名言DB

9413 人 / 110706 名言

上山眞文の名言

twitter Facebook はてブ

上山眞文のプロフィール

上山眞文、うえやま・まさふみ。日本の経営者。「アルファ・インベストメント」社長。鹿児島県出身。不動産会社勤務を経てアルファ・インベストメントに入社。同社社長を務めた。

上山眞文の名言 一覧

お客様と常に接していることで、当社も様々な情報を得ることができます。なんでもご相談していただくことで、新たなご提案もできるのです。それが、私たちにとってはビジネスチャンスにもなる。


我々の仕事は売って終わりではなく、売ってからがスタート。お客様と末永くおつきあいを続けるためにはどうすればいいか、常に未来を見据えているのです。


当社では、新規のお客様の98%が既存オーナー様からのご紹介です。いわば「人と人とのつながり」で私たちのビジネスが成り立っているわけですから、一人ひとりとのご縁を大事にするのは当然です。


当社が健全な経営をしていられるのは、物件を持っていただいて終わりではなく、物件を売るときにもお手伝いさせていただくことで、物件の取扱件数が多くなっているから。それができるように、お客様と信頼関係を築いているから。


不動産投資で最も重要なのは立地。駅の近くが基本です。駅から徒歩5分圏内にある賃貸マンションと15分圏内にある賃貸マンションで、競合の数がどれだけ違うか、一目瞭然でしょう。駅から離れるほど空室になりやすくなり、そのぶん家賃が安くなり、投資効率が悪くなります。


不動産投資の最大のリスクは「空室」ですが、当社では基本的に、人口が増え続けている都心部の優良物件だけを厳選しています。それも、スタッフが毎日のように地域に強い不動産会社に電話をして、優良物件情報を得ています。本当にいい物件は市場に出る前に業者間で取引されてしまうものだからです。


当社ではいったん自社で物件を買い、それを顧客に売るというスキームを取っています。だからこそ売買の決断がスピーディで、それを評価してくれた不動産仲介業者からさらにいい情報が集まる、という好循環ができているのです。


景気が良くても悪くても利益を得る方法が必ずあるのが不動産投資の面白さ。景気が良くなれば不動産価格が上がるので、所有する物件を高く売却できる。景気が悪くなれば不動産価格が下がるので、すでに所有している物件の家賃収入を元手にもう一棟買い足して、さらに大きな収益を生むチャンス。状況に応じて最適な方法を選択すれば、どんなときでも収益を生むことが可能なのです。


ただ不動産仲介会社に問い合わせるだけでは、優良物件の情報を出してもらえません。大事なのは、ここでも関係づくり。当社に物件・を紹介していただくメリットを丁寧に伝えています。たとえば、物件を購入するかどうかの判断が早いことや、個人に販売すると瑕疵(かし)担保責任を負うことになりますが、当社に販売してもらえば負わなくてもいいことなどです。こうしたことを伝えたうえでなら、「そのぶん、価格を下げてもらえませんか」という交渉ができます。


オーナー様に融資をしていただく金融機関との関係づくりは、今の私にとって最大の仕事になっています。銀行によって融資の方針が違いますし、同じ銀行でも支店や担当者によって方針が違うことも多いので、社長である私が各支店に足を運び、支店長など決定権を持つ人と直接話をしながら、こまめに情報の把握に努めています。だからこそ、お客様のニーズに合わせて、「××銀行の○○支店に相談すれば、有利な条件で融資してくれるだろう」といった判断がスピーディーにできるのです。


上山眞文の経歴・略歴

上山眞文、うえやま・まさふみ。日本の経営者。「アルファ・インベストメント」社長。鹿児島県出身。不動産会社勤務を経てアルファ・インベストメントに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

下元朗

30代はプレーヤーからマネージャーへと選別が始まる時期。企業を成長させるには人材の底上げが肝心で、経営者はマネージャーに対して仕事で成果を上げるだけでなく、「人を育てる」ことも期待している。それを理解し、自分のミッションとして遂行できるかどうかが、30代にとって出世街道の分かれ目。


山村幸広

私のような会社のトップの立場にいる人間がメールで社員に指示を出すと、一方的な命令で終わってしまいます。それでは、社員が私の言葉に対してどう思っているか、細かな点は吸い上げられません。会社経営としては、大きなマイナスだと思います。
【覚書き|社員にメールを出さない理由について答えた言葉】


新渡戸稲造

我々の親にも子にも友人にも欠点があれば、我々の憎み嫌う人にも特長がある。


竹中平蔵

教育というのは、君なら出来ると勇気付けることです。エンカレッジというのは、成功体験を積み重ねること。それが教育です。


三谷宏幸

社員全員が違う方向のベクトルを持っていると総和はゼロになってしまう。これでは組織の力は出ない。いかにベクトルを同じ方向に向かせるか。一枚岩にするかが重要なんです。


佐久間昇二(佐久間曻二)

人については、ひとりもクビを切らずに再建できるという確信が私にはあった。ソフト事業は特に人が財産。それを失いたくなかった。


リチャード・カールソン

人は自分が気分に支配されていることに気づかない。だから突然人生がしんどくなったりするのだ。気分が落ち込むと、生きるのがしんどいと感じる。客観性がほとんど消えてしまう。なんでも個人的に受けとめ、周りの人たちの言動に悪意を感じたりする。だが、人生は落ち込んだ時に感じるほどひどくはない。


ジョン・ロック

人のとる行動は、その人の考え方を最も的確に表明するものである。


ハワード・シュルツ

どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。


平尾誠二

部下への指示は最初からあまり細かいところまで決めないことです。むしろ、「ここだけは」という肝心のポイントだけ伝わればいいと考え、指示にはなるべく隙間をつくっておいた方がいいでしょう。そうしないと、部下がイマジネーションを発揮する余地がなくなってしまいます。部下に一律に同じことをやらせる方が効果的という考え方にも一理あります。ただし、それでは個々のモチベーションはあがりませんし、組織のパフォーマンスもすぐに頭打ちになってしまいます。


大塚寿

雑談のセオリーは「相手が喜ぶ話題を振る」「素朴な疑問を投げかける」「共通の話題を振る」の3つです。


島左近(島清興)

城下の繁栄に驕って下々の憂苦を思わず、武具のみに力を入れて城郭を構築しようとしても、徳と礼儀がなければ、はなはだ危うい。


本田健

日本の資産1億円以上の富裕層は、全体のわずか2%だといわれています。多くの人が、「もっとお金が欲しい」と思いつつ、毎月の生活費やローンに追われるなど、お金の苦労を味わっているのです。なぜ、98%の人はお金持ちになれないのでしょう。その最大の理由は、ほとんどの人が、これまでお金に関する知識や智恵を学んだことがないからではないでしょうか。多くの人にとって、お金に関する知識といえば、子供の頃から親に言われ続けてきた「無駄使いするな」「貯金しろ」「連帯保証人にはなるな」の三原則くらいで、これが無意識のうちにインプットされているせいもあるでしょう。


尾山基

スポーツ用品業界にはかつてない地殻変動が起きています。SNSが当たり前の時代となり、ブランドが消費され、飽きられるスピードもどんどん速くなっています。グローバルで競争している各社は、その地殻変動への対応に追われています。


高橋俊介

各自が主体性をもって先手必勝の姿勢で仕事に取り組まなければ、仕事の洪水に呑みこまれてしまう。これからのホワイトカラーの働き方として、アウトプットの優先順位をつけ、仕事を早く切り上げて帰宅するという姿勢が求められるようになるだろう。