやっていることが本当に正しいのか不安になることもありました。そんな時は、先輩や後輩に「自信がないんだけど大丈夫かな」と相談しました。大抵「大丈夫だよ」という言葉が返ってきて、皆の言葉や存在のおかげで「もう少し前向きにやっていこうかな」と思えました。


これができなかったら金メダル争いには加われないし、競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ。自信を持って五輪の舞台に立つためにも、女子選手が誰もやっていない技を完成させる必要があった。


メダルを獲れなかった原因の1つに、自分には加点になる武器がないことに気づきました。ターンが誰よりも美しいとか、スピードが誰よりも速いとか、ジャンプが誰よりも高いといったライバルより突出した武器です。そこで当時、男子でも確実に決められる選手が少なかった、「世界一のエア」と言われる技「3D」に挑戦しようと決めました。


(里谷)多英さんを勝手にライバル祝するようになり、負けたら1人で悔しがって、勝ったら喜びました(笑)。目の前に金メダリストという目標があったことはラッキーでした。以前なら選択しなかった辛い練習を積極的に選ぶようになり、コーチからの指示はすべて取り組み、自分を限界まで追い込めました。


1年かかって、やれる環境があるありがたみに気づいたんです。ケガはしていないし、競技を続けられる環境はあるし、応援してくれる人もいる。五輪を目指したくても目指せない人がいる中で、気持ち次第で挑める自分は、何て恵まれているんだろうと思えた。死ぬ間際になって、「あの時、挑戦しておけばよかった」という後悔もしたくなかった。
【覚え書き|バンクーバー五輪でメダルを逃した後、現役続行を決めた理由について】


上村愛子の経歴・略歴

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

他の記事も読んでみる

藤田晋

社内人脈をつくるときは「自分の名前を売る」ことよりも、「相手の名前を覚える」ことが先。人は自分に関心を持ってくれている人に、関心を持ちます。だからまず、とにかく社員の名前をたくさん覚えることから始めてください。


柴田励司

効率よく、すぐに役立つエッセンスだけを学ぶのがいいと考える人もいるかもしれませんが、そうした勉強を私はあまりお勧めしません。なぜなら、最短距離で結果を出そうとする勉強は、その分野の氷山の一角をとらえているにすぎないからです。水面下に隠れた大きな部分が氷山の本体であるように、すぐには役立たない部分にこそ、その勉強の本質が隠されています。表面だけを真似る勉強では、瞬間的には浮かび上がっても、支えがないためにすぐに沈んでしまいます。その結果回り道をすることになるわけで、実はこれほど効率の悪い勉強はありません。


中村天風

我々の人生の周囲に存在するすべての事柄は、取り入れ方がよけりゃ、我々の心の力を非常にすぐれたものにするけれども、反対に、取り損なうと、抗議の方面へと働きだすんですよ。ただでさえ、現代のマスコミ時代というものは、もう消極的な事柄がとても数たくさん存在してるんだもの。


佐藤優

僕から言わせれば、怪しい人物やきわどい仕事をする人ほどキチンとした格好をするという法則がある。たとえば詐欺師は、見た目はごく普通の真面目なビジネスマン風を装っている。暴力団構成員だって、いまどきはビジネススーツでパリッとしている人が多い。怪しさとかきわどさを抱えている業種の人物ほど、身なりを整えるという傾向はあると思う。つまりカムフラージュするのです。


弘兼憲史

トップに立つ人は、共通点が大きく2つあります。1つは、「パワー」。もう一つが「観察眼」。


益子修

去年よりは今年を良くしよう、今年よりは来年良くしよう。その時、ちょっと飛び跳ね過ぎると、やっぱりどこかでケガをしたり、ひずみが出てしまう。過去の失敗をもう一度思い出して、着実に前に進もう。


木村信司

「頭で考えたことじゃなく、魂から作ろうぜ」って。「本当の君の中には、いったい何があるんだい?」ってことを私は問いたい。


尾山基

スポーツは1人でやろうが、チームでやろうが、ファイティングスピリットがなかったら無理です。なんぼ上がチャレンジしろと言ったって、本人の気持ちが最初に行かなくちゃ、チャレンジもできません。


辻慎吾

語る言葉に説得力のないリーダーに人はついていきません。言葉に説得力を持たせるためには、自分自身がそのプロジェクトに一番熱くなっている必要があります。


米井嘉一

忙しい40代は「60点の健康習慣」を目指すべき。難しいことを最初からやろうとせず、日常生活の中で少しだけ気をつければいいことだけをやるのです。


星野佳路

失敗して落ち込んでいる人をよく見かけますが、気を落とす必要は本当にないです。重要なのは失敗から何を学んで、どう活かしたかで差がついてくるということです。がっかりしている暇はありません。失敗を恐れずに、果敢にチャレンジしていきましょう。


阿部祐二

自分自身はストイックにやっているつもりはありません。少しでも前進したいのもありますが、何より、毎日を少しでも楽しく過ごしたいだけ。だから、漠然と過ごしたくないのです。「どうすれば、今よりも毎日が楽しくなるか」――そんなことを考えるようにすれば、自然と時間を活用できるようになるかもしれませんね。