名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上山直英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上山直英のプロフィール

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

上山直英の名言 一覧

仕事が面白いと初めて感じたのは、自分のアイデアで世の中を変えられるという実感が得られたときだった。


社長に就任した数年後、ユーゴスラビア連邦が解体して、その中の、セルビア・モンテネグロ共和国(のちのセルビア共和国)から名誉総領事の依頼があったのです。まったく見当のつかない話だったので、大使館に出向いて「なぜ私に話を持ってこられたのですか」と尋ねますと、大使から「ほかにセルビアと関係のある人を探したけど、見つからない。それに、あなたのひいおじいさん(創業者・上山英一郎)がユーゴスラビアの名誉領事をやっていたでしょう」と言われました。これは本当に驚きました。曾祖父は様々な団体の役職に就いていましたから、名誉領事もその中の一つくらいに思っていて、なぜその職にあったのか深く考えたことがなかったからです。創業時に、蚊取線香の原料になった除虫菊の原産地がセルビアです。それまで、歴史というものは終わったことだからと考え、自社の歴史にも興味がありませんでした。しかし、歴史が積み重なって今の会社があって、今の自分もあるということに、あらためて気がつきました。


上山直英の経歴・略歴

上山直英、うえやま・なおひで。日本の経営者。殺虫剤メーカー「大日本除虫菊(KINCHO)」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、三和銀行を経て大日本除虫菊に入社。同社社長を務めた。また、日本家庭用殺虫剤工業会会長、在大阪セルビア共和国名誉総領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

廣田尚子

幼少時代から展覧会や美術館に展示される作品よりも、人の生活を楽しくするモノづくりに携わりたいと思っていました。


藤森義明

本人が視線をどこに合わせるかが重要です。視線が横向きや下向きになったりすると、自分はそこそこ競争で勝っているとか、この連中よりは上だとか、自己満足が始まります。あるいは、これ以上はもう上には行けないと、諦め感が生まれたりします。緊張感が続かなくなり、その時点で成長は止まります。


川鍋一朗

タクシーはインフラですし、移動手段ですので、場面にフィットした使い方があるはず。ですから、その都度使っていただくように我々も仕組みを作っていかなければならない。


二宮尊徳(二宮金次郎)

貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。


曽根原久司

出発点として地産地消は大切ですが、こだわりすぎるとその先が広がりにくい。産業ベースに載せるには外との連携も重要になってくる。


横田尚哉

仕事には目的や意図、役割があり、それを実現するために手段があります。仕事をスムーズに進めるには、コミュニケーションにおいても、仕事の目的や意図、役割を伝えることが大切です。これは、指示を出す場合でも、受ける場合でも、また誰に対しても、意識すべきことです。


加谷珪一

億万長者は10年、20年後のリターンを冷静に考えて購入する。


岸田祐介

周囲からやりすぎと思われるくらいがちょうどいい。


寺田親弘

名刺をデータベース化するといいということについては、みなさん頷いてくださいます。ただ、いままでにないサービスなので、「こういう理由で値段はいくらです」と単純にいえるものではなく、乗り越えなくてはいけない壁は高かった。最初は未来を語って買っていただくというアプローチでした。


高橋克徳

最近は自分の感情をうまく出せない20~30代が増えているようですね。その原因の多くは「自己否定感」でしょう。短期的成果が求められ、いつ解雇されるかわからないいま、成果が出ない人は「オレは駄目なヤツだ……」と自己否定感を抱きがちです。だから「周りの人にもバカにされている」と思い込み、周囲との関わりを避け始める。その状態が続くと感情を素直に出せなくなります。最終的には心が潰れてしまう。


古森重隆

会社を立て直すのは、やっぱり大変でした。でも、良い時に仕事をさせてもらったと僕は思っています。面白かった。やりがいがあった。


出雲充

自分より優秀な人を惹きつけ、仲間にするには、どうしたら良いのか。私が気をつけたことはたったひとつだけです。それは、相手によって発言のスタンスを変えないこと。相手が私より優秀な人だろうが、ご支援いただいている大企業の社長だろうが、3歳の子供だろうが、「ミドリムシで地球を救うことができる」と言い切るのです。普通は、相手が偉い人だと、ちょっと発言を後退させてしまうでしょう。「ミドリムシで地球を救えるかもしれません」とか、「こうなったら地球を救えます」と条件をつけたりしてしまいがちなものです。でも、それでは迫力が出ないのです。私は、相手が総理大臣だろうと、米国大統領だろうと、「ミドリムシで地球を救うことができる」と言います。誰にでも一貫して同じことを言う。そして、「あなたが協力してくれれば、もっと早く地球を救えます」と言う。仲間を集めるために私がしてきたことは、それだけです。