上坂冬子の名言

上坂冬子のプロフィール

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

上坂冬子の名言 一覧

職場での仕事なんて、はっきり言ってつまらないものが多い。そのつまらない仕事をどうやりこなすか、そのつまらない仕事を通じて自分をどう鍛えてゆくか、自分なりに考え、自分なりの手作りの生きがいを持つことが大事だと思う。


上坂冬子の経歴・略歴

上坂冬子、かみさか・ふゆこ。日本の作家。東京出身、愛知育ち。高校卒業後トヨタ自動車に入社。『職場の群像』で第1回中央公論社思想の科学新人賞を受賞。以降、ノンフィクション作家として執筆活動を行う。主な受賞に菊池寛賞、正論大賞、エネルギーフォーラム賞ほか。

他の記事も読んでみる

吉野聡(産業医)

前向きに考えるためには、平常心を養う効果が期待できる「朝のルーティン(日課)」がオススメ。結果を出している人は、何らかのルーティンを持つ人が多い。


村尾信尚

三重県知事選投票日まで、まだ2か月もあるのに、「ああ、これでは勝てないな」と感じた瞬間、はじめて「心が渇いていく」というのを覚えましたね。「お前、いったい何のために選挙に出たんだ?」という声が自分の中から聞こえてきたんですよ。「知事になりたいからか? ちがうだろう。世の中を変えたいからだろう」って。「知事になるのは『世の中を変えるため』の手段であって、目的じゃないんだから。仮に選挙に負けても、その志を貫けば、明日に道がつながっていくんじゃないか」という内なる声を聞いたら、もの凄い元気が出てきたんです。


松原弘典

確かに上の世代の人たちは、中国で仕事をすると、人間関係があまりに分からなかったり、資金回収ができなかったりで、中国で仕事をする人は限られていました。だからこそ私のような駆け出しにチャンスがあった。それと当時愛読していた「日経ビジネス」で、中国が「世界の工場」として大きくクローズアップされていたことにも興味を惹かれまして。日本のメーカーの人が「すごく大変でアグリー(醜悪)な場所だけど、可能性はある」と語っていて、それは建築でも同じじゃないか、と。で、ここは思い切って行ってしまえ、と決断したんですね。


所ジョージ

MCの仕事なら、事前に進行を頭の中にキッチリ入れてからテレビ収録に臨んでいます。本番中は台本も、カンペ(収録中にスタッフが指示を書いて、出演者に見せるフリップ)も読みません。昔、大先輩の番組に出演したら、テーブルの上に置かれた台本をめくりながら本番を進めていて、「情けないなぁ」と思ったものです。それくらいも覚えてこない人が名司会者っておかしいなって(笑)。


加賀見俊夫

当社の従業員満足度が高い背景には、モチベーションだけではなく、キャスト(スタッフ)がお互いに協力して学び合いながら、顧客満足度の向上に取り組むような工夫を取り入れていることも大きいと思います。例えば、「ユニバーシティ・リーダー」の存在です。現場のキャストからお手本となる人材を毎年15人程度選抜して1年の任期で、他のキャストの各種研修で先生役を務めてもらいます。正社員だけが教え込むのではなく、現場のキャストが自分たちで考えることがサービスの向上につながっていきます。


辻庸介

社長や経営幹部を経験しないと分からないことって多いんですよ。僕は、その人が持っている頭の良さってそれほど大きく変わるわけではなくて、変わるのは、経験によって幅や奥行きが広がる知識や判断力、スキルなどだと思っています。だから、早く経験させて、成長を促した方がいい。


吉田松陰

同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである。


西田一見

自分の顔の15センチほど前に手のひらをかざし、サササッとバイバイするように振ってみてください。自分の手しか見えないですよね。次に一度手を視界から外し、その先に見えるもの、壁や風景に焦点を合わせてみてください。そのまま最初と同じように手のひらを目の前でバイバイしてみましょう。最初と違って、目の前の手が邪魔するようでいて、しっかりその先にある景色が見えますよね。「ムリ」「ムダ」「諦めろ」。ザワザワと聞こえるネガティブな雑音はこの手のひらと同じ。未来の目標、なりたい自分に焦点を合わせれば気にならないのです。だから夢や目標を常に強くイメージするクセをつけましょう。目の前のざわつきに惑わされなくなります。


島田精一

20代をどう過ごしたかが、後の長いビジネス人生に大きな影響を与える。


伊藤守

最近は再びリストラの話を聞きますが、いい経営者が次々と手を打っていけば次世代のリーダーが新たな事業に挑み、雇用はむしろ増えるはずです。私は社長のミッションとは、新たな仕事をつくり、雇用を創出することだとこれまで心がけてきました。だからこそ、後継者のマネジメントが経営者にとって最も重要な務めだといえるのです。


小池龍之介(小池龍照)

過去と未来は、現実ではない。過去は(1秒前のことすら)もう終わっていて、手で触れるようには確かめられず、未来は(1秒後のことすら)まだ生じておらず、確かめられない。


進藤孝生

面談や会議などの場で相手の理解や協力を得るには、相手の考えも理解する姿勢が大切。相手の考えの背景にある立場や価値観まで理解し、相手を認めるということ。


坂根正弘

「○○ウェイ」がお題目で終わっている企業も多いのではないか。それでは形骸化し、次の世代に伝わらない。だから社員が継承すべき価値観と行動様式をまとめたコマツウェイでは、「取締役会や月例の事業報告書では必ず悪い情報から報告する」といったように具体的な行動様式に落とし込んでいる。それなくして「代を重ねるごとに強くなる会社」を目指すことは難しい。


冨安徳久

「人は人に感動して、その企業の虜になる」という名言があります。社員がお客様を感動させることができれば、必ずリピーターとなってもらえるのです。これを社員に繰り返し伝え、本当に理解させて実践できるようにすることが肝要。現場で実践して、心からの感謝をいただくことで初めて、彼らは「お金だけが報酬ではない」ことを実感できます。


レイ・クロック

Be daring.(勇気を持って)Be first.(誰よりも先に)Be different.(人と違ったことをする)


ページの先頭へ