名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上島竜兵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上島竜兵のプロフィール

上島竜兵、うえしま・りゅうへい。日本のお笑い芸人。兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成所同期の寺門ジモンに誘われてお笑いの道に進む。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」を結成しテレビなどで活躍した。

上島竜兵の名言 一覧

俺の場合、先輩、後輩関係なく、笑いの才能のある人を単純にすごいと思うし、憧れるんです。極端な話、小学生でも尊敬できます。そこがいけないのかもしれないけど、「こいつには負けないぞ!」という気持ちにならないんですよね。自分にないものが多すぎるから、それはもう仕方ない。


やっぱり後輩でも上に立ったら、それなりの才能があることを素直に認めなければ何も始まりません。


後輩に抜かれたことに対してカリカリして仕事がうまくいかなかったら、もったいないじゃないですか。仕事があるうちは幸福なんだ、ぐらいの気持ちになって、出世して偉くなるのがカッコいいという考えは、この際、捨てる。実際、上にいった人は大変ですから。忙しくなるし、プレッシャーはあるし、悪い結果が出たら全部責任負わされるし。下にいるほうが気楽なんです。


俺は後輩が自分より売れても、なんとも思わないんです。


媚びへつらい方でアドバイスを送るとするなら、ただペコペコ頭を下げていてはダメ。たまに相手の欠点をうまくイジるんです。たとえば女にモテるような意味を含ませながら、「もう、女泣かせなんだから!」って言われると、「何言ってるんだ君は?」って気分がよくなっちゃう。よく聞くと、ただの悪口なんだけど(笑)。ここをうまく切り抜けてる人は、いい仕事をもらえますね。


あの番組(お笑いウルトラクイズ)では(たけし)軍団さんや名のある先輩たちが、無名の若手だった俺たちを目立たせるために汗をかいてくれた。バラエティ番組っていうのはそれぞれが役割を果たしながら作っていくんだ、リアクション芸はチームプレーだ、と。それは(ビート)たけしさんの教えですね。


いいおっさんが気持ち悪いですけど、メンバー3人、いまも仲がいいですよ。リアクションにしても俺らは1人でやっているんじゃないですから。俺が何かやるにしても、2人がちゃんと振ってくれて、1つのネタになっている。だから、見ている人からしたらすごくわかりやすいと思うし、3人で積み重ねてきたのは本当に良かったと言える。


上島竜兵の経歴・略歴

上島竜兵、うえしま・りゅうへい。日本のお笑い芸人。兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成所同期の寺門ジモンに誘われてお笑いの道に進む。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」を結成しテレビなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

川口盛之助

その場しのぎの打ち手を積み上げても、他に先んじた革新的な価値は生まれません。時代の底流を見抜く深い洞察こそ、ビジネスを成功に導く一番の近道なのです。


吉田精一

言葉づかいという言葉があります。近所づき合いという言葉もあります。しかし、どの辞書にも「言葉づき合い」という言葉はありません。私は、人生はこの言葉づき合いの積み重ねと思っているのです。


林修

僕の場合、折れない強靭な心を持っているわけではなく、常に「折れない状況」を作っている。起きうるトラブルを想定しておけば、心が折れる要因が生まれない。「やはりそうなったか」と落ち着いて対処できます。


北条晋一

フランチャイズ展開の構想はもともと、弊社の副社長が考えたものです。根っからのラーメン好きで、かつて不動産会社に勤務していた彼の経験とノウハウは店舗開発に生かせると考え、私が商品開発をはじめとするブランディングを、彼が営業をはじめ経営面全体を担当するという役割分担で、事業を始めたというわけです。


菅谷太一

結局、どんな場所でもライバルに勝つことができれば、入居者は確保できる。


山田昌弘

威張らず、黙って話を聞くだけでモテてしまうから簡単ですよ。


八木洋介

人事部の役割は、現場の判断をサポートし、正しい見識を伝えること。人と組織を使って勝つための道筋を作るのが、戦略的な人事部のあるべき姿だ。


持塚朗

やみくもにセキュリティ対策を行う前に、まず自社にとっての重要情報とは何なのかを定義する。そしてそれが被害を受けたときの「実損」をきちんと試算し、経営陣全体で共有することが重要。


藤井孝一

自分自身の稼ぐ力を養うことで、世の中がどんな変化をしても、ドンと構えていられる。


入山章栄

経営学でも長期ビジョンの重要性がよく言われます。例えば米デュポンは毎年、社内のトップ級が集まり、100年後の世界はどうなるかを、有識者を交えて真剣に議論するんです。そして、そこから逆算して、M&Aなどを考えているらしいです。この議論により、経営学的に言うと幅広い「知の探索」が可能になる。


池谷裕二

ルーティン化は、慌ただしい朝を過ごす人ほど効果的です。脳には「ワーキングメモリ」という短期的な記憶を処理するメモリがあります。ワーキングメモリは意外に容量が少なく、一度に意識できることは7つ程度が限界だといわれています。一方、無意識の記憶に制限はなく、無意識の領域に仕事をさせれば、より多くのことが同時並行で処理できます。この性質を利用しないのはもったいない。毎日やるようなこまごまとした仕事は、ルーティン化することで脳の無意識に任せてしまいましょう。


坂本孝

パート・アルバイトを多く採用し、彼らの力で企業力をつけようと考えたのも一つのポイントです。無判断、反復採用ではなく、彼らの質を高めるトレーニングをしました。みんなで一緒に研究し、彼らの中から店長を作りました。パート・アルバイトを積極的に取り入れる。それがブックオフが他との競争に勝てるモデルの基礎だと私は思っています。