名言DB

9419 人 / 110788 名言

上垣内猛の名言

twitter Facebook はてブ

上垣内猛のプロフィール

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

上垣内猛の名言 一覧

人材こそ当社の財産。


過ぎたことと受け止めて、次の日に何をするか。過去にとらわれず、常に前を向いて進む発想が必要。


当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


アソシエイト(従業員)の能力をいかに引き出すか。彼ら・彼女らの将来の夢の実現に向けて、どんな手伝いができるのか。日々心を砕いています。


現在も店舗を視察する際、将来の幹部候補を探しています。


CEOとなったのを機に、私は「ワンチーム」というキーワードを掲げました。社内の掲示ポスターなどを通じて、仕事のやりがいや誇りについて私なりの考えをすべてのアソシエイト(従業員)に伝えてきたつもりです。


上垣内猛の経歴・略歴

上垣内猛、かみごうち・たけし。日本の経営者。「ユニリーバ・ジャパン」社長、「西友」CEO(最高経営責任者)。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本リーバ(のちのユニリーバ・ジャパン)に入社。同社社長を務めたのち、西友に移り執行役員上級副社長などを経て西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任。

他の記事も読んでみる

森永卓郎

仕事で収入を増やす方策の一つは社内で困っている人や部署(人)を助けること。たとえば「人が足りず納期に間に合わない」という部署があるとします。そんな場合、異なるチームとはいえ、陰に日向にサポートすること。助けてもらった部署は恩に着ますし、その評判は直属の上司や人事部に伝わるかもしれません。それが、自身の評価アップ=昇進や昇給につながる可能性があります。


松田元(経営者)

事業計画を達成できずに株主総会でボロボロに叩かれたことがあります。そのとき学んだのは、ビジネスにおいて約束を守らないことは犯罪であるということです。それ以来、できないことにはコミットしないようにしてきました。そのような姿勢で仕事をしていたら、次第にお客様から「あいつはウソをつかない」と評価され、多くの依頼をいただけるようになりました。


分林保弘

今までのことを守ることばかり考えていたら廃れてしまう。革新へのチャレンジは重要。


藤沢武夫

貸さないところに金を借りに行くバカはいない。貸すようにさせてから借りに行くのが原則です。


佐々木常夫

「部下に教えを請うのは恥ずかしい」とか、「上司たるものかくあるべし」と肩に力の入った態度こそがバカにされる。わからないことがあれば知っている人に聞くのは、仕事のうえでも当たり前です。


加谷珪一

ネットバブルを引き合いに出すまでもなく、イノベーションは常にバブルを引き起こしてきた。今も昔もそのメカニズムは同じ。


谷原誠

私もかつてはマイナス思考でしたが、司法試験の勉強中に「絶対に受かる。そのためにはどうすればいいか」とHOWの質問を習慣づけてきたことがきっかけで、プラス思考に切り替わりました。自分に対する適切な質問は人生を変える力もあるのです。


伊藤正裕(起業家)

プレゼンでは特別なことはしていないと思います。私がプレゼンテーションで意識しているのは、「目的」と「前提」です。プレゼンテーションというのは、何かの「目的」を達成するために行うのですから、まずはそれを明確にしておかなければなりません。また、どのように目的を達成するかは、「前提」次第で変わってきます。


松田公太

私ほど人に恵まれた人間はいないと思っている。いま現在、私とともに仕事をしてくれているフェロー(スタッフ)のうち、一人でも欠けていたら、タリーズは失敗に終わっただろう。運は人が運んでくるものであると私は信じている。人は無意識に情熱の発信者に引き寄せられる。だから運も、自然と情熱を持った人間のもとに集まってくるのではないだろうか。


小池百合子

人生は一回しかないんですから、「あのとき、ああすればよかった、こうすればよかった」とクヨクヨするよりは、「よし、やろう」といったん決めたら、徹底してやったほうがいいじゃないですか。