名言DB

9412 人 / 110637 名言

上妻英夫の名言

twitter Facebook はてブ

上妻英夫のプロフィール

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

上妻英夫の名言 一覧

アイデアを思いついたら人に話してみる。自分では持ちえなかった視点に出会い、発想が膨らむ契機になる。


アイデア力は必須。今後は、収入も社内のポジションも、以前にも増してひらめくことができるかどうかで決まる。


アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。


アイデアなんて、一生懸命考えても思いつかない。アイデアは落ちているもの。それを拾えるかどうか。人が困っていることが何かわかれば、それに気づく。


本は同時並行で読むといい。同時並行で読めば、インプットの量は増える。


ビジネスアイデアを考えるとき、簡単なのは、不便なことをいくつもあげていくこと。使いにくい、重い、面倒なものを考えて、解消できるか考えるのです。


掛け算や引き算、足し算で考えればアイデアは無尽蔵に出てくる。何もないところから新たに生むのは簡単ではありませんが、すでにあるものを掛けたり、引いたりするのはさほど難しくありません。思いつくままにやってみてはいかがでしょうか。


毎日の生活の中で、アイデアを見逃していることは多い。何でもメモすることを習慣づけてみてください。頭が整理されている朝や、寝る前にその日に考えたことをまとめて書くだけでも効果があります。メモ魔になることが金持ち脳への第一歩。


上妻英夫の経歴・略歴

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

当社は1917年に株式会社として設立されて、今年がちょうど100周年になります。会社設立後、近代化を進めていく中で、1927年に激しい労働争議が起きました。待遇改善要求に端を発した問題が労働運動史上空前の大争議に広がっていき、紛争は翌年春まで218日に及びました。逮捕者も出るきわめて不幸な出来事ではありましたが、会社はこの争議を大いに反省し、改善に向けた取り組みを行いました。近代的な会社に生まれ変わらなければいけないと考え、「産業魂」を社是と定める契機にもなりました。


東英弥

伸びている人は、「心の器」を上に向けている人。喉が渇いた時にコップを反対にする必要はない。成長したい、有名になりたい、お金が欲しい……何でも良いのです。そうなりたければ人の考えを聞いて、自分に落とし込むことが必要。


向井理

ベテランの方々は何十年も続けられているのかというと、共通して言えるのは、周囲の人にすごく「好かれている」ということ。


堀場厚

当社は製品の供給態勢、品質、納期を守るよう努めてきました。購入後のサポートも手厚く行ないますので、購入時に多少値段が高くても、結局はコストパフォーマンス面で優れているといえるでしょう。これらが理解されて、市場の信頼を得られたことが、今日のシェア獲得につながっています。


藤巻健史

自分の長所だけでなく、欠点を生かす視点を持つことが大切。


中村真樹

就寝時間の2時間前頃お風呂に入るのは効果的ですが、帰宅時間が遅くなり、帰宅後すぐに寝なければならないとき、湯船につかるのは逆効果。深部体温を上げて眠気が覚めてしまわぬよう、さっとシャワーを浴びるだけで布団に入ったほうがスムーズに寝つけます。


前澤友作

「ZOZOTOWNに来た人にもっと喜んでもらう」というのが、僕と社員の共通したやりたいことで、ここは絶対にブレていないという自信があります。だから、僕は現場にどんどん裁量権を与えてしまいます。そうすると、彼らは僕がいちいち、「あれをしろ、これをやれ」などと指示を出さなくても、自分たちで「これをやりたい」という仕事を見つけてきます。それはそのまま僕や会社の望んでいることであって、しかもそれを彼らの一番パワーの出るやり方でやるのだから、これほど効率のいい仕事のやり方もないというわけです。


宮迫博之

胃がんから生還したあと、よく「人生観が変わりましたか」と聞かれましたけど、何も変わらなかったですね。自分でも、怖いものがなくなると思っていたんですよ。でも、高所恐怖症も治っていないし、相も変わらずの人見知りやし、これまで怖かったものは全部怖いです。一度、死線をくぐり抜けてきてるんですから、少しはどっしりすると思っていたのに、前よりも気が小さくなってるんじゃないかと(笑)。


斎藤敏一

多少のストレスは楽しんでしまうほうがいい。


堺屋太一

いつの時代にも変化はある。企業は盛衰し、技術は革新され、人事は代わり、流行は変化した。だが、80年代から始まった変化は、技術進歩や規模の拡大といったものではなく、文明の根源をなす倫理と美意識を一変させるものだった。スポーツでいうならば、技術の進歩でも、ルールの変更でも、選手や観客の交代でもない。競技そのものが変わったのである。あえて言えば、大相撲からプロレスに変わったようなものだった。


山﨑賢人(山崎賢人)

「智」じゃないですかね、知識が足りてないから(笑)。でも、欠けていることがむしろ強さの源になるっていうこの物語のように、あんまり頭でっかちで考えすぎるよりも、知らないからこそ突き進んでいける強みもあるんじゃないかって。できない奴って思われていたほうが、結果を出したときにより評価してもらえますし(笑)。

【覚え書き|舞台『里見八犬伝』に出演したとき、「授かるとしたらどの玉か」と問われて】


やましたひでこ

私たちはあまりにも無自覚にモノを扱っています。モノが多いということは、それだけ場所を取りますし、探し物も増えるでしょう。つまり、「時間・空間・労力」を費やしているということです。逆にモノが減れば、これらのリソースをすべて仕事に向けることができます。


広瀬道明

厳しい競争の時代を見据えて、顧客との関係をもう一度、しっかりと構築する。そして、経営も効率化していく。長年の慣習も見直していく。例えば、55年前から毎年開催してきた「ガス展」は今年からやめる。ガス展は40万人が来場する、東京ガスグループとしては最大の展示会だ。やめることで営業現場には混乱も起きるだろう。でもそれでいい。


平井伯昌

「準備万端で挑んだのに結果が出ない」「予想外の出来事に対応できない」。それがメンタルが弱い選手の特徴です。乗り越えるには、どんな状態でも結果を出せるように、事前にあらゆるケースを考え、予測を立てることが重要。それを試す場が国内大会です。そこでシミュレーションしながらつかんだ経験則が、どんな状態でも慌てずに力を発揮することにつながる。


松本大

やる気の源は、誇りを持てる生き方をしたいという気持ちです。