名言DB

9429 人 / 110879 名言

上川内あづさの名言

twitter Facebook はてブ

上川内あづさのプロフィール

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

上川内あづさの名言 一覧

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。


いままでのところは、自分のやりたい研究ができているので幸せです。大変なことや悩んだことはもちろんいっぱいあったはずなのですが、あまり覚えていません(笑)。最悪のことを想像して、それに比べたらまだ大丈夫だと思って持ち直しています。失敗したら責められるかもしれないけれど、命までは取られないのだったらいいんじゃないかと。


ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


上川内あづさの経歴・略歴

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

広い意味で考えたら、他の定食屋チェーンや居酒屋、ファミリーレストランなどの外食だけではなく、コンビニエンスストアのお弁当などもライバルと言えるでしょう。食に関わるあらゆる業態がライバルだと思います。コンビニのお弁当も美味しくてリーズナブルですからね。


内山俊弘

私は非常に短い間に会社をつくって、墓場まで見送った経験があるんですよ。米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の部品メーカー、デルファイとのブラジルでの合弁事業です。1999年にNSKの工場の一部を貸して生産を始めたんですが、その前の契約交渉から2002年の合弁解消まで携わりました。この間に、多くのことを学びました。


高橋がなり

僕は人生の目標が、「何人に影響を与えられるか」ということなんです。だから尾崎豊が羨ましくてしょうがない(笑)。僕は尾崎豊が死んだときに参列者が何キロ並んだかは知らないけど、僕が死んだときにはそれ以上に並ばせたい(笑)。


倍賞千恵子

今はむしろ、早くに社会に出てよかったと思っています。おかげでいろいろな人に出会えたし、貴重な体験がたくさんできましたから。「別に学校を出てなくたって、ちゃんと生きてりゃいいんだよ」って、「男はつらいよ」の中で寅さんも言っているんです。確かに社会でどんなふうに生きていくかが一番大事だと、私も思います。


永井淳(経営者)

9年前に私が社長に就任して以来、3度の中期経営計画を実行してきましたが、そこで目指したのは新しい価値観の共有でした。すなわち、製品を販売するだけではなく、自信のあるもの、要素技術を提供し、アフターサービスを重視することで顧客の数を増やすという考え方です。これは社内の共通認識となってきました。


井阪隆一

物欲でも精神的な欲求でもいい。「自分はこうなりたい、こうしたい」ということを、まず持ってみる。それが最終的に自己実現の欲求につながり、人としての進歩につながる。


柵山正樹

入社6年目に米国企業との交換留学に参加した。1年間だが、貴重な経験だった。選抜された技術者4人で渡米したものの、滞在先はバラバラで研修も一人ぼっち。次第に度胸もすわっていった。今にして思えば、商談などで外国人と接しても動じないのは、異文化に飛び込むチャンスを若い頃に与えてくれたからだと感謝している。


鈴木章裕

開発費は3分の1くらいしか回収できませんでしたが、フロントランナーとして取り組んだことは、現在になってアドバンテージとして確実に生きています。

【覚え書き|失敗した事業を振り返って】


福田幸雄

オンデマンド写真集は競合が多いように見えるかもしれないが、当社は高級品に特化し、プロカメラマンに対しては絶大なブランド力がある。コストと技術が必要な部分で差別化しており、今さら他社は真似してこない。


室田淳

僕の場合、結果が出ないのは自身の技術不足。そう思っています。