名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上川徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上川徹のプロフィール

上川徹、かみかわ・とおる。日本のサッカー選手、サッカー審判員。鹿児島県出身。国立鹿児島高専サッカー部で活躍し、日本ユース代表となる。東海大学体育学部を卒業し、フジタ工業(のちの湘南ベルマーレ)でプレー。28歳で現役引退し、発足間近だったJリーグの選手経験者向け審判員養成講座の一期生として審判員を目指す。その後、1級審判員の資格を取得し、Jリーグで主審を務める。また、ワールドカップなどの国際試合でも主審を務めた。審判員を引退したのちは、審判員のインストラクターとして指導を行った。また、日本サッカー協会理事・審判委員長、Jリーグ理事などを務めた。

上川徹の名言 一覧

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


情熱をもって必死に頑張っていると、周りの人がチャンスをくれたり、助けの手を差し伸べたりしてくれる。その後、国際審判として海外で活動するようになってからも、そうしたことを何度も経験しました。


審判になって5年目の96年、自分でも驚くほどの速さでJリーグ・デビューが実現しました。とはいえ、技術はまだまだ未熟で、経験不足も否めなかった。おそらく、日本サッカー協会が僕の情熱とやる気を見て、「そんなにやる気があるなら、こいつは将来伸びるかもしれない。一度チャンスを与えてみるか」と、将来性を買ってくれたのでしょう。


サッカー選手の現役を引退し、レフェリーの道に進んだのは28歳のときでした。それから数年間は、「Jリーグの試合で笛を吹く」という目標を1日でも早く達成するために、とにかく必死で頑張りました。


上川徹の経歴・略歴

上川徹、かみかわ・とおる。日本のサッカー選手、サッカー審判員。鹿児島県出身。国立鹿児島高専サッカー部で活躍し、日本ユース代表となる。東海大学体育学部を卒業し、フジタ工業(のちの湘南ベルマーレ)でプレー。28歳で現役引退し、発足間近だったJリーグの選手経験者向け審判員養成講座の一期生として審判員を目指す。その後、1級審判員の資格を取得し、Jリーグで主審を務める。また、ワールドカップなどの国際試合でも主審を務めた。審判員を引退したのちは、審判員のインストラクターとして指導を行った。また、日本サッカー協会理事・審判委員長、Jリーグ理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

鎌原正直

あらゆる物事には、対立する「二面性」もしくは「多面性」がある。人生には天国もあれば地獄もある。しかし、苦しいと感じていることの中にさえも、時に楽しいこともある。その人の捉え方次第。


吉村拓

不動産投資を成功させる秘訣は、優良な物件を適正価格で購入することに尽きます。どんなに良い物件でも高値づかみしてしまえば、採算が取れません。我々は創業以来、培ってきた圧倒的な仕入れ力に自信を持っています。この強みを最大限生かし、顧客に良い商品、サービスをご提供しています。


清沢光司

やみくもに仲介業務を獲得しようとするのではなく、お客様と当社の双方が互いに喜び合えるような、サステナブル(持続可能)な関係を築く必要があります。


松岡修造

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?


アルバート・アインシュタイン

唯一の救いは、ユーモアのセンスだけです。これは呼吸を続ける限りなくさないようにしよう。


白澤卓二

元気に長生きしている人の部屋が散らかっているのは見たことがない。長生きの人は毎日、規則正しく同じことを繰り返している人がほとんどです。毎日同じ時間に起き、布団を畳んで押し入れにしまい、毎朝同じように味噌汁を作り、部屋を掃除し、お茶の時間に緑茶を飲む。やることが決まっているから、ゴミ屋敷になることもない。体もそれに合わせて動かすので運動にもなる。不確定なこと、予測できないことはストレスです。毎日同じことをきちんとして、気持ちよく過ごす生活習慣があればボケにくい。


瀬戸雄三

仕事の7か条

  1. 「イエス」で聞け
  2. 常にプラス思考で
  3. 自ら考え、自ら実行せよ
  4. 頼り心を捨てよ
  5. 上司は部下に指針を示し、あとはジッと見てろ
  6. 平社員は主任の、主任は課長の仕事を目指せ
  7. 愚痴を言うな

齋藤直美

褒める時は「前より良くなったよ」などと過去と比較して褒め、叱る時は、将来と比べて「次はもっと良くなるよ」と伝えるのがコツ。


森下一喜

本田宗一郎さんのように、経営者でありながら最後までものづくりに執着する経営をしたい。


及川智正

農業もちゃんと自分でマーケットに営業していって、お客様の要望に応えたものを提供できれば、「ありがとう」と言ってもらえる。私がしたかったのはキュウリ農家で儲けることではなく、農業の仕組みを変えること。もしかしたら、和歌山県の美浜町から日本の農業を変えられるかもしれないと思った。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

考えているのは、やはり全国でも3本の指に入るぐらいの大きさの規模でやらなきゃいけないということです。理由は簡単で、それによって価格決定力を持ちたいということです。


長島一由

僕は長期間にわたってコツコツ努力を続けることができないタイプなんです。だいたい3か月が限度です。