名言DB

9412 人 / 110637 名言

上岡敏之の名言

twitter Facebook はてブ

上岡敏之のプロフィール

上岡敏之、かみおか・としゆき。日本の指揮者、ピアニスト。「新日本フィルハーモニー交響楽団」音楽監督。東京都出身。東京藝術大学卒業、ハンブルク音楽大学留学。ハンブルク音楽演劇大学講師、キール劇場専属指揮者、エッセン市立アールト劇場第一専属指揮者、ヘッセン州立歌劇場音楽監督、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、フランクフルト音楽大学代理教授、ザールブリュッケン音楽大学教授、ヴッパータール市音楽総監督、ヴッパータール交響楽団首席指揮者、ザールラント州立劇場音楽総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督などを務めた。

上岡敏之の名言 一覧

自分のドアさえ開ければ、そこにあるもの、それが音楽です。音楽によって自分を高められるし、共感することもできる。だから私たちも皆さんが入ってきやすいように、いつでもドアを開けています。


長い年月をかけて淘汰され、今の時代に伝えられているクラシック音楽というものは、例えば喜びや、ときには殺意といった人間の感情まで、音の言葉として伝えることができる。その音に共感できたとき、自分の世界がぐんと広がります。


音楽とは、作曲家の想いを自分なりに理解して、人に伝えること。そうして人に喜びを与えるのが演奏家です。最終的には自分との対話になるのですが、作曲家の想いを大切にしながら、メロディーの裏側まで表現できれば、出てくる音が違ってきます。


本当に大切なことは、大声を張り上げて話したりしませんよね。それがクラシック音楽の基本です。マイクを使わず、声と同じように楽器の音を出す。それを聴衆に届け、聴衆とキャッチボールをする。こうしてオーケストラは音楽の中身を深めていくのです。


音楽の解釈はいろいろあっていいんです。自分の感性で自由に感じればいい。その感性を磨くのは日々の生活です。そこに少しでもゆとりがあると、世界が広がっていく。だから皆さんにも、クラシック音楽のドアを少しだけ開けておいてほしいのです。


忘れもしません。僕がヴッパータールの音楽監督になって最初の演奏会。ドイツの有名なバイオリニストをお呼びして、マーラーの5番を演奏したのに、お客様はわずか250人。これは叩かれましたよ。でも諦めませんでした。一緒に音楽をやる仲間として、楽員たちとの信頼関係が生まれてきて、演奏のレベルも上がっていきました。地道な活動を続けた結果、チケットが取れないほどの人気オーケストラになったのです。


ドイツで音楽家としてのキャリアをスタートさせ、2004年にヴッパータール市の音楽監督に任命されました。アマチュアから学校、プロのオーケストラまで、ヴッパータール市の音楽のすべてに関わる仕事です。例えば学校の音楽教育について意見交換したり、自分が学校に出向いて音楽の授業をすることもありました。ヴッパータールは戦前までドイツ第二の都市だったのですが、第二次世界大戦で街の9割が破壊されました。戦後の復興のなかで、文化のある所に争いは起こらないという考えのもと、文化に力を入れてきました。ドイツのように至る所に歌劇場があり、オーケストラがある国では、自分のまちを一つにする文化が「音楽」なんです。大変でしたが、やりがいのある仕事でした。


新日本フィルの活動拠点は、東京都墨田区の「すみだトリフォニーホール」。墨田区もこのホールも、音楽をやるのにちょうどいい大きさです。我々も、もっと地元の皆さんに愛されるオーケストラになっていきたいと思っています。そのためのアイデアはいろいろあります。例えばオーケストラと地元の子供たちの演劇やダンスを組み合わせたり、障害のある方と一緒にやるなど、区民の皆さんにどんどん舞台に上がって参加してもらいたいと考えています。夢はオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を小学生に演じてもらうこと。墨田区の小学生は全員それをやる、なんていうことができたら、区民共通の素敵な思い出になると思うんです。


上岡敏之の経歴・略歴

上岡敏之、かみおか・としゆき。日本の指揮者、ピアニスト。「新日本フィルハーモニー交響楽団」音楽監督。東京都出身。東京藝術大学卒業、ハンブルク音楽大学留学。ハンブルク音楽演劇大学講師、キール劇場専属指揮者、エッセン市立アールト劇場第一専属指揮者、ヘッセン州立歌劇場音楽監督、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、フランクフルト音楽大学代理教授、ザールブリュッケン音楽大学教授、ヴッパータール市音楽総監督、ヴッパータール交響楽団首席指揮者、ザールラント州立劇場音楽総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私が20代でどこかの会社に新人として入ったとしましょう。まず考えるのは、その会社は将来潰れる可能性が高いということです。大企業であればあるほど潰れる確率が高い。だから自分の腕を磨いて「100万ドルプレーヤー」を目指します。いずれ起業するかもしれません。そのためにも、仕事を通じて早く「数字感覚」を身につけて、つぶしが利くようにしますね。配属先を希望できるなら、迷うことなく経理部門を選びます。1年間ぐらい、会社の経営状態を示す数字の基礎をマスターしたい。


美輪明宏

一升瓶には一升しか入らない。一升瓶に一生のお酒を入れてしまうと、ちょっと動くだけでこぼれてしまう。初めから八分目から九分目に入れておけばこぼれずにすむ、無駄にならないのです。残りの二分は人に初めからあげておけばいい。人も喜ぶし、お酒も無駄になりません。


矢頭美世子

毎月の給料とボーナスは今でも現金で手渡ししています。その方が感謝の気持ちが伝わりますし、社員は家に帰って家族に渡すときに今度は自分が感謝されるからです。ボーナスを手渡しする際には、一人一人と面談をします。さらに「ここをこうしたらもっと成長できる」といったメッセージを添えています。ありがたいことに、全員からお礼が返ってきますよ。


千本倖生

いくら頭脳が優秀でも、勉強をしないと宝の持ち腐れになってしまう。とりわけ、若い時代は集中して、情熱を持って勉学に励むべきだろう。


丹羽宇一郎

入社して30代前半までの最初の10年間は、アリのようになって働くことが重要です。若い時期に人生を切り開くために必要な、仕事の基本を体に覚えさせるのです。力を出し切るまで働くという意味を込めて、私は「泥のように働け」と言っています。


野口悠紀雄

お金の稼ぎ方の根本は昔から変わっていない。ポイントは、人と違うところに目をつけること。同じことをしていたら絶対儲からない。


守安功

上の立場にいる人は、部下が発言しやすい環境を整える一方で、部下からの発言を受け止めなければいけません。私は前社長(南場 智子)に対して、言いたいことをズバズバ言っていました。南場からは、「守安は、DeNAでなければ絶対に出世しない」と言われていたくらいです。上司の懐の広さゆえ、許されていたのだと思います。


松田丈志

幼い頃から誰かと切磋琢磨する環境で練習してこなかった僕は、自分の成功や成長だけに集中するような超個人主義でした。でも、ロンドン五輪の前年にキャプテンという役割を与えられると、おのずと「仲間のため、チームのために何ができるか」と考えるようになった。


三村明夫

今は「聖域なき合理化」とよく言われますけど、本来、合理化には聖域があるべき。再び収益が上がり始めたら、本来合理化すべきでなかった部分は元に戻すことが必要。会社の合理化というのは、単に規模を縮小すれば成り立つのではない。


増井俊介

オーナーにとって最初の1年というのは、事業に慣れていないこともあり最も不安が大きい時期です。この期間のサポートを充実させていることが、継続率の高さ位に繋がっているのだと思います。


金川顕教

誰でもすぐにできるのは本を読むこと。朝と夜に30分ずつ情報収集の時間をとって、「本を見る」習慣を身につけてください。自分が興味あることや、やりたいことの分野で成功している人が書いた本がいいでしょう。そして気になったポイントをパソコンやスマホに1行メモで記録していく。そして、できることはどんどん実行していく。


室伏重信

菅原(武男)さんは私より一回り体が小さく、石田(義久)さんとはあまり変わらない。悔しくてこう思った。絶対に原因がある。要は二人の先輩たちとの差を見つければいい。心技体のうち、やる気で負けていませんし、体力も差はない。じゃあ、何かと言うと、技術しかない。技術とはなんだろう。持ったエネルギーを最適な方向に効率よく出力させることだと考えました。


犬伏泰夫

ビジネス上のやり取りや交渉はむしろ、それが終わった後の方が大事なことが多いのではないでしょうか。何となく不満だけれども交渉で負けたのだから仕方がないというのでは、相互の関係を長期的に継続させることは難しい。相手も自分も納得できるようなやり取りにしなければなりません。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私がイトーヨーカ堂の衣料部門の立て直しを頼まれたときのことです。まずネクタイの一新を図りました。一年半後、売上はV字回復ですよ。平均単価も、百貨店レベルとはいきませんがかなり上がりました。商品単価が上がって売上も伸びた。商品は、価格ではない。


橋本雅博

転機かどうかは、その時にはなかなかわからないものですが、長期的な視野に立てば、見えてくることがある。