名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

上山保彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上山保彦のプロフィール

上山保彦、うえやま・やすひこ。日本の経営者。住友生命保険社長・会長。福井県出身。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。上野支社長、業務部長などを経て社長に就任。

上山保彦の名言 一覧

リーダーは哲学者、戦略家、心理学者、教育者、演出家の5つの顔を持つべきです。そして、部下を率いる際、それぞれのケースでそれぞれの顔を発揮してみんなの力を引き出していくのが理想。


上山保彦の経歴・略歴

上山保彦、うえやま・やすひこ。日本の経営者。住友生命保険社長・会長。福井県出身。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。上野支社長、業務部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤直彦

若い頃を振り返ってみると、ずいぶん無茶なことを言ったり、やったりしたものだ。その都度先輩から厳しく注意されたり、叱られたりもした。しかし、そのことが現在の自分にとっての滋養分になっているから不思議なものである。


スティーブ・ヴァンアンデル

私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


本多均

私は以前は証券会社に勤務して、さまざまな企業の実情を見てきました。そこでわかったことは、どれほど素晴らしい事業でも必ず、「成長→安定→成熟→衰退」という道をたどること。


松岡修造

僕は今、「修造チャレンジ」という形で、テニスプレーヤーを目指しているトップジュニア選手たちを指導しているのですが、彼らに対しては「今日は調子が悪いとは絶対に言うな」と教えています。たとえば今日はフォアハンドがうまくいかないとしたら、それはラケットへの当たり具合がちょっとズレているなど、必ず要因があるはずです。「調子が悪い」の一言を言い訳にしたら、その要因は絶対に見つからず、さらにうまくいかなくなるだけ。あるいは、今日はフォアハンドがうまくいかないようなら、バックハンドやボレーなど、他の部分でカバーすればいいのですが、そういう思考も出てこない。「調子が悪い」という一言ですべて片づけてしまうと、思考停止に陥ってしまうのです。


阿部絢子

私、幸せって言葉もあんまり好きじゃないんです。だって、幸せの尺度なんてひとつじゃないから。もしお金があってそれが幸せならすごくいいけど、お金だけが尺度じゃない。


田中洋(マーケティング)

ブランド全能感をうまく回避しているのがグーグルです。同社では、常に世界を変えるようなプロジェクトを立ち上げ、それによって優秀な人材を雇い、革新的な製品を生み出すという循環を維持することによって、全能感に陥ることなく、グーグル・ブランドを常に発展させています。


小笹芳央

会社は利益をめざすことで成り立つ組織である。


大西洋

商品本来の価値と比べて、百貨店の販売価格は高いという印象を払拭しなくてはいけない。現状、SPA(製造小売業)では商品の原価率が5割というのも珍しくないが、百貨店は通常2~3割というような大きな差がある。百貨店は商品をアパレル企業に返品できる商慣習がある。この負担を吸収するため、アパレルは価格を高く設定せざるを得ない。これからは一定量の買い取りを約束したり、商品を独自開発したりといったリスクを百貨店が取っていく必要がある。アパレル企業と協力してサプライチェーンの無駄をなくす取り組みが大切だ。


サーディ

次の二つは知性にとって恥である。語るべき時に黙り、黙るべき時に語ってはいけない。


高井伸夫

こちらの不手際で相手に誤解を与えた場合、誤解を解くための弁解は必要ですが、この場合、こちらの立場を守ろうとするエゴ的弁解は絶対にタブーです。弁解と言い訳は似て非なるものであり、迷惑を与えてしまったこちら側の配慮不足についても謝るという謙虚な姿勢こそが必要です。


志賀俊之

ダイバーシティ(多様性)は、企業として推進すべきです。ダイバーシティを導入すると、波風が立ち、最初は心地よいものではありません。しかし最初のヤマを乗り越えれば、間違いなく企業文化は変わります。内向きな文化は消え、企業は活性化します。


坂根正弘

過去に隠していたバッドニュースはなかなか上がってきません。ですから、「今回は許すから、すべて話してくれ」と言って、バッドニュースを吸い上げるようにした。今では、取締役会でもバッドニュースを最初に報告することが徹底されています。それは何より、隠蔽がダメなのだということを徹底させるためなのです。