名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上島昌佐郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上島昌佐郎のプロフィール

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

上島昌佐郎の名言 一覧

オフィスの一角に社長席を設けています。社員との垣根をできるだけ低くして、お互いに情報を伝えやすくするためです。


今後、取り組んでいきたいと思っているのは、コーヒーの新しい可能性をつくりだしたり、それによって消費者を喜ばせたりすることです。消費者をあっと驚かせるようなこともしたいと思います。消費者との接点が多いことが我々の一番の特徴ですから、細か厳ニーズを汲み取り、新しい製品やサービスの形にするというところには、これからも積極的に取り組んでいくつもりです。


コーヒー市場をさらに拡大していくためには、消費者の細分化された嗜好に応える新機軸の商品を開発したり、アイデア溢れる飲み方を紹介したり、おいしいコーヒーを簡単に淹れられるサーバー製品を開発したりなど、「いつでも」「どこでも」「誰にでも」おいしいコーヒーを手に取ってもらえるように、我々から消費者の皆さんに積極的に提案していくことが重要だと考えています。


成熟したマーケットにこそチャンスがある。水出しコーヒーが米国に上陸して、「コールドブリュー」と名づけられて逆輸入されたことからもわかるように、日本人が好む日本独自のコーヒー文化には底知れぬポテンシャルがあります。事実、世界のコーヒーメーカーの関係者は、日本に短期間のうちに醸成された、高品質なコーヒーを楽しむ文化に大きな興味を持っています。そんな日本の市場に認められたコーヒーなら、きっと欧州の成熟市場にも受け入れてもらえるでしょう。


ブームによってコーヒー会社同士の競争が激しくなると想像する人がいるかもしれませんが、それは違います。1990年代後半から00年代にかけて大流行した「シアトル系コーヒー」ブームでは、それまで、あまりコーヒーを飲まなかった若い世代が、ミルクリッチのラテ系からコーヒーの世界に入り、日常的にコーヒーを楽しむようになったことで市場は勢いよく拡大しました。また、そのときコーヒーを飲みはじめた方々の一部は、現在、ミルクリッチは甘いといってブラックコーヒーを好んで飲むようになっています。このように、市場が拡大するとともに、新しい様々なコーヒー文化が誕生するきっかけになるので、我々にとってコーヒーブームは大歓迎です。


私も生産・購買本部長に就任して以降、中南米をはじめ、アジア、アフリカなど海外の主要なコーヒー生産地を訪ね歩きました。特にアジアは、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国をはじめ、中国南西部の雲南省、インド、ネパールも訪問しました。これまでに主要なコーヒー生産地は、ほぼ訪れたと思います。生産地訪問は、どんな目線でコーヒー事業に取り組んでいけばいいのかを考える絶好の機会になりました。


スペシャルティコーヒーをずっとつくってきた中南米の生産者が市場ニーズをきちんと理解しているのに対し、アジアやアフリカの生産者は、その辺の認識が薄かった。ですから私たちのほうから、どんなコーヒー豆なら買うのかという具体的な情報を伝えて、安定供給を実現するためにサポートすることにしました。市場のリアルな情報を提供することが、生産意識の向上につながると考えたのです。この課題は、アジアを中心に品質コンテストを積極的に開催し、評価されるコーヒー豆の品質基準を生産者間で共有できるようにしたことで解決しました。


現在、市場に流通しているコーヒー豆は、主にアラビカ種とロブスタ種の2種類。コーヒーブームを背景に、アラビカ種は供給不足の傾向にあります。そこで我々は、アラビカ種の安定供給を目的として、生産者の支援に力を入れています。こうした役目はトレーディング会社に任せてもいいのかもしれません。しかし、我々はコーヒーの可能性を追求しようという会社ですから、社員自らが世界のコーヒー生産地を訪れて現地の様子を確認するようにしています。


上島昌佐郎の経歴・略歴

上島昌佐郎、うえしま・まさろう。日本の経営者。「UCC上島珈琲」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、UCC上島珈琲に入社。生産・購買本部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

天野ひろゆき

評価やポジションは自分以外の人たちが決めていく世界なんですよね。だから、周りに感謝して頑張るしかないんです。


菅義偉

歴史っていうのは、とくに難しいんですよ。ただ、日本国民として、日本を代表して発言するわけですから、そしてそれがすぐに海外メディアに載るわけですから、きちっと主張することも大事です。


金子清孝

現代と違い、海外がすごく遠い時代です。ましてや私は、海外旅行すらしたことがなかったので、見るものすべてから強烈な印象を受けました。
【覚書き|30代前半でイトーキ初の海外駐在員として派遣されたときを振り返っての発言】


河野俊嗣

スポーツは宮崎にとって大きな武器です。昨年は野球の「侍ジャパン」が春と秋の2回にわたり、宮崎で合宿をしました。プロ野球やJリーグ以外のアマチュアを含めた日本代表クラスが宮崎を合宿地として選んでくれています。そういったことをもっとアピールしていきたいなと。箱根駅伝4連覇の青山学院大学も宮崎で合宿していただいています。宮崎で合宿しているチームが優勝する。そういった縁起の良さも広めていきたいです。


堀場厚

社員の声を業務に反映させることを目的とした「ブラックジャック・プロジェクト」という提案活動を進めています。これは提案内容や活動の成果の優秀さを競う参加自由の活動で、海外拠点も巻き込んで毎年大変盛り上がっています。単なる提案制度だとなかなか声が出ないかもしれませんが、カードゲームをネーミングにするといったちょっとした遊び心で「おもしろおかしく」することで、非常に大きな効果が出ています。


富永香里

人間というのは不思議なもので、こちらが押せば相手は引いてしまう。逆にこちらが「無理に買わなくていいですよ」と引けば、向こうは「う-ん、でも必要になるかもしれないし」と近づいてくるものなのです。


山本梁介

自律型感動人間を育てるために最も重視しているのは、上司と部下との対話です。新入社員を例にあげると、まずその人の長所を明らかにします。笑顔が素晴らしいとか、声が大きいとか、そんなことでもいいのです。上司はそれを伝え、大いに伸ばしていくことで、部下の自信につなげるのです。自分に自信を持って初めて、自律型で動けるようになるからです。


松岡真宏

我々はファンドではありません。会社を売却したりIPO(株式公開)をしたりして報酬を得るわけではないんです。再生して、そこでサヨナラというのでは寂しい。長期的視点で、二人三脚で再生に取り組みたいのです。


山本真司

最近は、社会企業を志す若者が増えています。環境や介護などの分野がより重要になるのは間違いないですが、本当に自分がそれをやりたいかどうかをよく考える必要があります。「社会的に立派なことをやりたい」という気持ちにとらわれすぎると、選択を誤ることになりかねません。社会貢献に関することは、得られる対価が安い場合が多く、継続が難しいからです。


池田弘(経営者)

ベンチャー詐欺師の口車に乗ってお金を注ぎ込んでいては、いくらお金があっても足りません。正直言って、数少ないものの、私も過去にそうした経験をしていますが、信用できる人間を見抜く眼力を養うことができたと思います。


佐藤弘志

自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


木暮太一

ビジネスマンとしての価値が高いということは、初心者がちょっとやそっと勉強したぐらいでは追いつけない膨大な経験と知識を持ち合わせていることにほかならない。