名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上原正吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上原正吉のプロフィール

上原正吉、うえはら・しょうきち。大正製薬社長・会長。参議院議員を5期という長期間務めた自民党の政治家。佐藤内閣で科学技術庁長官。裁判官弾劾裁判所判長なども務めた。リポビタンDなどのヒット商品を生み出す

上原正吉の名言 一覧

紳商(しんしょう)たれ(紳士的商人であれ)。


商売は戦いなり。勝つことのみが善である。これが65年間、激動の時代を乗り越えた私の経営哲学である。


上原正吉の経歴・略歴

上原正吉、うえはら・しょうきち。大正製薬社長・会長。参議院議員を5期という長期間務めた自民党の政治家。佐藤内閣で科学技術庁長官。裁判官弾劾裁判所判長なども務めた。リポビタンDなどのヒット商品を生み出す

他の記事も読んでみる

大東隆行

うちでは土産(テイクアウト)を持って帰る人も多い。テイクアウトの比率は、おそらく外食だとナンバーワンでしょう。来店客のうち18%くらいが何か料理を持ち帰るんですから。店にとっては大きな利益になります。テイクアウトを重視するのも創業時からやっていたことです。あのころは容器がなかったから、お客さんは鍋とか皿を持って店に来ていました。


山内溥

世界的なゲームソフト販売の低迷を考えれば今の日本のゲーム関連株は高すぎる。販売現場では消費者のゲーム離れが起こっている。『PS2』を見れば分かる。ソフト販売がゲーム機の販売本数を下回っている。本物そっくりで高精細な映画のようなゲームなんてナンセンスだ。


小山昇

社員に素直に指示に従ってもらうには、社員の弱みを握ることが一番。商談でも相手の弱みを握っていたほうが交渉を有利に進められますが、それと同じことです。


山口周

すぐに役立つ情報は、すぐに陳腐化する。知的生産に必要なのは、すぐ役に立つとは限らないが、なぜか自分の心にさざ波が立った情報。そうした情報が何かの瞬間に化学反応を起こして、新しい発想が生まれる。


和地孝

テルモ再建にあたってやるべきことが山積みしている中で、まず着手した課題は企業風土改革でした。企業風土が悪いとどんなにいい戦略を立てても組織に浸透せず、経営改革は立ち行きません。企業風土を変えずにリストラだけして、前進させようとしても無理なんです。根本から変えなければ、テルモ再建はできないと思いました。


内田幸雄

もはや今日の常識は、明日の常識にはなりえない。


菜々緒

私はまだまだスタートラインに立ったばかりです。未経験のことがたくさんあります。これからもモデルを続けながら「やる」となったら、いろんなことに100%の力を注ぎます。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


森川亮

事業計画は一応あるんですよ。ただ、つくり手がそれを意識しても意味がない。計画があると、つくり手は計画通りやろうとします。たとえば3カ月の計画が2カ月でできたら、もうちょっと何かやろうという話になるし、逆に本当はもっとかかりそうだったら、何か削ってしまおうとしてしまう。でも、それはユーザーにとって無意味なこと。一番大事なのはいいものを早く出すことなので、つくり手もそれに集中してもらったほうがいいですよね。


森本智子

幻冬舎の見城徹社長からは、『吉本隆明 定本詩集』をご紹介いただきました。見城さんはこの本を7冊ほど持っているようで、いつでも読めるようにベッドのそばとか、トイレ、台所、リビングなどに置いているんです。取材の時、その本を持ってきて下さったのですが、相当読み込んだらしくぼろぼろの状態でした。見城さんは会社を立ち上げたり、新刊を出すタイミングなど、本当にいろいろな決断をされて、今に至っている方です。そんな重大な決断を下す時や、迷った時には誰に相談をするわけでもなく、「この本を開く」ということでした。恐らく答えはもう自分の中に持っていて、その決意を強くするためにこの本を読んでいるんでしょうね。必ずこれを読んで、「大丈夫、自分は間違ってない」「たとえ全員が反対していても、自分はこれで突破していく」という気持ちを確認する。本にはそれほどまでの力があるんだということを改めて思い知らされました。


逢沢明

高度な技術や考え方ばかり尊重する学校秀才型の発想を捨ててみてはいかがですか。それでも勝てます。社会で役立つ知恵=情報収集をこまめにすること。そのとき、じつはインターネットでは不足なんです。無料情報にはそれなりの限界があります。誰が検索しても同じ情報ばかり。むしろ、本や雑誌を積極的に乱読して自分で勉強すること。お金と時間を使って自分への投資をしてあげることも大切です。


後藤卓也(花王)

上ばかり見ても、何もつかむことはできません。自分を成長させる種は、足もとにたくさん転がっているはずですよ。