名言DB

9419 人 / 110788 名言

上島昌佐郎の名言

twitter Facebook はてブ

上島昌佐郎のプロフィール

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

上島昌佐郎の名言 一覧

オフィスの一角に社長席を設けています。社員との垣根をできるだけ低くして、お互いに情報を伝えやすくするためです。


今後、取り組んでいきたいと思っているのは、コーヒーの新しい可能性をつくりだしたり、それによって消費者を喜ばせたりすることです。消費者をあっと驚かせるようなこともしたいと思います。消費者との接点が多いことが我々の一番の特徴ですから、細か厳ニーズを汲み取り、新しい製品やサービスの形にするというところには、これからも積極的に取り組んでいくつもりです。


コーヒー市場をさらに拡大していくためには、消費者の細分化された嗜好に応える新機軸の商品を開発したり、アイデア溢れる飲み方を紹介したり、おいしいコーヒーを簡単に淹れられるサーバー製品を開発したりなど、「いつでも」「どこでも」「誰にでも」おいしいコーヒーを手に取ってもらえるように、我々から消費者の皆さんに積極的に提案していくことが重要だと考えています。


成熟したマーケットにこそチャンスがある。水出しコーヒーが米国に上陸して、「コールドブリュー」と名づけられて逆輸入されたことからもわかるように、日本人が好む日本独自のコーヒー文化には底知れぬポテンシャルがあります。事実、世界のコーヒーメーカーの関係者は、日本に短期間のうちに醸成された、高品質なコーヒーを楽しむ文化に大きな興味を持っています。そんな日本の市場に認められたコーヒーなら、きっと欧州の成熟市場にも受け入れてもらえるでしょう。


ブームによってコーヒー会社同士の競争が激しくなると想像する人がいるかもしれませんが、それは違います。1990年代後半から00年代にかけて大流行した「シアトル系コーヒー」ブームでは、それまで、あまりコーヒーを飲まなかった若い世代が、ミルクリッチのラテ系からコーヒーの世界に入り、日常的にコーヒーを楽しむようになったことで市場は勢いよく拡大しました。また、そのときコーヒーを飲みはじめた方々の一部は、現在、ミルクリッチは甘いといってブラックコーヒーを好んで飲むようになっています。このように、市場が拡大するとともに、新しい様々なコーヒー文化が誕生するきっかけになるので、我々にとってコーヒーブームは大歓迎です。


私も生産・購買本部長に就任して以降、中南米をはじめ、アジア、アフリカなど海外の主要なコーヒー生産地を訪ね歩きました。特にアジアは、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国をはじめ、中国南西部の雲南省、インド、ネパールも訪問しました。これまでに主要なコーヒー生産地は、ほぼ訪れたと思います。生産地訪問は、どんな目線でコーヒー事業に取り組んでいけばいいのかを考える絶好の機会になりました。


スペシャルティコーヒーをずっとつくってきた中南米の生産者が市場ニーズをきちんと理解しているのに対し、アジアやアフリカの生産者は、その辺の認識が薄かった。ですから私たちのほうから、どんなコーヒー豆なら買うのかという具体的な情報を伝えて、安定供給を実現するためにサポートすることにしました。市場のリアルな情報を提供することが、生産意識の向上につながると考えたのです。この課題は、アジアを中心に品質コンテストを積極的に開催し、評価されるコーヒー豆の品質基準を生産者間で共有できるようにしたことで解決しました。


現在、市場に流通しているコーヒー豆は、主にアラビカ種とロブスタ種の2種類。コーヒーブームを背景に、アラビカ種は供給不足の傾向にあります。そこで我々は、アラビカ種の安定供給を目的として、生産者の支援に力を入れています。こうした役目はトレーディング会社に任せてもいいのかもしれません。しかし、我々はコーヒーの可能性を追求しようという会社ですから、社員自らが世界のコーヒー生産地を訪れて現地の様子を確認するようにしています。


上島昌佐郎の経歴・略歴

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

横川竟

人は育った家庭環境や学校、仲間、教育などによって100人いれば100人、性格も何も違うわけですから、そもそも統一しようとすること自体に無理があるんです。だったらマニュアル一辺倒よりも、基本的な部分をきちんと押さえた上で、できることは何でもしてあげた方が、よりお客様のためになるだろうと考えたわけです。


野村文吾

社員が失敗を恐れず取り組むようにするため、まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

誰かを誘って始める、もしくはそうした相手がいるスポーツサークルに参加するのが長続きさせるコツです。その相手は、「大事な人」であることも重要なポイントです。尊敬している先輩や仲の良い友人など、自分だけが勝手に止めたら心が痛むような相手を選びましょう。


大久保幸夫

若いころのキャリアはいわば「筏下り型」です。激流の中、与えられたハードルを懸命に乗り越えていくことで力をつけるのです。しかし、30代半ばからは「山登り型」に切り替える必要があります。それまでの経験をもとに、本当に自分が進むべき目標(山)を設定し、そこに向かって全力を注いでいくことで真のキャリアが花開くのです。


前澤友作

お客さんの言いなりになる必要はないですよ。よく、「お客様は神様だ」っていいますが、僕にはあの意味がわからない。ZOZOTOWNには売る人、買う人、創る人など、いろいろな立場の人がいて、僕はそのすべてが対等だと思っています。お客さんの意見にはちゃんと耳を傾けるし、不都合にはできる限り対処していきたいと思っています。でも、自分たちが気持ちいいと感じる仕事のペースはあるわけで、それが嫌なお客さんは、よそで買ってくれればいいのです。


後藤忠治

いかに選手がその練習方法に納得して練習をするか。そういった気持ちになるような説得力のある指導をできるかどうか。そこに指導者の資質が求められる。


アンダース・エリクソン

フィードバックの重要性を示す一つの調査がある。米国の家庭医に関するものだ。医学部を卒業して家庭医になったあと、心音を聞いて患者の病状を診断する能力は時間がたつほど低下することがわかった。家庭医の診断を受け、専門医による治療が必要だと判断された患者は別の病院へ移る。家庭医は自分が下した診断が正確なものであったかというフィードバックを得られないために、上達が見込めないどころか、技術力の低下を招いたのだ。


大島康朋

やっぱり日々一段ずつ階段を上っていくことこそ本当の早道じゃないですか。成功へのエレベーターなんか、絶対にありませんから。


森平茂生

クロックスの日本法人を辞めた後、6ブランドからお誘いを受けましたが、すべてお断りしました。僕は100人が100人、「これなら絶対売れるよ」と言われるものは手がける気にならない。むしろ成功する可能性は50%くらいで、ほかの人は手を挙げないものの方が面白い。みんなが尻込みするものに挑戦すること自体に喜びを感じます。


熊本浩明

国内であれば、長年の経験やその中で培ってきた勘を頼りに乗り切れる場面もあるでしょう。たとえば、今日は風が強いからこういう操縦で飛行しよう。そうしたイメージや直感によって、ある程度は力技で目的地に到着することも可能です。しかし、周辺の環境や目的地までの距離、飛行のルールが変われば、これまで以上に計器が示す数値を正確に読み取り、的確に判断を下さなければならない。日本でやっていることをそのまま海外に持ち込んでもうまくいきません。