名言DB

9412 人 / 110637 名言

上坂冬子の名言

twitter Facebook はてブ

上坂冬子のプロフィール

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

上坂冬子の名言 一覧

職場での仕事なんて、はっきり言ってつまらないものが多い。そのつまらない仕事をどうやりこなすか、そのつまらない仕事を通じて自分をどう鍛えてゆくか、自分なりに考え、自分なりの手作りの生きがいを持つことが大事だと思う。


上坂冬子の経歴・略歴

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

他の記事も読んでみる

朝倉智也

革新というのは一気に起こる大きな変化とは限りません。当社のビジネスも同じで、小さな変更や改良を積み重ねていけば、いつか先進的なサービスと認められるときが必ず訪れる。その後もなお愚直に努力を重ねるうち、それが万人の認める大きな革新に成長するのです。


足利政春

安心・安全でおいしい商品をつくれば、お客様から喜ばれ、「あの会社は絶対に必要だ」と思っていただける。その結果として利益という報酬を頂戴できるのです。「利が先」と考えると、経営がおかしくなります。


齋藤勇(齊藤勇)

ミスをしてしまったら、取引先の人か上司に事情を説明して怒られるしかない。怖くても即やるべきです。なぜなら一度怒られてしまえば、問題は次の段階に進むでしょう。失敗で発生した問題をどう解決するかを話し合える。その時点で、ストレスはかなり解消されているはず。


千本倖生

リスクもとらず挑戦もしないという人生に、どれほどの意味がありますか。


守島基博

わが国企業の人材育成の基本は、今でも現場育成である。仕事の遂行を通じて仕事を覚える。それが基本だ。だが、こうした現場育成は体系づけられたものではないことが多く、現場の状態や現場の上司に大きく依存する。言い換えると、状況が人の育成を可能にしない状態では、現場育成は機能しないのである。


安田佳生

経営が厳しい、もしくは社会的要因などでわずかに価格を上乗せするなら、それを機にいっそ2倍3倍の価格にして、商品を変えてしまった方がいい。一割程度の値上げで変えられることなどほとんどなく、買う側のメリットなどないのだから、結果、既存顧客の何割かを失うだけです。しかし、価格を3倍にすれば、かなりの労力と資金を費やして、商品を変化させることができます。


坪田聡

土日に昼過ぎまで寝ると、月曜の朝がつらくなる。それがいわゆるブルーマンデー。気分が落ち込んだまま出社するから、仕事も前向きに取り組めない。うつにまっしぐらです。


吉田忠裕

今の日本を含む、世界の国々の動きはそこまで読み切れませんから、厳しい状態が今後も続いていく前提で、我々は事業を強化し、実績を出すことを考えていく。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

人間のもとに誠実や正直が存在した限りでは、顔による言葉もまた存続した。しかし人間が自分自身を愛して隣人を愛さなくなって、人間の心が、語ることと別なことを考え始めるや、口による言葉が発達して顔は沈黙し偽るようになってしまった。


熊谷正寿

インターネットの場合は特に、スピードが重要。いまや競争相手は世界中にいて、油断をすればすぐに抜かれてしまう。


稲垣浩之

学生時代の定期テストでも、優秀な人は結果をきちんと確認して、間違いがあれば復習して次につなげています。結果を検証して、課題があれば対策を講じる。これが成績アップにつながるのは勉強も賃貸経営も同じ。


山内溥

たしかにネットゲームを楽しんでいる人はいるし、楽しいんだろうが、結局マニアのものである。これが倍倍ゲームで伸びていくとは考えられない。無数にあるネットゲームの一部が売れている局面が報道されているだけ。これに社運を賭けるようなことはしない。しかし、ライトユーザーが簡単に楽しめるという前提で、ネットゲーム自体は肯定する。


永守重信

私はよくビジネスの場で、各国の人からこう言われます。「日本人ほど面白くない人間はいない。日本人とは食事をしたくない」と。なぜかと聞くと、雑談力がないと言うんです。ジョークの一つも言えないのは、視野が狭いからだと。日本人が外国企業を買収してもうまくいかないのはなぜか。アジア人は使えても、欧米人を使えないのはなぜか。原因はやはり、日本の人間教育にあるでしょうね。アメリカでは大統領までが演説でジョークを飛ばしますが、日本ではちょっと失言するとすぐにたたかれる。だから、何か言う時はあらかじめ準備されたペーパーを読むわけです。少しくらい失言してもいいから、自分の言葉で話したらどうかと思いますね。


勝俣州和

小学校6年の時に、テレビドラマじゃないですけど、僕らの悩みにも真剣に向き合ってくれる素晴らしい男の先生と出会いましてね。その先生のようになりたいと思い、その先生が出た同じ高校、大学に入ったんですよ。ところが大学3年のときに、ある教員に「僕、先生になれますかね?」って聞いたら、「クラスで上位1、2番の成績じゃなきゃなれない」と言われて。「結局、成績なんですか? 人間性じゃないんですね。じゃあ、僕、やめます」って、4年になる前に大学やめちゃったんです。教師にはなれなかったけど、テレビを通して、誰かを元気づけていきたい。教師としてやりたかったことといっしょですよ。


南部靖之

社員だけでなく、当社への入社を志望してくれた方にも積極的にお会いします。たとえば、新卒採用のときは、最終面接ではなく、一次面接で一人一人と会います。1000人を超えますから、なかなかたいへんですけどね。もちろん中途採用の面接も、同様に全員と会いますよ。