名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上杉謙信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上杉謙信のプロフィール

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

上杉謙信の名言 一覧

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。


手にする道具は得意とする業物でよい。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。
【覚書き:変心した城主と家来を誅殺したとき、謙信の部下が鉄砲と小太刀を使った。謙信の養子上杉景虎が「鉄砲は飛び道具で卑怯だ。小太刀を使った者の方が良い働きをした」と言ったのを聞いての一言。戦場では敵を倒すことが重要であり、使う武器の種類は重要ではないという趣旨の発言】


戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。


心に物なき時は、心広く体豊かなり
心に我慢なき時は、敬愛失わず
心に欲なき時は、義理を行う
心に私なき時は、疑うことなし
心に驕りなき時は、人を敬う
心に誤りなき時は、人を畏(おそ)れず
心に邪見なき時は、人を育つる
心に貪りなき時は、人にへつらうことなし
心に怒りなき時は、言葉柔らかなり
心に堪忍ある時は、事を調(ととの)う
心に曇りなき時は、心静かなり
心に勇ある時は、悔やむことなし
心賎しからざる時は、願い好まず
心に孝行ある時は、忠節厚し
心に自慢なき時は、人の善を知り
心に迷いなきときは、人を咎めず


心に物(悩みや迷い)なきときは心広く、体やすらかなり。


我は兵をもって戦いを決せん。塩をもって敵を屈せしむることをせじ。


何時も敵を掌中に入れて合戦すべし、傷つくことなし。


運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり。


天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは和漢両朝上古にも聞こえず、末代あるべしとも覚えず。


上杉謙信の経歴・略歴

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

他の記事も読んでみる

堀場雅夫

異国でしんどい経験をすれば、それだけ人生の幅は間違いなく広がる。まずは行ってみることや。


町田勝彦

祖父からは商売について多くのことを教わった。いまにして思えば、それが帝王学だったのかもしれない。「商売は10年やったら3年は損する。5年はトントンで、儲かるのは2年。事業なんてそんなもんや」忘れられない祖父の口癖だ。経営者の心構えを説くいい言葉だ。その言葉はいつも私に、危機感と緊張感を与え続けてくれている。
【覚書き:町田氏の祖父は肥料の製造販売を行っていた商売人で、町田氏が小さいころから商売の現場を連れ歩いた】


シェリル・サンドバーグ

最も生産性が高いのは母親ではないかと思います。日本では出産した女性の職場復帰について懸念する声が強いようですが、そういう人たちが最も仕事をこなす生産性が高い社員だったりするかもしれません。


松永安左エ門

生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。


御立尚資

アメリカのビジネススクールに行ったとき、生まれて初めて勉強が楽しいと思った。本当に面白いときが来るから、そのとき、必死で勉強すればいい。


阿部俊則

大切なのはワクワクドキドキ心躍る職場にすること。ワークライフバランスがライフワークバランスに変わり、仕事も余暇も充実でき、会社に行くのが楽しいと思ってもらえるような職場をつくる。


内藤哲也

プロレスラーになる前の話ですね。浜口ジムに通っている時、右膝のケガをして。手術の後、あまりの痛さ、足の使えなさに落ち込んでいたんですよ。そんななか、棚橋(弘至)選手が出場するリーグ戦の優勝決定戦を広島まで観に行ったんです。その時、棚橋選手は肩を痛めていたんですけど、歯を食いしばって頑張っていた。その姿に心を打たれて。ああ、プロレスから勇気をもらうってこういうことなんだ、と初めて実感しました。


諸富祥彦

「仕事が大変だ。忙しくて辛いのを我慢して、俺は家族のために働いているんだ」というメッセージを出していませんか?それでは子供は父親に感謝するどころか、働くのは嫌だなと、仕事にネガティブなイメージを持ってしまいます。


桜井正光

ファイヤー(構える前に撃て)が求められるのは、前工程においてです。前工程は、技術開発やソフト開発あるいはマーケティング分野などです。つまり、新しい価値や技術を創造する分野です。新しい価値を生み出す、あるいは新しい技術を開発するためには、まだ誰もやっていないことをやる必要があります。そのためには行動が第一でまずとにかくやってみようじゃないかという姿勢が求められます。


柳井正

チャンスはあらゆる人の前を通っている。でも、ほとんどの人は気づかない。「もし、こうなったら」っていうことを前もって把握し準備して、自分から取りに行かなきゃチャンスは掴めない。


松井道夫

会社を大きくすることより社員1人当たりの利益を最大化する方が、結果的にプラスだと思う。


安藤公基

ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。