上山眞文の名言

上山眞文のプロフィール

上山眞文、うえやま・まさふみ。日本の経営者。「アルファ・インベストメント」社長。鹿児島県出身。不動産会社勤務を経てアルファ・インベストメントに入社。同社社長を務めた。

上山眞文の名言 一覧

お客様と常に接していることで、当社も様々な情報を得ることができます。なんでもご相談していただくことで、新たなご提案もできるのです。それが、私たちにとってはビジネスチャンスにもなる。


我々の仕事は売って終わりではなく、売ってからがスタート。お客様と末永くおつきあいを続けるためにはどうすればいいか、常に未来を見据えているのです。


当社では、新規のお客様の98%が既存オーナー様からのご紹介です。いわば「人と人とのつながり」で私たちのビジネスが成り立っているわけですから、一人ひとりとのご縁を大事にするのは当然です。


当社が健全な経営をしていられるのは、物件を持っていただいて終わりではなく、物件を売るときにもお手伝いさせていただくことで、物件の取扱件数が多くなっているから。それができるように、お客様と信頼関係を築いているから。


不動産投資で最も重要なのは立地。駅の近くが基本です。駅から徒歩5分圏内にある賃貸マンションと15分圏内にある賃貸マンションで、競合の数がどれだけ違うか、一目瞭然でしょう。駅から離れるほど空室になりやすくなり、そのぶん家賃が安くなり、投資効率が悪くなります。


不動産投資の最大のリスクは「空室」ですが、当社では基本的に、人口が増え続けている都心部の優良物件だけを厳選しています。それも、スタッフが毎日のように地域に強い不動産会社に電話をして、優良物件情報を得ています。本当にいい物件は市場に出る前に業者間で取引されてしまうものだからです。


当社ではいったん自社で物件を買い、それを顧客に売るというスキームを取っています。だからこそ売買の決断がスピーディで、それを評価してくれた不動産仲介業者からさらにいい情報が集まる、という好循環ができているのです。


景気が良くても悪くても利益を得る方法が必ずあるのが不動産投資の面白さ。景気が良くなれば不動産価格が上がるので、所有する物件を高く売却できる。景気が悪くなれば不動産価格が下がるので、すでに所有している物件の家賃収入を元手にもう一棟買い足して、さらに大きな収益を生むチャンス。状況に応じて最適な方法を選択すれば、どんなときでも収益を生むことが可能なのです。


ただ不動産仲介会社に問い合わせるだけでは、優良物件の情報を出してもらえません。大事なのは、ここでも関係づくり。当社に物件・を紹介していただくメリットを丁寧に伝えています。たとえば、物件を購入するかどうかの判断が早いことや、個人に販売すると瑕疵(かし)担保責任を負うことになりますが、当社に販売してもらえば負わなくてもいいことなどです。こうしたことを伝えたうえでなら、「そのぶん、価格を下げてもらえませんか」という交渉ができます。


オーナー様に融資をしていただく金融機関との関係づくりは、今の私にとって最大の仕事になっています。銀行によって融資の方針が違いますし、同じ銀行でも支店や担当者によって方針が違うことも多いので、社長である私が各支店に足を運び、支店長など決定権を持つ人と直接話をしながら、こまめに情報の把握に努めています。だからこそ、お客様のニーズに合わせて、「××銀行の○○支店に相談すれば、有利な条件で融資してくれるだろう」といった判断がスピーディーにできるのです。


上山眞文の経歴・略歴

上山眞文、うえやま・まさふみ。日本の経営者。「アルファ・インベストメント」社長。鹿児島県出身。不動産会社勤務を経てアルファ・インベストメントに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

久恒啓一

その気になって行動すれば、忙しいビジネスマンでも勉強するための時間を生み出すことは十分可能なのです。忙しくて勉強する時間がないと嘆く人も、一度自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。


澤上篤人

長期投資で絶対に守ってほしいのは、5年先も10年先もずっと応援していきたいと思える会社を、いくつか見つけること。そして、その会社をトコトン応援していくこと。それ以外は、一切考えないでいい。もう、それで十分。まずは、5年先も10年先も、ずっと応援していきたい会社から始めようか。ずっと応援したいと思える会社というのは、一体どんな会社だろう? 自分が生きていく上で、この世から消えてなくなっては困る会社じゃない? この会社は消えてなくなっては絶対に困る。そう思うなら、あなたはどんな応援ができるかな? 消費者として、「どうせ買うなら、その会社の製品を、どんどん買ってあげよう」となるんじゃないかな? 企業なんて、売り上げが続けば、よほどのことがない限りは潰れない。潰れっこない企業を応援しようと、多くの「投資家もどき」連中が売っているところで買いに行けば、応援したい企業の株式を申し訳ないほど安く買える。長期投資なんて、それだけのことなのよ。難しい勉強など、全く必要ない。


高碕達之助

私は日本が米国に負けたのは日本の土木技術が遅れていたからだと考えた。というのは米国の土木技術をもって羽田飛行場を整理しているのを見て驚いたからだ。また、山ひとつとってしまわなければ飛行機が飛べなかったトラック島を、彼らはわずか2週間か3週間で山を崩して爆撃機を飛ばせるようにした。


松重豊

芸能界の中心にずっといたような俳優ではないので(笑)。50歳近くになるまでは、自分の所在が見つからずに周りでウロチョロしていましたから。当事者じゃないよ、というちょっとずるい立ち位置でこの世界を見ているのがいいかなと。


小林一雅(小林製薬)

相手を刺激する不要なケンカは仕掛けない。それが結果的に自社のシェアを守ることにもなります。


葉山有樹

草花を描くためには、近所の山に出かけてずっとスケッチをしていました。家のまわりに生えている、だいたい128種類ほどの草花なら、何も見ないでも細部も正確に描けるようになるまでスケッチを続けるんですね。植物だけでなく動物や人物にしても、そのように何百回も同じものを描き、あとは勝手に筆の先が動いてくれるようになることを大切にしています。古い焼きものに描かれた文様や生きものなどには、それぞれ意味も起源もちゃんとある。それを自分のものにしなければ、単純な技術だけではどうしても本物のよさは出ないんですよ。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

いまは世界経済が非常に不安定な時期ですが、GEは4つの柱で経営をしています。

  1. 事業を十分理解したうえでリーダーシップを発揮すること。
  2. 財務規律を保つこと。
  3. 長期的な内部成長を促す基盤づくりに努め、GDP成長率の2から3倍の成長を続けることを目指すこと。
  4. 人材育成。年間10億ドルの投資で人材を育成しています。

岸田雅裕

転職希望者から「外資系コンサルって、給料はどのくらいもらえるんですか?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「報酬が目的で入社する人は、同じ動機で早晩、辞めることになるから入社は薦めない」と言います。リーマンショックの時、投資銀行の年俸があり得ないほど下がり、「俺の価値が暴落した」と言った知人がいましたが、とても不幸な考えだと思いました。


蒲生氏郷

何のなにがしの家風は和を主とし、恩を貴ぶ。そのため士の多くは柔弱である。儀礼を知る者は多いが勇猛の士は少ない。また何のなにがしの家風は凛々と締まっていて、武道の心がけが良く、強い士が多いが、儀礼を知る者は少ない。この両家にはそれぞれ欠点がある。


山口悟郎

喋れば喋るほど、どんどん薄っぺらくなると思うので、相手との心理的な距離を縮めたいと思ったときも、必要最低限のことしか話さず、むしろ相手の話をよく聞くことを心がけるようにしています。


松下幸之助

「これはこんなものだろう、これでいいんだろう」こういうことで、みずからそれで限界をつくってしまえば、一歩も進歩することができないだろう。


杉本宏之

僕はべつに天才でも何でもないから、努力しないと、何も成長しません。


澤田秀雄

ピンチのときにも挑戦し続けなくてはならない。ピンチのときほど前向きになるべきだ。


小笹芳央

我が社は役職ごとのおおまかな給与を、社員に公表しています。どこまで昇進すれば、いくらもらえるのかを皆、知っています。私は若手社員との飲み会の席で「おまえ、いくら欲しいねん?」とよく尋ねます。この時、スパッと希望の年収を答えられる社員ほど、成長が速い。


アダム・スミス

我々が食事をできるのは、肉屋や酒屋やパン屋の主人が博愛心を発揮するからではなく、自分の利益を追求するからである。


ページの先頭へ