名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上杉謙信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上杉謙信のプロフィール

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

上杉謙信の名言 一覧

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。


手にする道具は得意とする業物でよい。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。
【覚書き:変心した城主と家来を誅殺したとき、謙信の部下が鉄砲と小太刀を使った。謙信の養子上杉景虎が「鉄砲は飛び道具で卑怯だ。小太刀を使った者の方が良い働きをした」と言ったのを聞いての一言。戦場では敵を倒すことが重要であり、使う武器の種類は重要ではないという趣旨の発言】


戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。


心に物なき時は、心広く体豊かなり
心に我慢なき時は、敬愛失わず
心に欲なき時は、義理を行う
心に私なき時は、疑うことなし
心に驕りなき時は、人を敬う
心に誤りなき時は、人を畏(おそ)れず
心に邪見なき時は、人を育つる
心に貪りなき時は、人にへつらうことなし
心に怒りなき時は、言葉柔らかなり
心に堪忍ある時は、事を調(ととの)う
心に曇りなき時は、心静かなり
心に勇ある時は、悔やむことなし
心賎しからざる時は、願い好まず
心に孝行ある時は、忠節厚し
心に自慢なき時は、人の善を知り
心に迷いなきときは、人を咎めず


心に物(悩みや迷い)なきときは心広く、体やすらかなり。


我は兵をもって戦いを決せん。塩をもって敵を屈せしむることをせじ。


何時も敵を掌中に入れて合戦すべし、傷つくことなし。


運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり。


天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは和漢両朝上古にも聞こえず、末代あるべしとも覚えず。


上杉謙信の経歴・略歴

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

他の記事も読んでみる

西田文郎

上司というのはうるさくて当たり前。


菊池武重

国の政道は、皆の話し合いで決めよ。たとえ、この武重が優れた意見を出したとしても、皆の意見がまとまらなかったならば、武重の意見を捨ててほしい。
【覚書き|武重は当主の下に管領という役職を置き、その下に内談衆という役職を数名置いた。当主と管領と内談衆の合議で国政を行った】


渡部昭彦

昔は「人生50年」と言われましたが、今は「社会人50年」の時代です。中高年世代でもまだ先が長いのです。バブル崩壊後のリストラや賃金カットなどを経て、働く側の意識は大きく変わりました。


青木仁志

「いまの若者はきついとすぐ辞める」とよく言いますが、それはキツイことをやっても、そこにやりがい、喜びを感じられないからです。


赤坂祐二

農業については、私としてはそこまで航空運送事業と無関係とは思っていないのです。航空運送事業を行うということは、騒音問題などを含めて、空港周辺の住民の皆さんの生活に関与していかなければならないわけです。そういった中で、農業用地として活用できる土地を生かして観光施設を造り誘客することで、地域の活性化に貢献しようという狙いがありました。また、海外で日本の農産物の価値が認められてきていますから、空港近隣であれば、海外にそのまま運べるということも考えています。今回誕生したJALアグリポートでもこれからイチゴ等を栽培していく予定なのですが、イチゴは海外からのニーズがあります。そんなに儲かるものでもないのですが、空港や航空の事業と比較的親和性が高く、参入は必然的だったと思っています。


ポール・シーリィ

現状を把握し、ほんの小さなステップを踏み出すことで、必ず何かが変わります。その小さな何かによって、物事が開けてくるのです。


小西國義

私は業界のルールに縛られることなく、むしろ人がやることと正反対のことばかりやってきました。サービス内容も、料金体系も、FC展開も、すべて業界の常識に反することです。


セネカ

治そうと思うものは、もう半ば治っている。


冨安徳久

強みは徹底した人財教育です。葬儀業界は人こそ最大の差別化だと考えています。少子高齢化社会だからと言って、お金をかけて葬儀会館を作るだけでは上手く行きません。葬儀を担う人財を育てなければ成長は難しいでしょう。


桜井正光

製品というものは、そのハードだけに目を向けると、スピーカーを高音質にとか、操作性をどうやって改善するかとか、小さな側面ばかりに目を奪われがちですが、アップルは技術やスペックに必要以上に拘泥しなかった。たとえば高級感のある側面ボディは、高度な練磨技術のある日本企業がつくっています。優れた技術があればそれを使う。そのかわりに何に注力するかというと、消費者がその再生機を使って音楽を聴くときのシーンに徹底的にこだわる。それを楽しむシーンを全部数え上げ、それをシステムとして提供できるように考えたのです。


山口真導

資金繰りを良くしようと思うなら経営者は資金繰りの良いビジネスモデルを作り上げると同時に、現場の社員が守るべき明確なルールを設定し、それを守らせる体制を整える必要がある。


津谷正明

グローバルな企業とは一体何なのか。そんな問題意識で、ブランドにしても企業のあり方にしても最初からやり直し、創業80周年となる2011年3月、荒川前社長の下で現在の企業理念にした。我々はこれを「リファインした」、と言っている。企業理念は変わるものではなく、表現を変えただけだ。