名言DB

9429 人 / 110879 名言

上川内あづさの名言

twitter Facebook はてブ

上川内あづさのプロフィール

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

上川内あづさの名言 一覧

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。


いままでのところは、自分のやりたい研究ができているので幸せです。大変なことや悩んだことはもちろんいっぱいあったはずなのですが、あまり覚えていません(笑)。最悪のことを想像して、それに比べたらまだ大丈夫だと思って持ち直しています。失敗したら責められるかもしれないけれど、命までは取られないのだったらいいんじゃないかと。


ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。


上川内あづさの経歴・略歴

上川内あづさ、かみこうち・あづさ。日本の脳科学者。東京出身。東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。科学技術振興機構BIRD 研究員、東京大学分子細胞生物学研究所研究員、ドイツ・ケルン大学研究員、東京薬科大学生命科学部助教、名古屋大学大学院・理学研究科・生命理学科・生体構築論講座・脳回路構造学教授などを務めた。専門は神経科学、分子解剖学。聴覚情報処理システムの動作原理の研究を行った。

他の記事も読んでみる

中田大輔(経営者)

仮眠で2時間ぐらい寝てしまった時もあったけど、もうちょっとまだ寝たいなという感覚になってスッキリしません。30分前後がベストです。


ルー大柴

僕は、若い人たちとトゥギャザーしていこうと、常に心がけているんです。そうはいっても僕ももう53歳。いまのお笑い芸人の人たちは、若い方が多いので、僕に対して構えてしまうことが多々あるんです。ですから、楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。


上田哲則

これまでの成果に甘んじていては成長がストップする。今年のスローガンは「突破」です。


ロバート・キヨサキ

まずは、小さな間違いを繰り返すこと。その都度立ち止まって、一所懸命考えて、次の行動へと踏み出してゆく。そうした経験から多くの事を学んでゆくのではないでしょうか。私だって、未だに失敗していますよ。投資に限らず、生涯勉強すること。早くお金持になることではなく、経験を積むために、学び、実践することが重要だ。


赤井益久

すべての共同体は一人一人の集合体であり、個人が輝かないと社会も輝かない。


石井裕(工学者)

自分にラベルを貼るのをやめましょう。何をやるにしても、クリエーティブであろうとしたら、自分の肩書や専門にこだわってはいけない。


大山健太郎

企画会議では、企画の本質の部分、つまり本題から話すことをルールにしています。なぜ前置きが要らないかというと、業界内の現状や課題は、同じ仕事をする仲間ならみんなわかっているからです。共通認識として持っていることを、あえて言う必要はありません。それよりも、重要な事柄から先に話します。聞く人もそれを聞きたいわけですから。


渡邉美樹

僕は経営者時代も、いまの自民党でも、つねに正論しか言いません。それが気に入らない人がいるんじゃないですか。


大橋禅太郎

年収600万円の人は与えられた仕事をこなします。年収2000万円の人は自発的に仕事を見つけ量をこなすので、最も忙しい。両者とも人のために時間を使わされていることが多いのです。年収1億円の人は、自分がつくりだした枠組みで動くため、自分のタイミングを最優先し、重要なことにエネルギーをフォーカスするという時間管理の正しい目的を知っています。


和田一夫(経営者)

華僑の人たちは利益第一主義だ。商売に対して非常にシビアで、徹底して売り上げより利益にこだわる。華僑の人たちは儲からないと思う商売は絶対にやらない。危険だと思えばさっと撤収し、資金を回収する。変わり身が非常に早い。彼らは借金が嫌いなので、ほとんどが自己資金で投資している。だから決断が非常に早い。