名言DB

9412 人 / 110637 名言

上杉謙信の名言

twitter Facebook はてブ

上杉謙信のプロフィール

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

上杉謙信の名言 一覧

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。


手にする道具は得意とする業物でよい。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。
【覚書き:変心した城主と家来を誅殺したとき、謙信の部下が鉄砲と小太刀を使った。謙信の養子上杉景虎が「鉄砲は飛び道具で卑怯だ。小太刀を使った者の方が良い働きをした」と言ったのを聞いての一言。戦場では敵を倒すことが重要であり、使う武器の種類は重要ではないという趣旨の発言】


戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。


心に物なき時は、心広く体豊かなり
心に我慢なき時は、敬愛失わず
心に欲なき時は、義理を行う
心に私なき時は、疑うことなし
心に驕りなき時は、人を敬う
心に誤りなき時は、人を畏(おそ)れず
心に邪見なき時は、人を育つる
心に貪りなき時は、人にへつらうことなし
心に怒りなき時は、言葉柔らかなり
心に堪忍ある時は、事を調(ととの)う
心に曇りなき時は、心静かなり
心に勇ある時は、悔やむことなし
心賎しからざる時は、願い好まず
心に孝行ある時は、忠節厚し
心に自慢なき時は、人の善を知り
心に迷いなきときは、人を咎めず


心に物(悩みや迷い)なきときは心広く、体やすらかなり。


我は兵をもって戦いを決せん。塩をもって敵を屈せしむることをせじ。


何時も敵を掌中に入れて合戦すべし、傷つくことなし。


運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり。


天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは和漢両朝上古にも聞こえず、末代あるべしとも覚えず。


上杉謙信の経歴・略歴

上杉謙信、うえすぎ・けんしん。戦国時代の戦国大名。越後国の守護代である長尾家に生まれ、のちに足利幕府の関東管領上杉憲政から家督を譲られ関東管領となる。内乱が続いていた越後を統一し、国を広げた人物。同時代の織田信長、武田信玄、北条氏康などの武将や一向宗と戦いを繰り広げた。戦上手で越後の虎や軍神と称えられた武将。没年は49歳

他の記事も読んでみる

落合信彦

部下に自分のコピーを求めているだけでは人は育たない。部下にも一人ひとり個性があるのだから、「こいつには人と交渉させるような仕事をやらせたら凄いが、事務的な仕事はダメだ」などと見極めなければいけない。


和田秀樹

順調に進んだケースだけを想定して、実際にトラブルが起きてから対処法を考えていたら、誰だってアタフタする。このトラブルが生じた場合は筋が悪そうだから手を引くというラインも含めて「想定内」にするかしないかの差は大きい。


高橋興三(経営者)

1年目を乗り切っても2年目で潰れる会社は多い。気を付けよう。


浜矩子

過去の成長戦略の夢を追っているから不幸感が高まるんですよ。


杉良太郎

ぼくは根が単純なのかもしれないけれど、「やろうか、どうしようか」と悩むことがないんですよ。思ったことは、やるしかない。やると口にしたら、絶対やる。火の玉のようにやる。あいまいなこと、中途半端なことができない。


牧野正幸

当社の社員の多くは「成果」を求めるプロフェッショナルです。彼らの働く時間は基本的に、自主裁量。要するに何時から何時まででも勝手に働いてくださいということ。仕組み上は裁量労働制かつ年俸制で、月50時間分の残業に相当する手当を払います。労働時間は社員の健康のために把握しますが、人事考課には使いません。自主裁量で働ける環境は、プロの世界では必須です。能力を伸ばしたければ、同じ仕事でも試行錯誤するでしょ。そこは自由にやらせてあげたい。世界と戦うにはそういう人材でないと。


仲村トオル

(台本を読みながら)このシーンは、「こう演じたほうがいいのかな」と思った場所に鉛筆で印を付けたり書き込んだりします。そして役どころのイメージが見えてきたら、レコーダーに、自分の台詞だけでなく、ト書きや他の人の台詞も含めて自分の声で吹き込んで、ひたすら聴きます。どれくらい聴き込むかはシーンによって異なりますが、長台詞や専門用語が多いときは、聴く回数は多くなりますね。録音を聴きながら、覚えにくいところなどは色鉛筆で囲みます。すると、台詞を思い返すときに「あのページの、あのあたりに、あの色で囲んだ」と、台詞がビジュアルで浮かんでくる。これが、思い出すときに役立つのです。


堀江裕介

資本力も組織力もないスタートアップが大企業に勝てることがあるとしたら、意思決定のスピードとオペレーションを勢いよく回すくらいしかない。


鈴木修

コスト、クオリティ、プロダクティビティ。ザッツ・オール!
【覚書き|GMとカナダで作った合弁会社のオープニングセレモニーでのスピーチ。偉い人たちの長いスピーチの後に一言だけで済ませ、会場を爆笑させた。プロダクティビティは生産性】


松尾博人

先日、米国の無人探査車「オポチュニティ」が火星に着陸しました。テレビで放送していたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。火星に降りる際、探査車は激しく地表に衝突しましたが、たくさんの布製の風船にまわりを隙間なく保護されていたので壊れることもなく、着陸しました。実はその布の材料は当社の製品です。ベクトランという高熱に耐えられる高強度繊維なのですが、当社は長い間、こういう独自性があって、狭い分野でもナンバーワン、オンリーワンになれる商品開発に力を入れてきました。


北尾吉孝

才能はそんなに大きな差はなく、努力をするかしないかの方がよほど重要です。


伊庭正康

もし、あなたが部下を持つ上司の立場なら、部下から情報を教えてもらう場として、ランチミーティングを活用できます。ランチ中は「役職」という壁が低くなるので、就業時間中は話しにくい本音も、話してもらいやすくなります。部下に少しでも気になるところがあれば、ランチに誘って、何か問題が起きていないか聞いてみましょう。部下に新しい仕事をお願いする際にランチに誘う、というのも有効です。正式に決定する前に、本人の意思を確認しておく場として使うのです。


生月誠

一気にストイックに節約するのは考えものです。なぜなら一気に制約をかけるとそれが極度のストレスとなり、いずれ爆発してしまい、以前にも増して浪費をするようになってしまうからです。だからたとえ退路を断っても自分の趣味の支出を我慢することはありません。節約に関しては、自分が「これならまあ削っても大丈夫かな」というところから少しずつ始めるぐらいでよいでしょう。


出井伸之

会社の場合、変革は辺境から起きるんです。ソニー・コンピューターエンタテインメント(SCE)とかソネットなど中心でなかった組織がどんどん成長し、それを中心的な組織がフォローする格好でずっと来ました。


佐藤琢磨

人間ですから失敗すれば落ち込みますよ。でもたいていの問題は時間が解決し、立ち直れるように人間はできています。僕は自分に都合のいいように解釈できるタイプですし(笑)。「この悔しくて嫌な思いをする原因は何か」「なんだ、じゃあこうすれば解決できる」と分析すれば、気持ちがぱっと明るくなる。