名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上川内あづさの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上川内あづさのプロフィール

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

上川内あづさの名言 一覧

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。


いままでのところは、自分のやりたい研究ができているので幸せです。大変なことや悩んだことはもちろんいっぱいあったはずなのですが、あまり覚えていません(笑)。最悪のことを想像して、それに比べたらまだ大丈夫だと思って持ち直しています。失敗したら責められるかもしれないけれど、命までは取られないのだったらいいんじゃないかと。


ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


上川内あづさの経歴・略歴

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

余裕がない一日の始まりは、縁の初めが悪いので、どんどん悪い縁につながっていく可能性があります。初めにいい縁を結ぶためにも、朝に掃除をすることは有効なのです。


蜂谷二郎

私は元々は、金融業界にて銀行マンとして働いていました。その中で不動産の相談をよく受けたのですが、当時の不動産業界は顧客のほうを向いているように思えなかった。そこで、我々がそういう存在になるべきだと考え、起業しました。


橘玲

一番よくないのは、烙印を押されたことで戦意を喪失してしまうこと。私たちは、自分のことを誤解していると感じる相手を、つい避けてしまいがちですが、そうなるとますます溝が深まってしまいます。こんな時はむしろ、相手に積極的に近づきましょう。かなりのエネルギーが必要ですが、評価を変えたいのであれば必要なコストです。そして一緒に仕事をする中で、相手にとって自分が必要な人物だということを認識してもらうのです。言われたことだけをやるのではなく、上司がいま一番必要としていることは何か、どんなサポートを欲しているかを常に考えて先回りしましょう。


相武紗季

不安があっても、そこに立ってみること。それが、本番で力を発揮する基本じゃないかなと思う。


稲盛和夫

何としても事業を成功させたいという強い「思い」や、格闘技にも似た「闘争心」のない者は、そもそも経営者にはふさわしくありません。逆に、そうした「思い」さえあれば、資金や技術、人材などに恵まれなくても、熱意と執念がその不足を補って、ものごとを成し遂げていくことができるのです。


野村克也

リーダーというと口が達者で、能力が高い者が組織を引っ張るべき人間のように思われがちだ。が、本来それだけの人材では、真のリーダーには到底なれない。むしろ、つべこべ言わず自らの言動や所作、いわば「背中」を見せることで、周囲を引っ張れるのが、誰もが認めるリーダーになれるわけだ。


西田一見

自他共に認める成功者は、脳を「プラスの状態」に持っていき、不快ではなく「快」と判断できるようにしている。


白井俊之

買ってくれるということは、お客様が財布からお金を出して投票してくれたということ。


勝間和代

気をつけたいのは潜在市場の顧客数は有限である。ということです。顧客が増えていく過程においては、対象としている市場がまるで無限の可能性があるかのように感じられるのですが、どこかでぱたっと顧客増加が止まり、減少に向かうポイントがあります。そこにはまってから慌てても、努力が報われないためいかに潜在市場の人数を把握しておくか、いま現在その市場のどこまでを顧客として取り込んでしまっているか、新しい顧客をどのような手段で開拓しておくべきかということが常に求められる。


松本晃(経営者)

経営者は、「目の前の今日」にも「遠くの未来」にも、目配りすることが求められる。マネジメントを任された立場なら必要です。私は時間とエネルギーを、「今後1年間のことに20%、その次の1年間に50%、2年後以降に30%」注ぐようにしています。


猪子寿之

アジアだと、ミーティングにノートパソコンを持ち込むのは普通の行為です。大統領の会談みたいな公式の場でもタブレットでメモってたりする。でも日本だと、会議で話しながらパソコンを打つのは失礼だと思われる。だから紙にペンでメモを取ったりするわけです。でも、21世紀の普通の感覚の人から見ると、逆にそれが失礼。書いたことを独り占めにして、みんなと共有しないわけだからね。こそこそ個人作業するほうがずっと無礼なことなんだけど、日本人はそれがわからない。


新川義弘

私自身、外食にはかなりのお金と時間を費やしてきました。東高円寺の家賃4万円、共同風呂のアパートに住んでいたころから、高級料理店に通っていましたから。もちろん、サービスの質が悪くて嫌な思いもしたこともありますが、それも「自分ならこうするのに」と勉強になりました。毎月、給料のほとんどが外食に消えていきましたが、そうやって様々なサービスを実際に体験したことで、お客様に対する事前予知能力は確実に高まったと思います。