名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上妻英夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上妻英夫のプロフィール

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

上妻英夫の名言 一覧

アイデアを思いついたら人に話してみる。自分では持ちえなかった視点に出会い、発想が膨らむ契機になる。


アイデア力は必須。今後は、収入も社内のポジションも、以前にも増してひらめくことができるかどうかで決まる。


アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。


アイデアなんて、一生懸命考えても思いつかない。アイデアは落ちているもの。それを拾えるかどうか。人が困っていることが何かわかれば、それに気づく。


本は同時並行で読むといい。同時並行で読めば、インプットの量は増える。


ビジネスアイデアを考えるとき、簡単なのは、不便なことをいくつもあげていくこと。使いにくい、重い、面倒なものを考えて、解消できるか考えるのです。


掛け算や引き算、足し算で考えればアイデアは無尽蔵に出てくる。何もないところから新たに生むのは簡単ではありませんが、すでにあるものを掛けたり、引いたりするのはさほど難しくありません。思いつくままにやってみてはいかがでしょうか。


毎日の生活の中で、アイデアを見逃していることは多い。何でもメモすることを習慣づけてみてください。頭が整理されている朝や、寝る前にその日に考えたことをまとめて書くだけでも効果があります。メモ魔になることが金持ち脳への第一歩。


上妻英夫の経歴・略歴

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

新書を買ったら、すぐに近くのカフェに入り、1冊20~30分程度で、大まかな内容を把握しましょう。知識欲が熱いうちに読むことで、頭に入りやすくなるのです。短時間で内容をつかむコツは、本の中から重要そうな部分を見つけ出し、2割だけ抜き出して読むこと。案外、それだけでも必要な情報は得られるものです。その上で、本の内容を要約しましょう。すると「どんな本?」と聞かれても概要を説明できるようになります。さらにその内容に関するアンテナが立つので、新聞などを読んだときに、関連情報が目に飛び込んでくるようになります。すると、どんどん知識が増えていき、知識が深まっていくのです。


文弘宣

結局、仕事に無駄なものなどない。嫌な仕事にこそ没頭すべき。


本間正人

東日本大震災の直前に、私の父親は急に亡くなりました。父は賜年前に大腸ガンを完治させた後は、ずっと元気だったんです。「最近、話をしてないな」と思っていた矢先の訃報でした。油断していたと痛切に反省しています。親と子でも一期一会、今日がラストチャンスということがあり得るんです。気持ちを伝えられずに一生後悔することを想像すれば、電話しない理由はないでしょう。


佐々木正

いい商売のアイデアがあっても、どこでも儲かるかといったらそうではありません。「場」がないといかん。


高野登

私の場合、ここまでくるのに30年かかりました。業種にもよると思いますが、仕事をコツコツやっていく忍耐力さえあれば、新入社員が急に成長しなくても、それほど心配しなくてもよいのではないでしょうか。


武田双雲

僕は、人を驚かすような凄まじい努力をしたわけでも、飛び抜けた才能を持っていたわけでもない。ただ、抱いた夢が人よりでかかっただけ。


久野康成

パソコンで「税理士」と検索すれば、安売り合戦している状況に直面します。しかし、「経営コンサルタント」と検索してみると、決して安売り競争にはなっていません。それぞれの独自のサービスが存在しているのです。資格があるだけで顧客には貢献できません。顧客のニーズはどこにあるのかを深く考え、プロフェッショナルとして、より専門化していかなくてはならない。


築山節

アイデアや発想が浮かばないときの脳は、思考が固定されて堂々巡りをしている状態です。別の言い方をするなら、脳の同じ部分だけを繰り返し使っている状態ともいえます。発想を変えるには脳の別の部分を使えばいいのですが、「いつもと違う部分を働かせよう」と意識しても、脳は反応しません。脳を変化させるには、周りの環境を変えるしかありません。


中井政嗣

私は携帯番号を従業員に公開しています。上司にも誰にも言えないことを相談したいときには、社長ではなく中井個人に言ってくれと伝えてあります。店長など幹部社員にも、同じように「個人として」部下からの相談を受けさせていますから、彼らを飛び越して私の携帯を鳴らす者はそんなに多くはありません。それでも、年に1、2回は携帯で相談を受けます。携帯電話で相談を受けたときは、社長ではなく中井政嗣個人として話をしますから、「そんな会社は辞めてしまえ!」と言うこともあります。


大倉忠司

「大衆の味方たれ」という自分の信じてきたやり方を貫けば、必ず世界展開も成し遂げられると思っています。


本間正人

ビジネスパーソンにとって英語は道具。仕事で使う英語を集中的に勉強すればいい。マーケティング、労務管理とか、自分の専門分野の英語に集中的に触れること。


山内溥

運を認めないといけない。運を実力だと錯覚するということは、これほど愚かなことはないんです。経営者としてね。ところが、人間 ですからついつい運の存在を無視して「俺の力だ。俺のやり方が良かったんだ」と言いたいんですわ、人というものはね。それは駄目。