名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上山直英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上山直英のプロフィール

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

上山直英の名言 一覧

仕事が面白いと初めて感じたのは、自分のアイデアで世の中を変えられるという実感が得られたときだった。


社長に就任した数年後、ユーゴスラビア連邦が解体して、その中の、セルビア・モンテネグロ共和国(のちのセルビア共和国)から名誉総領事の依頼があったのです。まったく見当のつかない話だったので、大使館に出向いて「なぜ私に話を持ってこられたのですか」と尋ねますと、大使から「ほかにセルビアと関係のある人を探したけど、見つからない。それに、あなたのひいおじいさん(創業者・上山英一郎)がユーゴスラビアの名誉領事をやっていたでしょう」と言われました。これは本当に驚きました。曾祖父は様々な団体の役職に就いていましたから、名誉領事もその中の一つくらいに思っていて、なぜその職にあったのか深く考えたことがなかったからです。創業時に、蚊取線香の原料になった除虫菊の原産地がセルビアです。それまで、歴史というものは終わったことだからと考え、自社の歴史にも興味がありませんでした。しかし、歴史が積み重なって今の会社があって、今の自分もあるということに、あらためて気がつきました。


上山直英の経歴・略歴

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

丁宗鐵

海外旅行をすると、変な時間にお腹がすいたり、眠くなったりするでしょう。でも、変な時間じゃなくて、体は日本時間のまま強のです。普段生活しているときは気がつきませんが、体は自律神経のプログラムにしたがって生きているのです。


ジェイ・エイブラハム

表面的ではなく深く入り込んで考える。心から感情移入し、取引相手が何を理解し、尊敬し、どう世の中を見ているかを理解する。お客様が言葉では表現しきれない隠れた要望や懸念を見つけ出し解決する。その視点に立脚して初めて、マーケティングは正しく機能する。


五十嵐幹

創業期はなるべく社員と一緒に仕事をするよう心がけました。一緒に仕事をすることにより、自分の考えていることや働き方が伝わっていくからです。


藤井孝一

なんとなく起業したいという思いの段階でも、人に会って話すことで、考えがまとまったり決意が固まったりすることもある。さらに、たくさんの人に会うことで、人を見る目も養える。


小笹芳央

40代前半はちょうど人生の中間地点です。後半戦に向けて、自分のバリューを高めていく戦略を立てる必要があります。3年後、5年後のビジョンを描き、そのときに売り上げや利益はどうなっているのか。考えを巡らすことは自分のキャリアプランにも役立ちます。


吉澤準特

私も若手時代、時間の見積もりの甘さで周囲に迷惑をかけていました。そこで講じた解決策が、「仕事の所要時間は、頭に浮かんだ時間の2倍を想定する」ことでした。仕事の所要時間は、「頑張ればできそう」と思った時間の「2倍」を見積もっておけば、より現実的になります。


藤田晋

相手の気持ちを想像するとき、「自分だったら」と考えるのは簡単。自分ではない他人だからこそ、想像するのが難しい。その難しさを理解した上で、ユーザー目線でサービスをつくれば、本当の意味での顧客主義ができるようになる。


小川善美

逆風の中をなんとか耐え忍ぶと、結果的に競合企業がなくなっていくんです。3から4社くらい似たような会社があったのに、その会社だけが残ったという感じで。ここへ来てそういう会社がチャンスを得ているのを見ると、賢く立ち回るのも一つだし、泥臭くやるのも一つなんだなって勉強になりますね。


林田英治

各事業会社の細かなことには口を出さず、彼らが気づきにくい大きなトレンドを見てアドバイスをしていく。


渡邉幸義

私には信念があり、一見損であることも、人として正しいことだと思えばやり抜いてきました。その結果、私がやってきたことは事業として成り立つことがわかりました。


坪田信貴

最も良くないのは、検証もせずに投げ出してしまうこと。たとえ自分に合わなくても、「この方法は苦手らしい」と教えてくれる、ありがたい情報です。検証のサンプルが増えるほど、効果の高い勉強法の再現性が高まります。成功・失敗にかかわらず、なるべく多くのサンプルを集める必要があります。PDCAさえ正しく回して改善を重ねていけば、自然と勉強はできるようになります。いくら勉強しても成績が伸びなかった人は、頭の出来が悪いのではなく、単に勉強のやり方を間違っていただけ。


茂木友三郎

特に世界史の中での日本を見てほしい。歴史を学ぶというのは、将来を展望する上で欠かすことができない、大切なことです。これからの日本人は、グローバルに活躍することが当然のように求められます。そうなると世界の歴史を知ることは、今以上に大切になってくると思います。