名言DB

9429 人 / 110879 名言

上島昌佐郎の名言

twitter Facebook はてブ

上島昌佐郎のプロフィール

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

上島昌佐郎の名言 一覧

オフィスの一角に社長席を設けています。社員との垣根をできるだけ低くして、お互いに情報を伝えやすくするためです。


今後、取り組んでいきたいと思っているのは、コーヒーの新しい可能性をつくりだしたり、それによって消費者を喜ばせたりすることです。消費者をあっと驚かせるようなこともしたいと思います。消費者との接点が多いことが我々の一番の特徴ですから、細か厳ニーズを汲み取り、新しい製品やサービスの形にするというところには、これからも積極的に取り組んでいくつもりです。


コーヒー市場をさらに拡大していくためには、消費者の細分化された嗜好に応える新機軸の商品を開発したり、アイデア溢れる飲み方を紹介したり、おいしいコーヒーを簡単に淹れられるサーバー製品を開発したりなど、「いつでも」「どこでも」「誰にでも」おいしいコーヒーを手に取ってもらえるように、我々から消費者の皆さんに積極的に提案していくことが重要だと考えています。


成熟したマーケットにこそチャンスがある。水出しコーヒーが米国に上陸して、「コールドブリュー」と名づけられて逆輸入されたことからもわかるように、日本人が好む日本独自のコーヒー文化には底知れぬポテンシャルがあります。事実、世界のコーヒーメーカーの関係者は、日本に短期間のうちに醸成された、高品質なコーヒーを楽しむ文化に大きな興味を持っています。そんな日本の市場に認められたコーヒーなら、きっと欧州の成熟市場にも受け入れてもらえるでしょう。


ブームによってコーヒー会社同士の競争が激しくなると想像する人がいるかもしれませんが、それは違います。1990年代後半から00年代にかけて大流行した「シアトル系コーヒー」ブームでは、それまで、あまりコーヒーを飲まなかった若い世代が、ミルクリッチのラテ系からコーヒーの世界に入り、日常的にコーヒーを楽しむようになったことで市場は勢いよく拡大しました。また、そのときコーヒーを飲みはじめた方々の一部は、現在、ミルクリッチは甘いといってブラックコーヒーを好んで飲むようになっています。このように、市場が拡大するとともに、新しい様々なコーヒー文化が誕生するきっかけになるので、我々にとってコーヒーブームは大歓迎です。


私も生産・購買本部長に就任して以降、中南米をはじめ、アジア、アフリカなど海外の主要なコーヒー生産地を訪ね歩きました。特にアジアは、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国をはじめ、中国南西部の雲南省、インド、ネパールも訪問しました。これまでに主要なコーヒー生産地は、ほぼ訪れたと思います。生産地訪問は、どんな目線でコーヒー事業に取り組んでいけばいいのかを考える絶好の機会になりました。


スペシャルティコーヒーをずっとつくってきた中南米の生産者が市場ニーズをきちんと理解しているのに対し、アジアやアフリカの生産者は、その辺の認識が薄かった。ですから私たちのほうから、どんなコーヒー豆なら買うのかという具体的な情報を伝えて、安定供給を実現するためにサポートすることにしました。市場のリアルな情報を提供することが、生産意識の向上につながると考えたのです。この課題は、アジアを中心に品質コンテストを積極的に開催し、評価されるコーヒー豆の品質基準を生産者間で共有できるようにしたことで解決しました。


現在、市場に流通しているコーヒー豆は、主にアラビカ種とロブスタ種の2種類。コーヒーブームを背景に、アラビカ種は供給不足の傾向にあります。そこで我々は、アラビカ種の安定供給を目的として、生産者の支援に力を入れています。こうした役目はトレーディング会社に任せてもいいのかもしれません。しかし、我々はコーヒーの可能性を追求しようという会社ですから、社員自らが世界のコーヒー生産地を訪れて現地の様子を確認するようにしています。


上島昌佐郎の経歴・略歴

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

ある程度の負荷「ストレス」をかけて仕事に臨むのは、成長するために大事ですが、それだけでは息が詰まる。乱暴に言えば、仕事以外の時間は遊んで「楽しく生きる」ことが、人間の本能だという割り切りこそ、心身のバランスを保つ秘訣ではないでしょうか。


出口治明

我々は過去の体験しか未来に生かすことができないのです。過去に学んでいたからこそ、すぐに行動することができるのです。


池田千恵

夜中に他人に怒りのメールを送って、翌朝反省するようなことは誰にもあるんじゃないでしょうか。「イライラ」「クヨクヨ」は朝しましょう、と言いたいですね。


伊藤與朗

うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


相原輝夫(経営者)

人が想像できることは、大抵ソフトウェアで実現できる。どんなに時間やコストがかかってもよいのであれば、売り物にはならないかもしれないけど、作ることはできる。


朝原宣治

リレーの勝負は、いかに「タイミングよくバトンを受け取り、走れるか」が命運をわける。この時、余計な感情は邪魔になるんです。「日本のため」「チームのため」「やってやるぞ」といった前のめりのモチベーションがあると走ることに集中できない。


篠塚孝哉

デジタルツール活用は慣れるまで少し時間がかかるため、紙のほうが簡単だという声をしばしば聞きます。これは、新しい手法を取り入れるときに必ず伴う「副作用」のようなもの。これを克服するには慣れるまで一時的に遅くなることを知ったうえで取り組むこと。すると、いざ壁に突き当たっても「しばらくの我慢だ」と思えます。その時期を過ぎれば確実に、飛躍的なスピード向上と利便性を手にすることができるでしょう。クラウド時代、デジタルツールを駆使した整理術はお勧めです。


小野大輔

限られた時間の中で結果を残す。これは生きるということと同義な気がします。誰だって不老不死なわけがない。生きているこの時間を無駄にしないように、ともに生きる人を大切に、後悔のないように生きたい。


クリス・ベンハム

BI(ビジネスインテリジェンス)を手掛けている会社は世界中にありますが、その中で当社の提供している仕組みは、分析したデータに「何が起きたか」だけでなく、それが「なぜ起きたのか」という原因までわかりやすいビジュアルと説明で提示します。これにより、自ら原因を分析する必要がなく、より早く、確実な意思決定を可能にし、ビジネスを後押しします。


毛利衛

宇宙から日本を再認識すると同時に、地球の「小ささ」にも思いが及びました。1周するのにわずか90分。地球を外から見れば空気も水もつながっている。そんな小さなところで、国同士が争うことはないんじゃないかと。