名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上山直英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上山直英のプロフィール

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

上山直英の名言 一覧

仕事が面白いと初めて感じたのは、自分のアイデアで世の中を変えられるという実感が得られたときだった。


社長に就任した数年後、ユーゴスラビア連邦が解体して、その中の、セルビア・モンテネグロ共和国(のちのセルビア共和国)から名誉総領事の依頼があったのです。まったく見当のつかない話だったので、大使館に出向いて「なぜ私に話を持ってこられたのですか」と尋ねますと、大使から「ほかにセルビアと関係のある人を探したけど、見つからない。それに、あなたのひいおじいさん(創業者・上山英一郎)がユーゴスラビアの名誉領事をやっていたでしょう」と言われました。これは本当に驚きました。曾祖父は様々な団体の役職に就いていましたから、名誉領事もその中の一つくらいに思っていて、なぜその職にあったのか深く考えたことがなかったからです。創業時に、蚊取線香の原料になった除虫菊の原産地がセルビアです。それまで、歴史というものは終わったことだからと考え、自社の歴史にも興味がありませんでした。しかし、歴史が積み重なって今の会社があって、今の自分もあるということに、あらためて気がつきました。


上山直英の経歴・略歴

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

日覺昭廣

我々は、米国においても業績悪化でリストラしたことはありません。それが従業員の信頼につながり、技術の伝承や蓄積にもつながります。米国で当社に勤め続けている社員にはそれの良さが伝わっている実感があります。


伊東孝紳

我々の最優先事項はホンダブランドを強くすることに尽きます。横着して別ブランドを掲げる前に、少し薄れかけてきたホンダブランドを、若い人が飛びつくような魅力的なブランドに磨いていく必要があります。そこに集中しないと、うちの体力は持たない。


横井啓之

隣の芝生は青く見えるって言いますよね。でも、青く見えるのは、その道のプロが一生懸命やっているから。


ジョン・テンプルトン

四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。


佐々木常夫

「知る」と「わかる」は大きく違います。「知る」は単に頭の中にインプットしただけのこと。一方、「わかる」ことを私は「解る」だと考えています。ものごとを理解し、自分の行動を変えていくことです。その変化は自分を一歩高めることにつながっていきます。


高田明(ジャパネットたかた)

人生で無駄なことは何一つ無い。積み上げていけば、必ず後に生きてくる。


西川世一

創業してまもなく、致命的なミスで損害賠償を請求され、倒産の危機を迎えた。思えばあれが第2の創業期だった。品質の徹底に加え、付加価値とは何か、付加価値を創造するための組織とはどうあるべきかを徹底的に見直した。


大塚寿

無目的に資格取得に走る若いビジネスマンが多い。業務上必要な資格は当然取得すべきですが、何となく役立ちそうだからと、例えば行政書士や中小企業診断士などの勉強をするのはいかがなものかと思います。確かに地頭は強くなるかもしれませんが、実務に遠い知識では現在も将来もためにならない。勉強すべきは、もっとど真ん中の部分なんです。


松尾均

社長就任時、はとバスのパンフレットは「お客様にサービスを売る」という意識が足りなかったせいか、時刻表に毛が生えたようなレベルのパンフレットだったんです。これでは、お客様に「はとバスに乗りたい」と思ってもらえはしないと感じました。


納富貞嘉

今の世界、ITの進歩はすさまじい勢いで加速しています。それはこれまで人類がかつて経験したことのないほどの速度です。これからは人のニーズを凌駕した技術がどんどん出てきます。そんな中で重要なのは、高いスキルを持ち技術を理解したエンジニアが、自ら提案していくことです。そのためにはコミュニケーション能力はどうしても必要です。


国部毅(國部毅)

組織の活力がないと新しい発想も出てこないし、チャレンジもしなくなります。


齋藤孝(教育学者)

本番で結果を出すためには、日ごろから地道に努力をして力を蓄積しておくことが大事。付け焼き刃は通用しない。