名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上村愛子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上村愛子のプロフィール

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

上村愛子の名言 一覧

五輪の壁は厚かった。でも同時に、ぶつかるたびに心が強くなり、成長できることを五輪に教えてもらいました。


目標を見つけてがむしゃらに頑張りましたが、金メダルにはほど遠い順位だった。そこで初めて、「何が足りないのか」という思考が生まれた。


オリンピックでメダルは獲れなかったけど、すがすがしい気分。全力で滑れたことで点数見ずに泣いてました。


細かいところをあげていけばキリはありませんが、いままでのオリンピックで全力を出すことが難しかったので、全力で滑るというのは果たせて満足です。


メダル獲得の夢は果たせなかったけど、出場した5回の五輪は、すべて異なるアプローチで挑み、新たに取り組んだ技を完成させることができました。自分に課した目標を、すべて達成できたんです。この成功体験は、今後の人生を生きるうえで、大切な私の誇りであり宝です。


五輪に挑戦するたびに順位は上がるのに、またメダルには届かない。最初は全く分かりませんでした。「失敗って何だろう」と思ってしまうほど、努力と成果がイコールにならず、頑張れば夢がかなうわけではない現実に落ち込みました。結局私は、「プレッシャー」に負けたんだと思います。


技を完成させるために毎日ひたすら同じ練習をすると、少しずつ客観的な視点が失われ、自分がやっていることが本当に正しいのか不安になることもありました。そんな時は、先輩や後輩に「自信がないんだけど大丈夫かな」と相談しました。大抵「大丈夫だよ」という言葉が返ってきて、皆の言葉や存在のおかげで「もう少し前向きにやっていこうかな」と思えました。


これができなかったら金メダル争いには加われないし、競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ。自信を持って五輪の舞台に立つためにも、女子選手が誰もやっていない技を完成させる必要があった。


メダルを獲れなかった原因の1つに、自分には加点になる武器がないことに気づきました。ターンが誰よりも美しいとか、スピードが誰よりも速いとか、ジャンプが誰よりも高いといったライバルより突出した武器です。そこで当時、男子でも確実に決められる選手が少なかった、「世界一のエア」と言われる技「3D」に挑戦しようと決めました。


(里谷)多英さんを勝手にライバル祝するようになり、負けたら1人で悔しがって、勝ったら喜びました(笑)。目の前に金メダリストという目標があったことはラッキーでした。以前なら選択しなかった辛い練習を積極的に選ぶようになり、コーチからの指示はすべて取り組み、自分を限界まで追い込めました。


1年かかって、やれる環境があるありがたみに気づいたんです。ケガはしていないし、競技を続けられる環境はあるし、応援してくれる人もいる。五輪を目指したくても目指せない人がいる中で、気持ち次第で挑める自分は、何て恵まれているんだろうと思えた。死ぬ間際になって、「あの時、挑戦しておけばよかった」という後悔もしたくなかった。
【覚え書き|バンクーバー五輪でメダルを逃した後、現役続行を決めた理由について】


上村愛子の経歴・略歴

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

他の記事も読んでみる

森健次朗

集中力とは、「その瞬間、自分のすべてのパワーを一点だけに集める力」のこと。勉強のために机に向かうときは、他のことはまったく考えず、勉強だけにパワーを集中する。これができたとき、人は高いパフォーマンスを発揮することができる。


安永竜夫

狩猟民族的な人々と相対峙する「体力」と「胆力」をつけなければ勝っていけない。


岩本栄之助

人間はな、三十すぎたらなんでもええ後に残ることせなあかんで。而立(じりつ)というのはそういうこっちゃ。理知に動かず、意気を貴び、小さな利害を目的とせず、いさぎよく戦う。【覚書き|而立(じりつ)。論語内の言葉。而は30歳、立は自立するの意味。子曰く、吾十有五にして学を志し、三十にして立つ。】


水戸岡鋭治

JR九州の「ななつ星」では、床や内装に木材をふんだんに取り入れ、洗面台には有田焼を使っています。どちらもメンテナンスが難しいし、壊れる恐れもあります。とくに社内の建具に利用した組子細工は、「列車が揺れた時にお客様がぶつかれば壊れてしまうのではないか」と職人さんが心配したほどです。その時に私は、「壊れたら作り直せばいいじゃないか。責任は持つから」と叱咤激励したのを覚えています。組子細工などの木材も、有田焼の洗面台も、皆さんがものすごく丁寧に、傷を付けないようにと扱ってくださっているおかげで、今では経年変化によってどんどん味わいが深まっています。風格すら感じられるほどです。


逢坂剛

作家にとって子供のころの読書の経験も大きい。自然と頭に入った文体、語らい、思想は小説を書くうえで重要な資質になります。私の場合、とくにグリム童話をよく読みました。民話を集めたものですが、正しい心、邪な心など小説の下になる人間の原始的な欲望が詰まっています。また、ストーリー展開の参考にもなり、大人になってからも読み返しました。


野坂英吾

先輩経営者から聞いた失敗談を自分だったらどう対処していただろうかと「自分ごと」として考える習慣を意識してきました。「変換力」と呼んでいますが、たくさん疑似体験をしてきたことは役に立ちました。


佐々木常夫

実は離れているほうがお互いを知り合えるという側面もあるのです。私も単身赴任中は妻や子供たちと頻繁に手紙のやりとりをしました。一緒に暮らしていたら家族に手紙を書く機会なんてありませんが、私は手紙を読むたびに、「あいつはこんなことを考えていたのか」とこれまで知らなかった一面を知って驚いたり、感動したりしたものです。普段の会話ではなかなか言えないことも、手紙なら素直に書いてしまうことも多く、むしろ家族間のコミュニケーションの密度はそれまで以上に高まったとさえ思えたほどです。


池野隆光

大事なことは規模の拡大ではなく、1店舗、1店舗がいかに誠実にお客様に向き合うか。


杉本良明

まず大事なのは、攻撃に対して精神的に動揺しないこと。「こいつならいくら攻撃しても大丈夫だ」と相手に侮られると、攻撃はやみません。相手に「冷静だな」「タフだな」と思わせる対応をする。クレーム処理係になり切ったつもりで対応するといいでしょう。


北山顕一

先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。


浦上ヤクリン

心理学の研究では、不確実性を極度に回避したがる人、または不確実性への許容度の低い人は、うつや不安になりやすいと言われています。よって、自分がしてしまったミスを過剰に受けとめ、激しく自己嫌悪することでメンタルヘルス上の問題を抱えてしまうケースもあります。好むと好まざるとにかかわらず「不確実性の回避」という文化にどっぷり浸かっているからこそ、ポジティブなものごとの捉え方が必要になってくるのです。


セネカ

困難だからやろうとしないのではない。
やろうとしないから困難なのだ。