名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上坂冬子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上坂冬子のプロフィール

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

上坂冬子の名言 一覧

職場での仕事なんて、はっきり言ってつまらないものが多い。そのつまらない仕事をどうやりこなすか、そのつまらない仕事を通じて自分をどう鍛えてゆくか、自分なりに考え、自分なりの手作りの生きがいを持つことが大事だと思う。


上坂冬子の経歴・略歴

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

他の記事も読んでみる

岩崎裕美子

「会議は30分」は、社員からの提案です。昔は会議に2時間かけ、結論が出たと思ったら翌日に変更、なんていうこともしばしば。これには私も社員も疲弊しましたね。今はどんな会議も30分と決めているので、速やかに結論が出ます。結局、30分で決まらないことは、2時間かけても決まらないのです。


バートランド・ラッセル

思考はまったく、恐ろしい代物だ。思考は、体制を覆す、革命を起こす。秩序を打ち壊す。思考は、特権や、既存のシステムや快適な習慣には容赦しない。そして平気で地獄のふちをのぞき、恐れることを知らない。思考は偉大であり、迅速であり、自由である。それは世界を照らす明りであり、人間の最も偉大な能力である。


渋沢健(渋澤健)

投資はお金が自分の手元から離れてしまう感覚を覚える人が少なくありませんが、それも違います。投資の本質とは、日本や世界の経済成長を手に入れるチケットを保有していることです。日本だけでは持続的な成長が難しいのであれば、グローバルに活躍する企業に投資することで、間接的に世界の活力を日本経済に取り込むことができます。


菊地敬一

ひとつのものにこだわり続ける生き方・働き方もあるとは思いますが、状況に応じて柔軟に変化していく方が、楽しく仕事ができて、成果も上がると思います。


守安功

弊社はアメリカのngmocoという会社を買収しました。同社のニール・ヤングCEOと一泊二日でラスベガスに旅行したのですが、仕事以外の話で盛り上がり、お互いのバックグラウンドも理解できるようになりました。一度信頼関係が構築されると、その後の仕事も円滑に進むようになります。これは外国人も日本人も共通です。


白潟敏朗

「バカヤロー!」などと、怒鳴ることが習慣になっている上司は、怒ったままでもいいですから、「ちょっと座れ」「ちょっと来い」という言葉を意識的に使ってみてください。医学的に「6秒たてば冷静になれる」ことが証明されています。この2つの言葉を発すると、部下は椅子に座ったり、あなたのところへ歩み寄ったりするでしょう。そのことで、部下と話をするまでに6秒の時間を確保すれば怒らず、叱ることができます。


渡辺謙

自分が変わることを焦る必要はない。自分の中でなにかが変わるためには何年か発酵する時間がいる。僕らの仕事でいえば1本の作品ですべてが決まるわけじゃない。


藤原智美

消防士が登場する小説を書くためにインタビューをするとします。そのとき、「なぜ消防士になろうと思ったのか」といった内面的な話は聞きません。そうではなく、消防服を着たときはどのような感じがするのか、ホースの重さはどうかといったディティールに徹底的にこだわります。事例やエピソードは、具体的に書くほどリアリティが出て、読み手に響くのです。


スティーブ・ジョブズ

世の中には、あの大学はすごいとか、あの職業は偉いというようなラベリングがいろいろあるが、それらは先人がつくった人工物にすぎず、従う必要はない。


小川賢太郎

最も大事だと思うことは、何か問題が起こったときに、即座にそれをオープンにできるかどうかだと思うのです。企業は人で組織されています。たくさんの人が結集しているわけですから、中には問題を起こす社員もいれば役員もいます。嘘をつく役員や社員もいるでしょう。あるいは消費者を欺く文言で宣伝をするような行為も起きるかもしれません。株式会社では常にそういう過ちが起こり得るわけです。問題を起こした企業でも、起きるはずがないのに問題が起こったから、問題の起きた部署の内部で当事者をけしからんと恫喝したり、誰が悪いかと追及したりするケースが多いようです。これが一番良くないと思います。


赤羽雄二

同年齢、5歳上、10歳上、5歳下、10歳下で2名ずつ、何でも相談できる相手をつくっておくことが情報収集や仕事を進めるうえでのバランス感覚を得るためにも重要だと考えています。


辻慎吾

森ビルは「都市を作り、都市を育む仕事」を通じて、これからも東京の磁力を作り出していきたい。