名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上岡敏之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上岡敏之のプロフィール

上岡敏之、かみおか・としゆき。日本の指揮者、ピアニスト。「新日本フィルハーモニー交響楽団」音楽監督。東京都出身。東京藝術大学卒業、ハンブルク音楽大学留学。ハンブルク音楽演劇大学講師、キール劇場専属指揮者、エッセン市立アールト劇場第一専属指揮者、ヘッセン州立歌劇場音楽監督、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、フランクフルト音楽大学代理教授、ザールブリュッケン音楽大学教授、ヴッパータール市音楽総監督、ヴッパータール交響楽団首席指揮者、ザールラント州立劇場音楽総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督などを務めた。

上岡敏之の名言 一覧

自分のドアさえ開ければ、そこにあるもの、それが音楽です。音楽によって自分を高められるし、共感することもできる。だから私たちも皆さんが入ってきやすいように、いつでもドアを開けています。


長い年月をかけて淘汰され、今の時代に伝えられているクラシック音楽というものは、例えば喜びや、ときには殺意といった人間の感情まで、音の言葉として伝えることができる。その音に共感できたとき、自分の世界がぐんと広がります。


音楽とは、作曲家の想いを自分なりに理解して、人に伝えること。そうして人に喜びを与えるのが演奏家です。最終的には自分との対話になるのですが、作曲家の想いを大切にしながら、メロディーの裏側まで表現できれば、出てくる音が違ってきます。


本当に大切なことは、大声を張り上げて話したりしませんよね。それがクラシック音楽の基本です。マイクを使わず、声と同じように楽器の音を出す。それを聴衆に届け、聴衆とキャッチボールをする。こうしてオーケストラは音楽の中身を深めていくのです。


音楽の解釈はいろいろあっていいんです。自分の感性で自由に感じればいい。その感性を磨くのは日々の生活です。そこに少しでもゆとりがあると、世界が広がっていく。だから皆さんにも、クラシック音楽のドアを少しだけ開けておいてほしいのです。


忘れもしません。僕がヴッパータールの音楽監督になって最初の演奏会。ドイツの有名なバイオリニストをお呼びして、マーラーの5番を演奏したのに、お客様はわずか250人。これは叩かれましたよ。でも諦めませんでした。一緒に音楽をやる仲間として、楽員たちとの信頼関係が生まれてきて、演奏のレベルも上がっていきました。地道な活動を続けた結果、チケットが取れないほどの人気オーケストラになったのです。


ドイツで音楽家としてのキャリアをスタートさせ、2004年にヴッパータール市の音楽監督に任命されました。アマチュアから学校、プロのオーケストラまで、ヴッパータール市の音楽のすべてに関わる仕事です。例えば学校の音楽教育について意見交換したり、自分が学校に出向いて音楽の授業をすることもありました。ヴッパータールは戦前までドイツ第二の都市だったのですが、第二次世界大戦で街の9割が破壊されました。戦後の復興のなかで、文化のある所に争いは起こらないという考えのもと、文化に力を入れてきました。ドイツのように至る所に歌劇場があり、オーケストラがある国では、自分のまちを一つにする文化が「音楽」なんです。大変でしたが、やりがいのある仕事でした。


新日本フィルの活動拠点は、東京都墨田区の「すみだトリフォニーホール」。墨田区もこのホールも、音楽をやるのにちょうどいい大きさです。我々も、もっと地元の皆さんに愛されるオーケストラになっていきたいと思っています。そのためのアイデアはいろいろあります。例えばオーケストラと地元の子供たちの演劇やダンスを組み合わせたり、障害のある方と一緒にやるなど、区民の皆さんにどんどん舞台に上がって参加してもらいたいと考えています。夢はオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を小学生に演じてもらうこと。墨田区の小学生は全員それをやる、なんていうことができたら、区民共通の素敵な思い出になると思うんです。


上岡敏之の経歴・略歴

上岡敏之、かみおか・としゆき。日本の指揮者、ピアニスト。「新日本フィルハーモニー交響楽団」音楽監督。東京都出身。東京藝術大学卒業、ハンブルク音楽大学留学。ハンブルク音楽演劇大学講師、キール劇場専属指揮者、エッセン市立アールト劇場第一専属指揮者、ヘッセン州立歌劇場音楽監督、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、フランクフルト音楽大学代理教授、ザールブリュッケン音楽大学教授、ヴッパータール市音楽総監督、ヴッパータール交響楽団首席指揮者、ザールラント州立劇場音楽総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

舛田光洋

カバンにモノをたくさん入れていることで、「仕事をしている気」になるんです。しかし、実際には成果が出ていないケースがほとんどです。仕事ができるビジネスマンは共通して(持ち物を厳選しているので)カバンが軽いのが特徴です。


北島康介

普段から自分がガッツポーズしている場面や喜んでいる姿とかをイメージしています。


塚越寛

社員の安全と健康を守り、幸せを感じられる仕組みを整えることで、常にだれもが喜びを感じながら前向きに努力する組織ができあがるのです。この20年間で、会社がいやで辞めた社員がわずか一名だったというのは、わが社のささやかな誇りです。


高岡浩三

マーケティングの思考や行動を身につけられるかどうかは、顧客の問題についてどれだけ深く考えられるかによって決まる。常に自分の頭で一生懸命考えていれば、そのぶんだけ顧客の問題を発見できる確率は高まる。持って生まれた能力は一切関係ない。


寺尾玄

諦めず、人のために、本気で何かをしようとしていれば、誰かが必ず協力してくれる。というか、放っておかない。


永守重信

必要なのは、失点の少ない人材ではない。当社でいえば、「泣かない、逃げない、やめない」スピリッツを持つ人材である。


寺尾玄

失敗すると恥ずかしいし、傷つくし、悔しいですよ。全力で挑んだ勝負だったらなおさらです。しかし、そんな時でも簡単にくじけることはないと思っています。それはチャレンジし続けて成功したことが何度もあるから。失敗は「可能性を試した結果」でしかありません。失敗を重ねれば重ねるほど、成功に近づいていく。そう考えているからこそ、失敗してもくじけずにいられるのです。


浜矩子

いまのビジネスマンは結果だけに着目しすぎです。思考のプロセスがあって結果があるのに、結果を追い求めるあまり、「道草を食ってはいけない」といって考えるプロセスを省略しようとするのです。実際には、何度も思考を重ねて、そのプロセスをかみしめて味わっていく中から、想定していなかった新たな結論が生まれることがあるはずです。ところが、いまのビジネスマンは、いきなり結論に飛びつくことで、新しいものを創造する機会を自ら捨てています。世の中ではイノベーションが求められていますが、こうしたやり方で創造性のある答えを導くのは難しいでしょう。


小泉光臣

弊社はベルギーのグリソンという会社を買収しました。これは、グリソンが持っている手巻きたばこ、つまりあらかじめ巻かれたシガレットタイプではなく、自分の手で巻く、値頃感のある商材を手に入れることが目的です。これによって景気が悪い時のダウントレーディング(顧客が下の価格帯商品に移る現象)の受け皿として、ポーフォリオの拡充ができました。


松原弘典

仕事でひどい目に遭ったとき、心の整理はつきませんよ。だから、すぐ次のプロジェクトの方を向きます。


福岡伸一

今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、「自由であれ」と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです。


瀬戸欣哉

ジュースバーは誰がボタンを操作しても同じジュースが出てきますよね。会社もそれと同じように、誰でも一生懸命働けば結果を出せるような組織でなければ、持続的に成長できない。