名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上山信一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上山信一のプロフィール

上山信一、うえやま・しんいち。日本の経営コンサルタント。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授。大阪出身。京都大学法学部卒業後、運輸省に入省。米国プリンストン大学に政府派遣留学。その後退官し、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社で多くの企業の改革を手掛け共同経営者に就任。マッキンゼー退社後、ジョージタウン大学政策大学院研究教授、東京財団上席客員研究員などを経て慶應義塾大学教授に就任。そのほか、大阪市役所市政改革推進会議委員長・市政改革本部員等、新潟市都市政策研究所長、大阪府特別顧問、愛知県政策顧問、国土交通省・総務省の政策評価会委員、福岡市経営管理委員会委員、滋賀県新幹線問題専門委員、東京芸大美術館評価委員、横浜市・静岡県・川崎市の文化施設の改革評価委員会の委員長などを務めた。主な著書に『行政経営の時代』『行政評価の時代』など。

上山信一の名言 一覧

プロジェクトが予定よりも遅れるのは、多くの場合、メンバー全員が期限に対してコミットメントしていないからです。このプロジェクトはいつまでに終わらせなければいけないと、全員が本気で思っていなければ、遅れるのは当たり前です。


イノベーションを思いつくのは一人の時間なんです。だから私はどんなに忙しくても、一週間のうちに半日は、絶対に何の予定も入れない空白の時間を設けます。犬の散歩をしながらゆったり物思いにふける時間から、改革のヒントが生まれるのです。


集めた数字やデータを分析するというのは、いってみれば「死体解剖」です。死因の分析ばかりに時間をかけても、改革は前に進みません。むしろデータは不十分でも、だいたいのアウトラインが見えたら仮説を立て、さっさと現場で検証したほうがいいでしょう。3か月のプロジェクトの場合、過去のデータの分析は2週間くらいで終えます。そのうえで、様々な仮説を立てて、シュミレーションをするのです。


時間管理というのは、自分の活動を納得のいく形で管理できればいいのです。私は2週間ごとに「やるべきこと」「暇をみてやること」を仕事とプライベートに分けてA4の紙にまとめたライフバランスシートをつくります。そしてこれを見ながら、2、3日前からその日の予定を固めていきます。


時間内に多くの処理ができる人ほど仕事ができるというのは、日本経済がオペレーション(作業)中心だった時代の発想です。ところが現代のように成熟した社会では、それは必ずしも仕事ができることと同じではありません。むしろ、いま仕事ができる人というのは、常識を打ち破って、新しいイノベーションを起こせる人のことをいいます。そして、イノベーションを思いつくのは一人の時間です。


人に仕事を頼むときは朝一番でするようにしています。そうすると頼まれた人は、朝から私のために働いてくれます。ひょっとすると、その人の一日を間接的に使えるかもしれません。また、人は朝の方が前向きで元気ですから、夜よりも引き受けてくれやすいのです。


一日を効率的に使うには、できるだけ他の人の助けを借りることです。時間という資源は無限ではありません。自分でなくともできるものは、できるだけ誰かに頼むことが大切です。そういう意味では、自分でやるか人に頼むかの見極めがスムーズにできる人は、時間の使い方が上手いといってもいいのではないでしょうか。


プロジェクトの初期段階で、数週間、数カ月先の会議やプレゼンの発表者もあらかじめ決めてしまいます。そうしておけば、指名された人は必死で準備しますし、「急な指名で間に合わなかった」という言い訳もできなくなります。


私は最初に、このプロジェクトの成果をいつ、どこで、誰に向かって発表するかをはっきりと決め、さらにそこから逆算した改革工程表を一枚の図にまとめ、関連するすべてのメンバーに共有してもらいます。あとは2週間ごとに内部の連絡会を開いて、進捗状況を確認しながら微調整をしていく。そうすれば、予定通りに終わらせるのは、それほど難しいことではありません。


プロジェクトの着地点を意識していない人は、材料を全部そろえてから徹夜で報告書を作成しようとします。でもこれだと、「結局使わないデータの収集に時間をかけてしまった」なんてことになりがちです。さらに悪いことに「肝心なデータの漏れが直前になって発覚し、期日に間に合わなかった」なんてこともあり得ます。


プロジェクトを効率的に進めるうえで重要なのは、「着地点」を早くから意識して動くことなんです。たとえば、プレゼン資料の作成でも、だいたいの素材が揃ったら、細かいところは無視して、とりあえずダミー版をつくってしまいます。すると、着地点に対して「いま何が不足して、何をしなければいけないか」が明らかになるので、無駄な作業をすることが減り、効率が一気に上がるんです。


業界の解決すべき問題をスピーディーに把握したいときには、業界紙や過去の新聞記事が役に立ちます。記事になるというのは、そこに何か問題か工夫があるということですから。逆に、学術論文、専門書をいくら読んでも、改革すべき点は見えてきません。


改革というものは、ハイテク産業であれ畜産であれ、プロセスは同じです。ただし、最低限の基礎知識は必要です。それがないと、仮説の精度も高まらないし、第一相手はその道のプロです。いくらこっちが改革の専門家だといったって、業界のことも知らない人間の話なんか誰も聞いてくれません。それでその都度、猛勉強です。


マッキンゼー時代も含めると、約40件の改革に携わってきました。その対象は本当にさまざまです。不案内を理由にやらないことは、基本的にありません。もちろん依頼を断ることはよくあります。でも、それは機が熟していなかったり、守旧派が「やったふり」をするための改革に思えたときだけです。


上山信一の経歴・略歴

上山信一、うえやま・しんいち。日本の経営コンサルタント。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授。大阪出身。京都大学法学部卒業後、運輸省に入省。米国プリンストン大学に政府派遣留学。その後退官し、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社で多くの企業の改革を手掛け共同経営者に就任。マッキンゼー退社後、ジョージタウン大学政策大学院研究教授、東京財団上席客員研究員などを経て慶應義塾大学教授に就任。そのほか、大阪市役所市政改革推進会議委員長・市政改革本部員等、新潟市都市政策研究所長、大阪府特別顧問、愛知県政策顧問、国土交通省・総務省の政策評価会委員、福岡市経営管理委員会委員、滋賀県新幹線問題専門委員、東京芸大美術館評価委員、横浜市・静岡県・川崎市の文化施設の改革評価委員会の委員長などを務めた。主な著書に『行政経営の時代』『行政評価の時代』など。

他の記事も読んでみる

福田勝幸

チャレンジする若者を育てたい。


金川千尋

自分自身が上の立場にいるとすれば、心がけるべきことは援護射撃でしょう。自分が前に出るのではなく、担当者同士がやりやすいように仕向けます。たとえば「いつも○○さんのおかげで大変助かっています。今度、ぜひ当社の担当者を連れてお礼に伺いたい」と切り出します。立場のある人間が訪問すれば、相手もキーマンを出してくるでしょう。そこでは需要家(顧客)の担当者を徹底的に褒める。相手の顔を立てることで、組織同士のつながりも深くなります。そうなれば上司は昼寝していても大丈夫ですよ。


石田退三

外見だけ立派でも、中身は大して進歩していない。これが一番、私の嫌いなことである。


冨澤文秀

ある目標を達成するための手段として、A案、B案、C案を思いついたとしても、それだけでは不十分。常識や自分の経験値の範囲内に留まらず、それこそ手段を選ばずD案、E案、F案と、あらゆる選択肢を考えてはじめて、不可能と思えることをも可能にすることができます。


蜷川幸雄

ゴールドシアター(55歳以上を集めた劇団)の劇団員を見ていると、「高齢者」とひとくくりにするのは本当に危険だとわかるよ。60歳より80歳がふけているかというとそうじゃない。個々でまったく違うからね。


大屋敦

私はその昔極度の喫煙家で、タバコをやめればその金で所帯が持てると言われたほどのニコチン中毒者であったが、42歳の年に重大な決心をもって禁煙を近い、今日に至っている。禁煙そのものより、禁煙の誓いを守り通す精神力の方が、私の弱い健康をムチ打つ助けとなったように思われる。


大田正文

勉強会を選ぶときは、勉強のテーマだけでなくネットなどで主催者の発信しているメッセージを必ずチェックするようにしましょう。誠意ある主催者は、異性との出会い目的での参加や、ネットワークビジネスや宗教への勧誘を禁じているものです。ネットにアップされている会の様子を過去3回分ほどチェックすれば、どのような雰囲気の会かもわかります。


益子修

1年だけ黒字を計上しても意味がありません。継続することが重要です。きっちりと利益を生み出せる企業体質にしなければなりません。


村田昭治

運は待っているのではなく、経営者が積極的に事業にぶつかっていくときに、生まれていくもの。


田中耕一

重要なのは、様々な視点を持つ人たちによる「異分野融合」です。たとえば今、家電メーカーなどが介護サービス事業に進出しています。島津製作所もアルツハイマー病変の早期検出法を確立しましたが、介護業界の人たちと一緒になれば、重度の要介護状態を防ぐためにはどんなことができるだろうかといった課題に対しても、意見が出てくるはずです。


安渕聖司

自分に自信を持つには、「自分に何ができるか」を把握することが大切です。たとえば「自分のスキルの見える化」。TOEICなど、何か客観的に測れるもので、スキルを明確化していきます。また「過去の成功要因をしっかり分析しておくこと」も重要です。


井上貴之

私の上司は入社当時から今に至るまで誰もいないし、物事がうまくいけばそれは皆さんのおかげであり、失敗すればその責任はすべて私の責任。そう思ってやってきました。