名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

上垣内猛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上垣内猛のプロフィール

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

上垣内猛の名言 一覧

人材こそ当社の財産。


過ぎたことと受け止めて、次の日に何をするか。過去にとらわれず、常に前を向いて進む発想が必要。


当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


アソシエイト(従業員)の能力をいかに引き出すか。彼ら・彼女らの将来の夢の実現に向けて、どんな手伝いができるのか。日々心を砕いています。


現在も店舗を視察する際、将来の幹部候補を探しています。


CEOとなったのを機に、私は「ワンチーム」というキーワードを掲げました。社内の掲示ポスターなどを通じて、仕事のやりがいや誇りについて私なりの考えをすべてのアソシエイト(従業員)に伝えてきたつもりです。


上垣内猛の経歴・略歴

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

他の記事も読んでみる

いぬかいはづき

あやふやな目的や動機で、仮に資格を取得できても、そこでおしまいです。志のないまま勉強を始めても、長続きしません。


太田垣士郎

経営者が十割の自信をもって取りかかる事業、そんなものは仕事のうちには入らない。七割成功の見通しがあったら勇断をもって実行する。それでなければ本当の事業はやれるもんじゃない。


茂木友三郎

過去に誰かほかの人が創造した顧客に便乗し、単に需要があるから対応するというだけの企業活動に終始していてはダメです。便乗商品には付加価値が少ないので多くの利益を上げられません。給料も余計に払えず、人も多くは雇えません。顧客満足も低く、GDPにもさして貢献できないでしょう。


山下孝一

大事なことは社長が自分で決めなくてはいけません。最終責任はたった一人、社長のみ。責任がある人間に決定権があるのです。これは明確です。


鈴木敏文

知恵は無限にあるはずだと信じて、頑張っていくしかない。


渡瀬謙

こちらが「教えてください」という姿勢でいると、相手の方が話す状態になります。営業マンがお客様の話にしっかりと耳を傾けていれば、お客様はどんどん気持ちがよくなり、ガードも緩んできます。そうするうちにポロリと本音が聞けることもあるでしょう。こちらから話さなくてもいいので、緊張せずにすむはずです。


葛西紀明

ソルトレイクシティオリンピックが散々な結果に終わりました。それは、「もう、自分にはこれ以上進歩はないかもしれない」と、すっかりモチベーションを失ってしまうほどの挫折でした。しかし、打ちのめされたことで、もう一度ゼロからやり直そうという気持ちになり、新しいものを受け入れてみる気持ちになったのです。それ以降は、モチベーションを良い状態で保ち続けられています。「やる気が出ない」という人ほど新しいことに目を向けてチャレンジしてみてほしい。


大朏時久

昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


豊田章男(モリゾウ)

「アフター改善はビフォアー改善(改善が終わっても次の改善点が常にある)」をトヨタは続けている。我々は日々、改善に取り組んでいく。昨日まではこれがいいと思ってやっていても、違っていたらまた変えればいい。それを絶えずやり続けている。


土井英司

太った身体は格好悪いだけでなく、ビジネスに対する熱意も蝕んで行く。株は先行き不安、不動産もリターンが落ちている。健康は、一番資産価値が高いものだと気付いていただきたい。


藤田晋

当社は昔から「成果だけでは抜擢しない」と決めています。一緒に働く人から「この人なら大丈夫」と思える人格者であるかどうかを見ます。


忽那憲治

イノベーションには持続的なものと破壊的なものの2つがあり、大企業が得意なのは既存技術を発展させる前者。しかし、技術が急速に進化する今、本当に必要なのは、将来、自社の事業を脅かしかねない破壊的イノベーションだ。そうした技術を持つスタートアップにいち早く出資、買収して取り込む。それが大企業自らがスタートアップに投資する本来の姿だ。自社の研究や事業を否定することにもなるが、その覚悟が経営者には求められる。