名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上島竜兵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上島竜兵のプロフィール

上島竜兵、うえしま・りゅうへい。日本のお笑い芸人。兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成所同期の寺門ジモンに誘われてお笑いの道に進む。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」を結成しテレビなどで活躍した。

上島竜兵の名言 一覧

俺の場合、先輩、後輩関係なく、笑いの才能のある人を単純にすごいと思うし、憧れるんです。極端な話、小学生でも尊敬できます。そこがいけないのかもしれないけど、「こいつには負けないぞ!」という気持ちにならないんですよね。自分にないものが多すぎるから、それはもう仕方ない。


やっぱり後輩でも上に立ったら、それなりの才能があることを素直に認めなければ何も始まりません。


後輩に抜かれたことに対してカリカリして仕事がうまくいかなかったら、もったいないじゃないですか。仕事があるうちは幸福なんだ、ぐらいの気持ちになって、出世して偉くなるのがカッコいいという考えは、この際、捨てる。実際、上にいった人は大変ですから。忙しくなるし、プレッシャーはあるし、悪い結果が出たら全部責任負わされるし。下にいるほうが気楽なんです。


俺は後輩が自分より売れても、なんとも思わないんです。


媚びへつらい方でアドバイスを送るとするなら、ただペコペコ頭を下げていてはダメ。たまに相手の欠点をうまくイジるんです。たとえば女にモテるような意味を含ませながら、「もう、女泣かせなんだから!」って言われると、「何言ってるんだ君は?」って気分がよくなっちゃう。よく聞くと、ただの悪口なんだけど(笑)。ここをうまく切り抜けてる人は、いい仕事をもらえますね。


あの番組(お笑いウルトラクイズ)では(たけし)軍団さんや名のある先輩たちが、無名の若手だった俺たちを目立たせるために汗をかいてくれた。バラエティ番組っていうのはそれぞれが役割を果たしながら作っていくんだ、リアクション芸はチームプレーだ、と。それは(ビート)たけしさんの教えですね。


いいおっさんが気持ち悪いですけど、メンバー3人、いまも仲がいいですよ。リアクションにしても俺らは1人でやっているんじゃないですから。俺が何かやるにしても、2人がちゃんと振ってくれて、1つのネタになっている。だから、見ている人からしたらすごくわかりやすいと思うし、3人で積み重ねてきたのは本当に良かったと言える。


上島竜兵の経歴・略歴

上島竜兵、うえしま・りゅうへい。日本のお笑い芸人。兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成所同期の寺門ジモンに誘われてお笑いの道に進む。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」を結成しテレビなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

長瀬朋彦

長いこと映画フィルムでは6割くらいのシェアを維持していましたが、いずれフィルムは無くなると考えていたので、現像だけでなくビデオの編集、そして映像制作へと徐々に映像事業の幅を広げてきました。


辻村深月

なんてことないセリフが何より心に残ってくれたなら、目指していたものが書けたということなのかな。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

人生の試練や予期せぬ事態、非難や中傷、誤解に出合っても、かき乱されることのない穏やかさは、強い精神から生まれます。それは、人生を深く理解した、正しい知識と聡明さの表れなのです。


塚本隆史

課題があるとすれば、それぞれのお客様に対し、自分のところの機能だけではなく、グループの連携プレーをもっとやっていくことです。まだまだこのビジネスモデルは道半ばです。当初のグランドデザインに沿って、120%の力を発揮できるようにすることが私の仕事です。


酒井英之

巻き込み力が大切。会社全体の発展のために「こうしたい!」という明確なビジョンを持ち、そのビジョンに共鳴してくれる周囲の人の力を借りる。協力を仰ぐ。個人の成果ばかりにこだわらないで、「会社全体を巻き込んで、みんなで成果を上げたい」という気持ちを持つことが重要。


池井戸潤

作品は銀行員時代から書いてはいました。しかし、作家になるのは簡単なことではありません。当初はIT系関連の会社を立ち上げるための独立でした。ところが、事業のアテが外れ、このままではまずい状況に。そこで、自分の強みは何かと必死で考えた末、出てきた答えが「お金の貸し借りに関する知識」と「書くこと」のふたつでした。そこで、経営者向けに「お金の借り方」のノウハウをまとめた原稿を書き、出版社に持ち込むと採用されたんです。


稲垣精二

健康診断を受け、特定保健指導を受けた人とそうでない人とでは、保険診療費が34%違うことが分かっています。ところが残念なことに、健診実施率も指導実施率も国の目標を大きく下回っています。そこで発売したのが「ジャスト」という保険商品です。この商品には健康診断書を提出するだけで保険料を割り引く「健診割」という制度があります。以前からBMIが標準の人の保険料を割り引く商品などはありましたが、これはもともと健康に留意している人のための保険です。でも本当に国民保険の負担になるのは、健康に不安がある、あるいは健康意識の低い方々です。私たちはそうした方々にもメリットのある商品を提供したいと考えました。インセンティブを与えることでこの方々にも健診を受けていただく。その結果、自分は血糖値が高いとか血圧が高いことを認識して生活習慣を改めれば医療費の抑制につながります。


枡野俊明

もし、周囲に学歴で評価する人がいるなら、器が小さい人だと思えばいい。ありのままの自分を受け入れ、自分の尺度で考えましょう。


川上哲治

周囲からどう評価されるか、という不安や心配から自らを解き放って、自分の想念を「無の境地」に置けば、問題の所在が良く見えるようになります。あとは、その問題を淡々と解決していく。こうすると自分も楽になるし、不思議なもので、だんだんと勘も冴えてくるように思います。


楠木新

40歳までは、定年後のことなど考えず、目の前の仕事をしっかりすることをお勧めします。組織内で働くということは、ビジネススキルやコミュニケーション力などの社会人としての基礎力を高めるチャンスになる。この時期にどれだけの能力を身につけられるかで、中高年以降の選択肢の広がりが違ってきます。


ヘンリー・フォード

進歩と歩調を合わせて進む方が、進歩を妨げるよりも健康的である。


平尾誠二

高校時代の恩師である山口良治先生の指導法はスパルタ方式で、入学した当初は、練習が嫌で嫌で仕方がありませんでした。しかし、苦しい練習を強制させられているうちに、自分が強くなっていくのが実感できました。それで練習が面白くなって、結局、先生に言われなくても、自発的に練習に取り組むようになりました。