上川徹の名言

上川徹のプロフィール

上川徹、かみかわ・とおる。日本のサッカー選手、サッカー審判員。鹿児島県出身。国立鹿児島高専サッカー部で活躍し、日本ユース代表となる。東海大学体育学部を卒業し、フジタ工業(のちの湘南ベルマーレ)でプレー。28歳で現役引退し、発足間近だったJリーグの選手経験者向け審判員養成講座の一期生として審判員を目指す。その後、1級審判員の資格を取得し、Jリーグで主審を務める。また、ワールドカップなどの国際試合でも主審を務めた。審判員を引退したのちは、審判員のインストラクターとして指導を行った。また、日本サッカー協会理事・審判委員長、Jリーグ理事などを務めた。

上川徹の名言 一覧

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


情熱をもって必死に頑張っていると、周りの人がチャンスをくれたり、助けの手を差し伸べたりしてくれる。その後、国際審判として海外で活動するようになってからも、そうしたことを何度も経験しました。


審判になって5年目の96年、自分でも驚くほどの速さでJリーグ・デビューが実現しました。とはいえ、技術はまだまだ未熟で、経験不足も否めなかった。おそらく、日本サッカー協会が僕の情熱とやる気を見て、「そんなにやる気があるなら、こいつは将来伸びるかもしれない。一度チャンスを与えてみるか」と、将来性を買ってくれたのでしょう。


サッカー選手の現役を引退し、レフェリーの道に進んだのは28歳のときでした。それから数年間は、「Jリーグの試合で笛を吹く」という目標を1日でも早く達成するために、とにかく必死で頑張りました。


上川徹の経歴・略歴

上川徹、かみかわ・とおる。日本のサッカー選手、サッカー審判員。鹿児島県出身。国立鹿児島高専サッカー部で活躍し、日本ユース代表となる。東海大学体育学部を卒業し、フジタ工業(のちの湘南ベルマーレ)でプレー。28歳で現役引退し、発足間近だったJリーグの選手経験者向け審判員養成講座の一期生として審判員を目指す。その後、1級審判員の資格を取得し、Jリーグで主審を務める。また、ワールドカップなどの国際試合でも主審を務めた。審判員を引退したのちは、審判員のインストラクターとして指導を行った。また、日本サッカー協会理事・審判委員長、Jリーグ理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

河原春郎

事業を取捨選択する時だけは自らの判断を貫きましたが、それ以外では、社員が送ってくれた提言はできるだけ会社の戦略に採り入れるようにも心がけました。


前田修司

オールセコムのシナジーを最大限に活かし、社会システム産業の構築を急ぐ。そして「困ったときはセコム」と言っていただける企業を目指す。


生月誠

「完璧の結果以外は意味がない」という考え方から、小さな出来ることをこなし、「出来た結果」に意味を見い出す考え方に変えていくこと。それには、「やるべきこと」ではなく、「やったこと」を紙に書いていくことが有効です。「出来た」という経験だけを脳にインプットしていくと、行動によりいい結果がでていることを脳が覚え、行動する前にブレーキがかかることが少なくなります。そのとき、小さい結果に目を向けることを心がけること。


福澤武

あらゆる生き物の中で、歴史や文化を形作っていく力を持つのは我々人類だけです。それぞれの街の文化、歴史というものを後世に残しつつ、時代にふさわしい形に組み替え、新たな息吹を与えることこそが、現代における真の開発ではないでしょうか。


デービッド・アーカー

プリウスの成功は「自己表現ベネフィット」の重要性も教えてくれます。これは、そのブランドを買い、使うことによって顧客が自己表現できるという価値です。プリウスの場合、そのドライバーは、例えば周囲の人から「あの人はハイブリッドに乗っている。環境意識が高いのだろう。興味深いな」と思われます。既存ブランドのハイブリッドバージョンの場合、車に近づいて確認しないことには、それがハイブリッドなのかわかりません。そのため、自己表現ベネフィットを得ることが難しいのです。


フェルディナント・ヤマグチ

会社で隣の奴に敵わないのは「才能」とか、「あいつのお父さんは取引先の役員だから」とか言い出したら、もう自分自身に、それ以上の伸びはないのよ、というのは確か。


貞松成

人口減や少子化の問題というのは結局、労働力人口の減少というのが最大の問題だと思うんですね。高度成長期までの日本は、東京一極集中で発展してきました。地方から優秀な人を集めて発展していたわけです。その結果、何が生まれたか。東京に住んでいると出生率が低い。東京で子供を産んでもせいぜい1人です。2人いたら珍しいくらい。でも、地方では2人産むのは珍しくありません。要するに、地方であれば子供を産めるのに、東京では子供を産み、育てる環境がないから、どんどん少子化が進んでいくのです。では、なぜ人が東京に集中するのかといったら仕事があるから。でも、子供を産み、育てる環境が東京にはない。だったら、我々が保育施設をつくろうという考えに至りました。


佐藤智恵(コンサルタント)

難しいことを難しく話すことは誰にでもできる。常に聞き手のことを考えて、簡単な言葉で伝える習慣を身につけることが大切。


金丸恭文

経験じゃない。経験でやろうとすると、チームの年齢がもっと上がります。それでは新しい事へのチャレンジができなくなる。ああしたシステム開発は多分、経験の世界ではできなかったと思います。

【覚え書き|セブン-イレブンのハードとソフトの開発をしたときを振り返って】


山内祐平

内向型の人は俯瞰的に物事を見ているので、創造的なアイデアを出したり、議論の穴を見つけたりすることにパフォーマンスを発揮する。


宮内義彦

良い社会をつくろうと思ったら、お役所任せにするのではなく自分たちで努力しなければならない。公共心と公徳心を持って、自分たちで何かをやる気構えがないと日本は良くならない。


粟田貴也

先見の明があったわけではないですよ。いまになって、「鳥インフルエンザをきっかけに事業の軸を焼き鳥からうどんに移した」ということを話すと、すごい決断だと思われるかもしれません。しかし実は、「次はうどんだ!」と即断したわけではなく、この時期にはさまざまな試行錯誤をして、数々の失敗をしてきました。やりながらたまたま「これならいけるかも」と確信をもつことができたのがうどんだった。


井植歳男

兄貴(義兄の松下幸之助)は尋常小学校、俺は高等小学校(現在の中学1から2年相当)。兄貴の方が3年早く社会に出ている。この差は一生かかっても追いつけないかもしれないな。


川村益之

いったん覚悟を決めたなら、成功するまでやりきる。やりきれば、負けることはありません。


荒木壽一

仕事の効率化や改善などは、強制されても楽しくないし、身につかないでしょう。自分で考えて行動しなければ、人は進歩しません。


ページの先頭へ