名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上垣内猛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上垣内猛のプロフィール

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

上垣内猛の名言 一覧

人材こそ当社の財産。


過ぎたことと受け止めて、次の日に何をするか。過去にとらわれず、常に前を向いて進む発想が必要。


当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


アソシエイト(従業員)の能力をいかに引き出すか。彼ら・彼女らの将来の夢の実現に向けて、どんな手伝いができるのか。日々心を砕いています。


現在も店舗を視察する際、将来の幹部候補を探しています。


CEOとなったのを機に、私は「ワンチーム」というキーワードを掲げました。社内の掲示ポスターなどを通じて、仕事のやりがいや誇りについて私なりの考えをすべてのアソシエイト(従業員)に伝えてきたつもりです。


上垣内猛の経歴・略歴

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

他の記事も読んでみる

松井忠三

企業体質が弱くなると、物事を変えられなくなります。常に外に向かってアンテナを構え、異業種の人たちとの交流が非常に大事。


前田新造

経営は3年程度の中期的なスパンで考えると同時に、10年程度の長期的な視点からも考えないと判断を誤ります。目先の変化に目を奪われていると、本質的な変化を見逃してしまうからです。


柳井正

勉強するかしないか。勉強しない限り、あとは衰退するだけ。ベテランになればなるほど、駄目になる。それは勉強しないから。


谷正人

個人的に「友達だからやるよ」というアパレル業界の内輪なノリが嫌いで。やはりビジネスで繋がった関係はお互いビジネスである程度まで成功しないと全く意味がないですし、ビジネスで成功したからこそ親密な関係になる。そのためしっかりお互い成果を出すために、時には厳しい意見も提案します。その変化によって更に売れるようになったブランドもあるので、そういった厳しさを持つことは必要です。


古市忠夫

何歳になっても感謝力をアップし続ければ、人の心は、どんどん若く、強く、美しくなります。あなたがこれからどんな挑戦をするとしても、大きな感謝の気持ちを持ち続けることができれば、これまでよりも充実した新しい人生が始まっていくと思います。奇跡を起こしたいのなら、まず始めるべきは今の自分と周囲への感謝です。


豊田昌洋

当社はM&A(企業の合併・買収)をしていますが、その事業に将来性があるかという1点を見ています。その時、業績がよくても、将来マーケットがなくなる恐れのあるものには絶対に手を出しません。逆に、今は業績が悪くとも将来性があるものには取り組もうと。


荒川詔四

ブリヂストンの社長に就任してから、「ナショナルイングリッシュ」を共通語にする方針を打ち出しました。米国や英国の英語ではなく、世界各国の社員がそれぞれの国で学んだ英語を指す造語です。最初は「社長は何を言っているんだろう」とみんなぽかんとしていましたが、だんだん私の意図を理解してもらえるようになりました。「発音が悪くても、語彙が少なくてもいい。自分が育った国で学んだ英語を使って、単語を並べてでも堂々と話そう」「ジャパニーズイングリッシュでもシンガポールなまりのシングリッシュでもいい」。こう説明すると、非英語圏の人は歓迎してくれましたね。ブロークン英語でも、バカにされないなら話そうと思う人が増えました。


高田明(ジャパネットたかた)

重要なのはブレない考え方だと思っています。私たちは人間として大事なものを見失ってはいけません。人間が本来持っている感情の中に、ビジネスは存在しています。


野島廣司

当社には販売スタッフに与えるノルマや予算はありません。みんな自ら目標を決めて、達成に努力する。たとえ失敗に終わっても、挑戦的であれば成長の糧となるので私は大歓迎です。


宮原耕治

一期一会。高校生のときにこの言葉を知りました。何となくいい言葉だなと思っていたのですが、深い意味はわかりませんでした。いまこの年になって、この言葉の言わんとすることが身にしみています。人と出会うということは、ある意味で、相手から何かをいただくこと。いつも謙虚な気持ちでひとつひとつの出会いに向き合えば、必ず何か得るものがあると思います。


水川あさみ

相手を見る自分の目線を少し切り替えるだけで、気づけることがたくさんある。


似鳥昭雄

私はまだ20代という気持ちでやっている。死ぬまで現役でいたい。