名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上原美優の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上原美優のプロフィール

上原美優、うえはら・みゆ。日本のタレント、グラビアアイドル。鹿児島県出身。貧乏体験を明るく話す「大家族貧乏アイドル」として人気を博した。24歳でこの世を去った。著書に『10人兄弟貧乏アイドル☆私、イケナイ少女だったんでしょうか?』。

上原美優の名言 一覧

本当の意味での恩返しはまだまだ。いまは「大家族貧乏アイドル・上原美優」としてテレビに出演しているけど、「上原美優」というひとりのタレントとして認められたい。そのとき初めて、両親に恩返しできたと言えるんじゃないかな。


落ちこんだときや、自分が嫌だと思っている人に会ったときは、すぐ顔に出てしまうタイプです。でも昔の貧乏体験を話し始めると、自然に実顔になります。それだけ当時の生活が、貧乏ではあったけど楽しかったんです。


番組に出演してもガチガチに緊張してしまい、「今日の私も最低だった……」と後で落ち込むタイプでした。芸能界の仕事を休んでいた時期もあったんですが、「やり残したことがあるなら、全部すっきりさせてから辞めよう」と考え直し、再挑戦しました。昨年から多くの仕事をいただくようになって、自分でもびっくりしています。


誰かと話して「人生は一度きり」という言葉が印象に残れば、帰宅した後でそれを意味する時計の絵を描くし、「どうしてこの人は強がっているんだろう」と思えば、そこから頭に浮かんだ言葉を詩に綴ることもあります。絵に夢中で、いつの間にか6時間過ぎていたこともあるんですよ。我ながらすごい集中力ですよね(笑)。


家族の力は本当にすごいと思いますよ。いまは別々に暮らしていても、テレビで私を見てくれることで、家族がつながっていると思うと、「もっと見てほしい!」って気持ちになりますから。一方で、子供がみんないなくなり、会話が少なくなっていたお母さんとお父さんも、私がテレビに出ることで夫婦の会話が増えたって言うんですよ。両親は、私たち兄弟の学費や給食費を払うために大変な思いをしてきているし、私にとってはすごい存在。だからこれから恩返ししていきたいんです。


1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


上原美優の経歴・略歴

上原美優、うえはら・みゆ。日本のタレント、グラビアアイドル。鹿児島県出身。貧乏体験を明るく話す「大家族貧乏アイドル」として人気を博した。24歳でこの世を去った。著書に『10人兄弟貧乏アイドル☆私、イケナイ少女だったんでしょうか?』。

他の記事も読んでみる

北野武(ビートたけし)

作風が固まってしまったら、あえて捨てなきゃいけないかなと思う。安定した成功なんて、この歳になったら当たり前のことなのだ。「今度の映画も面白かったね」なんていわれても、そう無邪気には喜べない。やっぱり、誰も撮ったことのない映画をつくりたい。


出口治明

少子高齢化が進んでいる日本では、今後、労働力が不足するのは周知の事実です。こういう状況で、定年制があること自体おかしいのではないでしょうか。時代が変化しているのに定年制を維持している。この点だけに限りませんが、日本企業の多くは従来のやり方を後生大事にして何も変えない。その結果、競争力が低下して株価も低迷しているのだと思います。


田村公正

お客様の困りごとを解決していくことが私たちの存在意義。


アルボムッレ・スマナサーラ

役に立つと、相手が喜んでくれるだけでなく、自分の心が喜びと充実感で満たされる。


金田一秀穂

相手の心を動かすことが、口説くことの本質。そのために口説く相手を良く知り、心を動かすための「カード」を持つ必要がある。相手の本を読むことしかり、コネをつくることしかり。そうやって得たカードで、相手にもメリットがあると提示する。いわば、相手の心を上手にくすぐることが、うまい口説き方と言えるでしょう。


横山信弘

過去の報告をもとに、「なんで結果が出ないんだ」と上司が怒鳴り散らす会議はムダです。反省は必要ですが、失敗の原因追及に時間を費やしても目標達成できるわけではありません。反省や叱責のための会議をやめて、次をどうするか、未来について話す会議に変えるべきです。


樫尾和雄

もはやひとつの新製品でヒットを狙う時代ではない。これからはエレクトロニクス技術を生かし、新製品ではなく新事業をつくらなくてはいけない。


佐久間俊行

最近では、社内で椅子とインターネットを廃止し、業務改善をしたという記事を読み、私も社内で実行しました。すると、スタッフがどんどん現場に出るようになったのです。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

会社は小さくはじめるべきで、スタッフは売上が出てから増やすべきであるというのは、一回自分で会社をやってみたことでの大きな教訓になりました。それに、資金をたくさん集めすぎても買収につながる動きが出たように、かえって身動きが取れなくなるともわかった。そのために、2008年にはじめた「Big Canvas」という会社は、社員は二人でパートがひとりというところからやることにしたんですよ。


日下部淑美

企業向けには、健康管理研修を行っています。大手製薬会社の調査では、従業員が風邪をひくたびに会社は4万円以上、損をするという試算があります。体調を崩しても出勤して働いている方がたくさんいます。これを「疾病就業」と言いますが、実は欠勤したほうが会社にとっては損失が少ないのです。企業の生産性を上げるためにも、日常の健康指導は大事なのです。


玄侑宗久

仏教っていうと、みなさん「古い」って顔をしかめますけど、奈良時代には最もトレンディーなものだったわけです。瓦屋根の建物を造るなど、当時の日本になかったものが仏教とともに大陸から入ってきて、最もアップデートな世界を歩いていたのが坊さんたちだったんですから。仏像だって、金色の派手派手しいものだったわけです。それがだんだん古びていき、「古びたものも美しいじゃないか」という「わび・さび」の日本文化になっていくのが室町時代の終わりごろなんです。


梛野憲克

お客様に求められるサービスが存在しなければ、独自に開発するのが当社の風土。