名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上垣内猛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上垣内猛のプロフィール

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

上垣内猛の名言 一覧

人材こそ当社の財産。


過ぎたことと受け止めて、次の日に何をするか。過去にとらわれず、常に前を向いて進む発想が必要。


当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


アソシエイト(従業員)の能力をいかに引き出すか。彼ら・彼女らの将来の夢の実現に向けて、どんな手伝いができるのか。日々心を砕いています。


現在も店舗を視察する際、将来の幹部候補を探しています。


CEOとなったのを機に、私は「ワンチーム」というキーワードを掲げました。社内の掲示ポスターなどを通じて、仕事のやりがいや誇りについて私なりの考えをすべてのアソシエイト(従業員)に伝えてきたつもりです。


上垣内猛の経歴・略歴

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

対価に対する価値が高くないとお客様はついてきてくれません。ただ値段を下げるのではなく、今までの価格に対する価値を、お客様の経験値以上にどう上げていくか。この発想に立つことが必要です。


鬼塚喜八郎

志を持った人は、土壇場に強い。困難にぶち当たっても倒れない。


坂井哲史

大手チェーンは(フランチャイズ店舗の)建築費に利益を乗せているらしいけど、うちはそこで稼ごうとは思っていません。だから設計の指定はありますが、工事はどこでも好きなところを使えるようにしています。そうでないと投資効率が悪くなってしまいますからね。建築坪単価や家賃を抑えて、事業的な魅力を高めていかないと。


村木厚子

「勝たなくていい。負けなければいいんだ」と割り切り、目標設定のハードルを低くした。これで気が楽になり、勇気が出ました。


窪塚洋介

五感というのは小さな窓に過ぎなくて、そこから見える景色は世界のほんの一部だ。角度を少しずらすだけで、見え方が一瞬で変わり、世界は無限に広がっていく。だけど自分の目がなければ世界は存在しないのと同じで、世界のありようを決めるのは自分の気持ちひとつ。


手倉森誠

選手をその気にさせるのは指導者の役割。そこで選手が本気になって、結果を残して、それを見て「俺たちも」と本気で世界を目指す仲間が増えていく。そういう環境をつくっていくことが大切。


宮田孝一

「この件については、A、B、Cの3つの問題があります。まずAは……」などと問題点を挙げていくような議論は何となく高尚に見えるかもしれません。一方、「細かいことはよくわからないけれど、こういうふうにやってみたら」とか、「とにかくやろうよ」といった働きかけは低級に思われているようです。しかし、ビジネスはむしろ後者のほうが大事で、とにかく決断して行動に移すという前向きな姿勢が大事です。


香山リカ(精神科医)

最近の若者のなかには、「自分の気持ちを偽りたくない」と妙に潔癖な人がいますが、仕事では自分の気持ちに正直なのが正しいとはかぎらないのです。いや、仕事だけではなく、恋人や親友の前でも、相手を楽しませたり、快適な時間を過ごしてもらったりするために、誰でもいくらかはいつもとは違う表情や態度を演出しているはずです。


中村隆介

実は中学生の頃からやんちゃだったため、高校には進学せず、建設会社で働き始めました。24歳で現場責任者を任され、その後、縁あって別の建設会社を譲り受けて独立。経営者になりました。その会社を十分に利益が出るようにしたのですが、下請けはどこまでいっても下請け。そんな建設業界で、会社を大きくしていくモチベーションを失っていました。同時に、自分の力で未来を切り拓ける新しい事業を考えるようになりました。それが飲食業だったのは、私自身、気に入った飲食店が少なく、自分が行きたくなる店を作りたいと思ったからです。


川辺友之

開業直後の起業家は、ひとりで営業や経理など何役もこなさなくてはなりません。プレッシャーや不安も感じるでしょうし、辛い思いをすることだってある。そんなとき支えになるのが「熱意」です。熱意さえあれば、逆境でも踏ん張るエネルギーが生まれます。


倉持治夫

中途入社の人が驚くのは、部下が上司に文句を言うことです。上司が部下を叱咤激励するのではなく、逆に叱咤されるのです。


原田泳幸

改革の第一歩は、本来の強みに立ち返ること。米アップルも日本マクドナルドも、復活のカギはそれだった。