名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上川内あづさの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上川内あづさのプロフィール

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

上川内あづさの名言 一覧

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。


いままでのところは、自分のやりたい研究ができているので幸せです。大変なことや悩んだことはもちろんいっぱいあったはずなのですが、あまり覚えていません(笑)。最悪のことを想像して、それに比べたらまだ大丈夫だと思って持ち直しています。失敗したら責められるかもしれないけれど、命までは取られないのだったらいいんじゃないかと。


ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


上川内あづさの経歴・略歴

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

他の記事も読んでみる

濱田秀彦

上司と部下は、8勝2敗くらいの関係がちょうどいい。演技でもいいので、「なるほどね、君の言うとおりだ」と、ときには部下の意見を肯定してあげてください。


新浪剛史

ローソンの経営は地方分権です。地方の支社が独自の判断で意思決定を行い、収益に責任を負っています。そのためには一人一人に経営方針を理解してもらう必要があります。対話にはコストがかかります。私もしんどい。しかし、地域を熟知する支社がフル稼働すれば、融通の利かない中央集権より、よっぽど効率的な組織になるのです。


千本倖生

僕の人生は山を越えればまた次の山の連続です。苦労が絶えることはありません。でも、ひとつの山を乗り越えれば、何ものにも代えがたい喜びが手に入ることも知っています。だからどんなに苦しくても、僕は山に登り続けるのです。
【覚書き|次々と会社を起こしていることについて語った言葉】


工藤公康

狙ったところに到達するために邪魔をしている部分があれば、取り除いてやることが大事なんです。色々なパターンが選手にはあるんですよ。それをしっかり見つけてやることです。


鈴木喬(経営者)

工場や商品を減らす決断に、周囲は大反対しました。それでも僕が確信を持って「これはやらない!」と言えたのは、やはり普段から、休息を兼ねて一人になる時間を作り、考え続けてきたから。


北条司

連載が始まる少し前に子供が生まれたんですけど、それもあって連載当初は何がなんでも終わりたくないと思っていました。ここで失敗したらマンガ家として先がないんじゃないかという不安にかられていて、妙なジンクスを作りだしては、これで連載が延びるはずだと思い込むようにしていたんです。あるとき、自分で自分を縛っていることの馬鹿馬鹿しさにようやく気がついた(笑)。それから、やるだけやってやろうという気持ちに変わって、ストーリーが進展しだしたんです。


鈴木喬(経営者)

営業は、大企業を攻略するより、実は社員数が少ない会社の方が、労力がかかるもの。小さい企業からスタートするのではなく、日本一のところからやった方がいい。


川村誠

会長に退いて以来、私はそれまで以上に現場を回り、受注が落ち込んで元気をなくしていたさまざまな職場を励ますように心掛けました。行く先々で「コンパ」(京セラ独自の社内懇親会)を開いては、社員の決意や悩みに耳を傾け、「自分はこう思う。経験ではこうや」とアドバイスしています。


小池龍之介(小池龍照)

思うように貯金ができない理由は「使ってしまうから」でしょう。「給料が少ないから貯まらない」と思うのは錯覚で、給料が多くても、たくさん使ってしまったら貯まりません。まずは「自分がなぜお金を使ってしまうのか」を考える必要があります。人は自分の力を実感しようとしてお金を使うことが多いのです。自分の消費は常日頃の「無力感」によるストレスを忘れようとしてのものではないかと、心の内を探ってみましょう。


おちまさと

マーケティングの数字を絶対視して企画を立ち上げる人もいますが、僕は参考にする程度。重要視しているのは、自分自身が日常で感じる体温マーケティングです。実際、いままでのファッション番組のウケは悪いという数字が出ていた。でも、コンビニの本棚にはファッション雑誌がズラリと並んでいる。そこで、ファッションに興味がある人は多いことに気付いた。


秋山利輝

今やれることを全力でやらないと、次のことも全力でやれなくなります。だから常に本気、常に全力投球でやる習慣をつける。


中畑清

いざ駒澤大学のセレクションの会場に足を踏み入れたら、全国から名門校の選手が集まっている。みんな自信たっぷりにウォーミングアップしている。「あっ、こりゃだめだ。しょせん、俺は田舎のプレスリーってとこか……」となかば諦めかけ、憂鬱な気分で4か月後の筆記試験に臨んだら、なんと合格しまして。嬉しいというより、「エッ、な、なんかの間違いじゃないか!」というのが本心でしたよ(笑)。あとは、せっかくもらったチャンスを活かそうと、下手は下手なりに誰よりも目立って、元気にプレーしようと。競争してレギュラーを勝ち取るなんていう思いよりも先に、まずは元気だ! って思いましたね。