上妻英夫の名言

上妻英夫のプロフィール

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

上妻英夫の名言 一覧

アイデアを思いついたら人に話してみる。自分では持ちえなかった視点に出会い、発想が膨らむ契機になる。


アイデア力は必須。今後は、収入も社内のポジションも、以前にも増してひらめくことができるかどうかで決まる。


アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。


アイデアなんて、一生懸命考えても思いつかない。アイデアは落ちているもの。それを拾えるかどうか。人が困っていることが何かわかれば、それに気づく。


本は同時並行で読むといい。同時並行で読めば、インプットの量は増える。


ビジネスアイデアを考えるとき、簡単なのは、不便なことをいくつもあげていくこと。使いにくい、重い、面倒なものを考えて、解消できるか考えるのです。


掛け算や引き算、足し算で考えればアイデアは無尽蔵に出てくる。何もないところから新たに生むのは簡単ではありませんが、すでにあるものを掛けたり、引いたりするのはさほど難しくありません。思いつくままにやってみてはいかがでしょうか。


毎日の生活の中で、アイデアを見逃していることは多い。何でもメモすることを習慣づけてみてください。頭が整理されている朝や、寝る前にその日に考えたことをまとめて書くだけでも効果があります。メモ魔になることが金持ち脳への第一歩。


上妻英夫の経歴・略歴

上妻英夫、こうづま・ひでお。日本の経済ジャーナリスト。「KIプレス」代表、「経営アイデア倶楽部研究所」所長。鹿児島県出身。法政大学法学部卒業後、通信社記者を経て独立。

他の記事も読んでみる


浜田宏

仕事に全力で取り組むうちに、「世界のどこに行っても通用するプロの仕事人になるには海外留学だ」と新たな目標が見つかり、必死に勉強するようになりました。何もやりきらないうちに留学うんぬんと言っていたら、結局は絵空事になって実現しなかったでしょう。


出口治明

パワハラなどで部下に嫌われるのは論外ですが、人には好き嫌いがあるので、多少部下に嫌われるのは仕方がない。


塚越寛

会社のあるべき姿は、いい形で永続させることです。そうすれば社員をはじめ、会社に関わるすべての人が幸せでいられます。幸せの総和が企業価値です。永続させるためには、無理な規模を追わず、身の丈に合った成長を心がけたいものです。


川村元気

映画は「寄り(アップ)」「引き(ロング)」「カットバック(切り返し)」の3種類の技法で基本的に成立しています。人間関係も、熱意をもって「寄り」「引き」で客観的に状況を眺め、観客や監督などいろいろな人の気持ちを「カットバック」しながら切り替えて想像することが大切だと思っています。映画は100年にわたり、この手法で人間の気持ちを伝えてきました。人間のコミュニケーションの基本、といってもいいのではないでしょうか。


安河内哲也

他人を使って自分を追い込むといいでしょう。たとえば取引先に電話をかけ、「期限は火曜とのことですが、月曜にはお届けできます」と、あえて早めの期限を宣言してみる。早い期限を設定することで「集中せざるを得ない」状況をつくり出せます。加えて、それを人と約束したことも、強い推進力になります。


御手洗冨士夫

私が不満なのは、みんな30年のうちにどうするとか、先のことばかり議論しているんです。それも大事だけれども、足元をどうするんだという現実的な議論を、もっとやらなければ。


村上憲郎

「iPod nano」や「wii」の発売日。グーグルに来社した人はさぞびっくりすることでしょう。なにしろオフィスに人がいないからです。社員はどこに行ったのかと思ったら、みな朝から販売店の行列に並んでいる(笑)。我々は、どうしたら人を楽しませることができるかを年中考えている集団なので、自分たちがワクワクするものが世に出ると聞いたら、居ても立ってもいられないのです。そういう人じゃないと、務まらないでしょうね。


ページの先頭へ