名言DB

9490 人 / 112001 名言

上杉景勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上杉景勝のプロフィール

上杉景勝、うえすぎ・かげかつ。戦国時代から江戸初期にかけっての戦国武将。越後国出身。父の死亡により叔父・上杉謙信の養子になる。織田信長の死後、豊臣政権の五大老の一人となった。

上杉景勝の名言 一覧

大将は近きとて危うき道は行かざるものなり。


上杉景勝の経歴・略歴

上杉景勝、うえすぎ・かげかつ。戦国時代から江戸初期にかけっての戦国武将。越後国出身。父の死亡により叔父・上杉謙信の養子になる。織田信長の死後、豊臣政権の五大老の一人となった。

他の記事も読んでみる

大島武(学者)

人間誰しも、他人のペースであまりに順調に物事が進むと心理的な抵抗を覚えるもの。これをリアクタンス効果といいます。できる営業マンほど口下手だというのはよく言われることです。顧客に向かってプレゼンするときも、一か所くらい話に穴があって相手に指摘され「すいません。うっかりしていました」くらいの方が、可愛げがあっていいのではないでしょうか。


宮澤栄一

僕はもともと1時間500円の時給で、ゲームのチェックの仕事から始めました。その頃、初めてニートや引きこもりの仲間に出会ったのですが、みんな素直で純粋で、すごくいい子。怠け者なのではなく、働きたくても場がないだけなのです。


弦本將裕

そもそも本当に「いいアイデア」と言えるものは、ほとんどない。アイデアには新規性や独創性は大切ですが、それだけでは他人に伝えられるものにはならない。説得性を加えることで、他人が納得できるアイデアになる。


内田洋子

ヴェネツィアの文書館では1000年前までさかのぼることができる。まさにタイムマシンですよね。ヴェネツィアは紙の街でもあるんです。グーテンベルクと同じ時代に文庫と呼ばれる書物の形を初めてつくったのもヴェネツィアだし、コンスタンチノープルから逃げてきたギリシャの知的な人達が、逃げる時、何を持ってきたかと言えば、財産じゃなくて本。それを寄付した先がヴェネツィアの国立図書館なので、それを持っている街という誇りはいまだにあると思います。


荒蒔康一郎

考え抜いた末に出した方針を簡単に変えてはいけません。軸がブレてはいけません。「新キリン宣言」に対して、いろいろ言う人はいましたが、そこで私が躊躇したら、社内が混乱しますから。


桂歌丸

いろんな人に言われます。70を過ぎてまで、どうして苦労して新しい噺を覚えるのかって。そりゃあ、覚えも悪くなっていくし、挑戦し続けるのはしんどい。お客さんの期待に応えられなかったら、なんて考えるだけでおっかない。でも、最期に目をつむったときに楽な気持ちでありたいんです。「ああ、あの噺もできたのに」なんて後悔しても遅いでしょ。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


岡本太郎

下手ならなお結構、とは僕が昔から言っていることだ。たとえば、上手いと評判の絵にロクな絵はないし、上手いと言われる歌にしても、ちっとも感動しない。だからといって、自分から引き下がって、ジメジメして下手であることを認めてはダメだ。そうじゃなく、自由に明るく、その人なりのユニークな下手さを押し出せば、逆に生きてくると思う。また、その方が人に魅力を感じさせる。下手なことを明るく自認すれば、コンプレックスを持たずに済むじゃないか。


岡本友紀

小さな挫折感を味わうことがあっても、「なんとかなる!」と思って動けば乗り越えていける。


中村天風

特にいけないことは、生活の中の情味ということを、物質方面にのみ求めることである。生活の中の情味を味わうというのは、心の問題なので、物質の問題ではないのである。いかに豊かな収入を持ち、満ち足りた物質を獲ても、心が、その生活の中の情味を味わい得なければ、あるも無きに等しい。世俗にいうところの、金持ち貧乏とか、位倒(くらい だお)れとかいう言葉は、こういう事実の形容詞なのである。これは、深く考えなくとも良識のある人ならすぐ理解できるはずである。


田中良和(GREE)

未知なことに臆せず挑戦できるのは、起業に欠かせない才能。


町田勝彦

いくら丁寧な言葉を使っても、マニュアル通りの対応では慇懃無礼の印象を与えるだけだろう。お客様に不愉快な思いをさせれば、企業のイメージも傷つく。心のこもった温かみのある対応が不可欠である。