名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上原美優の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上原美優のプロフィール

上原美優、うえはら・みゆ。日本のタレント、グラビアアイドル。鹿児島県出身。貧乏体験を明るく話す「大家族貧乏アイドル」として人気を博した。24歳でこの世を去った。著書に『10人兄弟貧乏アイドル☆私、イケナイ少女だったんでしょうか?』。

上原美優の名言 一覧

本当の意味での恩返しはまだまだ。いまは「大家族貧乏アイドル・上原美優」としてテレビに出演しているけど、「上原美優」というひとりのタレントとして認められたい。そのとき初めて、両親に恩返しできたと言えるんじゃないかな。


落ちこんだときや、自分が嫌だと思っている人に会ったときは、すぐ顔に出てしまうタイプです。でも昔の貧乏体験を話し始めると、自然に実顔になります。それだけ当時の生活が、貧乏ではあったけど楽しかったんです。


番組に出演してもガチガチに緊張してしまい、「今日の私も最低だった……」と後で落ち込むタイプでした。芸能界の仕事を休んでいた時期もあったんですが、「やり残したことがあるなら、全部すっきりさせてから辞めよう」と考え直し、再挑戦しました。昨年から多くの仕事をいただくようになって、自分でもびっくりしています。


誰かと話して「人生は一度きり」という言葉が印象に残れば、帰宅した後でそれを意味する時計の絵を描くし、「どうしてこの人は強がっているんだろう」と思えば、そこから頭に浮かんだ言葉を詩に綴ることもあります。絵に夢中で、いつの間にか6時間過ぎていたこともあるんですよ。我ながらすごい集中力ですよね(笑)。


家族の力は本当にすごいと思いますよ。いまは別々に暮らしていても、テレビで私を見てくれることで、家族がつながっていると思うと、「もっと見てほしい!」って気持ちになりますから。一方で、子供がみんないなくなり、会話が少なくなっていたお母さんとお父さんも、私がテレビに出ることで夫婦の会話が増えたって言うんですよ。両親は、私たち兄弟の学費や給食費を払うために大変な思いをしてきているし、私にとってはすごい存在。だからこれから恩返ししていきたいんです。


1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


上原美優の経歴・略歴

上原美優、うえはら・みゆ。日本のタレント、グラビアアイドル。鹿児島県出身。貧乏体験を明るく話す「大家族貧乏アイドル」として人気を博した。24歳でこの世を去った。著書に『10人兄弟貧乏アイドル☆私、イケナイ少女だったんでしょうか?』。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

経営者が「あなたの力を発揮してください」とはっきりと伝えて、パート勤務の人材をコストではなくキャリアとして見る。これができれば、彼女たちは額に汗を流して働くだけでなく、知恵や工夫といった創造性を発揮して、頭にも汗して働いてくれます。


星野佳路

ホテル業界は運営と所有という大きな2つの役割があります。このまま所有と運営を一体にやっている限り、新規参入してくる大手には敵わない。そこで、運営に特化しようと考え、1992年に「リゾート運営の達人になる」と宣言し、邁進してきました。


平井伯昌

世界との差がある自由形は、海外のメソッドなどを積極的に取り入れるべきだと考えています。しかし、ただ真似をするのではなく、自分たちで解釈しながら、日本人に合うように柔軟に取り入れなければいけない。


永野毅

どんな時代になっても社会から選ばれ、お客様から選ばれないことにはビジネスは成り立っていかないその時に大事なのはプリンシプル(原理原則)。


江上剛

銀行の支店長時代、部下を叱るときは公憤なのか、私憤なのかを常に考えました。自分の腹立ちを満足させるために怒っているなら、それは私憤ですからやってはいけない。


若園浩史

最初の頃は、単純に遊び呆けることが楽しいけど、次第に飽きて、真剣に打ち込めることや、周りに認めてもらえることが楽しくなる、というのは良くある成長パターンのひとつ。その時その時、心から楽しいと思える事をしていくと、早く成長できるような気がします。


澤田秀雄

経営は速度です。速く情報収集して、速く修正したところは生き残りますが、情報収集も遅く、修正にも時間がかかっていたら、競争に負けてしまいます。今は変化の激しいときですから、変化に対応するには速さが鉄則です。


北尾吉孝

起業家の中には夢を見るだけの夢想家で終わってしまう人が沢山います。それは第一に知識が無いということ、即ち勉強が足りないということ。第二に言葉だけで勇気を持った実行力が無いということ。最後に戦略が無いということの「三無」だからだと思います。


松田丈志

アテネ五輪が、僕の成長スピードを上げた最初のターニングポイントになりました。400m自由形で日本人として40年ぶりに決勝進出を果たしましたが、帰国した成田空港で報道陣のフラッシュや歓声を浴びているメダリストたちの姿を見て、五輪とは、メダルを獲得しなければ居心地が悪いものなのだと感じました。メダルを獲れない悔しさを初めて味わったんです。


岡藤正広

トップになり、検証してみたら伊藤忠商事は売上総利益は十分にあった。足を引っ張っていたのが経費と特別損失でした。そこで「か・け・ふ」という言葉をつくって「稼ぐ・削る・防ぐ」を頑張ろうと号令をかけました。


ロバート・フェルドマン

一日の時間の使い方を考えるうえで原点となるのは、残りの人生をどう生きるかということです。まず人生の大きな目標を立て、それを意識しながら今日一日をどう充実させるかを考えます。だから当然、仕事だけではなくて家族との時間や自分の個人的な用事もリストに入ってくるんです。


佐瀬守男

海外では、銀だこを多店舗化するのが遅くなりました。理由は食材リスクや技術、値段の問題です。しかし、新たな機械を開発し、タコ以外のものをたこ焼の中に入れるという工夫をしています。たとえば、焼きそばやすき焼きなどを入れ、丸い形のたこ焼ボールを日本のファーストフードと連想させていきます。原点に戻り、小さくてお金のかからない店舗を世界中に大量出店していきたい。