名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上川隆也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上川隆也のプロフィール

上川隆也、かみかわ・たかや。日本の俳優。東京都出身。中央大学在学時にアルバイトとして児童劇団に参加したことをきっかけに演劇の世界に入る。大学を中退し演劇集団キャラメルボックスに入団。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞、同優秀助演男優賞、橋田賞新人賞、エランドール賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。

上川隆也の名言 一覧

『大地の子』に出演した経験は大きいかもしれない。中国語を話さなくちゃいけなくて、しがみつくように無我夢中でやりきった記憶しかないんだけれど、あれができたんだから次もできるかも、と思えるようにはなった気がします。


お互いのパーソナルエリアが物理的にも精神的にも遠慮なく近づきあえる間柄になることは芝居を大きく左右する。でも、その発芽のきっかけがどこにあるかわからない。長く一緒に過ごせばそうなれるものでもないんです。むしろ、とても稀で幸せなこと。


もし役者になっていなかったらって思うと恐ろしいです。ほかにできることが何もないですからね。


ビジョンどころか、先のことなんか考えたこともなかったし、目的意識もなく、達成すべきゴールも伴わないまま、劇団で仲間と芝居していることが楽しくて仕方なかった。


この作品(テレビドラマ『執事 西園寺の名推理』)に関しては、単純に役に惹かれたんですよね。自分が演じたときにこの西園寺はどんな男になっていくのだろう、と。西園寺になるためにやらなくてはいけないことが山積みなので、できることからやってみたいと思っています。


僕は、若いころから確たる思いを持って何かを始めたり、覚悟を決めて何事かに飛び込んだっていうことがないんですよ。ただ、いい出会いに恵まれ、出会った方々につくっていただいた流れに運ばれ、ここまでやってこられたんです。自分一人の努力や精進などを超えた力というか、出会えた人たちの有形無形の後押しのおかげでいまがあるんです。


何も考えていなかったというか、ただ芝居というものに関わっていたいという思いから大学を中退し、キャラメルボックスに入団したわけです。もちろん、役者で食っていけるなんて思ってもいませんでしたし、むしろ「食っていこう」という意識を持っている人がいることのほうがびっくりだったんです。


芝居との出会いも、ほとんど偶然に近いというか、大学2年の時にアルバイト雑誌で小さな児童劇団のスタッフ募集の記事が目に入ったんです。別に芝居に興味があったわけではなく、ただ「ちょっと変わったバイトで面白いかな」と思って行ったら、全国の小学校を巡り、スタッフが役者も兼ねているということじゃないですか。まさか、自分が舞台に立つなんて、考えてみたこともなかったのに、やってみたら思いのほか楽しくて。


オリンピックは見ないし、ワールドカップなんかも、僕は見ません。それは興味がないからですよ(笑)。変人? うーん、どうなんでしょう……。ただ、いくら変人扱いされても、芝居以外に心を傾けるものがないというか、芝居をやらせていただいているだけで、相当な部分で満足できてしまうんですよ。だから、ほかのことは「もう、いいや」って。


『大地の子』がクランクアップしてすぐ、キャラメルボックスの公演に出演するんですけど、遠ざかっていた現実が戻ってきたというか、やっていることを隅々まで把握できるし、楽しみ方もわかるわけですよ。ああやって日常に戻れる劇団があったからこそ、僕も変に舞い上がったり、勘違いをせずに済んだのかもしれませんね。その後、テレビや映画など、舞台以外の仕事で声をかけていただくことが多くなり、フィールドが広がっていったんですけど、テレビや映画の仕事がどんなに忙しくなっても、舞台に出る時間だけは確保してきたつもりなんです。生の舞台の面白さというのは、何ものにも代え難いものがありますから。


日々、自分の至らなさを突きつけられるというか、ある意味では挫折に近い体験だったんですけど、それまでなかった駆動力みたいなものが自分の中に生まれたのも事実でした。もっといい役者になりたいと。それまでは、演じることをただ楽しんでいただけだったけど、仲代(達矢)さんや朱旭(チュウ・シュイ)さんのレベルまで辿り着けないまでも、役者というのは一生かけて臨むに値する仕事なんだと。

【覚え書き|NHKドラマ『大地の子』撮影時を振り返って】


子供たちってウソ偽りなく目の前の芝居を表情で評価してくれるんですよ。つまらなければ、そっぽを向いて体育館中を走り回るし、面白ければ目をキラキラ輝かせるしね。子供たちの興味を惹きつけたまま、終幕まで持って行けたときの快感が癖になるというか、忘れられなくなったのかもしれませんね。冒険という表現が綺麗だけど、生まれて初めて未知の世界に踏み出したような感覚でした。なにせ行ったこともない土地で子供相手に自分をさらけ出すわけですから。

【覚え書き|学生時代、児童劇団にバイトとして参加したときを振り返って】


昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


(芝居の)ほかに好きなものも、昔はあったような気がしないでもないんですけど、30歳を過ぎたころからは加速度的に、ムダなものがどんどん削がれていきましたね。いまは芝居があればいいというか、芝居があるおかげで、僕なんか、かろうじて社会にいることが許されていると思うんです。芝居がなかったら? うーん、生活者としての能力は相当低いし、世の中のなんの役にも立たない、ただの困ったヤツでしかないんじゃないですか(笑)。


上川隆也の経歴・略歴

上川隆也、かみかわ・たかや。日本の俳優。東京都出身。中央大学在学時にアルバイトとして児童劇団に参加したことをきっかけに演劇の世界に入る。大学を中退し演劇集団キャラメルボックスに入団。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞、同優秀助演男優賞、橋田賞新人賞、エランドール賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

中川裕(経営者)

NTT都市開発はグループでは唯一の不動産デベロッパーです。民営化でNTTが発足した直後に立ち上げた事業会社で、30年余りの歴史がある。技術の革新によって余裕ができた通信関連施設の土地や建物を活用するという役割を担っていますが、それは単にNTTのビジネスのためだけではありません。街やそこに住む人、そこで働く人達のために、どのような価値が提供できるかが重要です。


小山龍介

休日などのまとまった時間は、アウトプットにあてるようにしないともったいないです。


家入一真

社員が来なくなってしまった場合、無理に言っても仕方がないと思うんです。僕も引きこもっていたときに、親から「好きにしろ」と放っておかれたことがよかったので。放置されたことで、まずは心が安定する。そうすると、そのうち、だんだん危機感が出ていて、ようやく自分から動きだそうという気になりましたから。そんなことを言う経営者は僕くらいかもしれませんが。


キャロル・ドゥエック

企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


高橋俊介

仮説や持論は具体的に意識し、言葉に出すのでなければ周りに伝わらない。自分がどのような仮説のもとに動いているのか、あるいは世の中の動きに対する動向観を持っているのか。仮説の意識化、言語化ができていないときに何が困るかというと、必要なときに使い分けができないことだ。


江上治

その日々の行動がどのような目的を達成するために行われているのか、という最も重要な意識を欠いた行動は、毎日をバラバラな不連続の集合体としてしまう。


林文子

何気ない日常生活には、人生を豊かにするサプライズが至る所に転がっています。個を執拗に押さえ込んでいると、それに気づけなくなってしまう。人と出会い、接することで、人は育成されるのです。


伊藤祐靖

特殊部隊にいたとき、我々は余命4年と言われても、成し遂げようとするものがあったから幸せだった。何があろうと、人は幸せになれる。投げ出さなければいいだけの話だ。


水野和敏

俺はいつもどんな大きなプレゼンテーションでも、誰に話をしにいくのでも、原稿ってのは用意しない。そんなのなくたって、そのクルマについて一番知っているのは俺なんだ。言動が誤解されても、そのときの俺の話がまずかったんだと思うだけで、ウソはついていないし、どう受け取られるのかについては相手の自由なんだからそれでいい。生のまま、身を絞り出すようにして、そのときに一番強く思っていることをぶつけるだけ。


鈴木喬(経営者)

一般の社員が何か突飛なことを口にして、実行しようとすると、変な奴と思われて上から抑え込まれがちです。周囲が呆れるようなことを実行できる立場にいるのは、社長しかいません。社長は「チーフイノベーター」であるべきです。


柳内光子

大事なのは、どんな環境であろうと、寝たきりにさせないことです。寝たきりになるから介護が必要になるのです。その一歩手前でリハビリができる程度に保ちながら、一緒に家族などの健常者が過ごし、農業など働く場所がある。そういうコミュニティが実現できればいいのだと思います。


須田将啓

すべては結局一緒。問題を見つけて改善し、いかに速く回していけるか。