名言DB

9419 人 / 110788 名言

上昌広の名言

twitter Facebook はてブ

上昌広のプロフィール

上昌広、かみ・まさひろ。日本の医師。兵庫県出身。東京大学医学部医学科卒業。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士号取得。東京大学医学部附属病院内科研修医、東京都立駒込病院血液内科医員、虎の門病院血液科医員、国立がんセンター中央病院薬物療法部医員、東京大学医科学研究所特任教授、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授などを務めた。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学、メディカルネットワーク論、医療ガバナンス論。

上昌広の名言 一覧

トップが部下を切り捨て保身に走ると部下は必ず離反する。そして、人望を失い、内部告発が始まる。


言い古された表現だが、「組織はトップ次第」だ。トップに人望がなければ、部下や共同研究者はついてこない。だからこそ、トップの人事は大切だ。


「医は算術ではない。金儲けを考える医者に、いい医療ができるのか」という反論が出るかもしれない。しかし、赤ひげ先生でも病院経営ができた時代は過去のこと。診療報酬が低水準の中、博愛主義を貫いていれば、病院経営はたちまち行き詰まる。私は経営を持続でき、地域住民に医療を安定的に提供できる病院こそ、真の「いい病院」だと考える。


自分や家族の生命を安心して預ける病院を、どうやって選べばいいのか。それは病院の財務諸表をチェックすればいい。大学病院は現在、財務諸表を公開するようになっており、会計の知識があるビジネスパーソンであれば、これを活用しない手はない。財務諸表は、よく「企業経営者の通信簿」といわれるが、それは病院経営者にとっても同じことだ。経営が健全な病院は、医療の質も高いと見て間違いない。利益が上がっていれば、人材や医療設備、医療施設への再投資も可能になる。逆にいえば、病院も「貧すれば鈍する」のである。赤字続きの病院は、医師や看護師の人件費カットに走り、それが安全性の低下を招く。大学病院からの給与だけで生活できない医師は、アルバイトに精を出し、その結果、病院は「無医村」になる。近年、私立の大学病院で起きている医療事故を見ていると、起こるべくして起こったと感じる。


上昌広の経歴・略歴

上昌広、かみ・まさひろ。日本の医師。兵庫県出身。東京大学医学部医学科卒業。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士号取得。東京大学医学部附属病院内科研修医、東京都立駒込病院血液内科医員、虎の門病院血液科医員、国立がんセンター中央病院薬物療法部医員、東京大学医科学研究所特任教授、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授などを務めた。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学、メディカルネットワーク論、医療ガバナンス論。

他の記事も読んでみる

程近智

まずはやはり世界を冷静に見ましょう。どこで戦うか、戦わないかをきちんと考えた方がいい。


Mr.マリック

人は崖っぷちに追い込まれると力が出る。だから、仕事の効率を上げたいと思っている人は、とにかく先に引き受けること。やりますと頷いた以上、スイッチを入れざるえをない。そういう状況で心の奥底から出てくる火事場の馬鹿力こそ、人の持つ超能力だ。


渡邊陽一

チームをうまく運営するためには遠慮は禁物。


林文子

何気ない日常生活には、人生を豊かにするサプライズが至る所に転がっています。個を執拗に押さえ込んでいると、それに気づけなくなってしまう。人と出会い、接することで、人は育成されるのです。


粟田貴也

イメージトレーニングは、何でもいいと思いますよ。尊敬する人がいたら、その人の本を読んで、自分もこうなりたいと考える。その人と同じブランドのスーツを買ってみるとか、形から真似するのでもいい。飛行機に乗っているとき、「これはプライベートジェットだ」と想像したっていい(笑)。人からバカだといわれそうなことでもいいんです。


熊谷正寿

人間は二つの種類に分けられると思っています。それは、世界を変える人と、そうでない人。常識にとらわれず、何かを変えていける人たちが前者にあたる。


野尻哲史

資産形成の力になるのは、単に長く投資をするというだけではありません。年収を上げる努力や、その収入からどれくらい資産形成に資金を回すかも大きな影響を持っています。資産形成は金融資産への投資だけでなく、自己投資とその効果も含めて総合的に考えていきたいものです。


義家弘介(ヤンキー先生)

人間の価値は机と黒板の世界でいい成績を残すという、単純で短いタームで判断するものではありません。いまの我が子は、周りや社会と自分とに違いがあることを受け入れ、夢に向かいどう整合性をつけるかトレーニング中だと教え、信じ、励ますことです。


中村獅童(二代目)

「ああいう人と仕事をしたい」と思っていた方々にも声をかけていただけるようになりました。口には出さなくても、強く思うことって大事なんですよ。


奥野宣之

大半がマニュアル化できるというのは、仕事だけでなくプライベートでも同じです。たとえば、私は掃除の手順も完全にマニュアル化して考えています。掃除や買い物だって効率化すれば、1日1~2時間は楽に捻出できます。その時間を他の活動に回せば、より生活が充実すると思うのです。