上杉鷹山の名言

上杉鷹山のプロフィール

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

上杉鷹山の名言 一覧

働き一両、考え五両、見切り千両、無欲万両。


国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候。人民は国家に属したる人民にて、我私すべきもににはこれなく候。国家人民のために立てる君にて、君のために立てる国家人民にはこれなく候。右三条、御遺念あるまじく候事。【覚書き|引退するときに次期藩主に伝えた言葉】


勇にあらずんば、何を以て行わんや。


上杉鷹山の経歴・略歴

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

他の記事も読んでみる

染谷光男

価格競争とは一線を画しながら生活を豊かにする商品を展開するには、小売り側の協力も必要です。例えば、10年前に発売した「うちのごはん」という和風総菜のもとがあります。「白菜のうま煮」や「なすの肉みそ妙め」など、今では20種類以上ものレパートリーを持つ人気商品ですが、発売当初は和風総菜の素というカテゴリーが市場に存在しませんでした。営業担当は相当苦労したと思います。それでも地道に種類を増やしていけば、小売り側も和風総菜の素というカテゴリーの棚を作ることができます。棚ができれば、新たなカテゴリーを使って消費者を招き入れやすくもなります。今では他社の参入も始まり、我々は相当気を引き締めてやらなければならないと思うほどになりました。


平井一夫

好業績の時にこそ、新しいCEOにバトンを渡す。


山田雅裕

世の中にはミスをした部下に「反省しろ!」と怒鳴る上司がいたりしますが、あれはダメですね。「人の失敗を叱れるほど、おまえは偉いんか」と言いたい。部下がミスをしたら、「そうか、ミスしたか。次からどうする?」でいい。叱る行為そのものが、エネルギーと時間のムダです。


榛葉昌寛

イタリアの音楽を表現するには身も心もイタリア人になりきるしかない。そこではじめの2年半は、もっぱらイタリア人とだけつきあい、食べるものも彼らとまったく同じものしか食べないと決め、日本食は一切食べませんでした。おかげで15キロ太りましたが、今ではイタリアにしっかりと根をおろすことができたように思います。


出口治明

やる気がない部下は不満を抱えていることが多い。まず話を聞いてあげることが大切です。「元気がないし、やる気がないみたいだけれど?」と一対一で聞くといいでしょう。


松居一代

日本では、人前でお金の話をするのはタブーだと考えられている。そのため、欧米のように子供たちが教育の場でお金について学ぶ機会もほとんどない。お金には人格があって良好な関係を築いていかなければならないのに、悪しき習慣が邪魔をしてコミュニケーション不足に陥り、結果としてお金に嫌われてしまっている日本人がたくさんいるように思う。


襟川恵子

好きなことをさせてくれて、母から怒られた記憶はありませんが、母の教え「どんなことがあっても強く乗り切っていくこと」が、私にとって人生を切り拓く原動力になっていると感じています。


森辺一樹

多くの小売に並べる力がなければ物理的に買うことができないため論外となるが、いくら多くの小売に並べても、「選ばれる力」がなければ、その商品は誰の手にも取られない。従って、手に取りたくなる仕掛けこそが選ばれる力なのである。


岸田祐介

結局、ただの「好き」ではダメ。応募者全員が「野球が好きです」と言いますからね。社外からも楽天球団創業メンバーを募ったんですが、こちらは競争率400倍。例えば、「今日開催される、日本のプロ野球と米国のメジャーリーグの全試合の主審の名前を全員挙げられる」と豪語した人。あるいは、新球団のゼネラルマネジャーの自宅の前に3日間泊まり込んで採用を訴え続けた人。2人とも合格したんですが、「好き」の程度がケタ外れでしょう?


野呂敏彦

セミナーで精魂込めて経営に対する考え方をレクチャーすればするほど、受講生の暗かった表情が明るく変化してくる。これこそ私に活力を与えてくれる。


宇佐美進典

その時の状況や時代に合わせて、どこに向かって進んでいくのか、自分たちで決めることが出来るのがベンチャー企業の良いところ。


阿久津聡

さまざまな側面からブランド価値を把握するための明確で経時的な指標を持つことが重要です。例えば、ある時点で商品やサービスが売れても、実際にブランドが評価された結果なのかどうか分かりません。また、それはデータとして点でしかない。ブランドの歴史や哲学、商品特性や顧客便益などが、価値ある文脈としてどれだけ顧客に共有してもらっているのか。それらを指標化して、プラットフォームをベースに顧客とやり取りし、データをとっていけば、継続的にブランド価値をモニターし、有効なマーケティング戦略を打ち出すことが可能になると思います。


安田隆夫

次期CEOの大原(孝治)は、私の部下としての側面もありますが、多くの部下に対するいわばたった1人の上司です。当社のビジョン「源流」には「理想の部下は必ずしも理想の上司ではない」ということが書いてありますが、客観的な目で見て、大原なら理想の上司になれるだろうと判断しました。結局、何かあったら「源流」に立ち返る。


久水宏之

悲しい性として私たちは、何ごとも自分の実力で成果を挙げたと思いたがる傾向がある。しかし現実には沢山の方々に、直接、間接にお世話になっている。その方々への感謝や、共に喜んで頂くという心遣いを忘れていると、思わぬつまずきや反感を買う。


細田収

集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。


ページの先頭へ