名言DB

9429 人 / 110879 名言

上杉鷹山の名言

twitter Facebook はてブ

上杉鷹山のプロフィール

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

上杉鷹山の名言 一覧

働き一両、考え五両、見切り千両、無欲万両。


国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候。人民は国家に属したる人民にて、我私すべきもににはこれなく候。国家人民のために立てる君にて、君のために立てる国家人民にはこれなく候。右三条、御遺念あるまじく候事。【覚書き|引退するときに次期藩主に伝えた言葉】


勇にあらずんば、何を以て行わんや。


上杉鷹山の経歴・略歴

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

他の記事も読んでみる

池谷幹男

私は1989年の日経平均3万8915円も経験したが、その後の相場下落の中では手が震えるような思いも味わった。また、ITバブル崩壊の時には、「やはりバブルは崩壊するんだ」と改めて身を持って体験した。常に何かの備えをしておかなければならないと感じた。


戸次鑑連(立花道雪)

運不運は戦場の常。汝が剛の者であることは我が一番よく知っている。明日の戦では「汚名返上」とばかりに抜け駆けし、討ち死にしてはならぬ。それは不忠じゃ。命をながらえ、この道雪を守り続けよ。


西田宗千佳

これまでの人脈とは人を介して広がるものでした。知り合いのツテ、取引先からの紹介など、人から人へ連続的に広がっていくものが人脈だと考えられていたと思います。しかし、ソーシャルメディアの登場で、そのつながりは非連続的なものに変わってきています。いまは直接連絡を取らなくても、まったく知らなかった人とつながりを持てるようになっている時代なのです。


大山健太郎

会社の目的は、永遠に存続することです。そのためには常に新たな需要を創造しいくしかない。その力がある商品かどうかを私は見ているのです。


朝田照男

会社から電話、メールをするだけで商売ができるはずはありません。あくまでもお客様と話をして、商売を取ってくるのです。


程近智

ただしゃべるのではなく、気持ちを出すことが大事。淡々としゃべるところもあれば、熱を帯びるところもある。テクニカルな意識です。


牧野正幸

会社は、果たすべき目的があるから作るのです。私たちは組織を残すことには興味がない。極端な話、「やり切った」と思ったら、今、解散してもいい。


渡辺謙

僕が考えるいい作品というのは、つくり手の思いがテーマというカテゴリーから勝手に溢れ出してしまうような作品なんです。だから「シニア向け」というふうに限定すると、想定したターゲットはもちろんのこと、結局、誰の心にも響かない作品になってしまうし、そんな創り方をすれば、予定調和の中で痩せ細ってしまいます。


津田秀晴

人は自分の好きなものについては語りたいものです。とはいえ、まったくの素人にいちから説明をするとなると面倒くさいし、それよりは自分の思いを語った方が嬉しいものです。その分野への思い入れが強ければ強いほど、相手は熱く語ってくれるでしょう。逆に尋ねる方も知らない分野のちんぷんかんぷんな話ではなく、興味を持っている相手の価値観に焦点を当てて聞いているので退屈せず、いくらでも質問を続けることができます。


蓑宮武夫

優秀な人は、努力を続ける人にこそ集まってきます。定年後の日々を楽しく過ごせるかどうかは、30~40代にどれだけ努力して、いい人脈を得られるかにかかっていると言っても過言ではありません。