名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上村愛子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上村愛子のプロフィール

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

上村愛子の名言 一覧

五輪の壁は厚かった。でも同時に、ぶつかるたびに心が強くなり、成長できることを五輪に教えてもらいました。


目標を見つけてがむしゃらに頑張りましたが、金メダルにはほど遠い順位だった。そこで初めて、「何が足りないのか」という思考が生まれた。


オリンピックでメダルは獲れなかったけど、すがすがしい気分。全力で滑れたことで点数見ずに泣いてました。


細かいところをあげていけばキリはありませんが、いままでのオリンピックで全力を出すことが難しかったので、全力で滑るというのは果たせて満足です。


メダル獲得の夢は果たせなかったけど、出場した5回の五輪は、すべて異なるアプローチで挑み、新たに取り組んだ技を完成させることができました。自分に課した目標を、すべて達成できたんです。この成功体験は、今後の人生を生きるうえで、大切な私の誇りであり宝です。


五輪に挑戦するたびに順位は上がるのに、またメダルには届かない。最初は全く分かりませんでした。「失敗って何だろう」と思ってしまうほど、努力と成果がイコールにならず、頑張れば夢がかなうわけではない現実に落ち込みました。結局私は、「プレッシャー」に負けたんだと思います。


技を完成させるために毎日ひたすら同じ練習をすると、少しずつ客観的な視点が失われ、自分がやっていることが本当に正しいのか不安になることもありました。そんな時は、先輩や後輩に「自信がないんだけど大丈夫かな」と相談しました。大抵「大丈夫だよ」という言葉が返ってきて、皆の言葉や存在のおかげで「もう少し前向きにやっていこうかな」と思えました。


これができなかったら金メダル争いには加われないし、競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ。自信を持って五輪の舞台に立つためにも、女子選手が誰もやっていない技を完成させる必要があった。


メダルを獲れなかった原因の1つに、自分には加点になる武器がないことに気づきました。ターンが誰よりも美しいとか、スピードが誰よりも速いとか、ジャンプが誰よりも高いといったライバルより突出した武器です。そこで当時、男子でも確実に決められる選手が少なかった、「世界一のエア」と言われる技「3D」に挑戦しようと決めました。


(里谷)多英さんを勝手にライバル祝するようになり、負けたら1人で悔しがって、勝ったら喜びました(笑)。目の前に金メダリストという目標があったことはラッキーでした。以前なら選択しなかった辛い練習を積極的に選ぶようになり、コーチからの指示はすべて取り組み、自分を限界まで追い込めました。


1年かかって、やれる環境があるありがたみに気づいたんです。ケガはしていないし、競技を続けられる環境はあるし、応援してくれる人もいる。五輪を目指したくても目指せない人がいる中で、気持ち次第で挑める自分は、何て恵まれているんだろうと思えた。死ぬ間際になって、「あの時、挑戦しておけばよかった」という後悔もしたくなかった。
【覚え書き|バンクーバー五輪でメダルを逃した後、現役続行を決めた理由について】


上村愛子の経歴・略歴

上村愛子、うえむら・あいこ。日本のモーグル選手。兵庫県出身、長野県育ち。小学生時代にスキーを始める。中学2年生のときにカナダでモーグルスキーの大会を観戦したことをきっかけにモーグルを開始。高校生時代に全日本選手権3位入賞。オリンピック5大会連続入賞(長野7位、ソルトレイクシティ6位、トリノ5位、バンクーバー4位、ソチ5位)。世界選手権で金メダル2個、銅メダル2個獲得。

他の記事も読んでみる

岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


小田豊(経営者)

人事を進めるうえで参考にするのが、従業員を対象に1年に2回実施しているクレペリン検査という心の健康診断です。検査を依頼している研究所の助言を得ながら、診断結果を人事異動に反映させています。「この人を責任あるポジションに登用したいんだけどうかな」などと相談し、「それで大丈夫です」あるいは「やめた方がいいですね」などとやり取りしています。山登りに例えるなら、息切れしている人がいれば荷物を軽くし、元気いっぱいで余裕がある人には、もうちょっと重い荷物を背負わせたりしています。


冨安徳久

日本一「ありがとう」と言われる葬儀社を目指しています。ひとつの葬儀で「ありがとう」と言われたら、その葬儀に参列した人が、自分の時はティアに頼もうと思ってくれる。


江上治

継続と固執は違います。継続することは大切ですが、自分の方向性が間違っていたり、やってきたことが失敗だったとしたら、その状況に固執するのは賢明ではありません。冷静に状況を見極めて方向転換する柔軟さが必要です。目的意識がしっかりしていれば、「ここで損をしても方向転換すべきだ」という適切な判断ができるはずです。


藤井孝一

副業では、夢のあることに挑戦し、将来のキャリアにつなげてほしい。


青木定雄(兪奉植)

当たり前のことですが、社員は経営者の背中を見て働くものです。経営者が楽をしようとしたら、そんな姿勢はたちまち社員の働きぶりに悪い影響を与えてしまいます。経営者は率先して苦労しないといけません。


山井太

新潟県三条市の本社敷地内にキャンプ場を設け、顧客だけではなく、私や社員もテントを張って一夜を過ごし、そのまま出社、なんて日もあります。ユーザーとのキャンプイベントも行っています。そこでお客様と社員が同じ趣味を共有して親しい関係を築き、忌憚のない本音のご意見を頂戴でいるのが強みです。


スタニスラス・ド=ケルシズ

伝統あるメゾン(会社・店舗)を受け継ぐにあたり、私が経営者として最も重視しているのが、新しいことに挑む姿勢なのです。顧客に対し、常にイニシアチブをとり、新たな提案を続ける必要があるからです。


岩倉昌弘

カネボウが経営破綻し、産業再生機構の傘下に入ったとき、最初は何人も乗り込んできて占領されるような状況に腹が立っていました。ところが実際に入ってきた人たちと触れ合い、ものすごいカルチャーショックを受けましたさ自分と同じ世代か下の人たちが全く違う発想を持っている。いずれも抜群に優秀なコンサルタントや会計士などです。その後も別の投資ファンドの傘下に入りました。こうした経緯の中で企業価値を高めるための考え方が持ち込まれ、社員も商品別の利益がわかるようにするなど、非常に透明性の高い経営が築かれたと思います。経営会議の議案もできる限りオープンにしています。


山内雅喜

誰かが一元管理するのではなく、自分で自分を管理できる組織体になっていないと会社が立ちゆかないという弊社に特有の事情も、自然にリーダーが育っていく環境のひとつの要因だと思います。


ジョン・コッター

人は成功すると現状に満足し、危機意識が崩壊します。悩むべきことについて悩まないまま過ごしてしまうのが、成長企業の落とし穴です。成功に溺れ、傲慢になります。そのため見過ごしてきた多くの問題によって、のちにトラブルを抱えることになります。


大橋未歩

この仕事に就いてみたら、明るくないとやっていけないことに気づきました。忙しくて暗くなっている暇などないんです。自分を成長させるために、自ら環境を整えることも、効果的な方法だと思っています。