名言DB

9412 人 / 110637 名言

上村剛の名言

twitter Facebook はてブ

上村剛のプロフィール

上村剛、うえむら・ごう。日本の弁護士。東京大学法学部卒業、東京大学法科大学院修了。日本放送協会(NHK)を経て弁護士登録。

上村剛の名言 一覧

裁判制度は万能ではない。訴えの内容や相手方の状況によっては、勝ったのに「損する」ケースもある。日本の民事裁判は、原則的に、トラブルを事後にお金で解決する法制度に立脚している。感情的な部分はひとまず置いておき、金銭的な損得という視点で考えてみよう。損をするのは、ズバリ、裁判のコストが、勝訴時に手にできるお金を上回る場合だ。


裁判という選択肢を考えるとき、本人の納得感を得られるかどうかが非常に重要だ。だから、金銭的に見合わないとか、時間がかかるからといって、「争うだけムダ」ということではない。しかし、裁判の結果に後悔しないように、事前に費用や見通しに関する「リスク」をしっかり把握しておくことは肝要だろう。


上村剛の経歴・略歴

上村剛、うえむら・ごう。日本の弁護士。東京大学法学部卒業、東京大学法科大学院修了。日本放送協会(NHK)を経て弁護士登録。

他の記事も読んでみる

近藤誠一

重要なのは、いざという時のために人脈を作っておくことです。それは公邸に食事に呼んだり、出張して一緒に食事したり、セミナーやシンポジウムに出たりして、とにかくあらゆる階層、政治家、経済人、学者、一般人、学生などなど、ネットワークをつくって、何か問題が起こった時には誰に電話すればすぐ答えがもらえるか、働きかけができるかを考えておくことです。


河野英太郎

日本語の文法の構造上、話を最後の最後まで聞かないと、否定しているか肯定しているかがわかりません。「……だと思う」のか「……ではないと思う」のか。話の方向性は180度違います。だから、途中で部下の話に「あ、その件はね……」などと口を挟むと、相手の意図と反した理解をしてしまう危険性があります。相手との距離が近いケースほど、ふだんから一を聞いて十を知る、といった会話のリズムができていて、つい口を挟んでしまいがちです。


リンダ・グラットン

変化し続ける社会で大切なことは、自分とはどういう人間であり、自分の価値は何であるかを理解し、目標を持つことです。


齋藤孝(教育学者)

雑談はたいして中身のない話でもかまいません。「今日は暑いですね」と天気の話をして相手が乗ってこなければ、次は「最近景気はどうですか」と商売や経済の話題というように、相手のストライクゾーンを探りながらどんどんボールを投げ、反応があったらすかさずその話題を広げていくのです。


秋山好古

自然の怯えを抑えつけて、悠々と仕事をさせてゆくものは義務感だけであり、この義務感こそ人間が動物とは異なる高貴な点だ。


秋山好古

軍人として、いざ戦いの場合、敵国に勝たしめるのが職分だ。だから、いかにすれば勝てるかを考える。兵隊の本務は敵を殺すにあり。その思考法は常に直接的だ。


田島弓子

仕事をしている限り、利害の衝突する相手と対峙せざるを得ない場面が必ずありますが、そうした出会いもひとつの縁です。緊張したやりとりのなかにあってもベストな落としどころを真剣に考える。そんな経験が学びと成長をもたらします。


相神典夫

先代から多くのことを学びました。この仕事はいろんなトラブルやアクシデントがつきものです。クライアントが大きくなればなるほど、押しつぶされそうになるときがあります。そんなときでも彼は決して焦らない人でした。すべてを受け止めて、かつ動じず、ビジネスの最終点だけを見据えて行動できる人でした。


西多昌規

日々のコミュニケーションが円滑なら、いざというとき周囲のサポートも得やすく、一人で抱え込まずにすみます。もし抱え込んだとしても、「周囲は味方だ」と思えれば、大変な中でも安心感があるはずです。


森下裕道

売り言葉に買い言葉で、勢いで相手にひどいことを言いそうになることもあるでしょう。私も妻から「あなたは、いつも服を脱いだら脱ぎっぱなし」と小言を言われると、「いつもじゃないだろう!」と怒鳴り返したい気持ちになります。でも、そこはぐっとこらえて、笑顔で対応するようにしています。感情に任せて言い返せば、自分としてはスッキリするかもしれませんが、二人の関係は険悪になります。後になって「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔するに違いありません。これからも続く二人の関係を考えれば、ここはこらえて、楽しい気分で過ごしたほうが幸せです。


平尾丈

社内で新規ビジネスのアイデアを募るコンテストを定期的に行うが、これが非常に盛り上がっている。現状の社員数は50人程度だが、今進行中のコンテストには178ものアイデアが出ている。


武者陵司

企業の一員だと、個人の貢献した価値は分かりにくい場合があります。一方で、独立すると何が役に立っているのか明確に分かります。そうすると、やりがいも全然違う。私は独立して、全ての人を対象としたビジネスを始めて本当に良かったと思います。


藤原幸弘

ステークホルダーはたくさんいるが、お客様から目線を外してはならない。


羽生善治

切り替えが必要な時というのは、「考えていることが頭から離れなくなる」時です。切り替えるためには、何か違うことをする。そうすれば、少なくともその時間は、頭の中からその「考えていること」が離れる。運動、カラオケ、何でもいい。「考えていること」からいったん離れてみると視点が変わり、気分も変わって、新たな気持ちで物事に取り組める。


石倉洋子

組織の一員として働く若手にぜひ意識してほしいことがあります。それは「どの部署の、どんなポジションにいようとも自分たちは仕事の中心を担っている」ということです。