上山保彦の名言

上山保彦のプロフィール

上山保彦、うえやま・やすひこ。日本の経営者。住友生命保険社長・会長。福井県出身。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。上野支社長、業務部長などを経て社長に就任。

上山保彦の名言 一覧

リーダーは哲学者、戦略家、心理学者、教育者、演出家の5つの顔を持つべきです。そして、部下を率いる際、それぞれのケースでそれぞれの顔を発揮してみんなの力を引き出していくのが理想。


上山保彦の経歴・略歴

上山保彦、うえやま・やすひこ。日本の経営者。住友生命保険社長・会長。福井県出身。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。上野支社長、業務部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

米山公啓

人間の集中力は、約1時間が限度。集中した後には適度な休息が必要ですが、ビジネスマンは何度も休憩を取れないため、1日の後半になるとどうしても脳に疲労がたまってきます。その点では朝が有利といえます。


山本常朝

人間の一生はわずかの事なり。好いたことをして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、好かぬことばかりして、苦しみて暮らすは愚かなことなり。


池井戸潤

好きな作家の真似をする人が多いけど、どんなにうまく書けても二番煎じは要りません。大御所と呼ばれる作家の顔ぶれはあまり変わらないでしょ。それほど厳しい世界なのです。


中村雅哉

体力のあるものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものだけが生き残れる。


大西賢

JALグループは、「世界で一番お客様に選ばれ、愛される航空会社」を目指している。選ばれるということだけで言えば、サービスや価格の面で選ばれるかもしれません。それは株主価値を上げることにもなります。でも、我々はそれだけじゃない、「愛される」ということに意味があると思っている会社なわけです。


荒川静香

お客様は、仕事や家庭から離れた非日常的な世界観を求めてショーを見に来ます。彼らが求める非日常とは何か。それを必死に考えました。すると、他のショーでは見られないペアの組み合わせを考えれば喜ぶのではないか。スピード感溢れる高速スピンや、アクロバティックな演技を多く取り入れた方が分かりやすく、幻想的に映るのではないかなど、少しずつ新たなアイデアにつながっていきました。「お客様の目線で考えることの大切さ」は、プロの世界で学んだことの1つですね。


大橋光夫

企業の業績を回復させるためには企業文化の変革、つまり「ぬるま湯からの脱却」という一人ひとりの意識改革が絶対に必要だった。


齊藤正明

漁師たちの仕事ぶりを見ていると、自分に活かせるヒントが一杯あった。じつは、僕もサラリーマン時代は賢く見せようとしていましたが、バカになったほうがうまく回ると気づいた。


大山健太郎

我々は原価管理にものすごくシビアな会社です。ひとつひとつの商品の損益管理をしっかりやっています。そういうビジネスユニットさえしっかりしていれば、規模の問題ではないと思っています。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


水谷修

拳を振り上げて、社会体制を変えようと思っても、人が変わらない限り世の中も変わらない。


小川孔輔

人気商品のリニューアルはドラスティックに変えないことが大事。具体的には、機能を改善させるとか、パッケージを少し変える、量を少し増やすといった程度の変化がいい。マイナーチェンジがポイント。


安中千絵

一回の食事で必ずしもすべての栄養素を網羅する必要はなく、朝昼晩の三食でバランスをとっても構いません。たとえば昼や夜に炭水化物をとりがちなら、朝はご飯をやめ、不足しがちな果物やヨーグルトを食べるといいでしょう。


芦田昭充

挫折知らずで来た世代は、過去にチャレンジへ一歩踏み出した先輩たちの経験に耳を傾けることも大切です。それが新たな行動に結びついていくと考えています。


山下茂(経営者)

タイでは、厳しい環境を生き抜くためには工夫が必要だと痛感しました。工場立ち上げ直後に事故が起きましたが、どうしたら改善できるか分からない。そこで、現場からアイデアを募集し、それに報酬を出しました。こうした取り組みの結果、タイ政府から表彰を受けるほどの安全な工場が誕生したのです。


ページの先頭へ