名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

上土達哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上土達哉のプロフィール

上土達哉、うえど・たつや。日本の経営者。「LINEバイト」社長。早稲田大学大学院理工学研究科修了。インテリジェンス(のちのパーソルキャリア)に入社。エリア営業部門責任者、首都圏営業部門責任者、インテリジェンスHITO総合研究所社長、パーソルキャリア執行役員などを経てAUBE(のちのLINEバイト)社長。

上土達哉の名言 一覧

サービス開始当初は「LINEで応募してくる人を採用して大丈夫か?」という声をいただくこともありました。しかしこの2年で、企業と求職者が従来以上に接点を持つことができるサービスとしてご評価いただけるようになっています。


アルバイト募集は折り込みチラシから、パソコンやフリーペーパーへと移行し、そして今はスマートフォンが中心になっています。重要なのはいかに身近かということです。パソコンよりはフリーペーパーの方が身近でしたが、今のアルバイト探しは圧倒的にスマホです。


「LINEバイト」では、通常のアルバイト求人情報に加え、映画の舞台挨拶に潜入する潜入バイトや、観光地を魅力的に撮影するフォトジェニック旅行バイトなど、貴重な体験ができるオリジナルコンテンツも定期的に実施しており、会員数は1200万人を突破しました。


「LINEバイト」では求職者へ直接バイトオファーを出すことができる「オファー機能」が好評で、スピーディーな採用活動を実現するとともに、「求職者が求人情報を検索する」という一方通行のバイト探しではなく、「求職者が求人情報を、採用担当者が求職者を検索する」という双方向によるバイト探しを実現しています。


私が学生時代に働いていたバーに来られるお客様の中には「仕方なく働いている」などと口にしておられる方もいたのですが、そんな気持ちのまま、20代から40年、50年働き続けるのかと絶望的な気持ちにもなりました。しかし逆に、どんなに大変でも自分らしく、やりがいを持って働ける人が増えたら、どのくらい日本は豊かになるだろうと考えたのです。その点でHR(人材)業界は社会で1、2を争うくらい重要な業界だと感じて、足を踏み入れたことで今があります。


求職者個人のデータベースを使ってオファーを送るのは、正社員の領域ではありましたが、アルバイト・パートの領域ではこれまでありませんでした。「LINEバイト」のオファー機能は、企業側が能動的なアプローチができるのも特徴です。企業・店舗においても、日常的に利用頻度が高く、多くのユーザー基盤を持つLINEプラットフォーム上で求人情報を掲載することができ、従来の求人情報媒体とは接点のなかったユーザー層に対しても情報をリーチさせることが可能となるため、採用機会の拡大が期待できます。


私の転機は、大学の建築学科から人材サービスのインテリジェンス(のちのパーソルキャリア)に入社したことです。「人に快適な空間や環境を提供するサービス」に携わりたいと、当初はデベロッパーや商社を中心に就職活動をしていました。しかし当時、私はバーでアルバイトをしていたのですが、その時の仲間がインテリジェンスを受けていて、私も受けたところ入社することになりました。ただ、最終的にどういう判断基準で入社したかと言えば、自分自身が成長できそうだと感じたこと、「意志」のある会社だと感じたこと、そして業界と企業に社会性と成長性があると感じたことです。これら三つを満たしているHR(人材)サービスって何だろう? という興味が湧いてきました。


新しい機能やサービスを付加していきたい。まずは今のマッチングレベルのさらなる向上に努めます。「LINEバイト」で将来的にやりたいと思っているのは、同一労働同一賃金の実現です。これは私自身の妄想も含めてですが。今の日本の雇用形態は、有期雇用なのか無期雇用なのかとか、フルタイムかパートタイムなのかといった区分け。でも、賃金は提供している価値に対して支払われるべきで、たとえば飲食店での接客では、顧客のグラスが空になっていたら、もう一杯いかがですかと一声掛けることで、客単価が倍になるかも知れません。アパレル店で、パンツとニットを買おうと思って訪れたのに、素敵な装いですねと言葉をかけられたら、追加でジャケットも買ってしまうかもしれません。このようなアルバイト・パートの方なら、時給1千円ではなく1500円や2千円でもいいだろうし、正社員より多く支払ってもいいのかもしれません。アルバイト・パートであっても、時間単価で考えるのではなく、過去の経験やスキルで対価が変わる世界が実現できたら素敵だなと思います。そうなったら労働者が努力する意味もあるし、頑張る理由にもなるでしょう。そのような世の中が実現できれば、日本経済の発展にも寄与できるのではと。そんなサービスを考えていきたいと思っています。


求職者に条件を提示してもらい、企業側にオファーを出してもらうことで、マッチング数が増えるということが起きています。たとえば、火曜日と木曜日の午後のシフトに人がいないという飲食店があったとします。このときは週3日以上で働ける人を募集という求人を出すケースが多い。そうすれば大体火曜と木曜は埋まるだろうと考えてのものだと思います。しかし、火曜だけ、または木曜だけ働けるという人がばらばらにいたら、2人採用してもいいし、火曜と木曜は学校が休校だからバイトは可能という人がいたら、マッチングは成立します。たとえば朝だけの仕事など1つの仕事を切り分けるといったことも一法でしょう。双方の条件をすり合わせることで、機会損失を減らすことが可能となるのです。


上土達哉の経歴・略歴

上土達哉、うえど・たつや。日本の経営者。「LINEバイト」社長。早稲田大学大学院理工学研究科修了。インテリジェンス(のちのパーソルキャリア)に入社。エリア営業部門責任者、首都圏営業部門責任者、インテリジェンスHITO総合研究所社長、パーソルキャリア執行役員などを経てAUBE(のちのLINEバイト)社長。

他の記事も読んでみる

羽生善治

変化が速い時代に対応するためには、自分自身も変化することを恐れてはいけない。


山田匡通

一人一人の活動は全体のための活動であって、同時に自分たち一人一人に跳ね返ってきてハッピーにならなくてはいけない。それが企業という制度の目的でもある。


酒巻久

まずやらなければいけないのは多角事業の見直しです。事業を多く持っていても、すべてが世界のトップになれるわけではありません。平均すると結果的に弱い企業になります。自分たちのコア技術は何か、それがナンバーワンになっているのかを見直して、採算性を重視した事業の絞り込みを行うのです。現在は儲かっていないが十年後には儲かるという事業はほとんどないと言っていいでしょう。


陰山英男

教養や学力というものを語るうえで、「好奇心」は大切なカギとなります。それを大人になっても持ち続けることが、教養を高めるためにもっとも重要だと言っていいでしょう。


澤上篤人

ビジネス分野は成熟していて株式市場などで大騒ぎされないが、しっかり利益を積み上げている企業なら安心して長期投資できる。何しろ新規参入はないし競争も限定的だから、その企業の収益基盤は相当に安定しているはず。


秋田正紀

私は日頃から、社員に対して、「キャリアアップしたければ、自分の後継者を育成しなさい」といっています。自分のポストの後継者も育てられないようならば、キャリアアップもできません。ですから、自らがビジネスの場で率先垂範して働く姿を示し、若手の手本になってほしい。


横山光昭

仕事のスキルアップに役立ちそうな書籍やセミナーなどへの自己投資をケチることは、収入を上げるチャンスを自ら潰しているようなものです。


為末大

自分にできることに絞って能力を伸ばしていくほうが、成功の確率は高まります。私の場合、チームプレーが苦手ですから、子供時代にサッカーなどの球技を選んでいたら、頭角を現すことはできなかったでしょう。


岡素之

世の中は常に変化しています。5年前にコアだった事業が今日ではコアでなくなる可能性もあるし、逆の場合も考えられます。そこで2年ごとの中期経営計画の中で、毎期毎期、選択と集中の視点でビジネスラインの見直しを実施しています。


楠木新

新聞の連載で、会社を辞めて転身を成功させた人を150人ほど取材したのですが、大半の人は、若いころはほぼ「会社人間」だったんです。そのときに培った組織での基礎力が転身を可能にしているのです。


守屋淳

『宋名臣言行録』には「君子は進め難くして、退き易し。小人はこれに反す」ともあります。立派な人間は、簡単には引き受けないが、辞めるべきときはあっさり身を引く。そうした人物を登用したほうが、組織がスムーズに動く、と教えています。


大野暉

学生時代、大企業が排出するゴミを管理するシステムを販売していました。環境事業は波がありつつもうまくいって、最後は月1500万円の利益が出て、早めに上場しようという話も出るほどでした。ただ、この会社を一生やりたいかというと疑問でした。それに私自身、大きな組織をつくる能力があるのかと考えると自信がなかった。上場の前に会社のことを勉強し直したいと思って、弁当宅配事業のスターフェスティバルに入社することにしたんです。