名言DB

9425 人 / 110833 名言

上川隆也の名言

twitter Facebook はてブ

上川隆也のプロフィール

上川隆也、かみかわ・たかや。日本の俳優。東京都出身。中央大学在学時にアルバイトとして児童劇団に参加したことをきっかけに演劇の世界に入る。大学を中退し演劇集団キャラメルボックスに入団。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞、同優秀助演男優賞、橋田賞新人賞、エランドール賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。

上川隆也の名言 一覧

『大地の子』に出演した経験は大きいかもしれない。中国語を話さなくちゃいけなくて、しがみつくように無我夢中でやりきった記憶しかないんだけれど、あれができたんだから次もできるかも、と思えるようにはなった気がします。


お互いのパーソナルエリアが物理的にも精神的にも遠慮なく近づきあえる間柄になることは芝居を大きく左右する。でも、その発芽のきっかけがどこにあるかわからない。長く一緒に過ごせばそうなれるものでもないんです。むしろ、とても稀で幸せなこと。


もし役者になっていなかったらって思うと恐ろしいです。ほかにできることが何もないですからね。


ビジョンどころか、先のことなんか考えたこともなかったし、目的意識もなく、達成すべきゴールも伴わないまま、劇団で仲間と芝居していることが楽しくて仕方なかった。


この作品(テレビドラマ『執事 西園寺の名推理』)に関しては、単純に役に惹かれたんですよね。自分が演じたときにこの西園寺はどんな男になっていくのだろう、と。西園寺になるためにやらなくてはいけないことが山積みなので、できることからやってみたいと思っています。


僕は、若いころから確たる思いを持って何かを始めたり、覚悟を決めて何事かに飛び込んだっていうことがないんですよ。ただ、いい出会いに恵まれ、出会った方々につくっていただいた流れに運ばれ、ここまでやってこられたんです。自分一人の努力や精進などを超えた力というか、出会えた人たちの有形無形の後押しのおかげでいまがあるんです。


何も考えていなかったというか、ただ芝居というものに関わっていたいという思いから大学を中退し、キャラメルボックスに入団したわけです。もちろん、役者で食っていけるなんて思ってもいませんでしたし、むしろ「食っていこう」という意識を持っている人がいることのほうがびっくりだったんです。


芝居との出会いも、ほとんど偶然に近いというか、大学2年の時にアルバイト雑誌で小さな児童劇団のスタッフ募集の記事が目に入ったんです。別に芝居に興味があったわけではなく、ただ「ちょっと変わったバイトで面白いかな」と思って行ったら、全国の小学校を巡り、スタッフが役者も兼ねているということじゃないですか。まさか、自分が舞台に立つなんて、考えてみたこともなかったのに、やってみたら思いのほか楽しくて。


オリンピックは見ないし、ワールドカップなんかも、僕は見ません。それは興味がないからですよ(笑)。変人? うーん、どうなんでしょう……。ただ、いくら変人扱いされても、芝居以外に心を傾けるものがないというか、芝居をやらせていただいているだけで、相当な部分で満足できてしまうんですよ。だから、ほかのことは「もう、いいや」って。


『大地の子』がクランクアップしてすぐ、キャラメルボックスの公演に出演するんですけど、遠ざかっていた現実が戻ってきたというか、やっていることを隅々まで把握できるし、楽しみ方もわかるわけですよ。ああやって日常に戻れる劇団があったからこそ、僕も変に舞い上がったり、勘違いをせずに済んだのかもしれませんね。その後、テレビや映画など、舞台以外の仕事で声をかけていただくことが多くなり、フィールドが広がっていったんですけど、テレビや映画の仕事がどんなに忙しくなっても、舞台に出る時間だけは確保してきたつもりなんです。生の舞台の面白さというのは、何ものにも代え難いものがありますから。


日々、自分の至らなさを突きつけられるというか、ある意味では挫折に近い体験だったんですけど、それまでなかった駆動力みたいなものが自分の中に生まれたのも事実でした。もっといい役者になりたいと。それまでは、演じることをただ楽しんでいただけだったけど、仲代(達矢)さんや朱旭(チュウ・シュイ)さんのレベルまで辿り着けないまでも、役者というのは一生かけて臨むに値する仕事なんだと。

【覚え書き|NHKドラマ『大地の子』撮影時を振り返って】


子供たちってウソ偽りなく目の前の芝居を表情で評価してくれるんですよ。つまらなければ、そっぽを向いて体育館中を走り回るし、面白ければ目をキラキラ輝かせるしね。子供たちの興味を惹きつけたまま、終幕まで持って行けたときの快感が癖になるというか、忘れられなくなったのかもしれませんね。冒険という表現が綺麗だけど、生まれて初めて未知の世界に踏み出したような感覚でした。なにせ行ったこともない土地で子供相手に自分をさらけ出すわけですから。

【覚え書き|学生時代、児童劇団にバイトとして参加したときを振り返って】


昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


(芝居の)ほかに好きなものも、昔はあったような気がしないでもないんですけど、30歳を過ぎたころからは加速度的に、ムダなものがどんどん削がれていきましたね。いまは芝居があればいいというか、芝居があるおかげで、僕なんか、かろうじて社会にいることが許されていると思うんです。芝居がなかったら? うーん、生活者としての能力は相当低いし、世の中のなんの役にも立たない、ただの困ったヤツでしかないんじゃないですか(笑)。


上川隆也の経歴・略歴

上川隆也、かみかわ・たかや。日本の俳優。東京都出身。中央大学在学時にアルバイトとして児童劇団に参加したことをきっかけに演劇の世界に入る。大学を中退し演劇集団キャラメルボックスに入団。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞、同優秀助演男優賞、橋田賞新人賞、エランドール賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

池田弘(経営者)

地域社会の発展に貢献し、そこに住む人の幸福や豊かさを実現するのは、どこまでいけば成功ということはない。


吉留学

我々の好業績は、お客様あってのこと。


中田敦彦

「成功しなくてはいけない」は最大の洗脳だと思います。もっと高い地位、もっと良い暮らしを皆が盲目的に目指していますが、実はそんな必要などない。「成功」とは誰かが作り上げた価値観です。普通に頑張って得られたものがその人の位置。そこから無理に上に行こうとしたり方向を変えようとしたりするからしんどくなるのです。自分の立ち位置を認識したうえで、能力と個性に即した働きをし、自分らしく暮らすことが本当に幸せな働き方、生き方なのではないかと思います。


安河内哲也

初めから長時間の勉強を自分に課すと、三日坊主になりますから、最初は、毎日1分から始めましょう。1分のつもりでも、一度やり始めれば、10分くらいはやるものです。それを毎日続ければ、いつの間にか習慣化されるでしょう。


酒巻久

雑談を促すために、社内の随所に立ち話がしやすい「立ち会議テーブル」を設置したり、同じフロアの社員同士でのメールを禁じたりしています。私自身も毎朝6時半に出社し、1時間近くコーヒーを片手に社員と雑談しています。


大澤孝征

どんなに凶悪な犯罪者でも、その人物なりの理屈があります。最近なら、神奈川県の障害者施設「津久井やまゆり園」を襲って19人を殺害した被疑者の言葉は、世間の誰もがとんでもないと思ったでしょう。彼は「障害者は周囲を不幸にする。だから自分がしたことは日本のためなのだ」と供述しています。もちろん私も、憤りを感じます。しかし、これが彼の理屈であり、論理なのです。だから私がもし検事としてこの被疑者を聴取するなら、「なるほど、これが彼の理屈なのだ」と受け止めます。そして、犯行当時はどんな心理状態だったか、どんな手口で行なったかなどを淡々と聞き出すでしょう。その善悪は、すべて聞き終わった後に総合して判断すればいいのです。


市村洋文

「ぼうっと歩いているうちにエベレストに登っちゃった」という人が一人もいないように、大きな「夢」を実現するためには、今を真剣に生き、魂を燃やして全力で努力しなければならない。そう考えたら、休日もうかうかしてはいられない。


川本佐奈恵

完璧を目指さないで、6~7割できたら先に進むのが、英語の勉強を長続きさせる秘訣です。


日覺昭廣

その月の締めを10日後の翌月中旬ぐらいにやって、その2週間後に「前の月は、こういう問題がありました」とやるのが普通ですが、私の考えでは、それは時間の無駄以外のなにものでもありません。2週間前のことなど、みんな忘れてしまいますから、その都度、その都度わかるようにする必要があると。日次管理で、翌日には前日の結果が出るので、今、どこの工場にものがあって、どこの工場はものが足りないということもわかるので、必要な手を全部打つことができます。しかも、昨日のことだったら、何が悪かったかも記憶に残っているので、議論して改善していくことができます。


斎藤英明(経営者)

戦略論の定石は自分の引き出しを増やすために絶対に知っておくべきものです。コスト、顧客、構造、競争、組織能力などの切り口で数多くの戦略論が存在しますから、ぜひ身につけてください。