名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上妻英夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上妻英夫のプロフィール

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

上妻英夫の名言 一覧

アイデアを思いついたら人に話してみる。自分では持ちえなかった視点に出会い、発想が膨らむ契機になる。


アイデア力は必須。今後は、収入も社内のポジションも、以前にも増してひらめくことができるかどうかで決まる。


アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。


アイデアなんて、一生懸命考えても思いつかない。アイデアは落ちているもの。それを拾えるかどうか。人が困っていることが何かわかれば、それに気づく。


本は同時並行で読むといい。同時並行で読めば、インプットの量は増える。


ビジネスアイデアを考えるとき、簡単なのは、不便なことをいくつもあげていくこと。使いにくい、重い、面倒なものを考えて、解消できるか考えるのです。


掛け算や引き算、足し算で考えればアイデアは無尽蔵に出てくる。何もないところから新たに生むのは簡単ではありませんが、すでにあるものを掛けたり、引いたりするのはさほど難しくありません。思いつくままにやってみてはいかがでしょうか。


毎日の生活の中で、アイデアを見逃していることは多い。何でもメモすることを習慣づけてみてください。頭が整理されている朝や、寝る前にその日に考えたことをまとめて書くだけでも効果があります。メモ魔になることが金持ち脳への第一歩。


上妻英夫の経歴・略歴

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

他の記事も読んでみる

永守重信

若い人(起業家)は誘惑に乗らずに仕事してください。働かずに会社を伸ばすのは不可能です。


渋谷和宏

文章力アップにつながるのが、「リズム感」を意識した読み方です。小段落の冒頭にリーダーとしての文(牽引役)があっても、読みにくい文章があります。それは、リズム感を掴めない文章です。意味はわかるけれど、読みにくい――そんな文章に出合ったことはありませんか。その原因は改行にあります。読みにくい文章は、小段落を分けずに改行なく文章を書き連ねています。文字が詰めこまれているため、読み手に圧迫感を与え、スムーズに読み進められないのです。文章は小段落が連なって構成されているので、小段落ごとに改行しましょう。このルールを自分に課すだけでリーダーとしての文、フォロワーとしての文を意識できるようになりますし、文章にリズム感も生まれるはずです。


芦田昭充

護送船団方式は駄目なんです。弊社だけでなく、業界全体が駄目になってしまう。いまは、我が社を含む大手3社が三者三様の考え方で経営していますが、これは業界にとって非常にいいことだと思っています。


小林直樹(記者)

客との接点が多い業界ほど、ソーシャルメディアリスクが高いと考えて差し支えありません。


延岡健太郎

商品の成功において必要条件と言えるのが、エンジニアリングとデザインの統合的価値。2つを融合させることで、消費者がその商品を所有し、使用する際の満足度や喜びが高まる。


野本弘文

鉄道を敷いているだけで、回りが何もないと、鉄道も収益は出ない。鉄道をやることで人が集まるようにし、人が集まればそこに商業ができる。商業が集まればますます人が集まる。


山田雅夫

いいなと思ったものを携帯電話のカメラでメモ撮りするのは、自分が消費者として商品やサービスと接するとき、最初に意識するのは視覚情報だからです。たとえば、「このインテリアは素敵だ」などと感じても、その色遣いや壁の質感など、微妙な雰囲気は、言葉ではなかなか表現しにくいもの。でも、携帯電話でメモ撮りしておけば、あとでその画像をひと目みるだけで、そのとき「いい」と思ったイメージがはっきりと蘇るのです。


藤田晋

次々と責任のある仕事を任せて、ものすごい勢いで知識や経験を得てもらう。だから大企業よりベンチャー企業の方が、人材の成長が速い。


田中健二(経営者)

その場しのぎで本質的な議論をしないと信頼を失う。


小泉光臣

事業が一本足打法というのは怖いですね。事業のポートフォリオを考えると、たばこ一本に絞ったときにリスクをはらんでしまう。ですが、あまりに手を広げすぎてしまうと屏風が倒れるようにデメリットも大きい。そのため、今は医薬と食品の2つに絞って強化していこうと考えています。


北畑稔

大切なのはトラブルや難題から、どれだけプラスの面を引き出せるかどうかです。どんなことにも前向きに取り組めば、必ずそこから得るものがあります。すべてをそのようにとらえて努力していくと、あるときふと、問題をクリアできている自分に気が付きます。そのときには、より大きな課題に立ち向かう力がついているのです。


岡藤正広

現場に行けと言うと、たまに若い部下の中には「用件もないのに、お客さんのところに行って何をすればいいのか」と悩む人間が出てきます。当たり前ですけれど、何も考えずに、ただ現場に行けばいいというものではありません。用件がなくても、目的は必要です。では、どんな目的を持てばいいのか。僕の場合は、お客さんの普段の様子を意識して記憶するようにしています。いわば、定点観測ですね。世間話なんかをしながら、そのお客さんの表情、商品の売れ方、売り場の雰囲気などを細かく見てメモしておきます。